ダイナースカード発行で最大84,000マイル!半年で120万円決済さえできれば3万円で8万マイルとコスパ抜群!

数あるクレジットカードの中でステータス性のあるカードの一つとして数えられる「ダイナースカード」。そのダイナースカードが、ポイントサイトで高騰しています。

年会費が2万円かかり、さらにダイナースのポイントをマイルに交換するためのプログラム加入のコストも考えると3万円ほどかかりますが、本キャンペーンをフルに利用すれば、最大84,175ANAマイルが獲得できます。

3万円のコストで84,175ANAマイルの獲得であれば、個人的には決して悪くない案件だと思います。条件には半年で120万円の決済というのがありますが、なんとか建て替え決済をしまくれば、どうにかなるんではないかなと思っているところです。

今回使用するポイントサイトはモッピーです。今回の案件、ダイナースクラブカードの発行で、17,500ポイントをもらうことができます。今回ポイントがもらえる条件は以下のとおりです。

ポイント獲得条件
【獲得条件】
初回カード発行対象カード:ダイナースクラブ(レギュラーカード)

※オンライン経由でのダイナースクラブカード新規入会のみ対象となります。
※すでに他のダイナース提携カードをお持ちの方も、初めて「ダイナースクラブ(レギュラーカード)」にお申込みの場合は対象になります。

今回の条件はカード発行のみです。

実は、モッピー以外のポイントサイトでもダイナースの案件は出ており、ハピタスとモッピーのみが17,500円分のポイント還元となっております。2,500円も違うので、ここはハピタスやモッピーを経由するのがお得ですね。

モッピーのポイントはANAやJALのマイルに交換可能!

モッピーのポイント制度は1ポイント1円相当の価値がありますので、17,500ポイントは、17,500円の現金にすることが可能ですし、マイルを貯めたい人であれば、ソラチカルートを利用することによって14,000以上のANAマイル、JALマイルに交換する場合もキャンペーンを活用できれば約14,000JALマイルにすることも可能です。

【ソラチカルートとは、ソラチカカードを利用することによって爆発的にマイルを貯める方法のことです】

ダイナースカードとは

ダイナースカードは、世界5大ブランド(VISA MASTER JCB AMEX Diners)の一つです。他の4ブランドに比べ普及割合が若干低く、使えないお店も一定数あるのも事実ですが、大半のお店でなら使用することができるでしょう。

日本における事業は、JTBと富士銀行が共同で、1960年12月に「日本ダイナースクラブ」を設立したのが最初です。実は日本で最初に設立されたカード会社は、ダイナースなんですね。

現在は三井住友信託系列の三井住友トラストクラブが発行・管理を行っています。

ダイナースカードの審査って?

ダイナースカードの入会審査については、正式に出している基準は、年齢が27歳以上の方のみとなっています。

ただし、もちろん27歳でも収入がない人であればカードを作ることは基本的にできないと思います。一般的には、「正社員で年収500万円」が一つの目安とされています。

これもダイナースが公式に言っているわけではありませんし、真実は闇の中…ですが、昔ホームページにあった簡易審査チェックの結果や、口コミサイトやクレジットカードに精通した方が書かれているブログなどをみると、これが一つの目安みたいですね。

ダイナースカードの発行でポイント獲得のチャンスと注意点

そんなハイステータスカードのダイナース。年会費は22,000円と高額なんですが、現在、ダイナースでは2019年5月15日までにカードを発行した人向けに、大規模なキャンペーンを行っているんですね。以下、公式ホームページからの引用です。

特典1:新規入会でもれなく3,000 ボーナスポイントプレゼント

特典2:入会後3ヵ月以内に30万円のご利用で12,000 ボーナスポイントプレゼント

特典3:入会後3ヵ月以内にさらに30万円のご利用で15,000 ボーナスポイントプレゼント
※特典2と合わせて60万円のご利用が達成条件となります。

特典4:入会後6ヵ月以内にさらに60万円のご利用で28,000 ボーナスポイントプレゼント
※特典3の達成が条件となります。
※特典2・3と合わせて100万円のご利用が達成条件となります。

特典2・3・4の通常ご利用ポイント(100円=1ポイント)として12,000 ポイント獲得

※ご利用の加盟店によっては、ポイントが加算されない場合、または換算方法が100円につき1ポイントではない場合があります)をキャッシュバックします。

つまり、入会から3か月で60万円かつ6か月で120万円使うと、70,000ポイントを獲得することができるんですね。

120万円の決済は難しいかもしれませんが、歓送迎会やや同行者分の出張旅費をたてかえたり、年度末の新生活で家電などの大きい買い物をすることがあれば、チャンスはあるかもしれませんね。

ダイナースのポイントはANAなどのマイルに交換可能

ダイナースのポイントはグルメ、人気メーカー、ラグジュアリーブランドから便利に使えるギフト券・商品券に交換できるほか、ダイナースの支払いやトラベルデスクで手配された旅行商品にポイントを充当することが可能です。

ですが、これらに交換した場合、1ポイントあたりの価値は1円程度。一方マイルであれば、1ポイントの価値は1.5円~2円となります。ここはやはり1ポイント1マイルに交換できるメリットを活かし、マイルに交換するのを個人的にはおススメします。

注意
ダイナースのポイントをマイルに移行する場合は、年会費6,480円となる「ダイナースグローバルマイレージ」への参加が必要です。

ダイナースのポイントから交換できる航空会社のマイレージプログラムは以下の通りとなります。

  • ANAマイレージクラブ
  • ユナイテッド航空マイレージプラス
  • デルタ航空スカイマイル
  • 大韓航空スカイパス
  • アリタリア航空ミッレミリア

下の3つはスカイチーム所属の航空会社で、マイルがインフレ気味ですから、交換するならANAかユナイテッド航空になりますでしょうか。

注意
2019年11月から、ユナイテッド航空のマイルチャートが廃止されるとのことで、インフレも予想されますのでご注意を。

エグゼクティブダイニングなどのメリットも

よくプラチナカードやアメックスゴールドカードなどにあるものですが、会員を含む2名以上で所定のコース料理を利用すると、1名様のコース料金が無料となるサービスです。2人で食事に行って1名無料なので、実質、高級レストランを半額で楽しむことができるというものです。特に回数制限がありませんので、予約さえ取れれば、年に何度も楽しむことができます。

都市部(政令市)が中心ではありますが、これらのレストランを1回利用すれば、年会費キャッシュバックの条件2を満たすということになります。お得に食事ができる上に年会費が無料になるなんてすばらしいですね。価格帯は、7,000円~15,000円が多いでしょうか。これくらいの価格帯なら、おいしいものが食べられそうですね。

LeaLeaトロリーに無料で乗れる

ダイナースの本会員、家族会員は、HISが運行するハワイのトロリーであるLeaLeaトロリーの1週間乗り放題券をもらうことができます。

【ハワイのLeaLeaトロリーはこちらを参考にしてください!】

ハワイでレアレアトロリーを格安で利用する方法!雑誌を買って安く利用する方法を紹介します!!

2018-12-01

このサービス、一時期なかったような気がしたのですが復活したのでしょうか。私もハワイに行きますので、このキャンペーン復活はカードを発行するきっかけになりそうです。

過去にはもっと高額還元があったんですけどね。。

実は2015年には、ダイナースカード発行のみで最高6万円分のポイントという時代もありました。ANAダイナースカードも別途発行OKのため、この頃に陸マイル活動していた方々はカード2枚で10万マイルを獲得していた方も多いと聞きます。

それに比べれば、ここのところは1万~2万円分のポイント還元ということで少なくなってしまいました。一時期、条件付きで年会費キャッシュバック+ゲットマネーで18,000円分のポイントというのもみましたが、その後なかなかおいしいキャンペーンもみませんね。

もちろん、昔のようにポイントが上昇する可能性も否定はできませんが、2015年はダイナースのカード事業がシティから三井住友信託に移行する過程であり、おそらく会員数を増やすことで(意図的に)事業の価値を高めていたと推測されます。

今回の15,000のポイント+最大60,000ダイナースポイントという案件は、最近にしては決して悪くはないと思います。ぜひポイントサイトを利用してポイントを獲得し、お小遣いやマイルに交換してみてください。

ダイナースは最近改悪続き。これからどうなる?

5大ブランドのうちの一つのダイナースではありますが、最近は改悪がどんどん進んでいます。本当に大丈夫なのか?というくらい。

【改悪の一例】

  • ポイント還元率が半減する特定加盟店が大幅に追加
  • 2018年12月21日からANAマイルへの移行が年間40,000マイルが上限に(これはアメックスもそうなりました)
  • コールセンターの営業時間が短縮、および営業日が変更(今までは24時間365日営業)

また、ダイナースカードの上位版であるダイナースプレミアムでは、ポイント還元率そのものを低下させるなど、サービス低下に拍車がかかっているようです。年会費6桁のカードなので私には縁のない世界ですけど。

特にダイナースプレミアムと、これのライバルとなるアメリカン・エキスプレス・プラチナカードの差をみると、ダイナースプレミアムのサービス劣化が著しいのに対し、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードはチタンカードになったりとサービスの向上が図られていますね。

まとめ

ダイナースカードのポイントサイトでの発行について少し考察しました。年会費とダイナースグローバルマイレージの加入料で3万円かかりますが、120万円の決済さえ可能であれば、ANAマイル換算で最大84,000マイルを獲得することができます。

ANAの84,000マイルということであれば、もう少しためればアメリカ本土までのビジネスクラスに乗ることができます。けっこう大型案件だと思いますので、半年120万円の決済さえできる人であれば、ぜひチャレンジしてみてください!

【モッピーへの入会はこちらからどうぞ】

2 件のコメント

  • 度たび拝見させていただいております。大変有益な情報をありがとうございます。
    もしご存知でしたら教えていただきたいのですが、ちょびリッチからダイナースのキャンペーンが適用外とのことで大変ショックを受けているのですが(汗、ちょびリッチのポイントが少し前までは15000円分だったのですが、その時の申し込み分も同じく適用外なのでしょうか?お忙しいと思いますがお答えいただければとメールいたしました。

    • hirochanさん

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      ごめんなさい。正直いって、そこはわかりません。ただ、15,000であれば可能性はゼロではないですね。
      あくまでダイナースのキャンペーンなので、対応されているかどうかは、ダイナースに確認しても問題ない(ポイントサイトとは無関係)と思いますので、ダイナースに確認するのがよいと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください