この夏は九州、四国周遊がおススメ!JRのお得なフリー切符が発売されます!

この夏休みは海外旅行が難しいため、国内旅行を検討している方も多いと思いますが、九州や四国旅行を考えている方にはちょっとした朗報です。

この夏、JR九州と四国が、9月末までの期間限定で乗り放題のきっぷを販売することを発表しました。

乗り放題きっぷのよいところは、複数都市の旅行がオトクになることです。九州や四国までは飛行機でいき、島内を鉄道で回って旅行するというスタイルにも向いていると思うので、ちょっと紹介したいと思います。

JR九州:みんなの九州きっぷ

JR九州では、「みんなの九州きっぷ」という、JR九州の各線が乗り放題のきっぷを発売します。

このきっぷでは、2日間、JR九州の九州新幹線や在来線の特急を含む、すべての列車の自由席に乗車することが可能です。新幹線の特急料金まで含まれているフリー切符は、今となってはかなりレアな商品だと思います。

JR九州のほか、⼭陽本線(下関〜⾨司間)もフリー切符の範囲内なので、下関にも行くことが可能です。ただし、九州新幹線の小倉=博多=博多南は利用することができないといった制約があります。

チケットには「全九州版」のほか、「北部九州版」があり、北部九州版は大分から阿蘇を通って熊本を結ぶ豊肥本線よりも北が対象となります。長崎方面も北部九州版でカバーすることが可能なので、意外と北部九州版でもエリアは広いですね。

利用可能期間

今回「みんなの九州きっぷ」ですが、利用期間が7月11()~9月27()の、連続する土日祝日となっています。平日をからめた日程は利用できません。

例えば、7月11日(土)、12日(日)であれば利用できますが、7月12日(日)、13日(月)の2日間では利用できませんし、11日(土)、18日(土)といった連続しない2日間という利用方法もできません。

補足
ただし、男性60歳以上、女性50歳以上なら入会することが可能な「ハロー!自由時間クラブ」の会員の方は、曜日にかかわらずいつでも利用できる「みんなの九州きっぷ(ハロー!会員限定用)」を販売しています。

料金

今回の「みんなの九州きっぷ」は、「北部九州版」と「全九州版」があり、料金はそれぞれ以下のとおりとなっています。

エリアおねだん有効期間
大人こども
北部九州版5,000円1,000円土日祝日で連続する2日間
全九州版10,000円2,000円土日祝日で連続する2日間

北部九州版は2日で5千円で熊本、大分以北が、全九州版は1万円でJR九州の全路線が乗り放題となっています。

どれくらいお得かというと、熊本から博多まで、九州新幹線で移動すると約5,000円、鹿児島中央から博多まで、片道で九州新幹線を利用すると約10,000円となっています。実際にはJR九州は高速バスとの競争が激しいため、ネット限定の割引切符があるのですが、それでも往復すれば十分元はとれる計算です。

通常料金で換算すれば、エリア内を片道新幹線で移動するだけで元がとれてしまうという切符ですから、破壊力抜群であることがわかっていただけるかと思います。

発売条件・購入方法

今回の「みんなの九州きっぷ」は、「JR九州Web会員」に登録して、「JR九州インターネット列車予約」で利用日の3日前の23時までにまでに、予約・決済(支払い)を行う必要があります。

JR九州インターネット列車予約での限定発売なので、駅の窓口等では発売していないことには注意が必要です。

「JR九州インターネット列⾞予約」で予約・購⼊したら、当日九州に到着した後、駅の窓口か自動券売機できっぷを発券する必要があります。

発券時には以下の3つが必要です。

  1. 予約時に指定したクレジットカード
  2. 予約番号(「6」から始まる5桁の番号)
  3. 申込み時に指定した電話番号の下4桁

これらを忘れずに旅行にもっていき、乗⾞の前にJR九州・JR⻄⽇本の主な駅のみどりの窓⼝または指定席券売機等で必ずきっぷを受け取ってから利用することになります。

JR四国:四国満喫きっぷスペシャル

JR四国では、「四国満喫きっぷスペシャル」という、JR四国の各線が乗り放題のきっぷを発売します。

このきっぷでは、3日間、JR四国の特急を含む、すべての列車の自由席に乗車することが可能です。JR四国のほか、土佐くろしお鉄道全線、阿佐海岸鉄道全線とJR四国バスの大栃線(土佐山田~アンパンマンミュージアム前~大栃)と久万高原線(松山~砥部~久万高原)も利用することが可能です。

現在、通常ではJR四国全体の乗り放題きっぷとしては、「四国フリーきっぷ」というのがありますが、事実上これの値下げバージョンとなります。

利用可能期間

今回「四国満喫きっぷスペシャル」ですが、利用期間は71日(水)から929日(火)までのうち土休日を1日以上含む連続3日間となっています。

JR九州の「みんなの九州きっぷ」と違い、1日でも土日祝日が入ってればOKということになります。平日のみ3日間というのはダメです。

例えば、7月11日(土)、12日(日)、13日(月)であれば、土日が1日以上入っているので利用できますが、7月13日(月)、14日(火)、15日(水)という感じで、3日間とも平日というような期間の設定はできません。

料金

今回の「四国満喫きっぷスペシャル」は、購入方法により値段が異なり、料金はそれぞれ以下のとおりとなっています。

  • みどりの窓口など駅で購入:8,000円(子供3,000円)
  • ウェブ(JR四国ツアー)での購入:8,500円(子供3,000円)

Webの方が高いのはちょっと珍しい商品なんですが、JR九州の「みんなの九州きっぷ」と違い、きっぷが郵送されてくるんですね。その送料相当分が計上されています。

みどりの窓口で購入すれば8,000円と、破格の値段です。もともと四国には「四国フリーきっぷ」という、3日間特急を含めた自由席乗り放題という切符が通年販売されているんですが、これの料金が16,440円です。つまり、通常の約半額ということなんですよ。

issy
半額とか正直びっくりするレベルですよね。大丈夫なのか…

さらに誕生日月のみ利用することができる「バースデーきっぷ」というのもあって、これだと3日間乗り放題で9,680円と破格になっているのですが、これよりもさらに安い値段での設定となっています。

さすがに四国には新幹線がないので、JR九州ほど簡単に元がとれないのですが、それでもかなりお得に利用することが可能となっています。

補足
このほか、コンパクトカー1台24時間がセットになったレンタカーセットプランが10,500円で設定されています。

ただそれでも、7~9月が誕生日月の方であれば、バースデイきっぷのグリーン車用の利用を個人的にはお勧めします。3日間グリーン車乗り放題で13,240円です。JR四国のイベント列車は全車グリーン車のものもありますので、それにも乗れるバースデイきっぷの方がオトクに感じます。

発売条件・方法

今回の「四国満喫きっぷスペシャル」は、「JR四国ツアー」のサイトで購入する方法と、JR四国の駅にある「みどりの窓口」や「ワープ」というJR四国の旅行代理店(関東でいう「びゅうプラザ」みたいなものです)で購入することが可能です。

Webでも窓口でも購入できます。ちなみに窓口の場合だとアンケートに記入する必要があるようです。

Webでの購入は、利用日の6日前までとなっています。これはきっぷが現地の窓口や自動券売機ではなく、郵送されてくるので締め切りが早くなっているんですね。

また、駅のみどりの窓口等で購入する場合は、当日でも購入可能です。「四国満喫切符スペシャル、今日からで」といえば、その日から3日間利用することが可能となっています。

四国満喫切符スペシャルは自由席の乗り放題券で、指定席を利用することがこのきっぷ単体ではできませんので、事前に購入するメリットはあまりないと思います。

当日現地で購入した方が1枚500円ほど安いですし、現地購入をお勧めします。

まとめ

JR九州と四国から、それぞれフリー切符の販売のお知らせがあり、非常にお得なものでしたので紹介させていただきました。

正直、どちらも魅力的な商品だと思います。これは甲乙つけがたいですね。九州新幹線が乗り放題で1万円というのも魅力ですし、四国フリーきっぷは特急が利用できるのに単価が2,666円と青春18きっぷ並みの安さになっています。

今年は国内旅行を計画されている方も多いと思いますが、このようなお得なきっぷもあるので、たとえば1都市、1施設滞在ではなく、飛行機で九州や四国に行くのに、到着地と出発地を別の空港にして、その間を移動するような旅行というのもいいのではないでしょうか。

issy
私も「みんなの九州きっぷ」の活用を検討しています。まだ九州新幹線に乗ったことがないので、この機会にちょっと乗ってみたいなぁ、と思っています。

なかなかこのレベルの割引きっぷはそうそうでるものではないと思います。ぜひ、有効に活用して、旅の一つのアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください