外為どっとこむが緩い条件で8,000円分のポイント+3,000円還元中!FX初心者にもおススメ。

特に最近陸マイラーになった人は、あまりおいしい思いができていないかもFX口座開設(+取引)案件。

ひと昔前までは簡単な条件で1口座あたり1万単位のマイルを獲得することができましたが、現在は、1万ポイントを超えるものはハードルの高いシステムトレード案件や、取引回数が吐きそうなほど多い案件が中心となっています。

そんな中、ポイントサイトのモッピーで、外為どっとこむが10万通貨の取引のみという比較的簡単な条件で8,000円分のポイントが付与されるという案件が出ていますのでご紹介します。

条件が比較的緩いので、まだ外為どっとこむの口座開設をしていない人はかなりおススメできます!!

外為どっとこむの口座開設+100lot取引で8,000円分のポイント

今回使用するポイントサイトはモッピーです。モッピーを経由して外為どっとこむの口座を開設して、100lot取引を行うだけで、8,000ポイントをもらうことができます。

【獲得条件】
新規口座開設+新規合計100Lot以上の取引完了
※初回利用の方のみ成果対象です。
お申込みから30日以内に新規合計100Lot以上の取引を完了された方が、対象となります。
1世帯1回まで

【獲得対象外】
※新規口座開設申込み後、30日以内に新規で合計100Lot以上の取引しなかった方
※本人以外のなりすまし入力と判断された場合
※入力された内容が無効または不備がある場合
※同一人物、世帯に準ずる複数お申込をされたお客様・外為どっとコムにて過去に口座開設のお申込をいただいた方の場合
※お申込完了に至らなかった場合
※過去ご利用履歴がある場合
※禁止事項に抵触したことが判明した場合
※取引完了までにキャンセルされてしまった場合
※重複・その他お申込内容に不備がある場合
※いたずらによるお申込、または記載内容に不正・不備・虚偽があった場合
※ポイント目当てと判断された場合
※法人様の口座開設

案件へのページはこちら

最初、「100lot」と書いてあったので、なにこれ大変じゃん!おススメできないよ!と思ってしまったのですが、よくよく考えれば、外為どっとこむは1lot1,000通貨のため、100lot10万通貨の取引になります。

issy
10万通貨の取引であれば、8,000ポイントの案件は比較的お得だと思いますね。

なお注意点として、1世帯1回までという条件がついているのでご注意ください。また、申し込みから30日以内に100Lot取引を行う必要があります。場合によってはIDなどが郵送で届くのに時間がかかり、取引を行う時間があまりありませんから、その場合はご注意ください。

8,000ポイントというと、もしかしたら「そこまで多くはない」と感じてしまう人も少なくないかもしれません。最近は某コーヒーの案件で、やたら万単位のポイントをみなさん荒稼ぎしていますかねー。

とはいえ、やはり8,000円を稼ぐには1日働かないといけないわけで、そう考えればこの案件も非常にお得だと思います。

今回利用するモッピーは、JALマイルキャンペーンをやっていますので、JALマイルをためる場合は他のポイントサイトよりも積極的に使っていくとよいと思います。

モッピーのJALキャンペーンが9月以降も継続へ。新たに加わった条件とは?

2018-08-23

【モッピーへの登録はこちらから可能です】

FXを始めるための事前知識と必要なもの

FXとは、為替取引です。語弊を恐れずに極論をいってしまえば、円高になるか円安になるか当てるゲームです(笑)

為替取引ですから、様々な通貨で取引できます。とはいっても、マイルを貯めるためやるFXであれば、最もリスクが少ないのが米ドルと日本円の取引がよいので、ここから先はドル円(レート:1ドル100~125円)で取引する前提で書いていきます。

FX案件を行うために必要な4つのもの

FXの取引に必要なものは以下になります。

  1. (最低)5万円
  2. 身分証
  3. マイナンバー通知(カードじゃなくてもよい)
  4. 平常心

5万円というのは、1万通貨(1万ドル)の取引に必要な金額だと思ってください。1万ドルって100~120万円するものですが、FXは信用取引ですから、5万円の手元でも、それを担保に、その25倍の125万円までの取引が認められるのです。

FXの口座を開設するには、マイナンバーが必要になります。必要なのはマイナンバーであって、今のところはマイナンバーカードでは必ずしもありません(いずれ、マイナンバー通知カードではできなくなりますが)

なので、マイナンバーカードを発行していない人は、2015年に発給されたマイナンバー通知カードを引っ張り出しましょう。

どうしても見つからない場合は市町村の窓口で再発行してもらうか、住民票の写しを発行し、その際に「個人番号を記載する」にチェックを入れれば自分のマイナンバーの記載がありますし、マイナンバー証明書類として使うこともできます。

FX取引前に知っておくべき2つのキーワード

それから、FXの取引のために事前知識として2つだけ用語を押さえておきましょう。

  • lot(ロット)…単位のこと。外為どっとこむの場合、米ドルであれば、1lotは1000通貨(1000ドル)であることが多いので、1lotといえば1000ドルと思ってください。
  • スプレッド…同じ時点でも、ドル円の値段は売りと買いで違います。その差がスプレッド。手数料みたいなものですね。海外旅行にいくときも、外貨両替で売りと買いのレートが違いますよね。あれと同じようなものだと思ってください。ドル円であれば最小0.27銭で、業者によって違います。

この二つだけわかれば大丈夫です。そのほか、FXにはスワップとかそんな用語もありますがわからなくて大丈夫です。私もよくわかっていません(笑)

FXが危険なわけは信用取引(持ってないお金で取引できちゃう)から

なぜFXが危険かというと、自分が持っているお金以上のお金を動かすからです。

例えば、今回用意する5万円で買える現物のドルはせいぜい400~500ドルですよね。ですが、FXでは、5万円しか持ってないくせに、その5万円を証拠金(保証金)としてその25倍である125万円を操ることができます。125万あれば、1万ドル(=今回でいえば10lot)買えますよね。なので、1万ドルの売買を行うのに必要なのが、最初に書いた5万円ということになります。

そのかわり、例えば買い(円安になればプラス)のポジションを持っていて、5円も円高になってしまったとしたら、操っているのはあくまで1万ドルだから、もう5万円の損失ですよね。

しかし、我々がもっている証拠金は5万円ですし、その前にロスカット(強制損切)も発動されますので、その後レートが戻ろうと、その場でゲームオーバーです。

現物なら、手元に「もの」があるから、どんだけ損をしても塩漬けしてしまえば、価値が戻ることもありますが、信用取引の場合、証拠金以上の損失は絶対に出せないのでその前に損切されてしまうんですよね。

FX案件をこなすときの注意点

ポイント獲得目的でFX案件をこなすときの注意点を書いていきたいと思います。

リスクは最低限にするべし=最低限の損をしろ!

さて、我々は、広告料としてのポイントを頂くためにFXをやるのです。稼ぐためにやっているのではありません。ということは、リスクを最小限にしつつ、ポイントサイトと広告主が定める取引回数をこなす必要があります。

その方法とは、売りでも買いでもどちらでもよいので、発注して即時決済すればよいのです。具体的には、1万ドルを買ってすぐにその1万ドルを売ればいいのです。

そうすれば、業者の手数料であるスプレッド分に、その数秒の為替変動分が合わさった額の損失(場合によっては利益)で収まります。

さきほどドル円のスプレッドは0.27銭が最小と書きましたが、仮にスプレッドを0.3銭とすると、即時決済すれば30円の損(0.3銭×10,000ドル)ということになります。ここに、0.1銭がレートが動くごとに10円の損得が発生します。 スプレッドが0.6銭なら60円の損から始まります。

実際にチャートをみながら操作をすると、売りにするか買いにするか悩みますが、はっきり言って、初心者が長期トレンドはともかく、超短期に円高にふれるか円安にふれるかなんてわかりません。売りでも買いでもどちらでもいいのです。

マイルを貯めるためのFX案件攻略方法!安全にFX案件をこなしてポイントを獲得しよう

2019-10-05

FXは土日はできません。また、手を出してはいけない時間があります

まず、勤勉なサラリーマンの皆様、土日はFXできません。FXができるのは、月曜の朝~土曜日の早朝(世界中の月曜から金曜の市場オープン時間帯)のみです。

そのため、FXは平日にやることにやる必要があるうえ、ポイントとしては相場が波穏やかなときにやるに限ります。具体的には、各種の経済統計が発表されたり、重要な会議があるときは値動きが粗くなります。なので、これらの時間を避けて取引をするのが賢明です。

なお、このような会議や統計発表の時間は、FXの取引ツールに表示されるようになっているものが多いので、取引する前にはこのスケジュールを確認しましょう。もし、それが見当たらなければ「今週の経済指標」などを調べましょう。

日本における主要統計の発表時間は主に午前8時30分(CPI(消費者物価指数).GDP(国内総生産)など)〜8時50分(IIP(鉱工業指数)、日銀短観など)です。この時間には気をつけましょう。また、日銀の政策決定会合などはおおむね12時に終了しますので、意外と昼休みは値動きが粗いときがあります。この時間も気をつけましょう。海外の主要指標の公表時間は、中国は10時、ヨーロッパは16時半、アメリカは21時半〜0時などが多いですね。

外為どっとこむと今回の案件の攻略ポイント

外為どっとこむは、スプレッドが0.2銭と一般的なFXになります。まぁスプレッド情報よりも深キョンに目がいってしまいますけどね!深キョンかわいい!!

10lot一括取引の10回売買がベストか?

今回のポイント獲得条件は100lotの取引完了ですが、1lotずつ100回やるとけっこう時間がかかってしまいます。

今回の攻略ポイントは、10lotを一気に取引することです。先ほども書きましたが、外為どっとこむは1lotが1000通貨(=1000ドル)と、一般的なFX口座よりも少ないんですね。

なので、普通のFX案件と同様、10,000通貨ごとに取引してしまえば、「買い」→「売り」の決済を10回繰り返せば、ノルマ完了となります。10lotでも米ドル/日本円の場合、5万円あれば取引が可能となります。

この場合の損失予定額は、1回あたり20円がスプレッドとして損失する額となったため、「買いまたは売り」⇒「決済」を10回行うと、損失予定額は20×10取引で200となります。

実際はスプレッド分20円にその一瞬での為替変動で数十円のプラスマイナスがありますが…。わたくしがやるとマイナスにしかならないので、わたくしが取引するときはツイッターで呟いて逆張りすればみなさん儲かると思ってます(笑)

キャッシュバックキャンペーンが熱い!

なお、現在キャンペーン登録不要で、抽選ではなく全員に3,000円分の入金を行っています。

スマホアプリ経由でのログインで1,000円、10万円以上の入金で1,000円のキャッシュバックです。

パソコンでやるのとスマホでやるので、取引条件が変わるわけではないですからスマホでやればいいですし、10万円以上の入金も、手間を減らすには10lot取引をした方がいいですからみなさん入金すると思うので、実質的に全員に2,000円プレゼントということですね。

あとは、マネ育FXスクール理解度テストの合格とアンケートへの回答で1,000円もらえるのですが、これは全部受講すると1時間以上かかるので、まぁ時間のある人、FXの勉強したい人は受けてみてもいいかもしれません。

先ほど200円が理論上の損失額と書きましたが、それはこの2,000〜3,000円の入金で十分相殺できるどころか、お釣りがでますね。

まとめ:外為どっとこむの10万通貨取引で8,000円相当のポイントは超おススメ

モッピーで外為どっとこむが8,000円相当のポイントで出ていたので紹介しました。

最近、2017年夏までほどではないですが、手を出しやすいFX案件が徐々に増えてきていると思います。もし最近ポイント活動を始めた人であれば、チャレンジしてみる価値のある案件だと思います。ぜひ怖がらずに踏み出してみましょう。

【モッピーへの登録はこちらから可能です】

参考記事

セントラル短資FXの利用で27,000円分のポイント獲得!即時決済でリスクは最小限に抑えよう

2019-12-12

DMM FXをやるならCFD!DMM CFDを使って9,000円分のポイントを獲得しよう!

2019-09-10

モッピーのJALキャンペーンが9月以降も継続へ。新たに加わった条件とは?

2018-08-23

【2020年最新】日本最大級のポイントサイト「モッピー」を使ってマイルを貯めよう!使い方、疑問、デメリットまで解説します!!

2017-08-07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください