エポスカードメリットをを簡単に解説!陸マイラーでもそうでなくても保持しておくべきカード

f:id:issy-style:20160521091152j:plain

私はいわゆる「陸マイラー」と呼ばれる人間でありますが、そうであろうとなかろうと、どのようなクレジットカードを持つかというのは多くの人が悩んでいるのではないかな、と思っています。せっかくクレジットカードを持つのであれば、できるだけ利用価値の高いカードを発行したいところですよね。

今回は、陸マイラーであろうとなかろうと、海外旅行や買い物が好きなら持つべきカードの一つである「エポスカード」の記事です。メリットの多いカードです。

エポスカードはポイントやマイルを貯めることには全く向かない

マイラーブログでいきなりこんなタイトル出すなよ!(笑)と思う人もいるかもしれませんが、まず最初に断っておきます。エポスカード唯一にして最大のデメリットは、「ポイントプログラムがしょぼい」ことです。

エポスカードのポイントプログラムの概要は以下のとおりです。

  • ポイント付与率は原則0.5%。マルイでの買い物は1%
  • ネット経由でポイント優遇はあり
  • ANAマイルにもJALマイルにも、0.5倍レートでの交換

エポスカードを使って買い物をすると、マルイでは100円あたり1ポイント、マルイ以外では200円あたり1ポイントが貯まります。このポイントは、1ポイント1円でマルイのお買い物に充当できるほか、スターバックスカードへのチャージなどをすることが可能となります。

マイルに交換する場合、エポスポイント2ポイントあたり1マイルに交換することが可能なので、マルイで買い物の場合は200円につき1マイル、マルイ以外であれば400円につき1マイルになります。これはちょっとマイルを貯めるには適さないレートですね。普段使いのカードには向かないかもしれません。これがエポスカードの最大のデメリットですね。

ただ、そもそも、「クレジットカードで貯まるマイルをあてにしないほうがいい」と思います。特にANAマイラーは、カード利用で直接マイルがたまらないことから、「どのカードで決済し、どのルートでポイントを交換するのがよいのか」と真剣に悩んでいるようですが、筆者はいまいち理解できません。その点、JALマイラーは「JALカード」のどれかに「ショッピングプレミアム」をつけて「普通に」使えばいいし、移行作業しなくても直接マイルとして貯まるので、あまり難しく考えない人が多い気がします。

エポスカードの真骨頂は海外保険のお守りとセールの10%オフ

個人的にエポスカードの2大メリットは、海外旅行保険マルコとマルオの7日間だとお思っています。

最初に、「マイラーであっても持つべきカード」として紹介しました。その理由は、多くのマイラーにとってのゴールが、海外旅行の航空券を無料にするということだと思うので、旅行好きな方が多数だと思われるからです。その際には海外旅行保険の問題は切っても切れない問題です。

また、「マルコとマルオの7日間」は、年に4回のカード会員セールです。割引の大きい

年会費無料クレジットカードの海外旅行保険としては最高レベル

エポスカードの海外旅行保険の内容はピカイチです。年会費のかかる普通のゴールドカードよりも上だと思います。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

死亡が少し少ないですが、その分、傷害治療200万、疾病治療270万というのは、年会費無料のカードでは最強クラスです。いや最強と言ってもよいです!

世の中のクレジットカードには、「海外旅行保険2000万!」とかうたっているものもありますが、それは死亡時の支払額であって、傷害・疾病の保障がスカスカなものだったら意味ないですしね。

特に、海外旅行に保険に入らないでいく方は必須のカードといっても過言ではありません。

海外旅行に保険が必要か、カードで十分か

2017.10.08

マルコとマルオの7日間で10%割引

f:id:issy-style:20160521084244j:plain

マルイ及びModi内の商品が軒並み10%オフになる7日間である「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。一等地にあるマルイにデカデカと広告がでていますので、ご存知の方が多いと思いのではないでしょうか。このセールは、年に4回実施されています。

  • 5月下旬
  • 9月下旬
  • 11月下旬(無印良品週間とバッティング)
  • 3月下旬(無印良品週間、ハンズポイントアップとバッティング)

ふだん値下げされないような、吉田カバンなども10パーセントオフになるので狙い目です。セール時はマルイオンラインショップでの配送料も無料になるので、近くに丸井がない!って人でも利用価値があります。

また、店舗いける方限定になりますが、「無印良品週間」との併せ技、「ハンズクラブポイント5~10倍」との併せ技は破壊力抜群です。無印であれば、MUJIパスポートを提示してエポスカードで支払えば、19%オフになりますし、東急ハンズであれば、クラブカードを提示してエポスカードで支払えば、10%オフでありながらポイントもたくさんもらえます。

無印良品がテナントとして入っている丸井は上野、中野、吉祥寺、東急ハンズの入っている丸井は北千住などがあります。これらの店舗をうまく活用してお得に買い物をしていきたいですね。

【マルコとマルオの7日間については、以下の記事も参考にしてください】

マルイが10%割引で買い物できる「マルコとマルオの7日間」は24日から!エポスカードを持ってない人はこの際作っちゃおう!!

2018.05.22

エポスカードは日々の特典が多いので財布にいれておきたい

エポスカードのメリットは、ふだんの生活で使う店舗でも割引がきくお店がけっこう多いことも挙げられます。とてもおすぎて私も理解しきれていませんが、とりあえず若い人であれば覚えておいて損はないのは以下の割引ではないでしょうか。

  • ロイヤルホスト10%割引
  • モンテローザ系居酒屋ポイント5倍(2.5%還元→1.25%マイル還元)
  • ビックエコー、シダックスのカラオケ結構な額の割引(会員価格かそれ以下)

これらのお店に行く機会があれば積極的にエポスカードを使いましょう。このほかにも、レジのところにエポスカードの優待が使えるお店だと表示があったりします。

特に居酒屋で飲み会の立替払いをすればけっこうポイントもたまりますからね。1.25%マイル還元であれば、なかなか高還元だと思います。

カードの入会審査は比較的緩めと思われます

エポスカードは流通系カードということで、客を囲い込みしたい業界であることから、審査は(たぶん)ゆるめなのではないかと思われます。保証はできませんが、専業主婦でも、クレジットカードの滞納がなければ、カードの入会審査は通ると思います。私の姉も専業主婦ですが、カードの審査に通っています。

ただ、審査がゆるい一方、その企業の成り立ちもあり、支払いの遅れについては厳しいです。きっちり1日単位で金利はとるし、カードを止めるのも早いかもしれません。もともと、丸井は月賦屋ですからね。それこそ昔は服を月賦で売って、支払い滞ったら乗り込んで服を没収して帰っていったとか、ヤクザまがいのことしていたようです(笑)

まぁ、クレジットは「信用」ですので「ちゃんと払えない人は持つな」ということですよ。丸井の姿勢は間違っていないと思います。

インビテーションがくれば、ゴールドカード無料所持が可能

エポスカードは、昔の名称が「赤いカード」だったこともあり、赤のカードのイメージが非常に強いですが、エポスカードにも「ゴールドカード」は存在します。

エポスゴールドカード|クレジットカードはエポスカード

エポスゴールドカードの年会費は5,000円です。ゴールドカードのくくりであれば、比較的安いほうだと思います。

ただ、インビテーション(招待)がくると、「年会費永年無料」でゴールドカードを保有できます。一説には年間50万以上の決済でゴールドのインビテーションがくると言われていますが、私はそこまで決済していませんが、インビテーションがきました。たぶん20万くらいしか使ってないような…。過去からの累計で50万円くらい使ったとは思いますが。なので、ゴールドカードがほしくても、まずは普通のカードを作るのがよいと思います。

ゴールドカードになると、通常のカードに比べ、以下の恩恵があります。

  • ポイント永久不滅
  • 空港のカードラウンジが使用可能に
  • 自分で選んだ3つの決済先はポイント3倍になる
  • 年間50万円利用で2,500ポイント、100万円利用で10,000ポイント付与
  • 海外旅行保険が、傷害も疾病も300万までにパワーアップ

ポイントプログラムは、ゴールドになっても正直魅力はありません(3倍されてもマイル換算だと0.75%還元です)が、それでもポイント永久不滅は要所使いであるこのカードとしては助かりますし、海外旅行保険がより強くなりますのが大きいですね。

そのほか、ゴールド、プラチナ限定のイベントとかもありますし、インビテーション出しておいて審査落とすことは考えにくいので、インビテーションが来たら素直にゴールドに切り替えましょう。なんせ年会費無料ですから、断る理由がありません。

【エポスゴールドカードの詳細はこちらをご覧ください】

エポスゴールドカードを1年間本気で使ってみた感じたメリット・デメリット

2017.04.06

インビテーションがくれば、プラチナカード年会費2万円で保有可能

さらに、エポスカードにはゴールドカードだけでなくプラチナカードまで存在します。プラチナカードは完全な招待制になっており、自分からほしいと思っても発行することはできません。2017年からインビテーションなしでもエポスプラチナカードを申し込むことが可能となりました。ただし、その場合は年会費が30,000円となります。

なお、ゴールドカードからのインビテーション制度も残っており、エポスゴールドカードで基準月(カード発行月)から1年間100万円を決済すると、プラチナカードの招待が届きます。

エポスプラチナカードはなんといっても、年会費2万でもてるプラチナカードです。「エポスのプラチナカードなんて大した事ないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。サービスは、VISAプラチナカードのサービスをそのまま使うことができるほか、エポスカード独自にレストラン2人目無料などのサービスが豊富になっています。

私にも招待が来たのですが、そのときは他のクレジットカードとの兼ね合いでやめてしまったんですね。でもそれは非常にもったいなかったなと後悔もしているところです。

matsunosuke.jp

まとめ

エポスカードは、普段使いのカードというより、「海外旅行保険として保有」、「丸井セール時に活用」という、ピンポイント使いのカードになります。また、上級カード(ゴールドカード・プラチナカード)を低価格で保持することが可能ですので、ステータスカードを持ちたい!という人には積極的に使って、カードを磨いてもいいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください