【2018年6月更新Version】ソラチカカードを使ってANAマイルを貯める ソラチカルートを徹底解説

ソラチカカードを使ってANAマイルを貯めるANAのマイルを貯めていく上で、今後のリスクはあるものの、マイルを効率的に生み出すクレジットカードが一枚あります。正式名称を「ANA To Me CARD PASMO JCB」、通称ソラチカカードと呼ばれるカードです。

今回は、なぜソラチカカードがあるとたくさんマイルが貯まるのか、いつ、どのようにカードを発行すればよいのか。そのあたりについて完結に、必要なところを中心に解説してみようと思います。

ソラチカカードとは?

まずは簡単に、ソラチカカードのスペックを確認してみましょう。

  • 正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB
  • 国際ブランド:JCB
  • 年会費:2,000円(税別)※初年度無料
  • カード利用で付与されるポイント:JCB OkiDokiポイント
  • ポイント還元率:0.5~1%(1%にするには、10マイルコース(5,000円)への加入が必要)
  • PASMO機能付与(オートチャージ一体型)
  • 東京メトロ乗車、PASMO利用で「メトロポイント」付与
  • 他のANAカードとの重複保持:OK

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード):To Me CARDのラインナップ|東京メトロ To Me CARD

スペック自体はいたって普通のクレジットカードですね。はっきり言って、「マイルをクレジットカード決済で貯めるカード」としてはお勧めできるカードではありません。なぜ、このカードを発行しなくてはならないのでしょうか。それは、ソラチカカードで決済するためではなく、「ソラチカルート」というポイント交換ルートを確保するためなのです。次から、解説していきたいと思います。

なお、他のANAカードを持っている人もご安心ください。2018年現在、他のANAカードの重複保有は問題ありません。カードを解約しなくてもソラチカカードを作成することは可能です。私が陸マイラーになる前はANA JCBとの重複保有がダメだった時代もあったようなのですよ。

ソラチカルートとは?

さまざまな場面で獲得することができるポイントをマイルに交換する際に大事なのは、いかにして少ないポイントでたくさんのマイルを獲得できるかにかかっています。

日本の2大メジャーポイントといっても過言ではない、Tポイントや楽天ポイントを貯めている人は多いと思います。これらのポイントをANAマイルに交換するときのレートは以下の通りです。

【楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換】

楽天スーパーポイント2ポイントで、ANAの1マイルに交換することができます

【TポイントからANAマイルへの交換】

Tポイント500ポイントで、ANAの250マイルに交換することができます

どちらも、100ポイントあたり50マイルに交換することになります。1マイルが1円の価値、というわけでありませんが、マイルにすると数値が半分、交換率は50%まで目減りしてしまいます。2ポイントが1マイルに交換できる、これが基本だと思ってください。

では、メトロポイントからANAマイルに交換する場合はどうなるでしょうか。

メトロポイント100ポイントを、ANAの90マイルに交換することができます

メトロポイント100ポイントあたり、90マイルに交換することができるのです。交換率は90%となっています。50%と90%、全然違いますよね。

実際、この時代には様々なポイントがあふれかえっていますが、90%という高レートでマイルに交換できるのは、「ソラチカカードを活用したメトロポイント→ANAマイル」以外にありません。

ということは、様々なポイントサイトでポイントを、最終的に「メトロポイント」に集める必要があるのです。これを行うことにより、マイルが爆発的にたまっていきます。

【マイルを貯めるためのポイントサイトについては、こちらの記事をご覧ください】

【2018年6月最新】陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?本当にマイルが大量に貯まる7つのポイントサイトを紹介します

2017.03.12

2018年4月からのソラチカルートはLINEポイントの活用がメイン

2018年1月9日に、この「ソラチカルート」に大幅なメスが入りました。その内容は、各ポイントサイトからメトロポイントへの交換停止。つまり、ソラチカルートの機能は変えずに、「他からのポイント流入でマイルに交換するのは勘弁してね」という感じで規制が入りました。先ほど、「さまざまなポイントをメトロポイントに」と言いましたが、メトロポイントにポイントを交換するのが難しくなったんですねー。

【随時更新】ソラチカルート封鎖の大打撃!Pexとドットマネーからメトロポイントへの交換が停止されます。

2018.01.09

とはいえ、他のポイントからメトロポイントに交換できるポイントが全くなくなったわけではありません。その中で、今後有効に使えそうなのはLINEポイントになります。

※LINEポイントに対しても規制が入る可能性は十分あります。その場合、事実上ソラチカルートは終了ですので、これからマイルを貯めるという人は、そのリスクをご承知ください。

f:id:issy-style:20180121081919j:plain
他のポイントからメトロポイントへの交換が停止されたのに、LINEポイントからメトロポイントへの交換には規制が入りませんでした。今後は、LINEポイントからメトロポイントを経由して、ANAマイルへ最大81%の交換を行っていくのがベストということになります。つまり、「とりあえずLINEポイントにガンガン交換していく」ことが必要になります。

では、ポイントサイトのポイントをどうやってLINEポイントに交換するかみていきたいと思います。

LINEに交換するルート1 ポイントサイトから直接交換

f:id:issy-style:20180121083759j:plain
まず、LINEポイントに直接交換できるポイントサイトが2つありまして、それがポイントタウンモッピーになります。

このうち、ポイントタウンはLINEポイントに等価で交換することが可能ですから、ポイントタウンで貯めたポイントは、81%のレートでANAマイルに交換することが可能ということになります!交換も3営業日以内に終わりますし、ポイントタウンユーザーは万々歳ですね!!私はあまりポイントタウンを使ってきませんでしたが、今後は少し使っていかざるを得ないかなと思っています…。

一方、モッピーのポイントをLINEポイントに交換するのは90%のレートになりますので、LINEポイントからANAマイルへの交換が81%となることを考えると、モッピーポイントから直接LINEに交換するANAマイルへの交換は72%のレートということになります。少し減ってしまいましたが、それでも50%や60%になるよりは有効にマイルが使えると思っています。

LINEに交換するルート2 ポイントサイトからGポイントを通じて交換

ポイントタウンとモッピー以外のポイントサイトで貯めたポイントは、LINEに交換できるポイントに交換してからLINEポイントに交換する必要があります。メインとなるのは、Gポイントになります。そのルートは、以下のとおりです。

モッピーとちょびリッチは、直接Gポイントに交換することが可能です。先ほどモッピーはLINEポイントに直接交換できましたが、手数料が取られることから、Gポイント経由の方が、手間はかかるものの還元は大きいですね。

GポイントからLINEポイントへの交換は、5%の手数料こそかかるものの、Gポイントそのものを使ってポイントを獲得すれば、この手数料は後日キャッシュバックされますから、実質的には手数料無料で使うことが可能となるため、ポイントサイトから81%のレートでANAマイルに交換することが可能です。

【Gポイントへ未登録の方は、こちらから登録可能です】
Gポイント

その他のポイントサイトからGポイントに交換するには、PeX、VISAワールドポイントを経由する必要があります。これはちょっとめんどくさいですね…。と思っていたのですが、2018年6月から、新たにPeXから直接LINEポイントに交換することができるようになりました!

LINEに交換するルート3 ポイントサイトからPeXを通じて交換

ポイント交換サイトのPeXから、LIneポイントへの交換レートが大幅に改善されました。

今までは、PeXポイント150PでLINEポイント10ポイントへの交換だったのですが、これが、110Pで10ポイントの交換レートになりました。ということは、PeXからLINEポイントへ直接90.9%のレートで交換できるということになります。

そのため、今までハピタスやポイントインカム、ファンくるなどのポイントサイトを使った場合、上で紹介したGポイントルートのほか、レートは下がるものの、PeXから直接LINEポイントに交換することが可能になりました。

これらのサイトからソラチカルートを使ってANAマイルに交換する場合は、交換レート81%のGポイントルートを使うか、PeXから直接LINEポイントに73%交換するか、色々作戦のたてどころがあります。

 

スポンサーリンク

ソラチカカードの2つの弱点

ソラチカカードは、他のポイントサイトのポイントをANAのマイルへ最大81%のレートで交換する最強の武器でありますが、もちろん弱点もあります。

交換上限が月間2万メトロポイント→18,000マイルまで

この交換率90%を誇るソラチカルート、唯一の弱点が、月間あたり20000メトロポイントしかANAマイルに交換できないんですね。陸マイラー活動をこなしていくと、クレジットカードの発行やお得なお買い物案件、外食で大量ポイントを得た後などは、メトロポイントが20000ポイントを超えることがあります。

ANAマイルに交換するのは、毎月月末〆の翌月5日頃(月によって変動あります)に交換完了になりますので、毎月11~15日頃に、20,000ポイントを交換していくことになります。普段であれば翌月に回せばいいだけですが、

  • 特典航空券の発行を急ぐため、どうしても月2万ポイント以上を交換しなければならない場合
  • 月間2万ポイントずつ交換してもどんどんメトロポイントがあふれそう(羨ましいです)

こういった場合は、各種ポイントをTポイントに交換して、TポイントからANAマイルに交換していきます。

クレジットカードでマイルを貯めるには不向き

クレジットカードで貯まるマイルは、ソラチカカードでは決済金額の0.5~1%です。それも1%にするには5,000円の別途料金がかかります。カード決済そのもので貯まるマイル数はたかが知れていますが、それでも使いかたによっては数万マイルはたまりますから、重要なマイル供給源でもあります。マイルをクレジットカードで少しでも効率的に貯めたい、という人は以下の記事なんかも読んでみてください。

もし、「ANAマイルはポイントサイトで貯めるから、クレジットカード決済は他のマイルでも貯めようかな」という方であれば、JALマイルをJALカードで貯めるなんて方法もあります。

JALカードを徹底比較!選び方とメリットを簡単にまとめました!

2017.01.23

ANAにもJALにも好きなように交換したい!という方で旅行好きの方であれば、SPGアメックスカードをお勧めします。

SPGアメックスの肝となる部分を解説 旅行好きならメリットは絶大でお得なクレジットカード

2017.01.03

ソラチカカードの発行はポイント稼ぎの前に必ず行う2つの理由

すでにポイントサイトの存在をご存じの方は、「このカードも、ポイントサイトで発行すればよいじゃん?」と思う人もいるかもしれません。ですが、マイル稼ぎの前にソラチカカードの発行は済ませないといけません。

理由1 ポイントサイトにはそもそもソラチカカードの広告があまりない

ソラチカカードですが、ANA陸マイラーの皆さんがみんな宣伝しているので、ポイントサイトの広告案件に出てきません。広告を打たなくても勝手に入会してくれるんですもんね、そりゃ打ちませんよ(笑)

理由2 ソラチカカードの発行は失敗が許されない

ソラチカカードの交換レートの良さを考えると、これなしにANA陸マイラー活動はありえません。今後、マイルを貯めるために、ポイントサイトで様々なクレジットカードの発行することになりますので、その前に確実にソラチカカードを発行したいところです。

カードを連発で発行すると、貸倒リスクが高まり、審査が通りにくくなるといわれています。カードの利用実績や審査の結果はCICというところで公開されていますので、連発でカード発行している人をみたら、審査担当者は「この人大丈夫かな?」と思いますよね。

そして、クレジットカードの審査に一度落ちると、その記録が消えるまでの半年間、カードの審査が一切とおらなくなります。これも審査する側の視点にたてば、「カード発行の審査に落ちたということは、この人ヤバいな。うちも落とすか。」となりますよね。

具体的に、何枚まで大丈夫かと気になる方もいますが、こればっかりはその人のステータス(収入、自営か勤めか、会社の信用度、保有資産・負債、過去の利用額・支払い状況など)によって変わってきますので、一概にお答えするのは困難です。私はクレジットカードは2か月に1枚程度の発行に抑えています。このペースは、陸マイラー界隈の中では抑え気味だと思っています。

なので、ポイント稼ぎを始める前に、まずソラチカカードを確実に発行しておきましょう。

補足
もし、クレジットカードの発行経験がない方は、もう少し審査のゆるいエポスカードや楽天カードを発行し、何ヶ月か使ってからの方がいいかもしれません。審査する側からすれば、クレジットカードの利用実績が全くない人の審査も難しいものです。カードの利用実績が全くない人って、バリバリ現金派の人か、破産した人などいわくつきの人のどっちかですが、その判別がカード会社は簡単にはつかないので。

ANAカードを1枚も持っていないなら、マイ友プログラムで入会時に500マイル多くもらうことが可能

マイ友プログラム

先ほど、ソラチカカードはポイントサイトの広告にないことは説明しました。では、公式サイトから入会するしかないのでしょうか。少しでもお得な方法はないのでしょうか?

その答えですが、ANAカードを1枚も持っていないならあります!それが、「マイ友プログラム」を利用する方法です。すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてソラチカカードを作成すると、500マイルもらえる「マイ友プログラム」というものをやっているのです。ですから、ソラチカカードを発行しようと思ったら、まず周りにANAカードをもっているご家族・友人がいるか確認してみましょう。
マイ友プログラム マイ友プログラム始まる! お友達にシェアしよう! | ANAマイレージクラブ

繰り返しますが、本キャンペーンの適用はANAカードを1枚も持っていないことです。クレジットカードの決済でANAマイルを以前から貯めていた人は、ANA VISAゴールドなどをお持ちでしょうし、それ以外でも、空港などで勧誘されて何かしら作っている人はいるかもしれません。そのような方は、残念ですが公式サイトからお申込みください。

ソラチカカードの申し込み時に「どうしたらいいの?」と思う2点について解説します

実際にソラチカカードを作成するためにインターネットで申し込みを行おうとすると、項目の入力時に、「これ、どう入力すればいいの?」と思う箇所が2か所あります。こちらについて解説していきます。

既にANAのマイレージカードもってるけどどうすればいいの?

ANAの場合、マイレージのカードごとに番号が異なり、ひもづける形でマイルを統合します。*1基本的に新しいカードの番号が親になります。申し込み時に「お客様番号」を入力する欄があるので、そこに今の会員番号を入れればいいです。あとでHPでひもづけることも可能です。

最初にでてくるポイントコースってどれにすればよいの?

ポイントコースはマルチポイント5マイルコースが基本

端的に答えだけ書きます。基本的にはマルチポイント5マイルコースでいいです。ただし、以下の条件に当てはまる人は、マルチポイント10マイルを選択してください。

  1. ソラチカカードを使って年間100万以上決済する人
  2. 10マイルコース入会でキャンペーンがある場合

1ですが、もし決済をソラチカカード1本にしたいと思った上に、年間100万円以上の決済をする人であれば、10マイルコースの方がお得になります。ただし、年間100万円のカード決済をするのであれば、上の記事で触れたとおり、他のカードを使ったほうがいいと思いますが…。

もし、2の入会キャンペーン狙いで10マイルコースに申し込む人も、ポイントの交換が終了したら、5マイルコースに戻すことをお勧めします。

注意
ソラチカカードの入会キャンペーンでOkiDokiポイントが貯まるケースがありますが、このキャンペーンでたまるポイントは、5ポイントコースだろうと、10ポイントコースだろうと関係なく、1ポイント=3マイルのレートになりますので、そこは考慮する必要はありません。

まとめ

ANAマイルを貯めるために最も重要なカードであるソラチカカード。このカード保持者だけが可能な「ソラチカルート」を回すことによって、ポイントサイトで貯めたポイントをごっそりとマイルに交換することができます。

基本、LINEポイントにポイントを集める必要がありますが、そのためのルートは、使うポイントサイトによって変わってきます。

ポイント交換のルート

直接LINEポイントに交換可能⇒ポイントタウン(・モッピー)
Gポイントに交換してからLINEポイントに交換⇒モッピー・ちょびリッチ
PeXに交換してからVISAポイント、Gポイントに交換してからLINEポイントに交換するか、ちょっとレートは下がるがPeXからLINEポイントに交換⇒ハピタス・ポイントインカム・ファンくるなど

もし貯めるということであれば、欠点である月間2万ポイント条件などもありますので、マイルを貯めると決めたら速やかに発行する必要があります。このカードだけは、大型キャンペーンを待たず、マイルを貯めると決めたら、すぐに申込をしましょう!
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) | クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

 

スポンサーリンク

*1:JALは一人1番号なので、複数もっても同一の番号を使います

2 件のコメント

  • まくはるさん
    コメントありがとうございます!
    励みになります。今後も分かりやすい記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください