【10日更新!】台風19号によるJAL/ANAの振り替え・キャンセル対応について

行楽シーズンである10月3連休に直撃するおそれのある台風19号。10月8日21時気象庁発表の予想では、予報円の中心を通った場合、関東直撃の可能性があります。

旅行を予定していた方にとっては非常に残念な天気になることが予想されています。実は私もフライトの予約があるので、気にかけていたところです。

このときめんどくさいのが航空券の処理。今回、JALやANAは早々に振り替えやキャンセルに関する手続きを開始しましたので、それを紹介しておきたいと思います。

台風19号が接近中!

台風19号(ハギビス)は、10月8日21時現在、マリアナ諸島にあり、大きさは「大型」、勢力は「猛烈な」となっています。今年最大の台風といっても過言ではないでしょう。

ちなみに台風の大きさは風速15メートル以上の強風域の大きさ、勢力は中心付近の最大風速で判断しています。暴風域の大きさや中心付近の気圧で判断しているわけではありません。

現在の進路予報はこちら。発生当初に比べ北東へ進路転換するのがだいぶ早まり、この台風は、12日から13日にかけて、近畿~関東地方に向かって進む可能性が高まっています。

おおむね進路は固まってきました。

なお、気象庁の予報だけでなく、アメリカやヨーロッパの気象機関も、おおむね予報円の範囲内の方向を予想しています。

注意
なお、台風の進路は6時間(3時、9時、15時、21時)ごとに見直されされるため、最新の情報については気象庁HPで必ず確認してくだい

こうなってくるとこの3連休は旅行や修行どころではなくなってくるかもしれません。特に台風は、中心部よりも東側で風雨が強まりますのでご注意ください。

台風によるJAL/ANAの影響は?

今回の台風の影響の大きさを踏まえ、すでにJAL・ANAともに対応に入りました。

具体的には、無手数料による払い戻し、便変更の対象となる空港は通常の場合は運航日の2日前(18:00)を目途に決定しているのですが、すでにこの手続きが可能となっています。

便の変更ができないチケットの変更も可能ですし、キャンセルも手数料ゼロですべて受け付けています。

手続きとしては、今も触れましたが大きくわけて2種類あります。

  • チケットの払戻
  • 航空便の振り替え

チケットの払戻については無手数料で、どのクラス・どの条件のチケットでも行ってくれます。もちろん、特典航空券も対象となります。泣く泣くではありますが旅行、修行をあきらめる場合はこちらです。

また、航空便の振り替えについては、私のようにスーパーバリュー75のような安いきっぷであっても振り替えが可能となっています。旅行や修行をを延期したり、現地に先乗りしたりする場合にはこちらを利用します。

なお振替可能な期間についてはチケットによって異なりますのでご確認ください。

JALの対象路線

台風19号に伴い、運航への影響が予測されるJAL便発着空港は以下のとおりです。

対象空港対象となる時間帯
仙台12日~13日終日
山形12日~13日終日
新潟12日~13日終日
小松12日~13日終日
成田12日~13日終日
羽田12日~13日終日
松本12日~13日終日
富士山静岡12日~13日終日
中部11日~13日終日
小牧11日~13日終日
伊丹11日~13日終日
関西11日~13日終日
徳島12日終日
高松12日終日
高知12日終日
南紀白浜12日終日
北大東島11日終日
南大東島11日終日

最新情報はJALホームページをご確認ください。

東北から四国の空港各地を出発する便については、12日・13日の土日終日が対象となっています。

なお変更手続きですが、JALの場合、Webで手続きが可能なのは当日を含めた4日以降の便までというルールがあるので、12日の便変更は9日からWeb上で可能となっていますが、13日の便を変更する場合はコールセンターへ連絡する必要があります。

電話の連絡先は以下のとおりです

  • JALマイレージ会員の方:0570-025-022/03-5460-0311
  • 会員以外の方:0570-025-071/03-5460-0522

※上級会員の方は、各自のステータスに該当する番号におかけください。
※0570で始まるナビダイヤルは、携帯電話会社のかけ放題サービスの対象外ですので、03から始まる番号でおかけください。

ANAの対象路線

台風19号に伴い、運航への影響が予測されるANA便発着空港は以下のとおりです。

対象空港対象となる時間帯
仙台12日~13日終日
福島12日~13日終日
庄内12日~13日終日
新潟12日~13日終日
能登12日~13日終日
富山12日~13日終日
小松12日~13日終日
成田11日午後~13日終日
羽田11日午後~13日終日
八丈島11日〜13日終日
富士山静岡12日~13日終日
中部11日午後~13日終日
伊丹11日・12日終日
関西11日・12日終日
神戸11日・12日終日
徳島12日終日
高松12日終日
高知12日終日

最新情報はANAホームページをご参照ください。

JALと同様、東北から四国にかけての空港を発着する便が軒並み対象となっています。JALと現時点で異なるのは、羽田発着の11日午後が振り替え対象となっていることです。

これらの空港を該当の日に発着する便については、もうインターネット上で予約の変更、キャンセルを行うことが可能です。JALと違い、基本はWebで完結します。

先ほどの画面をもう一度はりますが、Web上ですと該当する予約の右上に、「振替手続きへ」というボタンがありますので、こちらをクリックして進んでいきます。

国際線は対応外

国際線に関しては、リスクへの喚起は行っているものの、現時点で払い戻しなどの対応は行っていません。

国際線はどれだけ遅れても飛ばすことも多いですし。優先的に飛ばしたりもします。またキャンセル率は国内線よりも低いので、従来どおりのフライト前々日18時になると思います。11日の関空発の案内が9日夕方にあるでしょう。

まとめ

台風19号は10月の3連休の予定を、残念ながら破壊しそうな台風となっています。

空港での混乱などを避けるため、航空機を利用される方は、早めに対策をしてWebで変更、キャンセルなどを行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください