【羽田発着枠】来夏拡大の羽田アメリカ便でアメリカの航空会社が就航希望路線を申請!新たに羽田から行ける都市はどこになる?

早ければ2020年の夏ダイヤから、遅くとも東京オリンピック・パラリンピックの前までには、羽田空港国際線の発着枠が増えることが決まっています。

このうち、アメリカとは事前相談で枠の数が決まり、アメリカの4社の航空会社から羽田枠の申請が出揃いまして、海外ブロガーさんなんかも話題にしてますので私も少し書いてみようと思います。

羽田空港の現在のアメリカ路線発着枠は10+2

羽田空港の国際線は、従来は近距離国際線のみの運用となっていましたが、2010年から深夜早朝便を中心とした中長距離便の運用がはじまり、2014年には昼間時間帯も国際線の運用が本格的に開始しました。

このうち、羽田空港とアメリカを結ぶ枠は昼間時間帯に10便、夜間早朝帯に2便あり、日本の航空会社が5便(+夜間1便)に、アメリカの航空に5便(+夜間1便)割り振られています。

  • ANA:ニューヨーク、シカゴ、ホノルル(ロサンゼルス)
  • JAL:ニューヨーク、サンフランシスコ
  • ユナイテッド航空:サンフランシスコ
  • アメリカン航空:ロサンゼルス
  • デルタ航空:ロサンゼルス、ミネアポリス
  • ハワイアン航空:ホノルル(ホノルルorコナ)
補足
実は、アメリカ便は2014年に羽田の国際線が昼間も就航できるようになったときも割り振りで大もめしたためすぐには運用されず、それ以前のとおり、深夜便でJALとANAが2便、アメリカ系が各1便のまま運用していました。

最終的にこの昼間の割り振りが合意したときは、昼間便の深夜便を移行するのが前提であったため、西海岸中心の路線になっています。

これが、2020年の夏ダイヤ頃から、都心上空を通過する新たなルートの設定により、1日あたり全路線最大で50便程度の増発が可能となります。

アメリカ航空会社には新たに12枠の付与が内定

この最大50枠となる新規発着枠のうち、アメリカの航空会社に対しては12枠を与えることが事実上決まっています。

このソースは、2月12日の国土交通大臣の記者会見にでてきます。

(問)日米航空当局が、羽田増枠分のうち、半分程度を日米路線に割り当てる方向で最終調整に入ったと一部報道がありましたが、その状況について教えてください。
また、配分交渉にあたって、どのような路線、また、どのような点を重視されるか、現状でのお考えがあれば教えてください。
(答)羽田空港の増枠に関しましては、できるだけ多くの方々から理解を得られるよう、引き続き丁寧な情報提供を行っております。一方で、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの増便を目指す上で必要なスケジュールを勘案し、その準備行為の一環として米国との意見交換を行っており、先般、発着枠数が増枠した場合に、米国へ配分されるべき発着枠数につきましては、12枠とする共通認識を持つに至りました。
なお、これを受けまして、米国航空当局におきまして、米国時間の7日から、米国当局の判断において、米国航空会社への国内配分手続きに着手したとの報告を受けております。

http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin190212.html

つまり、事実上、1日50便の枠の約半分をアメリカ便に使用し、そのうち12便はアメリカの航空会社に割り当てることが、日米両政府の中で合意しているということになります。

アメリカ航空会社各社は希望を運輸省に申請済み

これを受けてアメリカ運輸省はすでに4社から希望を受け取っています。そこで、まずはそれぞれの要望を見ていきたいと思います。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、現在羽田=サンフランシスコ便を運行しています。今回の申請では、新たに以下の6路線の開設を要望しています。12枠しかないって言ってるのに6枠はよくばりすぎだろ(笑)

  • ニューアーク
  • ロサンゼルス
  • グアム
  • シカゴ
  • ヒューストン
  • ワシントンD.C.

このうちニューアーク、ロサンゼルス、グアム3つは新規路線として、シカゴ、ヒューストン、ワシントンD.C.の3つは成田便からの移管となります。

グアム、ヒューストン、ワシントンD.C.は現在羽田からの就航がない都市になります。

基本的にまんべんなく希望したなというのがありますが、その中ではまさかのグアムというのが本音です。それも成田からの移管ではなく、新規に就航(成田は減便しない計画)とのことなんです。

もしかしたら米軍の関係もあるのかもしれませんが、旅行者からすれば確かに近場リゾートなので、成田までの移動時間を考えると羽田から乗れるのはメリットですね!

アメリカン航空

アメリカン航空は、現在羽田=ロサンゼルス便を運行しています。今回の申請では、新たに以下の3路線(4便)の開設を要望しています。

  • ダラス・フォートワース(2便)
  • ロサンゼルス
  • ラスベガス

このうち、ダラスとラスベガスはは現在羽田からの就航がない都市になります。

もともと日本路線の就航がほかの2者と比べて少ないので、今回も要望は4便(3路線)にとどまっています。

ロサンゼルスとダラスはアメリカン航空の2大拠点ですからよくわかります。ここに集中したいんですね。

そして更にラスベガスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じですよね(笑)ラスベガスに直行便とか個人的には超嬉しいのですが、絶対捨て駒だろこれ…と思ってしまいます。

以前、羽田空港の深夜早朝枠を利用して羽田=ニューヨークを一時期だけ運行していたこともあるのですが、ニューヨーク便の申請はなかったですね。

デルタ航空

デルタ航空は、現在羽田=ロサンゼルス便と羽田=ミネアポリス便を運行しています。前回の発着枠で、唯一2枠を獲得したんですね。

今回の申請では、新たに以下の5路線(6便)の開設を要望しています。

  • シアトル
  • デトロイト
  • アトランタ
  • ポートランド
  • ホノルル(2便)

このうちシアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランドは現在羽田からの就航がない都市になります。

前回の発着枠で、まさかのミネアポリスを取りにいったデルタ航空ですが、今回はアトランタやデトロイトといった、旧ノースウェスト航空時代も含めたハブ空港との就航を要望しています。

ただ、シアトルとデルタがいまいち結びつかないんですよねー。アラスカ航空とデルタ航空は昔は提携していましたが、今はしていませんし…。

さらに、ホノルル行きを1日2便要望しています。欲張りすぎだろここも…。

ハワイアン航空

ハワイアン航空は、現在羽田=ホノルル便を昼間枠、羽田=ホノルル/コナ(曜日により変動)便を深夜枠で運行しています。前回の発着枠で、唯一深夜枠を要望し獲得したんですね。アメリカって深夜枠を使いにくいんですよねー。

今回は、ホノルル行きを追加で3便要望してます。

全部通ったら、羽田=ホノルルが1日5便とかもうすごいことになっちゃいますね。まぁ全部は通らないでしょうけど。

19便の要望に対しての12枠はどうなるか勝手に予想

このように、羽田=アメリカ路線については、アメリカ航空会社用の12枠に対し、4社合計で19枠の申請があったところです。ここから4社で12枠の取り合いとなりますが、どうなるでしょうかね。

まず全社2枠は確定でしょう。これで8枠が埋まります。

ここからが取り合いとなりますが、基本的にデルタは4社の中で唯一日本の航空会社とコードシェアしていませんので、優先的に割り振りされると思われます。また、ハワイアン航空のみに満額回答するわけにもいかないと思うので、以下の割り振りが妥当かなぁと思います。

  • ユナイテッド航空3枠
  • アメリカン航空3枠
  • デルタ航空4枠
  • ハワイアン航空2枠

日系2社の枠は秋頃まで決定か?

対する日系2社の枠については、秋ごろまでに決まっていくものと思われます(ちなみに前回2014年春の発着枠開放の際は、2013年10月5日に決定していますので、そのころと思われます。)

アメリカが路線を先に出させて枠を決めるのと違い、日本は国で枠を決めて、あとは飛びたいところへどうぞ、という形になると思います(当然、路線は内々には航空会社と国交省で調整はしているのでしょうが)

おそらくJALは羽田=ホノルルの再就航やシカゴ、さらにはロサンゼルス便などの収益性の高い路線の移管を狙っていると思います。機材の余裕がANAに比べてないので、あまり新規路線は期待できないかなぁ…というところです。

一方、ANAは新たな路線の開拓もあるかもしれませんね。

まとめ

アメリカの航空会社が、羽田路線の要望をアメリカ運輸省に提出したという話でした。4社から出された開設の要望は19路線で、ここから秋までに12路線に絞られていくものと思われます。

おそらく羽田からダラスやデトロイト、アトランタ、シアトル、ワシントンD.Cなどが新規路線になるのではないかなと思います。

issy
個人的には、アメリカン航空がダラス便を羽田に移管したら、その枠でぜひ成田=ラスベガス直行便を出してくれたらうれしいです(笑)

まだこれから先の話ですが、ANA、JALのアメリカ路線12枠も、どこに飛ばすのかが楽しみですね。

参考記事

【重要】陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2019年バージョン】

2019-09-17

【雑談】成田にいく高揚感と、羽田に行く日常感

2019-01-13

2019年の空の旅はこうなる!2019年に予定されている新規路線や航空行政の展望を解説します

2019-01-05

【完全解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方と、お得な使いかた

2017-08-22

7 件のコメント

  • こんにちは
    以前からブログは読ませていただいてますが、投稿は初めてになります。

    アメリカの航空会社の羽田開設に向けて申請について、私見がかなり入りますが、私なりの見解を。

    これがすべて通るとは思いませんが、ドル箱路線のアメリカをあれだけ成田から羽田に持っていかれると、成田の存続危ぶまれますよね。。
     
    訪日客6000万にに向けて、成田ではさばききれないから羽田も増便するってことなんですよね?
    (成田が24時間稼働出来ないからってものあるでしょうけど…)
    じゃ、羽田新規開設します、成田便は供給過多になるから減らします、じゃ話が違います。。
    ただ、羽田拡張したいだけじゃないかって。
    品川区の住民は騒音だけを我慢すればよいのかと・・・
     
    AAも成田線維持、UAは成田路線も残しつつラウンジをPolarisloungeに改修する、JALは成田色強める、ANAのデュアルハブ戦略!とか言ってますけど、方向性が変わってきちゃうんじゃないか?って成田派の自分としては心配しております。。。
    減便されたらそうなりますよね?
    北米アジア間の乗り継ぎにってこれだけ羽田にふられたら、その機能も危ぶまれます。

    DLはいち早くてたがってる感丸出しで、完全撤退でしようね。。。

    場当たり的なお粗末な政府の政策に振り回される航空会社はたまったもんじゃないですが…
     
    口を開くたびに、成田は遠い、成田は不便!ってそうですかね?

    距離はありますけど、利便性はかなり高くなってるかと思います。
    管理人さんのおっしゃる通り、なりたにつくと、よし海外へ!って気になりますし。

    最近は特に成田バッシングが増えてるように感じますが、そんなに嫌なら、無くしてみろ!と自棄になっております(笑)
     
    かなり私情が入りましたけど笑、羽田拡張されても、自分はこれからも成田空港を利用し続けます!

    • しげさま

      コメントありがとうございます!
      そうですね、米系はでていくリスクはありますよね。特にデルタは…。
      ただ成田も現在でも混雑していますし、仮に羽田移管でもそこに入りたい航空会社はありますから、そこまでは便が減ることはないんじゃないかなと思ってます。

  • こんばんは
    やっぱり米系はいなくなっちゃいますかねー…
    あの日本にいながら、アメリカを感じさせるデルタのチェックインカウンター、よかったんですけどね…

    開いた枠にくるのは、lccになって、関空みたいにらなってしまうんでしょうかね。。。

    • ユナイテッドは残る宣言しているので残るでしょうし、デルタも4枠あげてもまだ残るとは思いますが縮小するでしょう。
      アメリカンは移管したらもう路線がない(笑)って感じですね。

  • アメリカンは以前、成田も残しつつって発言してましたけどね。、
    方向転換するのでしょうかね。
    ラウンジなくなったら困ります。
    ワンワールドで固めてるので笑

    • もともとアメリカンってダラス2便とロスしか飛ばしてないので、この2路線で羽田枠とったら成田どうするの?って感じですけどね。
      1便ずつ残してベガス飛んで3便ですかね?

      • あと、シカゴ便もありますよ!
        因みに、去年乗りました!

        ロス、ダラスの は夕方便のみで、シカゴに、ラスベガスで4便とか?!

        落ち着いたら、UAもANAならぬホワイトスポットせめて欲しいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください