海外旅行復活へ!今更聞けない航空券で出てくる用語と使い方を復習しよう!

ようやくコロナで制限されていた海外旅行も復活しそうな感じですので、これからたっぷりたまっているマイルを使って海外旅行を計画している人たちも多いと思います。私もそのうちの一人です。

ただ、長らく海外旅行から離れていたものですから、いざ国際線の特典航空券を発券しようとしても、ルールを忘れてしまっている人もいるかと思います。

トランジット、ストップオーバー、オープンジョー。あぁ懐かしい響きですね(笑)

さてすっかり忘れてしまっていた人、そして最近マイルを貯め始めて国際線特典航空券にこれからチャレンジする人は、これらの意味・ルールを知っていると、より国際線特典航空券の発券が楽しく、そして便利になっていきます。

そこで、今回は、これら航空券の用語を初心者向けに簡単に解説したいと思います。

特典航空券のルールは奥が深い

国際線特典航空券の場合、便数が多く、複雑な行程を組む必要のないハワイや中国、東南アジア(バンコク・シンガポール等)に行かれる場合は単純な往復で予約する場合が多いと思います。

ただ、ヨーロッパやアメリカ大陸、あるいはオーストラリア以外のオセアニアに行く場合は日本からの直行便がなく乗り継ぎが必要な場所も多いですし、また、直行便でいける場合でも、一つの都市にとどまらず、複数の場所を周遊する形で観光することもあると思います。

この場合、特典航空券には乗り換え等に対して一定の回数が認められるなどのルールがあり、これを活用していくことになります。

issy
特典航空券で複数の都市を周遊することも可能なんですよ!

また、ただ単純に1つの都市に行きたい場合に、単純な往復の場合でも直行便の特典航空券の枠が満席の場合、乗り継ぎで迂回することにより、特典航空券の空席がある場合もあります。

このようなルールを使いながら特典航空券を作り上げていくのは非常に楽しいものです。楽しすぎて、気が付いたら朝になった、なんて事例は私に限らず経験している人も多かったりします。

ここからは、過去の私の実際の発券(嫁に怒られて発券できなかった未遂案件を含む)を事例としながら、航空券のルールとその使い方を確認していきたいと思います。

注意
ただし、コロナ禍の影響でトランジットに制限がかかる場合や、需要が戻らない場合にマイナー路線は便変更、運休等のリスクが高まります。その際の旅程の作り直しはなかなか大変なので、そこは自己責任でお願いします。
というか早くコロナ終われ。

今回紹介する3つの用語、具体的には「トランジット」、「ストップオーバー」、「オープンジョー」の3つのルールを知っていると、航空券の予約が格段に楽しくなります。以下、順に見ていきたいと思います。

トランジットとは

トランジットとは、24時間以内の乗り継ぎ目的滞在のことをさします。これは基本的に目的地に向かう際に直行便がない場合、ある空港で別の便、あるいは別の航空会社に乗り換えるものです。

直行便がない場合の乗り換えなのでルールは緩く、例えばANAマイルを使ったスターアライアンス特典航空券の場合、トランジットが往路・復路で2回ずつ認められています。世界は広いので、出発地から2回くらい乗り換えをしないとたどり着けないところも多いからです。(逆に言えば、2回乗り継げばかなりの場所に行けるということでもあります。)

また、直行便のあるルートでも特典航空券に空席がないが、ある場所で乗り継ぐことによって航空券を発券することができます。例えば東京からシンガポールの直行便が満席でも、香港や台北、バンコクなどを経由することにより、シンガポールにたどり着いたりすることが可能です。

私も東京からシンガポールに行くとき、シンガポールがF1開催ということもあり特典航空券に空きがなかったのですが、JALの特典航空券でキャセイパシフィックで東京から香港で乗り継ぎをし、シンガポールに行ったことがあります。

これは私の2019年の旅行の行程ですが、行きはバンコクとコペンハーゲン、帰りはワルシャワとフランクフルトで乗り換えをしています。トランジットは往復で各2回までできますので、この行程では限界までトランジットをしたものです。

こんなにトランジットしたのなんでや?と思うかもしれませんが、これはお盆シーズンでなかなか日本からヨーロッパへの直行便が取れず、ビジネスクラス以上でヨーロッパにいくとなるとこのルートしかなかったというのがあります。最初に書きました通り、トランジットは直行便がない場所だけではなく、空席の隙間をついて迂回していくときにも使っていったりするものです。

トランジット、乗り継ぎといえば空港で待機するように思います。確かに空港での乗り継ぎ時間が長いのはつらいので、なるべく短いに越したことはないように思えます。

ですが、トランジットの際は必ずしも空港の中にいる必要はなく、短時間の入国をすることが可能だったりします。入国書類のない国であれば、パスポートを提示するだけで気軽に経由地で空港の外にでて観光できたりします。

注意
ロシアなど、トランジットでも入国時にビザが必要な場合があります。また、カタール(ドーハ)など、現地で購入するビザでトランジット可能な国もあります。

先ほど示した私の例ですと、トランジットの4か所中、入国せずに飛行機を待っていたのは乗り継ぎが2時間未満だったワルシャワだけで、残りのバンコク、コペンハーゲン、フランクフルトはいずれも市内で観光をしています。

バンコクは8時間の乗り継ぎ時間の間、一度入国して市内まで鉄道で移動し、朝スパを受け、軽く食事をしてから空港に戻りました。8時間の乗り継ぎがあればこれくらいは可能です。

コペンハーゲンは4時間のトランジットで果敢にも「世界3大がっかり」の人魚像をみにいっています。コペンハーゲンは空港と市内中心部が鉄道で20分で行けるので、こういったことも可能です。

コペンハーゲンでの乗り継ぎで人魚姫を見てきました!空港からの行き方、所要時間も紹介

2019-08-14

フランクフルトはについては日にちをまたいでいますが、時間をみてもらえばわかるとおり、19時にフランクフルト到着後、翌日14時のフライトで名古屋に向かっており、滞在時間は24時間未満となっていますので、これもトランジットとして認められます。あくまで時間でみます。このときももちろん空港から出て、フランクフルトの東横インに滞在しました。

一般的にトランジットは長時間になると苦痛だと思います。私も昔はモスクワの空港で5時間トランジットとかでもう何もやることがなくてつらかったです。

ですが、上級会員であれば空港のラウンジを楽しむほか、時間に余裕があれば、入国してしまってプチ観光に出ることも可能です。また一部の都市ではトランジット客向けの観光ツアーなんてのもあったりしますので、これらを活用してもいいと思います。

そして大事なのは、入国と出国にどれだけの時間がかかるか。特に私のコペンハーゲンのように短い時間で、もし入国が混んでいたらぶらり旅は諦めるなど、柔軟な対応が必要にはなります。

issy
ただし、くれぐれも飛行機へのお乗り遅れはご注意ください…

ストップオーバーとは

ストップオーバーとは、出発地から目的地までの間で24時間以上の滞在が可能な乗り継ぎのことです。

先ほど紹介したトランジットは、あくまで飛行機を乗り換えるための滞在であり、24時間以内に次の飛行機に乗らなくてはなりませんが(うまく時間を使えば観光できますが)、こちらのストップオーバーは、24時間以内に次の飛行機に乗らなくてよいので、滞在をすることが可能となります。

issy
本来の目的地のほか、もう1か所の場所に旅行に行けるというイメージをもっていただければと思います。

たとえばANAのマイルを利用したスターアライアンス特典航空券の場合、ストップオーバーが1回認められています。

これは私が嫁にブチ切れられて実際には使わなかった行程なのですが、この航空券は、クロアチアをじっくりと楽しもうとした際のものです。

東京からバンコク、ウイーンを経由してドブロブニクに行き、ドブロブニクを観光した後首都のザグレブに行き、ザグレブからフランクフルトを経由して東京に戻るという行程です。自画自賛するほどの完璧な行程でしたが、嫁に「これに行ったら家の鍵を変える」と言われたので泣く泣く流した行程です。

この航空券は、航空券上の目的地はクロアチアのドブロブニクになっています。言い換えれば、東京発ドブロブニク行の航空券です。で、4か所(バンコク、ウィーン、ザグレブ、フランクフルト)のうち、クロアチアの首都・ザグレブでストップオーバーをしています。

補足
ザグレブが目的地のようにも見えますが、先ほど触れたとおり、トランジットは往復各2回なので、目的地はドブロブニクになります。

このときは「アドリア海の真珠」と言われるドブロブニクで2泊滞在し、その後ザグレブに移動し、少し離れたプリトヴィツェ湖群国立公園に行こうと計画していました。ザグレブからプリトヴィツェ湖群国立公園までは、トランジットの24時間で行くのは不可能ですが、ストップオーバーを使って滞在してしまえばゆっくりと観光が可能です。

このように、ストップオーバーを使えば、旅行のメインとなる目的地を2か所にすることが可能なんです。これを使うことにより、行程はより柔軟性をもたせることができます。

また、裏技として「東京ストップオーバー」というものがあります。海外旅行の前に地方都市から東京までの移動や、海外旅行後の東京から地方都市までの航空券をつける際、東京でストップオーバーすることにより、海外旅行とは違うときの旅行の片道航空券として使用できます(工夫をすれば往復みたいなことも可能です。この辺までいけば上級者ですが)。

オープンジョーとは

オープンジョーとは、往路の目的地と復路の出発地が異なることや、往路の出発地と復路の目的地が異なることを言います。

一番単純で簡単な例ですと、行きが東京からロンドン、帰りがフランクフルトから東京、なんていうチケットのことを指します。こうすることによってヨーロッパ内を別の交通手段を使って周遊観光したりすることができるわけです。

これは特典航空券に限らず、有償の航空券で購入する場合もよくやる手です。

issy
欧州だとロンドン発の航空券(特にファースト・ビジネスクラス)は、出発に係る税金が高かったりするので避けたりする人もいます…(例:ワタクシ)。

基本的には特典航空券では同エリア(欧州等のくくり)内ではオープンジョーが認められています。格安の往復有償航空券の場合、オープンジョー不可などの運賃があり、この場合は行きと帰りは同じ空港を利用することになります。

オープンジョーを設定した場合、都市間の移動は別の航空券を用意してもいいですし、鉄道などで移動をしてもよいと思います。特にヨーロッパは国境をまたぐ高速鉄道が発達しており、値段も事前にネットで予約すればかなり安く便利です。飛行機好きな方がこの記事を読んでらっしゃると思いますが、鉄道旅行もまた楽しいですよ。

例えばどちらもANAが就航しているロンドン=パリはユーロスターで2時間半ほどですし、パリ=ブリュッセルなんて、赤い国際特急「タリス」で1時間ちょっとで到着しちゃいます。東京と名古屋や大阪まで新幹線に乗る感覚で、フランスからイギリスやベルギーまで国境を超えて移動することが可能なんです。

また私の2019年の夏の行程でみていきますが、往路の目的地であるスウェーデンのストックホルムから復路の出発地であるリトアニアの首都タリンまで「別の交通手段で移動」となっています。ここがストップオーバーと呼ばれる部分です。

このときはストックホルムからヘルシンキまで「タリンクシリヤライン」を使い1泊フェリーで移動し、ヘルシンキで観光とカジノを楽しんだ後に3時間の船旅でタリンに移動しました。

欧州では北欧を中心として船での移動も可能ですし、また物価の高い北欧での船移動は、宿泊費用を節約することも可能です。船内では免税なので買い物もお得だったりします。

また過去には、羽田→パリとフランクフルト→成田のオープンジョーの航空券を発券し、先ほど紹介したタリスでパリからブリュッセル、ブリュッセルからドイツ・ケルンまで乗車し、その後ドイツの新幹線ICEに乗り換えてフランクフルト空港まで向かったりもしました。

このようにオープンジョーを活用して地上移動を間にいれることで、ストップオーバー以上により旅程の幅が広がります。特に鉄道やLCCの発達しているヨーロッパ旅行では、ぜひ取り入れたいテクニックです。

まとめ

特典航空券を発券する際などに、単純な往復以外のルートを組み際に知っておきたいルール・用語を簡単に紹介しました。

トランジット、ストップオーバー、オープンジョーと3つほどやりましたが、この3つを理解しておくと、国際線の特典航空券の発券が、いろいろとできるようになります。

工夫することによりいろいろなルートが繋がったり、思いもしない航空券を作ることが可能です。最初はなかなか慣れず、実はルールを満たしていなかったりするのですが、めげずにやっていくのが大事だと思います。

ANAなんかはルールから逸脱していてもそこで止めてくれず、最後全部つないだ後にこんな画面がでてきます。ようやく「できた!」と思ってクリックしていって、なんどこの画面に泣かされたか…。

まぁそれはさておき、せっかくとる特典航空券ですので、たくさんの都市によったりするのも醍醐味です。単純往復に限らず、ぜひこのような航空券にもチャレンジしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください