羽田空港第1ターミナルにHANEDA HOUSEがオープン!滑走路がみえるスタバや「ANA Hanger bay Cafe」など、飛行機待ち時間におススメ

羽田空港の第1ターミナルに、2018年12月に新たに「HANEDA HOUSE」という新しい商業施設エリアが誕生しました。

どうしても第2ターミナルに比べると暗いなんて言われる羽田空港の第1ターミナル。私もJAL派なので第1ターミナルを使うことが多いのですが、やっぱりあまりターミナルビルで過ごすことはく、空港についたらすぐに保安検査を抜けてしまっていたのも事実です。

ただ、この「HANEDA HOUSE」はなかなか綺麗なゾーンになっています。今回、羽田空港で少し時間があったのでゆっくり回ってきたのですが、なかなか快適だったので紹介できればと思います。

HANEDA HOUSEとは?

HANEDA HOUSEは「空港は通過する場所から滞在する場所へ」というコンセプトのもと、2018年12月19日に誕生した羽田空港第1ターミナルの新しい商業施設です。

第1ターミナルは北ウィングと南ウィングに分かれていますが、その間にある「Market Place」という商業ビルの5階にあります。5階の南側にちょっと飛び出たあたりがHANEDA HOUSEになりますね。

このHANEDA HOUSEには、14の店舗が入居しており、カフェなどのほかエンターテイメントレストランやジム、リラクゼーションサロン、ビジネススペースなどが入り、これまであまり空港では見かけなかったテナントが多く並んでいます。

issy
第1ターミナルはよくも悪くも「空港」のイメージそのものでしたが、明らかに雰囲気が異なります。

例えばこちらは「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」というレストラン。「EXILE」や「三代目 J Soul Brothers」が所属するLDHがプロデュースするお店で、時間によっては所属アーティストの音楽ライブが実際に楽しめるようです。

本当はゆっくり訪れたいところですし、私も酸素カプセルの中に入ろうとも思いましたが、そこまで空港でのんびりする余裕がある人はそう多くないかもしれません(笑)

そこで、空港前に気軽に立ち寄れるカフェ2店、スターバックスとPabloを訪れてきましたのでレビューを書いてみたいと思います。

日本で唯一(?)の滑走路が眺められるスターバックス!

そんなHANEDA HOUSEの奥の方には、スターバックスコーヒーが入居しています。このスタバ、ちょっとすごいんですよ。

それは、「日本で唯一滑走路が望めるスタバ」です。

このキーワードを聞いたら、飛行機とコーヒーが好きな私が足を運ばないわけはありません。フライトの予定のない日でしたが、時間がある日にさっそく行ってきましたよ。

もともと、羽田空港第1ターミナルには3階にもスターバックスが入っているのですが、今回新たにHANEDA HOSUEにもスターバックスができました。こちらのスタバはゆったりとした造りになっているのが特徴です。

座席はたっぷり100席ほど用意され、今回訪れたのは日曜日の午前11時すぎなのもあってたまたまなのかもしれませんが、比較的すいていました。

窓側のカウンター席が一番飛行機が見えやすいのも事実ですが、カウンター席からでなくても、十分に飛行機や滑走路を望むことができます。今回は妻と子供と3人でしたので、テーブル席に座りました。

冬場は基本的にドリップコーヒーしか頼まない、寒がりな私ですが、せっかく滑走路がみえるということで、テンションがあがってしまい寒いのに奮発してフラペチーノを頼んでしまいました。

それでもやっぱりカウンター席からの眺めは他の座席とも比べてとてもよいです。

このスターバックスの窓側の席からは、羽田空港の第1ターミナルにとまっているJALの航空機をはじめてとして、A滑走路の離着陸や国際線ターミナルを望むことができます。

そう、このスタバの向きだと、国際線のターミナルが見えることから、JALANA以外にも、たくさんの航空会社の航空機を見ることができます。これは第1ターミナルからの眺めの特権だと思います。

あと、日本の各地の空港と便を結んでいる羽田空港ならですが、通常、その地でしか販売されていない地方のご当地タンブラーやマグカップを取り揃えています。関西や九州限定のダンプラーなども、羽田空港に来れば入手することができますよ!

ANAのカフェがJAL側に?ANA Hanger bay Cafe by PABLO

また、もう一つ紹介するのが「ANA Hanger bay Cafe by PABLO」というカフェです。チーズケーキで有名なPABLOとANAがコラボして作ったカフェになります。

はい、ANAが就航しているのは第2ターミナルなんですが、第1ターミナルに堂々とANAの名前を出して店舗を出してきました(笑)

issy
赤組からすると喧嘩売られたような気がしなくもないですが…(苦笑)

なので、ANAを使う人は意外と訪れにくいのですが、それでも第1ターミナルと第2ターミナルの間は無料連絡バスもありますし、スターフライヤーの福岡便・北九州便は第1ターミナルから出発しますので、ANAユーザーの方もぜひ訪れてみてください。

店名にもなっているHangerは英語で格納庫を意味します。お店のつくりも、アメリカ西海岸の木造格納庫をイメージしています。

アメリカ西海岸の木造格納庫みたことないですけど(笑)

お店の外にも椅子が設置されています。というか、なんか第1ターミナルで青い照明ってなんか斬新ですね(笑)

私がこのとき訪れたのは10時の開店直後ということもあって、ライトミールの案内がでていました。私はコーヒーとタルトのみですませましたが、だいたい1,000円くらいでランチをすることもできそうですね。

PABLOといえばチーズタルト。さまざまな種類のおいしそうなタルトが並んでいますね。タルトの値段は220円~300円台というところでしょうか。

お店の中では、例えばANA Hanger bay Cafeのデザインがなされたトートバッグやマグカップなどの限定グッズも販売されています。

なかの座席はこんな感じで、落ち着いたトーンで作られています。

なお、窓はないのでカフェの中から飛行機を望むことはできません。

マイレージアプリ提示でタルトを1つプレゼント!

さて、ANA Hangar bay Cafeオープン記念第2弾ということで、ANAマイレージクラブ会員限定で、PABLO mini-プレーン1個が1つ無料でもらえるクーポンが配布されています。

クーポンの取得方法ですが、ANAマイレージクラブのアプリを開き、「information」に進むとの中に入っています。

クーポンの有効期限は、2019430までとなります。これまでに羽田空港に訪れる予定のある人はチャンスですね。

クーポンの利用条件は条件はこちらです。

  • 上記該当店舗のレジにて商品を1つ以上ご購入いただき、こちらのクーポンをお見せください。
  • お一人様一回限り、ご利用いただけます。

タルトをただもらうことはできず、何か他のオーダーをすることが条件となりますのでご注意ください。

ということで私も、コーヒーを購入して一緒にタルトをいただいてきました。甘いものが好きな方にはおススメできるタルトですね。

まとめ

羽田空港第1ターミナルに新しくできたHANEDA HOUSEの2つのカフェを紹介させていただきました。

今まで、第1ターミナルって少しゆっくりできるカフェが少なかった印象ですが、今はまだ人も少な目でねらい目のカフェになるかもしれません。

スタバではご当地マグカップを買うことができたり、Pabloではタルトが1つ無料でもらえたり、訪れるきっかけも与えてくれるカフェ。もし第1ターミナルを利用される方で空港に早く着いてしまった方、訪れてみてはいかがでしょうか?

参考記事

京急空港線の運賃大幅値下げで品川ー羽田空港は287円に!JRの羽田直通構想の準備も始まってモノレールはどうなる?

2019-02-25

リニューアルされた羽田空港カードラウンジ「POWER LOUNGE」訪問記

2017-05-07

陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?本当にマイルが大量に貯まる7つのポイントサイトを紹介します

2017-03-12

羽田空港国内線サクララウンジのすべて

2016-11-06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください