羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジ「POWER LOUNGE SOUTH」を紹介。保安検査後のラウンジなので便利!

空港に到着して、保安検査を抜けたあとゆっくりできる場所ってあまり多くはありませんよね。もちろん、航空会社のステータスを持っている方であればラウンジを利用することができますが、クレジットカードで使えるラウンジは、多くのラウンジが保安検査の前にあるのが実情です。

羽田空港の第1ターミナルには、特定のクレジットカードの提示で入室できるカードラウンジが3か所あるのですが、うち2か所は保安検査通過後のエリアにあります。

今回は、羽田空港第1ターミナルの保安検査場通過後にあるカードラウンジ「POWER LOUNGE SOUTH」に行ってきました。航空会社ラウンジであるサクララウンジよりも便利な面もあるので、その状況をご紹介します。

空港には「航空会社ラウンジ」と「カードラウンジ」がある

空港のラウンジには、大きく分けて2種類あります。

  • 航空会社が運営するラウンジ
  • 空港運営会社やラウンジ提供会社が運営するラウンジ

航空会社が運営するラウンジとは

羽田空港サクララウンジ入口

このうち、「航空会社が運営するラウンジ」とは、JALの「サクララウンジ」やANAの「ANAラウンジ」のことをいい(セントレアや宮崎空港のように、両社共用のラウンジがあります)、が自社の上級会員や上級グレードの席に搭乗する人向けに用意しているラウンジです。

なので、利用する場合はANAのプレミアムクラスやJALのファーストクラスに搭乗する場合や、JALやANAの上級会員になる必要があります。

補足
サクララウンジやANAラウンジにも、お金を払って入ること自体は可能ですし、国内線ANAラウンジは、ANAのプレミアカードを保有すると入室することが可能です。

サクララウンジ内のビールサーバー

基本的にこれらのラウンジは保安検査を通過した後に設けられており、ラウンジ内にはソフトドリンクのみならず、アルコールドリンクとおつまみが用意されています。

issy
仕事じゃなければやっぱり1杯飲みたいものですよねー

成田空港国際線サクララウンジのすべて

2019-07-02

カードラウンジ(空港運営会社等が運営するラウンジ)とは

「空港運営会社等が運営するラウンジ」というのは、有料だけれども誰でも入れるラウンジです。

ラウンジとクレジットカード会社が提携し、カード会社がゴールドカード会員のラウンジ使用料(1,000円~1,000円程度)を払うことによって、クレジットカード(ゴールドカード以上)保有者が無料でラウンジが利用できるようになっています。

ということで、ゴールドカード保持者だけが使えるというわけではないんですが、実際にお金を払って利用している人の方が少数で、基本はカードの提示で入室している人がほとんどなので、「カードラウンジ」と呼ばれているわけです。

ちなみに、全ての国内空港のラウンジに全てのゴールドカードで入れるわけではありません。クレジットカードによって入れるラウンジが違うんです。

例えばイオンゴールドカードの場合は、羽田空港のラウンジのみに限られてている一方、カードによって「国内20の空港ラウンジに入れる」とか「国内25の空港ラウンジに入れる」とか数が違うのです(けっこう差がつくのは、地方都市空港です)。

羽田空港「POWER LOUNGE SOUTH」の概要と場所

さて、今回訪れたのは、羽田空港にある「POWER LOUNGE SOUTH」の概要です。

実は羽田空港の第1ターミナルには、POWER LOUNGEが3か所あります。

このうち、POWER LOUNGE SOUTHとPOWER LOUNGE NORTHは、保安検査を終えた後に使うことができるラウンジになります。なので、出発の直前までくつろぐことができるのです。

これってカードラウンジとしてはとても素晴らしいことなのです。早めに空港に到着した場合、せっかくラウンジでゆっくりできても、その後に手荷物検査があったら、その時間を考えなきゃいけないのでオチオチゆっくりできないですよね?

ただ、日本の空港にあるカードラウンジの大半は、手荷物検査の前にあるのです。

その点、羽田空港のカードラウンジは保安検査終了後のエリアにあることから利用価値があるのです。

POWER LOUNGE SOUTH

  • 場所:制限区域 8番と9番ゲートの間
  • 営業時間:6:00~21:00
  • 無料サービス:ソフトドリンク、新聞・雑誌
  • 有料サービス:ビール等
  • 座席数:133席
  • たばこ環境:全席禁煙(喫煙スペースあり)

カードラウンジなので、無料の食事やお酒のサービスは原則ありません。朝、パンのサービスがある程度です。あくまで、ソフトドリンクが飲めて、ゆっくり座ったりすることができるスペースになります。

POWER LOUNGE SOUTHの場所

場所は、南ウイングの場合は8番ゲートと9番ゲートの間ですね。羽田空港の第1ターミナル南ウィング側ですので、中四国、九州、沖縄に向かう飛行機のスポットの方にあります。

ちなみに、サクララウンジよりも1番ゲートから8番ゲートであれば、よりゲートに近いのも特徴です。

北海道から関西までは北ウィング、13番以降のスポットを使いますのでちょっと遠いですね。その場合は、「POWER LOUNGE NORTH」を使用することができます。

POWER LOUNGE SOUTHのレポート

今回は同伴者(20代前半女子!)つきの出張だったため、せっかくだからPOWER LOUNGEを使ってみることにしました。弊社、出張でのマイル付与禁止のため、サクララウンジにはいってません。

今回はJAL搭乗のため、第1ターミナルのPOWER LOUNGE SOUTHを利用することになります。

私はJALの上級会員のため、普段は上級会員専用ゲートのすぐ横にあるサクララウンジに籠ってしまいますが、今回は8番ゲートの方に向かって歩きます。

こちらが入口です。以前よりもだいぶおしゃれになった気がします。そしてオープンになっているんです。昔は自動ドアで入った先がラウンジになっていたんですが、ドアを取っ払ったんですね。そのため、明るい印象になります。

羽田空港内のPOWER LOUNGEに無料で入れるクレジットカードの一覧です(写真は前回訪問時なので1,080になっていますが、現在は1,100円です)。

アメックス、ダイナース、JCBカード、三井住友カード(dカードgoldやANA VISAゴールドを含みます)や三菱UFJ、エポスカードや楽天カード、エムアイカードなど、多くのクレジットカードのゴールドカードを提示することで、無料で利用することが可能となります。

また、SPGアメックスを含むアメリカン・エキスプレスカードとポルシェカードのみ、同伴者1名様まで入室が無料となります。

issy
同行者が入れると、家族旅行だったり、ゴールドカードをもっていない若手との出張の際に便利ですね。

中の感じですが、とにかく「明るい!」という印象でした。私が普段使用するJALのサクララウンジは、落ち着いた照明を使用しており、温かみのあるスペースなのですが、こちらのラウンジは明るいです。どちらがよいか、というのは一概にはいえないと思います。

2017年に実施されたリニューアルで、一部に残っていた4人かけテーブルがなくなり、大きなテーブルになりました。

また、ほぼ全ての席に電源プラグがあります。これは非常に便利ですね。

奥には一人ずつ小さいサイドチェアを備えたソファーの席があります。こちらの座席にもコンセントが設けられていますので、飛行機を眺めたいという場合を除けばこちらも快適そうですね。

ここまで座席の雰囲気をみてもらえばわかりますが、かなり1人利用を想定した作りになっています。航空会社のラウンジと違い、同行者が特定のカード以外で入室できませんので、基本はビジネス客が多く、家族連れはほとんどいません。

また、非常に静かな環境でした。最新で訪問したのは日曜日の午後なのですが、それでも利用客の大半が一人でしたね。

フリードリンクはカウンターに設置されています。昔は壁のところにあったのですが、おしゃれになりましたね。エスプレッソマシーンが2台設置されていて、コーヒーやカフェオレ、アイスコーヒーなども作ることができます。また、有料のコーヒーのメニューもあるそうです。

それからジュース類がこちらになります。

一点だけ注意したいのが、炭酸飲料がないんですよね。実はこのとき、私は喉がイガイガしていて炭酸飲料を飲みたかったのですが、ないのが非常に残念でした。

オレンジジュースなどのジュースと、お酢のジュース、牛乳、極め付けは青汁がありました。

ラウンジ内は航空機に関するアナウンスが入りませんが、飛行機のダイヤと搭乗の状況等については、こちらのモニターでみることができます。ちょっとこのタイプってみにくいんですよね。

室内には雑誌や新聞が置いてあり、自由に読むこともできます。新聞は大手紙とスポーツ紙がありました。

その他、ラウンジ内にはトイレと喫煙スペースがあります。ラウンジ利用者専用のトイレがあるのは便利です。喫煙スペースは外から少し覗いただけすが、狭そうでしたね。

個人的な感想ですが、搭乗口により近く一人利用が多いことから静かなので、ビールや炭酸飲料さえ飲まなければ、サクララウンジよりもこちらの方が快適じゃないか、と思うくらいです。

まとめ:POWER LOUNGEは従来より快適なカードラウンジ!

2017年にリニューアルした羽田空港のカードラウンジ「POWER LOUNGE」は、従来のエアポートラウンジより明るく、ゆとりのある作りになっています。現在は順次改修が終了し、第1ターミナルはすべての、第2ターミナルも1か所を除き、POWER LOUNGEへ変化を遂げています。

羽田空港の場合、カードラウンジが保安検査場を抜けた先にあるため、ラウンジで搭乗時間までゆとりをもって過ごすことが可能です。

ほぼ全席に電源アダプターもありますからビジネスパーソンも合間に仕事できますし、コーヒーやジュースを飲みながら、出発までの時間をゆっくり過ごすことも可能です。

POWER LOUNGEはほぼすべてのゴールドカードに対応しているラウンジですので、羽田空港で時間が余った際にはぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください