羽田空港第1ターミナルのカフェ「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」訪問記。ANAステータス会員には特典あり。

2019年の11月にJALで沖縄にいく用事があったため、久々に羽田空港第一ターミナルの5階にある、「ANA Hangar bay Cafe by Pablo」に行ってきたissy(@y_issy24)です。

このANA Hangar bay Cafe by Pabloは、タルトで有名なPabloとANAがコラボして作ったカフェです。「ANA」なのにJAL側のターミナルである第1ターミナルにあるという、ちょっと変なカフェではありますが、おいしいタルトやコーヒー、軽食をとることが可能なカフェです。

そしてANA Hangar bay Cafeでは、現在ANAのダイヤモンド・プラチナ・ブロンズステータス会員とSFC会員向けのサービスも実施しているというのとなので、併せて紹介させてもらえればと思います。

ANAのカフェがJAL側に?ANA Hanger bay Cafe by PABLO

今回紹介するのは、「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」というカフェです。

このお店は、焼きたてチーズタルト専門店PABLOとANAがコラボレーションしたカフェで、2018年の12月に羽田空港にできました。

PABLOでは定番であるチーズタルトのミニサイズ版である「PABLO mini」をはじめ、羽田空港のカフェ限定になる「フレッシュマスカルポーネの贅沢ティラミス」などのスイーツ、また軽食の「クアトロチーズと半熟たまごのカレードリア」など人気商品がたくさん揃っています。

このように、カフェメニューのほか。カレーなどの軽食も用意されていますので、さまざまな用途で使うことが可能だと思います。

ちなみに、店名にもなっている「Hanger」は英語で格納庫を意味し、お店のつくりも、アメリカ西海岸の木造格納庫をイメージしています。

アメリカ西海岸の木造格納庫みたことないですけど(笑)

ANA Hanger bay Cafe by PABLOがある場所

ANA Hanger bay Cafe by PABLOは、羽田空港第1ターミナルの5階にある、HANEDA HOUSE内にあります。ちなみに、保安検査前のエリアになります。

ANAが就航しているのは第2ターミナルなんですが、第1ターミナルに堂々とANAの名前を出して店舗を出してきました(笑)

issy
私のような赤組からすると、最初はちょっと喧嘩を売られたような気がしなくもなかったですが…(苦笑)今は慣れました。

羽田空港第一ターミナルの真ん中にあるマーケットプレイスの5階に、THE HANEDA HOUSEというエリアが2018年にできました。

マーケットプレイスの5階にあるTHE HANEDA HOUSEは13のテナントから構成されるエリアで、今回紹介するカフェのほか、滑走路がみえるスターバックスやEXILEなどをプロデュースするLDHグループがプロデュースするエンターテインメントレストランなどか入っています。

ANA Hanger bay Cafe by PABLO訪問記

それでは、実際に私がANA Hanger bay Cafe by PABLOにおとずれた際のレポをしたいと思います。

第一ターミナルの5階にエレベーターでのぼり、蕎麦屋の横を抜けていくと、このように開けたカフェがみえてきます。始めての人、特に第1ターミナルに慣れていない人は迷子になるかもしれません。

とりあえず、5階にいくエレベーター、エスカレーターを上りまくってください。

お店の前にmは、このように外にも椅子が設置されています。中が若干圧迫感があるので、外にも席が用意してあるのはありがたいですね。

というか、なんか第1ターミナルで青い照明ってなんか斬新ですね(笑)

先ほども紹介したとおり、メニューにはタルトやコーヒーのほか、ライトミールの扱いもあります。

今回、私が訪れたのも15時ころであるため、コーヒーとタルトのみですませましたが、だいたい1,000円くらいでランチをすることもできそうですね。

PABLOといえばやはりチーズタルトということで、さまざまな種類のおいしそうなタルトが並んでいます。

タルトは少し小さめで、気になる値段は税込で220円~300円台のものが多いです。

お店の中では、例えばANA Hanger bay Cafeのデザインがなされたトートバッグやマグカップなどの限定グッズも販売されています。

ここでしか手に入らないグッズですので、興味があればお買い上げしちゃいましょう!

お店の中の座席はこんな感じで、落ち着いたトーンで作られ、余裕のある配置になっています。ちょっと色合いには昭和貫

なお、窓はないのでカフェの中から飛行機を望むことはできません。もし、飛行機をみながらのんびりしたい場合は、同じHANEDA HOUSEにスターバックスコーヒーがあります。

ということで私も、コーヒーを購入して一緒に、空港店限定であるフレッシュマスカルポーネの贅沢ティラミスをいただいてきました。

中にコーヒーのソースが入っており、チーズクリームの甘さの中にも何かしっかりしたコクがあるというか、そんな感じ好きな方にはおススメできるタルトですね。

コーヒーは割と普通です(笑)

カフェの横には、フライト情報のモニターも設置されていますので、遅延情報などもリアルタイムで把握することができます。

私が利用する沖縄便は遅延の表示がでていたのですが、状況もここだと分かりますので、しばらくのんびりすることができました。

ANAステータスホルダー向けの割引あり!

これは私もお店にいって気づいたのですが、ANA Hangar bay Cafeでは、現在ANAのプレミアムメンバー(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、SFC会員)を対象したキャンペーンを実施しています。

実は私もこのキャンペーンを知らずに訪れたのですが、たまたまSFCカードで決済したら、店員のお姉さんに20%割引であることを教えてもらいました。違うクレジットカードで支払っていれば、たぶん全く気づかなかったと思います。

詳細なキャンペーンがホームページに記載ありました。以下のとおりです。

羽田空港の第1旅客ターミナルにあるANA Hangar bay Cafe by PABLOをご利用の際、ステイタスカードまたはデジタルカードをご提示いただくと、次の1、2のどちらかの特典を選択していただけます。

  1. お会計金額の20OFF
  2. 軽食ご利用のお客様に、パブロmini(プレーン)1つ、またはコーヒー1杯をプレゼント

対象のお客様:「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバー、スーパーフライヤーズ会員

私の場合、このときはドリンクとタルトを頼んだので無条件で1番の20%引きとなりましたが、軽食をとられる場合は、デザートでタルトをもらったほうがお得かもしれません。

今回もらえるプレーンタルトはこちらになります。定価は220円だったかと思います。

まあANA上級会員向けのプロモーションでありながら、ANA派の方からすると、「わざわざ第一ターミナルに行くか?」ということはあります。

けれども、第1ターミナルと第2ターミナルの間は無料連絡バスもありますし、地下通路もつながっています。

また、ANAグループでも、スターフライヤーの福岡便・北九州便は第1ターミナルから出発します。そしてこれらを利用する場合、第一ターミナルにはANAラウンジもありません。そんなときに、ANAユーザーの方もぜひ訪れてみてください。

まとめ

ANAとPabloがコラボレーションしたカフェ「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」の紹介でした。

訪れた時間が午後3時と、一般的にカフェが混雑する時間でありながら落ち着いていたのがありがたかったですね、

実際、羽田空港第一ターミナルの5階は、わざわざここまで人が来ないことから、羽田空港の中では比較的落ち着いているエリアなので、ゆっくりと軽食やコーヒーを楽しむことができます。

現在、ANAのステータスホルダーであれば20%割引も実施していますので、機会があればぜひ利用してみてはいかがでしょうか?私は今度は軽食で利用してみたいと思います。

参考記事

ANAが羽田空港から新たに深圳、モスクワ、ストックホルム、ミラノ、イスタンブールに就航へ。

2019-11-24

ついに羽田空港国際線拡張のJAL増便が判明!新たな就航路線はどこへ?

2019-11-19

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジ「POWER LOUNGE SOUTH」を紹介。保安検査後のラウンジなので便利!

2019-11-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください