成田エクスプレスを割引運賃で! 成田へは「N’EX往復きっぷ」でおトクに向かおう

f:id:issy-style:20171125174739j:plain

2010年に再開した羽田空港の国際化。それまで成田空港まで行かないと(ごくご近所の国を除き)国際線に乗ることはできませんでした。まるで開国のように時代は変わったもののまだまだ成田空港の方が国際線の便数も多いので、成田空港から海外に行く人は多いと思います。ちなみに私は成田空港大好き人間です(笑)

さて、成田空港までのアクセスは、JR、京成、バスなど様々な方法があります。この中で一番「高い」イメージがあるJRですが、割引運賃があることをご存じでしょうか。それが、今回紹介する「N’EX往復きっぷ」になります。

成田空港への交通手段

東京都心から成田空港までの交通手段としては、以下に分かれるのではないかな、と思います。

  • 成田エクスプレス
  • 総武線(快速エアポート成田)
  • 京成スカイライナー
  • アクセス特急
  • リムジンバス
  • 格安バス(Theアクセス成田など)

この中で成田エクスプレスって、ちょっと高いイメージがあるかもしれません。確かに、定価で購入すると、東京~成田空港の片道で3,020円かかります。京成スカイライナーの場合2,300円程度、アクセス特急を使えば1,200円ですから、鉄道の中でもかなり割高ですよね。

正直、出発地が都心で成田空港に向かう場合であれば、京成のスカイライナーやアクセス特急、または格安バスを利用すればいいと思います。東京~成田空港の所要時間は、バスでも電車でも約60分です。ただ、少し郊外から利用する場合、特に一度鉄道で新宿に出てくる方や横浜近辺にお住まいの場合、圧倒的に成田エクスプレスの利用価値があがるんですね。

また、京成電鉄利用の場合、乗り換えが日暮里になりますので、これもちょっと不便なところです(京成上野とJR上野は多少離れいている上、地味な段差が多い)。そのため、まだまだ成田エクスプレスを利用する機会も多いと思います。特に子連れの場合、密室のバスよりも空間のある電車の方が楽なのではないでしょうか(と、勝手に思っています)

N’EX往復きっぷとは

f:id:issy-style:20171125173341p:plain
N’EX往復きっぷとは、成田エクスプレス号で成田空港までの往復を利用する場合、指定席券売機にて前日までに購入することによって、各設定区間からお得に利用できるきっぷです。発売期間は平成30年3月17日までとなっていますが、半年ごとに延長されています(笑)

なお、当日の購入はできないので、ご注意ください。

購入方法は、切符はみどりの窓口に並ぶことなく、自動券売機で購入することができます!というかみどりの窓口では売ってません!

f:id:issy-style:20171125172612j:plain
各駅にある、このようなタイプの券売機で購入することが可能です。

f:id:issy-style:20171125174000j:plain
すみません、後ろに並んでいるときに撮影したもので、急いでいたのでブレブレですね…。ここで左下の「N’EX往復きっぷ」を選択します。

f:id:issy-style:20171125174117j:plain
普通席とグリーン席から選択します。その昔の成田エクスプレスは、グリーン車でないと寛げない環境でしたが、今は普通席でも問題ありません。

f:id:issy-style:20171125174213j:plain
出発地を選ぶことが可能です。これを選んだら、枚数や座席指定を行い、決済に続いていきます。

なお、行きはともかく帰りの指定券は、飛行機が遅れるかもしれないので指定するのは難しいかもしれません。でも大丈夫です。とりあえず座席指定なしできっぷを買い、帰りに成田空港で座席指定をすることも可能です。その場合も、成田空港のJR自動券売機で行うことができます。

スポンサーリンク

N’EX往復きっぷの値段

N’EX往復きっぷの値段をみてみましょう。通常の料金との比較も含めてあります。

区間N’EX往復きっぷ通常の運賃・料金割引率
東京(都区内)〜成田空港4,940円6,040円18.2%
大宮〜成田空港5,140円7,680円33.1%
横浜(市内)〜成田空港6,170円8,580円28.1%

このほか、武蔵小杉・大船・高尾からの運賃設定があります。吉祥寺、三鷹、立川、八王子の設定はないのでしょうか…。

東京近郊からだと、そこまで割引率は大きくないのですが、東京から離れてくると割引率は大幅に上昇していきます。横浜で28.1%、大宮では33.1%の割引率になっていますね。

参考までに、東京リムジンバスとの比較をしてみましょう。

区間N’EX往復きっぷリムジンバス
東京〜成田空港4,940円5,600円
大宮〜成田空港5,140円5,600円
横浜〜成田空港6,170円6,000円

横浜線は往復割引を適用した運賃です。東京~成田空港は、往復で4,600円のチケットの発売が終了してしまったので大幅に値段が異なりますが(4枚つづり回数券を使えば、往復3,600円に抑えることが可能です)、大宮や横浜の場合、リムジンバスとほぼ同等の料金になっています。

そもそも成田エクスプレスって?

f:id:issy-style:20171125173452p:plain
成田エクスプレスとは、成田空港と首都圏各地の間を運航する、全席指定席の特急です。全席指定なので、自由席はありません。

成田エクスプレスは、基本的に以下のサイクルで運航しています。

  • (大宮・池袋~)新宿~東京~成田空港:30分に1本
  • 横浜~東京~成田空港:1時間に1本

基本的に1時間に2本運転し、そのうち1本は新宿行と横浜行(東京駅で分割・併合)、もう1本は新宿行を基本とし、大宮や高尾まで延長運転をしています。つまり、東京・新宿へは30分に1本、横浜には1時間に1本のサイクルで運航しています。ライバルの京成は、20~40分に1本運行しています。

所要時間は、東京~成田空港が55分、新宿~成田空港が80分、横浜~成田空港は90分程度となっています。横浜はバスと同じ程度、東京や新宿はバスよりも早い時間で到着することが可能です。

f:id:issy-style:20171125172138j:plain
車両ですが、現在はE259系という車両を使用しています。その昔、2009年までに使っていた車両は、空港特急にも関わらず、リクライニング機能がないという、とんでもない特急でしたが、現在は普通席でも全席リクライニング、電源コンセントつきになりました。

f:id:issy-style:20171125172040j:plain
各車両の端には、スーツケースを保管するスペースがあります。ダイヤル式でロックをかけることも可能ですので、安心ですね。

f:id:issy-style:20171125171959j:plain
車内も非常にシックにまとまっています。

f:id:issy-style:20171125171926j:plain
シートピッチは1,020mmなので、JRの特急の普通車としてはかなり広い部類になります。それにリクライニング機能もつきました。最大でこの程度まで倒すことが可能です。

このように、成田エクスプレスは他の交通機関に比べ値段は高いものの、普通席でも高や級感を味わいながら成田空港に向かうことが可能です。

まとめ

どうしても高いイメージが強い成田エクスプレス。「N’EX往復きっぷ」を利用すれば、かなり割安に利用することがっできます。もちろん、THEアクセス成田などの格安バスには叶いませんが、京成スカイライナーとほぼ同額で成田空港と東京を行き来できます。

高級感は他の移動手段より優れていますし、子連れの場合バスより使いやすいなと思うので、もし利用される場合は切符をうまく購入してください!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください