47都道府県制覇記念!各都道府県の思い出を振りかえる(その1 北海道、東北編)

さて、私事で恐縮なのですが、2018年5月に全都道府県の訪問を達成しました。

ムスカ
いぇーい!!!やってやったぜー!!!

最後まで残っていた大分に、なんとか2018年ゴールデンウィークに訪れることができました。

そこで、旅の思い出シリーズとして、全47都道府県を訪れたときの思い出などに触れていきたいと思います。第一回は、北海道、東北です。

北海道の思い出

北海道には三回いってますが、うち一回は出張ですので、プライベートは2回になります。

初めての北海道は2004年3月、まだまだ雪深い季節に、「北海道&東日本パス」を使って行きました。小樽・札幌・旭川・網走などをめぐる旅でした。冬の小樽はまたいとおかしですよね。

この「北海道&東日本パス」は、JRのかの有名な「青春18きっぷ」の派生で生まれた商品で、18きっぷで乗ることができない第三セクターのほか、青森~札幌を当時結んでいた夜行の急行「はまなす」の自由席にも乗れたいうきっぷです。朝、東京を出ると、ちょうどよい時間に青森に到着したことから、夜行で朝ついたら札幌というのは、非常に便利でしたね。(今は「はなます」は運行されていません。)

また、2017年には夏の北海道にも行きました。このときは、ブリティッシュ・エアウェイズのaviosを使い、前日に北海道行きを決めました。クラーク博士のところにいったり、大倉山のジャンプ台を訪れたりしました。ちょっと天気は曇りがち、気温も低めだったのですが、夏の北海道はいいなー、と思ったところです。

素晴らしきBAマイル 思い立ったので札幌に行ってきました。

2017.08.12

青森県の思い出

青森は、2004年の夏休みに訪れました。秋田からは五能線経由で、十二湖の神秘的な景色を眺めたりすることができました。

また、このときは竜飛岬にも行きました。津軽海峡冬景色でも、「ごらんあれが竜飛岬北の外れの」と歌われているところですね。景色はなかなかのものでしたし、青函トンネルの博物館的なものもありました。

ここには、その手のマニアには有名な「階段国道」というのがありまして、そちらもいってきました。

直近ですと、2015年に弘前城を訪れました。ちょうど桜の季節のはず…だったのですが、この年の春は暖かかったため。すでに桜は散っていた悲しい思い出があります。また、いずれリベンジしなければならないところです。

岩手県の思い出

私は都市開発(文系の商業視点での)のゼミに属していたので、毎年夏休みは一つの都市を研究するのですが、私の代はなぜか盛岡になりました。ゼミ生で決めるのですが、なぜ盛岡になったのかは記憶がありません(笑)

ゼミの合宿費用は半額は大学から補助がでるので、まぁみんな札幌だ、函館だ、あるいは那覇だと、個人的に行きたいところばかり理由をつけてあげていったものの、毎年みんな同じ魂胆をもって臨んでいるわけで、そこは百戦錬磨の先生に全部潰され、なぜか盛岡になったんですよねー。

さてはともあれ、現地調査もしたので盛岡は親しみのある都市です。ここは冷麺・じゃじゃ麺・わんこそばに焼肉もおいしいお店が多いので、食事には事欠かしません。ちなみに盛岡冷麺だとぴょんぴょん派です(笑)

2015年には、世界遺産の平泉に行きました。平泉駅で自転車をレンタルし、義経堂や弁慶の終焉の地、そして中尊寺金色堂を回りました。自転車で回るのにちょうどよい距離感で、3~4時間くらいで回ることができます。

秋田県の思い出

すみませんぶっちゃけ東北で1番縁がないのが秋田です。最初に訪れたときは真冬で、千秋公園には訪れたものの凍えてすぐに戻ってしまいましたねー。そのまますっと青森に抜けてしまいました。

夏には、青森のところでも紹介しましたが、今はもう大人気の五能線のリゾートしらかみに乗りました。ちなみに、私のころはもう少し余裕をもって予約できたなぁと思いますが今って大人気なんですかね?

宮城県の思い出

姉が一時期住んでいたこともあり、宮城はそれなりにゆかりがあります。仙台の街は個人的に好きです。牛タンもおいしいし!

仙台だけでなく、仙台の奥座敷とも呼ばれる秋保温泉にも家族でいったことがあります。

また、東日本大震災以後に石巻を訪れてみました。震災四年後の2015年で、まだ仙石線は全線復旧していなかったのでバスで行きました。当たり前のように街中は活動しているものの、やはり沿岸のほうに足を赴けると、高台からみた景色は津波の被害を想像させるのに十分でしたね。

山形県の思い出

山形県は、まー今となっては懐かしいんですが、元カノと訪れたのが最後ですねー(棒読み)

かみのやま温泉というのが山形市の南、上山市にあるんですが、元カノはそこで一番大きい旅館、古窯でアルバイトを学生時代にしており、そのツテで泊まらせてもらいました(もちろん宿泊費は払ってます)。ツーショット写真ばかりで、ブログ素材の写真が一枚もありません!あー、あの頃は若かった。

山形から仙台に抜けるにあたり、県境にあるのが「奥の細道」の目的地でもある山寺です。ここは階段800段上るというなかなかハードなところですので、若いうちに行っておきましょう(笑)

福島県の思い出

福島も一時期姉が郡山に住んでいたので、何度もいったことがありますし、会津若松や喜多方に旅行をしたこともあります。ただ、旅行というよりは家族行事みたいなもので、あまり写真が残っていないんですよねー。

東京からの日帰り観光として会津若松・喜多方はおすすめになります。会津若松の鶴ヶ城は観光しがいのあるところですし、喜多方は蔵とラーメンの街として、三時間くらい観光するにはほどよい街です。

まとめ

北海道は何度でもいきたいですねー。近々函館にいく予定はあるのですが、旭山動物園とか、富良野のラベンダー畑とか、まだまだ行きたいところがたくさんあります。

東北は、南東北は縁があって訪問回数が多いですが、あまり観光はしたことがないのもありますし、北東北は北東北で旅行に行っていますが、魅力的な場所が多く、なかなか行けていないですねー。個人的に狙っているのは奥入瀬で、いつか行ってみたいと思っています。

参考記事

【過去旅シリーズ】私のカジノ格闘歴!カジノは本当に儲かるのか検証します!

2017.12.19

【過去旅】私が行った世界遺産 お勧めしたい5箇所を一挙公開!

2017.12.04

私の渡航歴シリーズ(後編)結婚してから子供が産まれるまでの渡航歴をまとめました

2017.03.20

私の渡航歴シリーズ(前編)独身時代の渡航歴を公開します

2017.03.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください