【旅行情報】私が海外旅行に持っていくカードとその選び方を紹介します

f:id:issy-style:20170507224538j:plain

海外旅行に出かけるときは、いつものブランド物のサイフをやめて、旅行用のサイフに変える人も多いかと思います。その際は、手持ちのクレジットカードから、何枚か選んでいくことになると思いますが、どのカードを持っていくかは悩むところですよね。

海外旅行の場合、普段使うカードとはちょっと違う考え方でカードを選ぶ必要もあったりします。そこで、私なりの「海外旅行のカードの選び方」を書いていこうと思います。

私はカードは4枚持っていきます。

まず、海外旅行にクレジットカードを何枚持っていくかですが、私の場合、最近は基本的には4枚もっていきます。財布に3枚、サイフ以外の隠し場所に1枚です。

財布に3枚は入れたい理由ですが、(後に出てきますが)「別ブランドのカードを持っておきたい」、「カードが読めないリスク」などを考えてのことですね。たとえ最も汎用性の高いVISAブランドのクレジットカードだとしても、海外旅行でクレジットカード1枚ではちょっと怖いです。

「クレジットカードを読めないことなんてそんなにある?」と言われればそれまでですが、私が卒業旅行でパリに滞在したとき、友人がGUCCIでカード読めなくてひと悶着あったことがありました。国内なら、クレジットカードが読めなくても高額の買い物なら(ちょっと恥ずかしいけど)また来ます、といえばいいですが、海外ではなかなかそうもいかないですしね。

なお、私はあまりクレジットカードの海外旅行保険に頼らず、保険会社の保険に加入していくことが多いので、そこは考慮していません。カード保険の合算用として持っていく場合は、もっとかき集める必要があるのかもしれません。

JCBプラザ利用のために1枚はJCBにしています

世界51箇所にある「JCBプラザ」をご存知ですか?

www.jcb.jp

JCBプラザとは、観光情報の提供などのほか、レストランの予約などを日本語で対応してくれる、私たち日本人観光旅行者の強い味方になってくれるオフィスです。また、そのうち9都市(ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バンコク、パリ)には、ラウンジ機能も有した「JCBプラザラウンジ」があり、ドリンクサービスや荷物預かりなどのサービスも受けることができます。

このJCBプラザの利用資格ですが、JCBのマークの入ってるカードを提示いれば、発行会社がJCBのカード(いわゆるプロパーカード)ではなくても入室可能です。

英語が話せない私にとっては、レストランの予約代行を無料でやってくれたりするので、とても重宝してます。

また、JCBカードでの決済を条件としてオリジナルコースの予約をすることも可能です。例えば、シンガポールで有名な「ジャンボ」というチリクラブのお店があります。このお店、かなりの有名店ですが、普通にお店に向かうとアラカルトでの注文がベースになり、時価の商品があったりして非常に高額になる恐れがあります。でも、JCBプラザ限定のコースを利用することにより、定額で安心してチリクラブを楽しむことが可能ですから、おすすめできます*1
 
その他にも、現地オプショナルツアーも手配してくれます。事前にVeltraなどで手配していけばいいのですが、現地についてから、「やっぱりあれに参加したい!」ということも起こりますよね?そんなときに頼りになります。

決済もJCBプラザでしてしまえば、海外旅行で高まるスキミングのリスクもほぼゼロですしね。カード会社の窓口でスキミングされたとかなったらもう信用問題ですから(笑)。

さらに、JCBプラザラウンジの場合、荷物も預かってくれるので、最終日、ホテルが郊外の場合など、チェックアウトのあとに荷物を中心部のJCBまで運べば、最終日観光や買い物して、わざわざホテルまで荷物を取りに戻らなくてもすみます。

なので、たとえ「JCBに就活で落とされた」などの理由で極力発行しない哲学という人も、一枚くらい発行してあげてください(笑)JCBって、5大クレジットカードで唯一アメリカ以外の、日本が世界に誇る企業ですしね。

ちなみに、過去に私がJCBプラザでお願いしたことのうち主なものは以下のとおりです。

  • シンガポールでレストラン予約代行(バウチャーをホテルまで送ってくれた)
  • パリで観光チケットの購入、レストラン予約代行
  • バンコクでアユタヤ半日ツアー予約(前日に)
  • グアムで荷物預かり

スポンサーリンク

公共料金支払いカードはなるべく持っていかない

これは、スキミングやカード紛失などのトラブルリスクを考えたものです。カードを不正利用された場合、支払いはカード会社が保険により負担してくれるからそこは心配ありませんが、カード番号が変わることになると、公共料金など、定期的に支払いしているものについて、支払い変更の申請が面倒になってきますよね。

キャッシングできるカードを必ず2枚持っていく

財布に入れるカードで1枚、隠しカード1枚にはキャッシングをつけておくことが大事です。隠しカードの出番はサイフをすられたときなので、ほとんど現金もっていないと思います。

クレジットカードが普及している国であれば、カードだけでも残りの旅行を楽しむこともできますが、現金しか使えない屋台とかに行けなくなったら、せっかくの海外旅行の楽しみも半減してしまいます。あと、地味に公共交通機関でクレジットカードを使えない国も多いです。そんなときにキャッシングができるようにしておく必要がありますね。

私はサイフをなくしたわけではありませんが、シドニーで最終日の夜にカジノで全額すって「カードで飯食えばいいや」と思って入った店で、「カード使用は20豪ドルから」と書いてあり、無理やり20ドル分頼んだことがあります。私は隠しカードと同じ場所に1万円札も隠しているんですが、何を血迷ったか、この1万円もカジノに突っ込んでしまったんですよ…。
 

私が最近海外に持っていっているカードを紹介します

では、具体的に私が海外旅行に持っていくクレジットカードを紹介したいと思います。

エポスゴールドカード(国際ブランドVISA)

f:id:issy-style:20170921233524j:plain
エポスカードは海外での現在のメインカードになっています。国際ブランドがVISAなので、海外旅行をしていて決済できないような事態はほとんどないと思われます。また、エポスゴールドカードには海外キャッシングつけていますので適宜活用しています。

なおエポスカードは海外旅行保険として優れた才能をもっているので、海外旅行のお供に最適です。詳しくは以下の記事を読んでみてください。

【エポスゴールドカードについては、以下の記事も参考にしてください】
www.issy-style.com

JALカードOPクレジット(国際ブランドJCB)

f:id:issy-style:20170921233537j:plain
JALカードOPクレジットは、JCBラウンジなどの入場用として必ず海外旅行に持っていくようにしています。私の保有カードで、JCBブランドのクレジットカードはこのカードのほか、Yahoo!JAPANカード、楽天カード、そして我れがソラチカカードの4つです。

この中でどれを持っていくかですが、

ANA VISAゴールドカード(国際ブランドVISA)

f:id:issy-style:20170921234017j:plain
VISAの2枚目はANA VISAゴールドカードを持っていきます。正直、エポスゴールドカードで決済してしまうので使う場面はあまりありません…。

隠しカード PARCOカード(VISA)

f:id:issy-style:20170921234026j:plain
ここで突然のパルコカードです。別にPARCOカードじゃなくて全然いいんですよ(笑)

私なりに考える隠し場所にあるカードの条件は以下のとおりです。

  • 国際ブランドはVISA
  • キャッシング枠あり

隠しカードや、財布やカバンをスられた場合くらいしか使用する機会はないと思います(実際、使用したこともないのですが)。そして、財布をすられたということは現金がない状態ですので、もうこのカード1枚でやっていくしかない。その場合、世界で一番流通しているVISAブランド、かつキャッシングが可能なカードにすることが求められます。現金が必要な場合もありますしね。

私がなぜPARCOカードにしているのか。それは、ポイントサイトでクレジットカードを発行する際、ポイント付与条件が「キャッシング枠付与」となっていたからです。普段はキャッシング枠は設定せずにクレジットカードを発行しますが、どうしてもポイント付与条件で必要なのでキャッシング枠を設定してあるので、

まとめ

私が海外旅行にもっていくクレジットカードのポイントは、

  • 4枚保持、うち1枚はJCB推奨
  • 海外キャッシングができるVISAカードを、控えのカードとしてもっていくこと

ということになります。

なお、ここでは海外旅行保険は別途加入していくことを前提に書いています。もしカード保険だけで賄う、という場合は以下の参考記事なんかも読んでみてください。

スポンサーリンク


 

*1:「ジャンボ」についていえば、コースの利用が二人からなどの制約があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください