ANAマイルを貯める新たなルート「TOKYUルート」を解説!レート75%・最速3週間でANAマイルへ交換可能

ANAマイルを貯めるのに効率的な方法はポイントサイトを使って貯めたポイントを交換するのが手っ取り早いです。

そのポイントサイトを使ってANAマイルに交換する方法が、2019年6月から新たにできました。それが「TOKYU」ルートと呼ばれるもの。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を保有することが条件となりますが、ポイントサイトからのポイントを、TOKYU POINTを通じて75%のレートでANAマイルに交換することが可能です。

最大81%のレートで交換できるソラチカルートにはレートで劣るものの、交換スケジュールが大幅に短縮されることから、ポイントを急いでマイルに交換したい場合などに使うことが可能です。

TOKYUルートに必要な「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」とは

まずは簡単に、今回のTOKYUルートに必要な「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」というクレジットカードを紹介したいと思います。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの概要
  • 国際ブランド:マスター
  • 年会費:2,000円(税別)※初年度無料
  • カード利用で付与されるポイント:三井住友リワードポイント
  • ポイント還元率:0.5~1%(1%にするには、10マイルコース(5,000円)への加入が必要)
  • PASMO機能付与(オートチャージ一体型)、定期券機能付与
  • 付与マイル:毎年1,000マイル
  • 他のANAカードとの重複保持:OK

スペック自体はいたって普通のクレジットカードですね。クレジットカードの決済でたまるポイントは200円あたり1ポイントですから、はっきり言って「マイルをクレジットカード決済で貯めるカード」としてはお勧めできるカードではありません。

補足
ちなみに、年会費は2年目以降2,000かかりますが、「マイ・ペイすリボ」というのに登録すると、751円+消費税にまで年会費を圧縮することが可能です。そのうえ毎年1,000マイルが付与されますから、非常にもっていて損のないクレジットカードですよね。

それでは、なぜANAのマイルを貯めるうえでこのカードを発行しなくてはならないのでしょうか。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」保有者は75%のレートでTOKYUポイントからANAマイルに交換可能

それは、このカード限定で、TOKYUポイントからANAマイルへの交換は、

  • 1,000TOKYU POINT→750マイル

になるんです。交換レートにすると、75%になるんですね。

実は他の東急関係のクレジットカードも存在はするんですが、このカード以外では、交換レートが75%にならないんです。なので、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」がマイルを貯めるのに必要になるんです。

TOKYUルートとは

実はこの「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」自体は以前から存在していたんですが、最近急に注目を浴びた理由は、ポイント交換サイトのドットマネーから、TOKYUポイントへの交換がひっそりと始まっていたんですね。

ドットマネーからTOKYU POINTへの交換は、

  • 交換レート:300マネー→300マネー(等価)
  • 交換予定:1~15日申請の場合は当月下旬、16日~31日申請は翌月中旬

となります。

今までもTOKYUポイントからANAマイルへの交換75%というのは行われていたんですが、いかんせんTOKYUポイントを貯める方法がなかったのですが、ドットマネーからTOKYU POINTに交換が可能ともなれば、ポイントサイトのポイントを交換することが可能となりました。

ドットマネーにさえ交換してしまえば、TOKYUポイントを通じてANAマイルに、このように簡単に交換することが可能になるんですね。昔のソラチカルートのように、交換が単純となり、なかなか簡単にマイルに交換できそうです。

ドットマネーからTOKYU POINTへは半月、TOKYU POINTからANAマイルへは1週間程度で交換が可能なことから、約3週間でマイルに交換できるのは、ソラチカルートよりも大幅にスピードが上がっていますね。

Tokyuルートに利用できる(ドットマネーに交換できる)・できないポイントサイト

ただ、ポイントサイトで貯めたポイントをTokyuルートに流し込むには、ドットマネーを経由する必要があるため、使えるポイントサイトは限られてきます。

まずは、ドットマネーTOKYUルート使える・使えないポイントサイトは以下のとおりです。

使えるポイントサイト
  • ハピタス
  • ちょびリッチ
  • モッピー
  • ポイントインカム
  • ライフメディア【Gポイント直接交換不可】
使えないポイントサイト
  • ポイントタウン
  • ファンくる
  • げん玉

このように、ドットマネーに交換できない一部のポイントサイトについては、TOKYUルートは使えないんですね。

とはいえ、多くのポイントサイトはドットマネーに交換することが可能ですので、これらのサイトを利用した場合はTOKYUルートの利用が考えられます。

特にライフメディアのように、直接Gポイントに交換できず、一度PeXに交換していた場合は、手間のかかる三井住友ルートか、レートが72%まで下がるPeX→LINE直接交換ルートを通っていたのが、TOKYUルートにより、75%で単純に交換できるというメリットが発生します。

ソラチカルートとの比較

ソラチカルートとTokyuルートの違いをまとめると、以下の通りとなります。

ソラチカルートTOKYUルート
必要なカードソラチカカードANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
交換レート72~81%75%
交換ルートポイントサイト→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルポイントサイト→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル
交換期間2か月3週間
交換上限月間18,000マイル無制限

Tokyuルートはソラチカルートに比べてレートが劣ったり、ドットマネー経由でしか交換できないため一部のポイントサイトは使うことができないというデメリットがありますが、交換までの時間や手間が少ないというメリットがあります。

個人的には、LINEを使わなくていいことを考えると、TOKYUポイントの活用は充分にあると思います。

というのも、妻のポイントに関しては私が管理しているのですが、LINEポイントを経由する場合、妻のスマホをいじらなくてはならなくなります。

Tokyuルートであれば、妻のポイントは全てPCで管理することが可能なので、妻には案件だけやってもらえば、後のマイルへの移行作業については妻の手を煩わせることなく処理できるなぁと思っています。

ANA TOKYUマスターカード発行後にTOKYUルートを開設するための手続き

TOKYUルートを開設するためのANA TOKYUマスターカードを発行して手元に届いたら、TOKYUカード側の設定を行いましょう。これをやらないと、ドットマネーからのポイント交換ができないため、TOKYUルートは開設されません!

まずは上記リンクのサイトから設定を行います。

画面一番下の「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをお持ちの方」の下にある「新規登録」をクリックします。

注意
この画面の上に、TOKYU POINT Webサービスに未登録の方というところがあって、画面をスクロールせずにそちらを選択してしまいがちですが、そちらからは登録できませんのでご注意ください。私も間違えました…

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード専用のサイトに入りましたので、こちらのサイトから手続きを進めていきます。

すると、「東急ベル」というサイトにつながりますので、こちらから会員登録を行います。

会員登録は

  1. 仮メールアドレス登録
  2. メール記載のURLをクリック
  3. 本登録のための情報を入力(氏名、年齢、電話番号等)
  4. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの情報を入力

という流れで行われていきます。

【期間限定】TOKYUルート開設に伴う各種キャンペーンを紹介

このTOKYUポイント開設にともない、各ポイントサイトで、ドットマネーへの交換レート上昇などのキャンペーンを実施しています。この機会に、TOKYUポイントを使ってみましょう。

モッピー「エクスプレスキャンペーン」

モッピーでは、エクスプレスキャンペーンとして、9月30日までの間、モッピーのポイントをドットマネーに交換し、さらにTOKYU POINTへ交換すると、ポイント交換を15%もアップするという、超太っ腹キャンペーンを実施しています。

このキャンペーンを使うと、モッピーの10,000ポイントがTOKYU POINTを利用して最終的には8,625ポイントになります。ちなみにソラチカルートを使うと8,100ANAマイルに交換されますので、キャンペーンに参加できれば、ソラチカルートよりも高レートでANAマイルに交換できるんですね。これはアツイです。

注意
エクスプレスボーナスは、1人あたり月1回・10,000ポイントの申請分のみ対象となります。

ただ、この15%アップキャンペーンに参加するには、以下の2つの条件があります。

  1. モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を発行していること
  2. エクスプレスキャンペーン対象広告を15,000P以上利用すること

まず、モッピー公式プリペイドカードである「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っていることが必要になります。これは、モッピーのポイントやクレジットカードからチャージできるプリペイドカードで、年会費無料、審査不要です。

モッピーが実施するほかのキャンペーンでも、このカードを持っていることが条件になることが多いので、まだ作っていない人は、とりあえずこのカードを作ってしまいましょう。

そして二つ目の条件が、対象広告を15,000円分使うこと。こちらはちょっとハードルが高いですが、「対象広告」といっても、ほとんどすべての広告が対象広告となっています。

issy
15,000円分ですから、クレジットカードの発行や不動産投資セミナーの参加などで、一気にポイントを稼ぐことをおススメします。

ちょびリッチ TOKYUルート爆誕キャンペーン

ちょびリッチでも、TOKYUルート爆誕キャンペーンとして、対象案件に申し込んだ人に対し、最大10%の増量キャンペーンを実施しています。

これは、「お買い物で貯める」「登録・申込みで貯める」の案件に申し込むと、7月31日までの間、予定明細に記載されたポイント数の10%が増量となります。

とはいえ、無制限に増量されるわけではなく、増量ポイントの上限は、ちょびリッチからドットマネーを通じてTOKYU POINTに交換したポイント数の10%となります。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まとめ:TOKYUルート開設によってマイルのため方はより幅広く!

TOKYUルートの開設により、ANAマイルをためる方法が幅広くなってきました。

ソラチカルートの最大81%という交換率に比べて75%と落ちるものの、Gポイントに直接交換できないポイントでは手間も考えると、十分にTOKYUルートの活用の可能性も膨らんでくると思います。

また、現在一部のポイントサイトで、TOKYUルート開設に伴うキャンペーンを実施しており、これらをうまく使うと、ソラチカルートよりも好レートでANAマイルに交換できます。ぜひこの機会に、TOKYUルートの開設を強くお勧めします!

issy
まぁ、これでnimocaルートを使うことはなさそうだな…。

参考記事:マイルを貯めたい人はこちらも読もう!

【重要】陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2019年バージョン】

2019-09-17

陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?本当にマイルが大量に貯まる7つのポイントサイトを紹介します

2019-09-15

ポイント活動って何?マイルを貯めるためのポイントサイトの使い方とポイントのため方を解説します

2017-08-27

【2019年5月更新】ソラチカカードを使ってANAマイルを貯める!ソラチカルートを徹底解説!

2017-02-09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください