表参道にある旅好きのオアシス HISと猿田彦コーヒーがコラボする「旅と本と珈琲と」に行ってきた

東京の表参道には、旅行会社最大手のHISと「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」を目指している恵比寿を本店とする猿田彦珈琲がコラボした、「旅と本と珈琲と」という、コーヒーを楽しみながら旅行に思いをふけることができる場所があります。実は私のブログタイトルもこのお店からもじってつけているのです。ご存じでしょうか?(しらんがな!)

今回、私もひさびさにお店に行ってきました。やっぱり落ち着くカフェですので、その概要をレポートします。

「旅と本と珈琲と」のコンセプト

2015年の10月に、表参道にできたこの店、コンセプトとしては、「まだ見ぬ理想の旅と、出会える場」です。

HIS、旅行本専門の本屋、猿田彦珈琲が同居した、旅行とコーヒーが好きな私のような人にとっては夢のようなスペースとなっています。

HISの狙いとしてはつまり、「珈琲を飲みながら旅行本を手にとって、理想の旅を見つけてね。経験豊富なHISのスタッフにも相談してね。そしてHISで予約してね!というものでしょう。

もちろん旅行の予約をしなくてもOKで、純粋に読書カフェとしても利用できるお店となっていますし、HISスタッフがグイグイくることもおりません。実際、HISスペースは空いていることが多いですね(笑)

私がこのお店の情報を知ったのは、2015年秋のツーリズムエキスポジャパンでHISブース内に告知されていたのがきっかけです。旅行と読書とコーヒーが趣味の私にとって天国のような場所ですのでメチャクチャ食いつき、オープン直後に行ったりもしました。表参道方面にでかけるときは寄ることも多いです。非常に気分転換になります。

旅と本と珈琲と 店舗概要
  • 名称:H.I.S. 旅と本と珈琲と Omotesando(表参道)
  • 住所東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館
  • アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩2分
  • 営業時間: 11:00~19:00
  • 休業日:なし

そんな旅と本と珈琲に訪れる際の注意事項ですが、営業時間が19時までとちょっと短いところです。仕事帰りの訪問はなかなか難しいですね。

旅と本と珈琲への行き方

旅と本と珈琲との場所は、東京メトロ千代田線、銀座線、半蔵門線が乗り入れる表参道駅徒歩2分の場所にあります。近くには表参道ヒルズもあり、お出かけのついでに寄ることもできますね。


表参道駅に着いたら、A2出口を目指します。駅の一番端の出口になります。


表参道駅のA2出口を出ると、右側にApple Storeがありますので、ここを原宿方面(Apple Storeを正面にすると左側、出口の階段を登ってそのまま真っ直ぐ)に向かいます。


Apple Storeから進んでいくと、すぐに右側にゴールドジムの広告アーケードがありますので、ここに入ります。


まっすぐ歩くと1分もかからずに左手に看板あります。ちなみに隣がスターバックスになります。

このように非常にわかりやすい場所にありますので、A2出口までいきつけば、迷うことないです。表参道駅の地下が複雑のため、A2出口にいくのが一番大変かもしれません(笑)

JRや東京メトロの原宿駅からも歩くことが可能です。その場合は、ひたすら表参道をまっすぐ進み、表参道ヒルズの先にApple Storeがあるので、その手前で左折することになりますね。
スポンサーリンク

1階では猿田彦珈琲を購入することが可能

お店に入るとまずあるのが猿田彦珈琲のカウンターです。sarutahiko.co
猿田彦珈琲をご存知ない方に簡単に説明すると、「たった一杯で幸せになれるコーヒー」を標榜する、恵比寿発のサードウェーブコーヒーの先駆け的な存在です。サードウェーブといえば、あの一杯ずつ入れてくれるやつですね。

2011年に本店の恵比寿をオープンさせ、ここ表参道のほか2018年現在は新宿、渋谷、仙川にも店舗があります。


猿田彦珈琲のメニューはこんな感じです。ドリップコーヒーや蜂蜜ラテなど、猿田彦珈琲の定番メニューのほか、「旅の扉blend」というここ限定のオリジナルコーヒーを販売しています。私は猿田彦珈琲の店舗が生活圏内にあるので、ここに来るときはいつも旅の扉ブレンドをいただいてます。他のコーヒーよりも比較的なめらかな味です。


いわゆるサードウェーブタイプなので、コーヒーはこのように一杯ずつドリップされてから提供されます。また、コーヒー豆の販売もあります。ちょっといいお値段がするので、普段から家で飲むわけにはいきませんが…。

半地下の読書・イートインフロアへ


コーヒーを買ったら階段を下ります。ここがこのお店の最大の特徴、ブックショップ「たびに出る理由 by H.I.S」になります。

本を読みながらコーヒーを飲める席は、中央のテーブルのほか、その周りにもいくつか椅子とテーブルがあり、ゆとりのある空間になっています。ちょっと見えにくいですが、一番奥にはソファ席もあります。

先ほど買ったコーヒーを飲みながら、様々な旅行に関する本を読むことができます。一応、本は販売品ですのでそこはご注意を。

空港の本は座った机の前に置いてあったもので、世界中の空港が紹介されていて興味深かったです。空港だけの本ってなかなかマニアックですよね。

また、もう一冊は棚からとってきましたが、泥酔夫婦の世界一周旅行もなかなか面白かったです。世界中で呑んだくれる旅行記ということで、マイラー界隈の放牧民たちにも読んでいただきたい(笑)

本はエリア別に並べられており、地球の歩き方を始めとしたガイドブックから、フォトブック、旅行記の本、ディープな案内の本まで様々な種類の本が置いてあり、ついつい長居してしまいます。

エリア別とはまた別に、ウェディング、絶景、家族旅行などのテーマごとにも本がおいてあります。

今はインターネットの情報で旅行の計画を立てる人も多いと思いますが、本をめくりながらあれこれ旅行のことを考えるのも楽しいと思います。

テーブル席もありますので、友人同士で旅の計画をたてることも可能です。

1つ残念だったのがWi-Fiがソフトバンクと訪日外国人向けのしかなかったこと。本とインターネットを併用できれば、より旅のイメージが沸くと思うので、ぜひフリーのWi-Fiを設置してほしいものです。

もちろんHISのカウンターもあります。

旅のイメージを沸かして、ここでHISのスタッフさんと相談しながら旅行の申し込みができるのもこの店の特徴。というかそれがHISの狙いですから。

ここでは様々な旅行シーンにあわせ、店舗も細分化しています。

旅と本と珈琲と内のHISショップ
  • 2F:nature world
    秘境旅行専門店として、広大な自然、夢にまで見た絶景、神秘と謎の古代遺跡、一度は行きたい世界遺産。 秘境と呼ばれる地域を専門とする渡航歴豊富な「旅マイスター」が、 あなただけのオーダーメイド旅を心を込めてご提案いたします。
  • M2F:QUALITA(高級旅行専門店)
    QUALITA(クオリタ)はハネムーン・記念日旅行、女性や旅慣れた方のこだわりを具現化するために創案されたブランドです。 「こだわり」と「上質なサービス」そして、「価値にふさわしいプライス」がQUALITAの厳選基準です。
  • M2F:CLASS ONE(ファースト、ビジネスクラス専門)
    CLASS ONEは店舗を構える旅行会社唯一のビジネス・ファーストクラス専門店です。 専門の研修を受けた幅広い知識・経験を持つコンシェルジュが常駐し、 お客様のためだけのオーダーメイド旅行をご提案いたします。
  • B1F:HIS
    15ヶ国以上を旅してきた経験豊富なコンシェルジュがお客様のニーズに合わせ、理想の旅をカスタマイズいたします。 MB1F bookshopにもコンシェルジュがおりますので、お気軽にご相談くださいま
  • B2F:Avanti & Oasis(ハネムーン専門店)
    人気のハワイ・グアムはもちろん、バリ島・ヨーロッパ・南太平洋・沖縄まで、 世界200の会場からお2人の希望にあった国と式場をご案内させて頂きます。お2人のご希望の滞在や挙式スタイルにベストマッチする会場をご提案いたします。

私は、中東やアフリカ以外は航空会社やホテルを自分で選びたいのもあり自己手配派なのでお世話になることはあまりないのですが、やはり旅行会社のパッケージには安心感があります。

HISは比較的現地フリーのパックツアーの取り扱いも多いですし、添乗員つきをHISではちょっと…という方も、フリーパックなら使い道はあると思います。私もバルセロナや台湾にいったときはお世話になりました。

まとめ:旅と本と珈琲とは表参道で旅行好きが寛げるスペース

表参道にある旅と本と珈琲と omotesando。表参道駅近くという好立地に、旅行に関する本を読みながら、おいしいコーヒーを味わいつつ旅行の計画をたてるもよいですし、旅行に行けないとしても、旅行に行った気になれる、妄想にふけることができる、旅好きにはとっては幸せな場所だと思います。

販売しているコーヒーも、人気の猿田彦珈琲ですから楽しむことが可能です。まだ訪れたことがない方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

参考記事

2 件のコメント

  • 楽しい情報ありがとうございます。

    以前は娘が住んでいた事もあり良く参上していたエリア。しばらくご無沙汰でしたが本と旅とコーヒーを
    味わいに行きたくなっちゃいました〜。

    修行はしていませんが、2016年5月から陸マイラーやってます。マイルのパパで開眼し旅Mさんの紹介から家族巻き込み雨金、マリオットプラチナチャレンジ…。

    この夏、ANA.UA.SQのマイルを使い欧州を廻って来ました。憧れのSQのA380 firstにも搭乗できました!マイル活動してればこそですね(笑)

    貯めて使う。issyさんの仰るとおりです。親孝行ならぬ孫孝行すべくこれからもマイル活動に勤しみたと思います。これからも楽しい情報お願いしまーす。

    • karamizukeさま

      コメントありがとうございます!
      おぉ2016年5月からということは雨金ガチ組ですね(笑)そしてSQのA380搭乗とのこと、非常に羨ましいです!
      はい、マイルは使ってなんぼだと思います。頑張ってお互い貯めましょう!私は情報発信もがんばっていければと思います!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください