IHG日本初上陸のブランド ホテルインディゴ箱根強羅宿泊記。

どうも、神奈川出身で家族旅行ではよく箱根に行っていたissy(@y_issy24)です。

さて、先日、会社の有給も使い、2020年2月に箱根に新しくできたばかりのホテルである、「ホテルインディゴ箱根強羅」に早速泊まってきました!

なかなか新しいホテルにオープン直後に行くということもないですし、高級ホテルということで正直、ちょっと場違い感もありましたが、ホテルの方も親切にしてくれて快適に過ごすことができました。

そこで、今日はそんなホテルインディゴ箱根強羅を紹介したいと思います!

ホテルインディゴ箱根強羅の概要

ホテルインディゴ箱根強羅は、2020年1月にオープンした新しいホテル。

インターコンチネンタルやクラウンプラザなどを世界中に展開するIHGグループのインディゴブランドとしては、日本で初めて出来たホテルになります。

ホテルの部屋数は98部屋と、温泉宿とみれば大規模かもしれませんが、一般的なIHGのホテルと考えれば小規模~中規模のホテル。温泉街ですが、和室なしの全室洋室スタイルのお部屋になっています。

ホテルの場所は箱根の中でも温泉宿が多く、また箱根登山鉄道の終点でもある強羅温泉エリアになります。

IHGのブランド「インディゴ」とは?

IHGのブランドであるインディゴのコンセプトは、「世界中どこにあっても、その土地ならではのカルチャーや歴史をクリエイティブに映し出す刺激的なデザインとこだわりあふれる居心地のよいサービスで、訪れる人の好奇心をかきたてる新感覚のライフスタイル・ブティックホテルブランド」というものらしいです。

すでに海外にはたくさんのホテルを出していますが、日本ではこの箱根強羅が初展開になります。

地域の文化や歴史をデザインに取り入れるということで、このあと紹介するホテルのフロントや部屋などの内装にも、箱根らしさというものを感じさせるような作りになっています。

補足
ちなみに2021年に二つ目のインディゴホテルが、愛知県犬山市に誕生する予定です。 

全部屋に温泉つき

箱根で楽しみなのが温泉でしょう。ホテルインディゴ箱根強羅は、すべての客室に温泉が引かれています。なので、大浴場にいかなくとも温泉を楽しむことが可能なんです。

それも各部屋にある温泉は露天風呂ですから、なかなかハイグレードなホテルになっています。

ホテルの宿泊費用目安

ホテルインディゴ箱根強羅の宿泊費用の目安ですが、2020年現在、素泊まりで1部屋、1泊あたり平日で約4万円といったところでしょうか。

これはおおむねの料金であって、土日だと、5万円を超える日も多く、夏休みだと最も安い部屋でも8万円を超えるという価格帯になっています。

正直、箱根エリアはメジャーな観光地であるが故、もともとホテルの値段が高めですが、それでもやはり高いなぁと正直思う部分があります。価値観は人それぞれでしょうけど。

issy
個人的には8万円だったらさすがに遠慮しますかね…。

IHGリワードポイントでの宿泊

ホテルインディゴ箱根強羅はIHGグループのホテルですから、IHGのポイントでも宿泊する事が可能です。

現在、ホテルインディゴ箱根強羅は、40,000ポイントで宿泊することが可能です。

今紹介したとおり、ホテル1泊あたりの宿泊費用が安くても約4万円で、IHGのポイントは1ポイントあたり0.6円前後で定期的に購入することが可能ということになると、ポイント宿泊でも比較的おすすめや宿といえるかもしれません。

ただ、みんな考えることは同じで、ポイント宿泊を狙っている人が多いことから、ポイント宿泊で検索をかけても、空室が全然ないですね…。

issy
ちなみに、予約受付開始直後は、なぜか設定間違えたのか30,000ポイントとなっており、運よく3万ポイントで私は泊まることができました。

ホテルインディゴ箱根強羅へのアクセス

それでは、ホテルインディゴ箱根強羅へのアクセスを紹介したいと思います。

まずはgoogleマップで場所を見ておきましょう。宿があるのは箱根の強羅エリア。東京方面から車でいく場合は、国道1号線から宮ノ下で国道138号線にでていくことになります。

小田原駅からシャトルバスを利用

ホテルインディゴ箱根強羅へは、JR、小田急の小田原駅から直行のシャトルバスが運行されています。

はい、発着地が小田原です。ここ要注意ですよ!

というのも、東京から箱根に鉄道で行く場合、東京から東海道線や東海道新幹線で行く人もそれなりにいると思いますが、新宿からロマンスカーで行く方がけっこう多いと思います。

小田急のロマンスカーって、私は小田急沿線に長いこと住んでいて、通勤で当たり前のように乗っていた時期があるのであまりレア感を感じないのですが、やはり箱根旅行のエッセンスの一つなんだと思います。子供も非常に楽しんでいました。

その場合、小田原から箱根登山線に入り、箱根湯本まで乗車する人が多いと思います。箱根湯本はまさしく箱根の玄関口ですからね。

ですが、シャトルバスの発着は小田原なんです。なので、ロマンスカーで向かい、ホテルに直行したい場合は、小田原までの乗車券と特急券を購入すればOKとなります。小田原で降りましょう。

ホテル発
| 7:10 | 8:55 | 9:55 | 10:55 | 11:55 | 12:55 | 13:55 | 17:00 | 18:00 | 19:00 | 20:00 | 21:00 | 22:00 | 23:30 |

小田原駅発
| 6:00 | 7:45 | 8:45 | 9:45 | 10:45 | 11:45 | 12:45 | 13:45 | 14:45 | 18:00 | 19:00 | 20:00 | 21:00 | 22:00 |

シャトルバスは、従業員のアクセス確保のためもあってか、1時間に1本でています。

公共交通機関の最寄駅は強羅駅

ご自宅などから直接ホテルに向かう方であれば小田原からバスを利用すればよいですが箱根山中を観光してからホテルに向かう方も多いと思います。

この場合、バスを除く公共交通機関の場合、最寄の駅は箱根登山鉄道の強羅駅になります。

注意

なお、2020年2月現在、昨年の台風の影響により、箱根登山鉄道は運休していますので、箱根湯本から強羅まで向かう場合は代行バスに乗ります。

ちなみに代行バスは休日ともなると鬼のような列を成します。私たちは最初大人しく並んでいたものの、奇跡的にも「タクシー確保してるんですが相乗りしませんか?」とお声がけ頂いたので、ありがたく便乗させていただいたのですが、おそらく待っていたら30〜40分待ちだったと思います。

また、最寄駅である箱根登山鉄道の強羅駅からは、歩けなくはないですが基本タクシーをオススメします。

一応、強羅駅とホテルがある宮城野地区は、歩行者専用の近道があるっちゃあります。これを使えば大人は15分くらいで駅とホテルを移動することは可能です。

ちなみにこの道はGoogleマップにも書かれていない道ですが、だいたいこのあたりになっています。ただし階段だらけの道で、子連れで歩いてみたらめっちゃしんどかったので、正直オススメしません。また夜は街頭は一応ありますが、

ということで、強羅駅からホテルに移動する場合、荷物があったり子供がいる場合はタクシー移動をお勧めしますが、強羅駅でもホテル近辺でも、タクシーも捕まりにくいのが難点ですね…。

ホテルインディゴ箱根強羅の館内を紹介

それでは、ホテルインディゴ箱根強羅に実際に宿泊したときのレポを紹介しましょう。

ホテルの入り口は非常にこじんまりとしています。小さい入り口ですね。


入り口を入るとすぐにあるのがフロント。フロントはこのように一つの大きい机があり、こちらで座りながらチェックインをすることが可能です。

HPによると、このデザインは近くにある観光スポット「強羅公園」の茶室にインスピレーションを受けたとか。

フロントの横にあるソファのところには、箱根名物寄木細工のオブジェ?みたいなのもあります。これ、くるくる回るので子供は楽しんでいました。

フロントのテーブルでチェックインの手続きをしました。私は今回ポイント宿泊の素泊まりでしたので、チェックインの際に朝食をつけてもらいました。

その他注意事項などを聞いたあと、カードキーを渡されます。

ロビーでは、箱根の伝統工芸品などが販売されています。一般的なお土産などの販売はありません。

ホテルインディゴ箱根強羅のお部屋を紹介

今回は、IHGのポイントで宿泊したため、予約した部屋はデラックスツインヒルサイドもいう、一番安い部屋を予約しました。

実際にアサインされていた部屋は、デラックスツインリバーサイドという、早川を望むお部屋にアップグレードされていました。

基本的にヒルサイドもリバーサイドも部屋のつくりは同じですが、展望が違います。私は一応IHGプラチナ会員で、その効果なのかはちょっと分かりませんが、部屋のアップグレードはありがたいことです。

issy
ほーてるはりばーさいっ!かーわぞいりばーさいっ!(井上陽水)

今回アサインされたお部屋は404号室。それでは、お部屋の中を紹介したいと思います。

部屋をあけるとこんな感じです。子供がたーっと走っていってしまいました。

部屋の広さは32平方メートルあります。そこまで広いわけではありませんが十分な広さにはなっています。

ツインタイプですので、ベッドが2台置かれています。真ん中でベッドをくっついた状態でセットされていました。なので限りなくキングベッドに近い使い方ですね。

ベッドサイドには、BOSEのスピーカーやコンセント、USBポートがあります。


ベッドの上には、昔の強羅駅近辺の写真が描かれてます。このあたりも、そのエリアの文化に融合するインディゴブランドならではでしょうか。

ベッドの横には、2人かけのソファとテーブルがあります。テーブルの上に小さいテーブルがあってなんだこりゃ?と思いましたが、ソファの上に子供が座ると、ちょうどよい高さになっているんですね。


続いて備品をみていきましょう。

棚のデザインも独特です。これは冷蔵庫が左下の引き出しで、そのほかの引き出しにはお茶とかコップとかが入っています。また、ネスプレッソの機械や水が2本おいてあります。

冷蔵庫にはミニバーがあります。とはいえ、自分たちが持ち込んだ飲み物も、少しくらいはいれるスペースがあったので便利でした。

ネスプレッソのポーションも引き出しにはいっています。全部で4つ入っていたので、2回ほどコーヒーを飲むことができました。

グラスやカップなども引き出しの中にはいっています。

ベッドの横のスペースにはハンガーや荷物置きがあるのですが、その横にスリッパや下駄、館内の移動に使えるような小さいバッグがありました。

そのほか、傘の備え付けもあります。これ地味に便利ですね。


浴衣と暗証番号式のセーフティーボックスが備え付けられています。

今回、お風呂が露天風呂で窓側にあるため、洗面所やシャワーも、普通のホテルのように入口近くではなく、部屋の奥、窓側にあります。

洗面所のアメニティも桶に入っていたりと、細部まで拘っていますね。

シャワーは天井にもあるタイプで、2つあるレバーの上がシャワーを選ぶレバーですが、間違えて捻ると上から冷たい水がでてきますので注意が必要です笑

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープのブランドはピオロジーを採用しています。

香りが独特なので、これは好き嫌いを少し選ぶかもしれませんねー。匂いがないのをお好みの方は、持ち込んだ方がいいかもしれません。

そしてお楽しみのお風呂。お風呂の大きさは、一般的なファミリー用のお風呂とおおむね同じサイズになります。子供と2人であれば余裕で入れます。家族3人だと…試してませんがちょっと厳しいですね。

蛇口をひねると部屋のお風呂に温泉がでてきるという、なかなかない経験をさせてもらいました。源泉はかなり熱いので、お水で調整しながら適温にきていきます。

景色は…うーん、部屋の場所が悪いのか、なんとも言えないロケーションですね。

一応部屋はリバーサイドなのですが、見えるのはどちらかというとバスの営業所とJAの営業所ビューですね。

ホームページの絵だとこんな感じになっていますが、かなり印象が違うのがわかっていただけると思います。

インディゴ箱根強羅のホテル内の施設について

インディゴ箱根強羅は各部屋に露天風呂がついていますが、大浴場もあります。また、スパとジムもあります。

これらは全て北館1階にあります。北館に入る際にはルームキーをかざす必要があります。

大浴場は8時から22まで利用が可能です。意外にも、夜遅い時間は利用ができません。

ちなみに大浴場は、男女混浴です!

はい、これ大事。もう一度いいます。ホテルインディゴ箱根強羅の大浴場は男女混浴です!

まぁ、水着着用ですけどね。

ということでホテルインディゴ箱根強羅にいかれる際は、必ず水着を忘れないようにしてください。ちなみに私は忘れましたので、中がどうなっているかよくわかりませんが、公式HPの写真によると、こんな感じになっているようです。

issy
朝までは水着を持たなきゃなー、というのは覚えていたんですけどね。忘れたのは非常に残念です

ジムは24時間営業です。ランニングやバイクなどがあるこじんまりとしたスペースです。温泉まできて体を鍛える人は少ないとは思いますが…。

スパは9時から20時までの営業。メニューなどはこちらのサイトからご確認ください。

ちなみにそこまで大きくないホテルなだけあって、館内には飲み物を売っているようなショップはありません。また近くにもコンビニはありませんから(最も近いのはバスの営業所のところにあるセブンイレブン。そして強羅駅周辺にはコンビニがない)、部屋で飲む飲み物などは事前に買ってきたほうがいいと思います。

インディゴ箱根強羅での食事について

今回、私がインディゴ箱根強羅に行くにあたり、オープンしてから色々調べても、レストラン情報がとにかく少なくて困りました。

どんなレストランがあるのか、また価格帯(客単価)はどのくらいか…。全然公式ホームページにも情報がないんですね。

それもあるので、今回私のほうで食事情報も少しまとめてみました。

インディゴ箱根強羅にはオールダイニングのレストランが1つとバーが1つ入っており、館内で食事する場合はこちらを利用することになります。

レストランのディナータイム

ホテルインディゴ箱根強羅には、レストランが一つだけあります。括られたエリアではなく、フロントから繋がっていて開放的なエリアです。

夕食時間帯(17:30~22:00)のメニューは基本的にアラカルトスタイルです。そのほか、イベント的なコース料理もあるようですね。

客単価は12,000~15,000と電話で聞いていましたが、実際そんなものなんだと思います。ホームページに掲載されていた、バレンタインのコースも2人で24,000円でしたから…。

雰囲気はかなりしっかりとしていて客単価相応です。正直子連れでは入りにくいなぁ、と思いました。

バーラウンジ(ウェルカムドリンク・バー営業)

レストランのほかにホテル内にバーがあります。こちらもフロントと仕切りがなく、本当にホテルに入った正面にあります。

バーの営業時間は23:30まで。ウェルカムドリンクのチケットをもらえたので子供と妻を連れて19時半ころと、レストランも閉店した22時半頃にいきました。

19時台であれば子連れでもいける雰囲気ですが、夜遅い時間は確かにムードはあります。

issy
夜遅い時間に外人が席でチューしていたんですが、さすがにやめていただきたいですね(笑)確かにムードはあるけどさぁ。

また、バーではIHGの上級会員のウェルカムギフトとして、ドリンクチケットを選択した場合こちらでドリンクがもらえます。

ドリンクチケットではIHGの会員ランクによって飲むことができるドリンクが異なります。

私はプラチナ会員なので、スパークリングワイン、ハウスワイン、ビール、ソフトドリンクから選択することが可能です。

バーにはカウンター席とテーブル席があります。こちらはカウンター席です。

テーブルチャージなどは特にかかりません。

このときは無料チケットでインディ五ビールという、鎌倉のクラフトビールをいただきました。

妻はグレープフルーツジュース、あと子供にも小さいコップでアップルジュースを出してくれました。ありがたかったです。

焼酎の3Mこと、魔王、村尾、森伊蔵も鎮座。お値段は森伊蔵が3,500円、魔王と村尾が2,500円でした。

子供と妻が寝て、風呂あがりに再度一人でバーに訪れた際にいただいたのがこちらのindigo +(インディゴプラス)というカクテル(2,000円)です。

すっきりとしたジンベースのカクテルで、小田原のレモンを使ったレモンソーダで割ってるんですがおいしいです。これはオススメです!

これ、バーテンさんが仕上げに席でレモンソーダを入れてくれるんですが、入れるときに色が変わるんですよ。バーテンの女性からも、色が変わるからぜひ動画を!と言われたりします笑

朝食はメイン+ビュッフェ形式

ホテルインディゴ箱根強羅の朝食は、夕食と同じホテルの1階にあるレストランが会場となります。1階におりて部屋番号を伝えると、席まで案内してくれます。

座席は窓側にテーブル席があり、早川を望むことができます。

席につくとメニューを持ってくるとともに、コーヒーや紅茶のオーダーを確認してくれます。

ホテルインディゴ箱根強羅の朝食は、以下の6種類の中からメイン料理を一つ選び、あとのサラダやパンなどはビュッフェからとってくるというスタイルになっています。

朝食のメインメニュー
  • オムレツ又はホワイトオムレツ
  • リバーサイドキッチンブレックファースト
  • ヘルシーブレックファースト
  • エッグベネディクト
  • 和食弁当
  • パンケーキ

リバーサイドキッチンブレックファーストは卵料理を選んでポテトやベーコンなどもついているスタンダードなプレート、ヘルシーブレックファーストはベジタリアン向けですね。

朝食の料金は消費税とサービス料込みで3,770円です。まぁホテルの朝食としてはこんなものでしょう。

補足
ちなみに、IHGのステータス会員向けの割引があり、プラチナ会員の私は3,000円ほどで食べることができました(たぶん15%割引)。

こちらは私がいただいたエッグベネディクトです。ほぼ卵の中の卵黄が固まっており、卵を割ってもトロトロと黄身が流れ出ることはありません。

個人的には生卵そこまで得意じゃないのでありがたいなと思いつつ、絵的には映えないなぁとは思いました(笑)

こちらは妻がオーダーしたリバーサイドキッチンブレックファースト(ポーチドエッグ)です。これ単品だとちょっと色合いがよくないかもしれませんね…。

続いてビュッフェエリアを覗きにいきたいと思います。

複数の種類のヨーグルトやハム、チーズなどのゴールドミールが冷蔵庫の中に入っていました。

フルーツ各種。パイナップルやスイカ、グレープフルーツにブドウなどがこのときはありました。冬でもスイカあるんですねー。

6種類のメインメニューの中に和食があるのですが、ビュッフェエリアにもお魚や卵焼き、ごはんに味噌汁などの和食も用意されています。

洋食を食べたけどやはり温泉だし味噌汁も飲みたいな…なんてときも取ってくることが可能です。

サラダ各種。新鮮な野菜を食べることができます。ミニトマトおいしかったです。

パンはクロワッサンやフルーツデニュシュなど。変わりどころでは温泉地らしく、豆腐焼きドーナツなんてのもありました。

こちらがジュースです。パイナップル、キャロット、オレンジジュースなどがありました。

お子様連れの場合ジュースで気をつけなければいけないことといえば、キャロットジュースでしょうか。

実はこのキャロットジュース、なかにジンジャーが入っており、子供にはなかなかおいしくない感じになっています。これだけは気を付けてください。

まとめ

日本初登場のインディゴブランドあるインディゴ箱根強羅に泊まってきました!

結論からいうととても満足できる滞在でした。ただ値段は相応なので、またポイント宿泊で訪れたいホテルの一つですね。

ちなみにインディゴ箱根強羅はできたてのホテルで、不慣れなスタッフさんがいたのは事実ではありますが、接客という意味では、ちょっと場違いな子連れ客にも非常にやさしく対応してもらうことができました。水着を忘れたのが非常に残念でなりませんが、とてもよいリフレッシュになりましたので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

参考記事

南紀白浜マリオットホテル宿泊記。アクセス、部屋、館内施設を紹介します!

2020-01-22

東横インフランクフルト中央駅前滞在記!日本と同じような快適さで格安のおススメホテル

2019-09-21

世界最高層のホテル「ザ・リッツ・カールトン香港」滞在記!部屋や設備を紹介します。

2019-05-15

インターコンチネンタルドバイフェスティバルシティ宿泊記

2019-02-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください