ブリティッシュエアウェイズ(BA)の特典航空券のキャンセルはTwitterのDMが便利!

どうも、最近コロナのせいでフライトのキャンセルが多く、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のバウチャーが貯まってきたissy(@y_issy24)です。

BAの特典航空券は現在キャンセルが無料でできますが、Web上でキャンセルすると、マイルとして戻ってくるのではなく、同数のマイルのバウチャーとして返却されます。

このバウチャーの管理がめんどくさくなってきたのでいろいろ調べていたのですが、TwitterのDMを使ってキャンセルを申請すると、コールセンターに電話しなくてもバウチャーではなくaviosで返還されるという話を聞いたので、さっそくやってみました。

BAのaviosはJALの特典航空券をオトクに発券可能

ブリティッシュエアウェイズのマイルであるaviosは、同じワンワールドに加盟しているJALグループ国内線の搭乗に利用することができ、片道600マイル以内の距離の区間であれば、6,000aviosで利用することができます。

通常JALマイルやANAマイルの場合、片道7,500マイル必要な路線が多い中、BAのaviosだと6,000aviosで利用可能ということで、非常にオトクで便利に使うことができます。

BAのaviosは、JALやANAのマイルと異なり、直接ないし間接的に購入することができるので、私もけっこう国内旅行はavios使っています。大阪だったり札幌だったり、いくつか利用した際は記事にもしています。

素晴らしきBAマイル 思い立ったので札幌に行ってきました。

2017-08-12

特典航空券を使って日帰りで大阪食い倒れをした話

2017-05-09
注意
記事内の発券ルールは当時のものです。マイルのルールはちょくちょく変わるのでご注意ください。

キャンセルでBAのバウチャーがたまってきた

ブリティッシュエアウェイズのaviosで発券したJAL航空券をキャンセルする場合、コロナ禍以前であればWebで簡単に実施できました。

BAの特典航空券をキャンセルする場合、ルール上は手数料が5,000円かかるのですが、すでに支払った以上の料金を請求することはないので、空港使用料などは戻ってきませんが、出発24時間前までにWebで申請すれば、aviosが満額返還されていました。

今はコロナ対応により、Webで申請した場合、空港税なども含まれた同額のバウチャーとして返ってきます。たとえば札幌ー新千歳のフライトをキャンセルした場合、6,000avios+560円のバウチャーとして返却されます。このバウチャーは他の路線でも使用することが可能です。

バウチャーは不便…

バウチャーだと空港使用料や諸税なども含めて返却されますが、面倒のがバウチャーはBAのサイト上では管理できず、メールについてくる航空券番号で管理するということです。

そのため、航空券番号ごとに、何aviosのバウチャーで、誰の名義のバウチャーかを確認しておく必要があるのです。

issy
私もわからなくなってしまい、一度BAのコールセンターに電話して整理しました…。

電話でのキャンセルは平日の昼間のみ受付

一応、コールセンターに電話してキャンセルをすれば、バウチャーではなくavios残高として返却されるのですが、BAの日本語のコールセンターは平日の9:00から17:00までの営業で、それも12:00から13:00まで利用できないことから、勤め人にはちょっと使いずらいところがあります。

まぁ最大でも1日3便しか運航のない東京に日本語のコールセンターを設置してくれているだけでありがたいので、何かあれば電話はするのですが…。

TwitterのDMでaviosの返還が可能!

最近、BAの公式Twitter(@British_Airways)のDM機能を使うと、電話と同じようにバウチャーではなくavios返還できるという話を聞きつけました。

私も1件キャンセルしたい予約があったので、ちょっとTwitterのDMを使ってBAの特典航空券をキャンセルしてみましたので紹介します。

DMを送ろうとしてメールのボタンをクリックすると、最初は自動的に質問を振り分けていく機能が発動します。

まずは、

Thank you for contacting British Airways. How can we help direct your message today?

  • Covid-19 Questions
  • Other Questions

という表示が出ます。コロナに関する直接の質問ではありませんので、ここではOther Questionsをタップします。

すると自動的に次には、

Please choose from the options below and one of our team will be in touch soon:

  • Help with baggage after travel
  • Make a claim after flight distruption
  • Complaints
  • Executive Club membership queries
  • I’m currently at the Airport
  • Travel questions about Coronavirus
  • Go Back

質問内容について聞かれます。ここではaviosを使った特典航空券のキャンセルになりますので、Executive Club membership queriesをタップします。

すると、自動的にこんなメッセージがでます。

Please let us know how we can help. We’ll need your full name and Executive Club number, along with the three of the following in the order they appear:

  • Email address
  • First line of the address and postcode
  • Last four digits and expiry date of your stored payment card
  • Recent or future flight, hotel or Avios transaction e.g. LHR-JFK on DD/MMM, the name of hotel or transaction details
  • Name a 3rd party nominee

会員情報の確認です。フルネーム、数字8桁のExecutive Club番号、そして本人確認のために5つの中から3つの情報を送ってくれと言われます。まぁメールアドレス、住所、そしてBAに登録しているクレジットカードの下4桁+有効期限の上3つが一番手っ取り早いと思うので、これらをDMで送ります。

これを入力し終わると、自動入力ではなく個別の対応になっていくと思います。まず、ここでは、特典航空券をキャンセルしたいこと、そしてバウチャーではなくあくまでaviosで返してもらうのが目的なので、その旨を最初にはっきりと伝えた方がいいでしょう。

例えば英文はこんな感じでしょうか(英語できないのでこれでいいのかはわかりません。けど通じました)

I’d like to cancel my flight. Could you please give me a refund of AVIOS not as a voucher?

すると、英数字6桁の予約番号を聞かれると思います。(私は行き違いで上の個人情報の質問が来る前にこのことを伝えたので、ここで個人情報関係の情報も送るようにまとめて指示がきました。)

予約番号を送ると、

Thanks for providing the information we requested. I’ve handed this conversation to an agent who will respond to you as soon as possible.

となり、先方での預かりになります。

ここから先は必要に応じ、先方の担当者から再度の確認事項が来たり、最後には「税金分はキャンセル料よりも高いから変換しないけどいいよね?」といった確認がありますので、はい、それでお願いします(Yes, please)と送ると、担当に繋いだから全部終わったらメールするよという返事がきます。

以上でやりとりは終了です。

 

その後すぐに持っていた予約はアプリ上から消え、しばらくすると6,000aviosが返却されていました。

火曜の夜にDMでのやりとりを始めて終わったのが木曜の深夜、最終的にaviosが戻ってきたのが金曜でした。電話の方が処理は圧倒的に早いですが、昼間になかなか電話できない繁忙期などは、これはこれでアリかなぁと思いました。

まとめ

ブリティッシュエアウェイズの特典航空券をキャンセルする際、Web上でやるとバウチャーになってしまうので、aviosに戻したい際はTwitterのDMを活用するといいよという紹介でした。

DMのほか、電話をしてもaviosで戻してもらえるのですが、日本のコールセンターは勤め人(社畜)には使いずらい時間帯しか利用できないため、DMだと空き時間にサクサクと対応してもらえます(そして時差があるので夜の方が対応が早い)。

BAのAviosを使っている方は知っておいて損はない情報なので共有させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください