不動産投資面談もオンライン面談へ!プロパティエージェントなら23,000ポイント獲得可能!

2020年もポイントサイトを使ってポイントを稼ぎマイルを交換していくにあたって、クレジットカード、FX案件と並び、ポイントサイトで一度に大量のポイントを獲得できる案件が「不動産投資面談」案件です。

とはいえ、最近は新型コロナウイルスの影響で、なかなか対面での面談やセミナーの参加というのは「不要不急の外出では…」と思ってしまうことも。

とはいえ、やはり高額ポイントは魅力的すぎます。そんな中、オンライン面談に対応してきた不動産投資会社もできてきました。これは暇つぶしにもありがたい!

そこで、私もこの前利用した「プロパティエージェント」を紹介したいと思います。ポイント還元も過去最大の23,000円相当のポイントですので、ぜひチャレンジしてみてください!

プロパティエージェントのオンラインセミナー参加で23,000ポイント

今回使用するポイントサイトはモッピーです。モッピーを通じて「プロパティエージェント」のオンライン個別セミナーに参加するだけで、23,000ポイントを獲得することができます。以下、ポイント獲得条件です。

【獲得条件】
本キャンペーンページ内の対象セミナーへの参加完了
対象者:年収500万円以上の方、年齢満25歳以上〜55歳以下の方
※初めて「プロパティエージェント株式会社」の開催する(主催・共催問わず)セミナーに、遅刻・早退することなく参加される方のみ対象
※当社提携金融機関の融資が受けられる方、もしくは、現金でのご購入が可能な方のみ対象
※1人1回(1世帯1回)のみ

※プロパティエージェント【マンション投資】、プロパティエージェント【成約】、プロパティエージェント【アパート経営】へお申込み済みの方でも、面談未実施の場合は対象となります。

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
※セミナーを途中退席された場合
※セミナー終了後、一定期間連絡が取れない場合
※セミナー時にポイントに関する発言が1度でもあった場合
セミナー参加時に、お勤め先を確認できない場合(名刺を2枚ご提示いただきます)
※お申込み時にご本人様では無いと判定された場合
※セミナー参加前の事前確認電話に出られなかった場合
※不動産投資を目的としていない、ポイント獲得が目的でのセミナー参加であったと営業担当が判断した場合
※お申込み時にご本人様では無いと判定された場合
※質問に対して虚偽のお答えや申告をされた場合

※新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、4/1~4/30のセミナーをお申込み頂いた方全員を対象に個別のオンラインセミナーのご案内をさせていただいております。
オンラインセミナーの場合でも、獲得条件を満たしていれば、成果対象となりますので、ご安心ください。
実施時間についてはお申し込み後、別途担当者からご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
オンラインセミナーの詳細に関しては、お申込後にプロパティエージェント株式会社の担当者にご確認ください。

(オンラインセミナーの場合に追加の獲得対象外)
※何らかの理由で通信が切断され、その後再開ができなかった場合
※事前に合意したセミナー開始時間に連絡し、応答がなかった場合
※セミナー参加時に、お勤め先を確認できない場合(名刺の情報をファイル画像ファイルなどでお送りいただきます)

年収500万円以上、年齢25~55歳など、不動産投資を行うこと(銀行で不動産物件用のローンが組めること)が可能な要件を満たしている人であれあば、個別のオンラインセミナーに参加するのみで23,000ポイントを獲得することが可能です。成約とかは関係ありません。

オンラインセミナーなので、途中で通信が途切れ、再開できないとポイントは付与されないので、そこだけ気を付けましょう。

今まではセミナーに参加するため新宿のビルまで出向く必要があったのですが、それが自宅面談で、今までどおり23,000ポイントも獲得できるのは、費用対効果はかなり高い案件だと思います。

ただし、プロパティエージェントのセミナーは、登壇者がしゃべる説明会の後ろに、個別面談がセットでついています(集合セミナーはそうでした)ので、その点の注意は必要です。

それでも、不動産投資の面談の場合は、いきなり個別面談で会社や喫茶店などで営業さんと1対1で面談することになりますが、同じ1対1でもオンラインのほうが、気は楽ですからね。

【モッピーへの登録はこちらからどうぞ!】

プロパティエージェントは東証1部上場の不動産会社

プロパティエージェントは、2004年に設立し、東証1部に現在上場している不動産会社です。東証1部上場がよい企業の条件かどうかという問題はさておき、一定の社会的信用度をもっていることは間違いないので、その点は安心できる会社だと思います。

プロパティエージェントは、他の多くの不動産会社が中古マンションを扱うのに比べ、新築マンションの扱いが多いことが他の不動産投資会社と違うところでしょうか。

また、プロパティエージェントは、マンションの開発から販売、管理まで一括で実施している会社でもあります。セミナーでも登壇者が言っていたのですが、確かにマンション管理までやっている会社は、販売だけをやっている会社に比べて定期的な収益があるので経営的にも安定していますね。販売は景気に思いっきり左右されますから…。

特に、今回新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、景気が悪くなることは確実ですので、安定した会社を選びたいものですね。

プロパティエージェントは押しもそこまで強くなくて話を聞くならおススメ

私も過去にプロパティエージェントさんを含めそれなりの企業の担当者さんと面談を体験したことがありますが、プロパティエージェントの感想としては、他の不動産投資会社に比べ、押しがそこまで強くないというのが印象として残りました。

心理的負担は、かなり少ない面談になりますので、不動産投資面談のデビューにもおススメできる会社だと思います。

また、不動産面談案件とセミナー案件の違いが、当日の持ち物に源泉徴収票があるかないかということが多く、今回はセミナーですので提出が不要でした。

不動産投資面談案件の場合、多くの場合は初回の面談時に源泉徴収票のコピー提出が求められたり、ひどい会社の場合、いきなり過去3年分の源泉徴収票のコピーを初回面談にもってくることを指示する不動産投資会社もあるんですよね。

さすがにいきなり3年分持ってこいという会社は、私も面談キャンセルしました…。いくらポイ活とはいえ購入意思が定まる前に遠慮なく源泉徴収を出させられるのはちょっと正直引く…という気持ちがあります。まぁ冷やかしじゃないことを確認するため、1年分ならわからなくもないですが…。

その点、プロパティエージェントのオンラインセミナーは、事前に名刺などのアップロードは求められるものの、源泉徴収票をアップロードとかそういうことはありません。その点は安心してください。

issy
おいそれとひと様に渡すものではない源泉徴収票をいきなりもってこいという不動産業界がどうかと思いますが…。

結局、事後2回面談しましたが、源泉徴収票を求められることはありませんでした。

まとめ

不動産投資のプロパティーエージェントのオンラインセミナー参加で23,000ポイントが獲得できるという案件を紹介させていただきました。

新型コロナウイルス感染症対策で”Stay Home”と叫ばれる中、面談で出向く時間が不要で自宅で1~1.5時間のセミナー+個別相談を受けるだけで、23,000ポイントもらえるのはなかなか大きいです。

セミナー形式なので、いきなり面談でゴリゴリ商品がくることもなく、普通に勉強にもなりますよ。

参考記事

モッピーのエクスプレスキャンペーンが常設化!最大86.3%のレートでANAマイルに交換しよう!

2019-12-13

ANAマイルを大量に貯めるルート「TOKYUルート」を解説!レート75%・最速3週間でANAマイルへ交換可能

2019-10-13

【重要】陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2020年バージョン】

2019-09-17

不動産投資面談で最大8万ポイント!面談の概要とその後の対応も紹介します

2019-09-09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください