11~12月はPontaからJALマイルへの交換レートが20%増量!JALマイルを貯めるなら今です

※記事内のリンク先にプロモーションを含む場合があります。

2023年11月から12月に、再びPontaからJALマイルへの交換レートが20%アップするというキャンペーンが行われることになりました。

このキャンペーンは定期的に開かれており、PontaからJALマイルへの交換レートが通常50%のところ、60%になります。徐々に海外に行こうと思っている人も増えていますし、実際に航空券を発券してマイルが減っている人もいらっしゃるかと思います。JALマイルを貯めたい人は、今月は忘れずにありったけのPontaポイントからJALマイルに交換していきましょう。

PontaからJALマイルへの交換レートが60%になるキャンペーンを実施

JALマイルとPontaはポイントはけっこう昔から提携しており、通常、Pontaポイント2ポイントをJALマイル1マイルに交換することが可能となっています。

これが、期間限定で、PontaポイントからJALマイルへの交換レートを20%増量、つまり60%のレートで交換してくれるというキャンペーンを実施することになりました。

  • 通常:100ポイントあたり50マイル
  • キャンペーン中:100ポイントあたり60マイル(50×1.2)

20%の交換レートアップということは、従来100ポイントあたり50マイルだったものが、100ポイントあたり60マイルに交換することができるようになります。

JALマイルの場合、ANAマイルと異なり、なかなか50%以上のレートでポイントをマイルに交換するのが難しい中、このキャンペーンはかなりアツいですね!それも最近は定期的に(年に2~3回)実施されるのがありがたいです。

似たキャンペーンとして、dポイントからJALマイルへの交換レートがアップするといものがありますが、dポイントに比べPontaのほうがキャンペーンの頻度が高く、交換レートも高く、さらに交換制限がない(dポイント→JALマイルは月間4万ポイントが上限)という点で、こちらのPontaキャンペーンのほうが優れています。

キャンペーン対象期間

キャンペーン対象期間は、2023年月11月1日から1231日までです。

今回は2か月という比較的長い期間ですので、JALマイルが欲しい人は、この機会にさまざまなポイントをPontaポイントに交換して、PontaポイントからJALマイルにどんどん交換していきましょう。

キャンペーン対象者

20%レートアップの対象になるのは、JMB×Ponta会員または、JMBローソンPontaカードVisaを持っている人になります。

JMB×Ponta会員とは

JMB×Ponta会員とは、JALマイレージバンクとPontaカードを紐づけた会員のことです。これを行うと、JALマイルとPontaポイントの交換を行うことができるほか、会員限定のキャンペーンに登録することが可能となります。

逆に、JMB×Ponta会員にさえなっておけば、エントリーページからのエントリーなどは不要で、ポイントをマイルに交換するだけで、後日20%増量マイルをもらうことが可能です。

マイル付与の注意点

今回付与されるマイルは、通常マイルとボーナスマイルに分けられます。

通常、PontaポイントからJALマイルへの交換は、申請後1週間程度あればJALマイルへの交換が完了します。

issy
Pontaルートって、ポイント交換の速さも魅力なんですよね。

ただ、今回の交換では、通常の50%部分についてはいつもどおりのスケジュールで交換されるものの、ボーナスになる20%分のマイルは、12月末にまとめて付与されることになります。

例えば、10,000PontaポイントをJALマイルに交換した場合、5,000JALマイルは近日中に付与されますが、ボーナスマイルの1,000マイルは、翌月末に付与される、ということですね。

各種ポイントをPontaポイントに交換する方法

今、手元にたくさんPontaポイントを持っていればそれを交換すればいいですが、必ずしもみなさんがPontaポイントを手元にもっているわけではないと思います。

そこで、Pontaポイントを増やす方法を簡単に説明したいと思います。さすがに今回は間に合いませんが、年に3回程度定期的に発生するJALマイルへの交換レートアップキャンペーンに備えて、どんどんPontaポイントを増やしておくことは大事です。

Pontaポイントをたくさん貯める方法

Pontaポイントを貯める方法は、Pontaカードを提示するお店で買い物をすることや提携のクレジットカードを利用するなどがありますが、一番素早く大量に貯まるのが、ポイントサイトを利用して、そのポイントをPontaポイントに交換することです。

ポイントサイトとは

まずは「ポイントサイトとは何か」ということを確認しておきましょう。

ポイントサイトというのは、色々なサービスや情報がまとめられた大型ショッピングモールのようなサイトです。パソコンやスマホから無料で登録することができ、ポイントサイトに掲載されている広告を利用するとポイントが貯まったりするものです。

こちらはニフティポイントクラブ(旧ライフメディア)さんのホームページの説明が分かりやすかったので使いますが、ポイントサイトを通じて買い物やサービスを利用すると、企業から広告費ということでポイントサイト側に報酬が支払われます。その報酬の一部が、我々ユーザーにも還元される、という仕組みになっています。

このポイントサイトでためたポイントは、現金や他の汎用性のあるポイントなどに交換することが可能なんですね。現金に交換できることなどから、世間では「お小遣いサイト」なんて呼ばれたりもします。

なので、Pontaを貯めたければ、まずポイントサイトに登録し、貯めたポイントをPontaに交換していけばいいのです。

issyおすすめのポイントサイト3選

ポイントサイトはたくさんあるのですが、私issyがいつも利用しているポイントサイトはこの3つです!この3つに登録しておけば間違いないです。

ポイント活動って何?マイルを貯めるためのポイントサイトの使い方とポイントのため方を解説します

2020-07-28

ポイントサイト登録をしたら、さっそく広告を利用してみましょう。

ポイントサイトには様々な案件がありますが、おススメなのがクレジットカードの発行や証券口座の開設などの金融系です。金融系はポイントの還元が大きく、たとえばこちらのSBI証券は、口座開設して50,000円を証券口座に入金するだけ、つまり口座開設して株を一切買わなくても10,000円以上のポイントをもらえちゃったりするんです。

このような、オトクな案件はそうしょっちゅうでるわけではない(SBI案件は出っ放しですけど)ので、情報を入手して特にオトクな案件だけポイントサイトを利用するだけで、あっという間にポイントはたまっていきます。

注意
お小遣いサイトの紹介で「アンケートなどで貯めてポイントを貯める」なんてのがよく紹介されますが、あれは時間の割にポイントを稼げないのでやらないほうがいいです。時間の無駄です。

手数料を回避して各種ポイントサイトからPontaポイントへ交換する

各種ポイントサイトにポイントがある方は、そのポイントをPontaに交換することが可能です。

ただ、Pontaポイントに交換する際って、交換手数料をとるサイトがそこそこあるので注意が必要です。例えば、ポイントサイト業過最大手のモッピーからPontaへは、交換手数料が1回あたり15ポイント必要になりますし、Pexからだと10%の手数料がかかってしまいます。

ポイントの交換は、レートを高めること(維持すること)とともに、手数料をかけないことが大事なので、手数料をかけずに等価でPontaに交換することを考える必要があります。

そこで、ポイントサイトのポイントをJALマイルにすべくPontaに交換したい場合は、一度ドットマネーを経由して交換するのがよいでしょう。

ドットマネーはPontaへの交換手数料が無料・等価であり、また多くのポイントサイトにおいて、ドットマネーへの交換が可能となっています。さらにモッピーからドットマネーへの交換は1%増量のキャンペーンを実施していたりもします。

一部、ドットマネーに交換できないポイントサイト(ECナビなど)もありますが、これらのサイトのポイントは、無理にPontaポイントに交換せず、他のポイントなどに交換すればよいと思います。

まとめ

2023年11~12月限定で、PontaからJALマイルへの交換が20%レートアップとなるキャンペーンが行われています。

なかなかポイントサイトのポイントをJALマイルに交換するのは、モッピーのキャンペーンを除いて50%以上の交換率にできる機会が多くないので、このPontaキャンペーンを欠かさずに利用しましょう。

issy
私も今月はJALマイルに交換したいと思います。

PontaからJALマイルへの交換に関しては制限がないので、JALマイルを貯めたい人は、普段からPontaポイントをためることを意識しましょう。ポイントサイトでのポイントも積極的にPontaに交換し、普段の生活でも、可能であればauPAYを使ったりPontaのキャンペーンを積極的にチェックしたりするといいと思います。

もしJALマイルがほしいという陸マイラーの方がいらっしゃいましたら、今あるポイントをJALマイルにしてみてもいいのではないでしょうか。

JALマイルはJAL以外にも、ワンワールド航空各社やエミレーツ航空、ハワイアン航空の特典航空券に利用することも可能です。私もエミレーツのファーストクラス(今はJALマイルで発券できません)やハワイアン航空のビジネスクラスに、JALマイルをためて乗ってきました。非常によかったので、ぜひみなさんも頑張ってマイルをためてもらえればと思います。

特にハワイアン航空は燃油サーチャージがかからないので、この燃油高の時代でも割安で特典航空券を発券することが可能です。

ハワイアン航空ビジネスクラス搭乗記!シートや機内食をレビューします

2019-09-24

エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記!A380のファーストクラスでドバイまで行ってきました!

2019-02-13

JALマイルのため方については、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

【2024年最新解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方とお得な使い方を完全解説

2024-02-11

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください