【過去旅シリーズ】2011年屋久島旅行 屋久島に、魅せられて(Day2)

屋久島2日目は、大川の滝、平中海中温泉、紀元杉に行ってきました。

夜は宿の人たちと語らいました。

【前回の記事はこちら】
www.issy-style.com

大川の滝に行く

朝、まぁ覚悟はしていたが、4時に自分以外の目覚ましが全部鳴るので起こされる(笑)自分以外はみんな山に登るのだからしょうがありません。

とりあえず全員を見送って、もうひと眠りし、7時半ごろ起きる。今日まず最初に行く大川(おおこ)の滝は、バスが一日2本しかないので、逃すわけにはいかないのだ。

f:id:issy-style:20171021221511j:plain
8時半頃に宿を出て、バスに乗る。今日のバスの運転手さんは、乗客にどこまで乗るか確認だけし、アナウンスなし。人によってけっこう違うんだな~。

f:id:issy-style:20171021221525j:plain
ここが大川の滝。80メートルの落差がある西日本有数の滝です。

この滝が他の滝と違うところといえば、簡単に滝つぼまで行けてしまうところです。実際写真をとったところでも水しぶきが飛んできて、マイナスイオンがばんばん出ている。

写真では分からないけれど、滝は2つあります。

夏だとここで泳ぐ人もいるらしい。滝に打たれる人もいるのではないでしょうか?この水量なら確実に痛い、というかやばいだろうが。

f:id:issy-style:20171021221546j:plain
バス停の近くには湧水もありました。
屋久島の湧水は超がつくほど軟水らしいので、とっても飲みやすい。そしておいしい。

もって帰りたかったんですが、もっているのは「伊右衛門」が半分以上残っているペットボトル…。

(一瞬考える)

ごめんなさい福寿園さん、サントリーさん。ということで、ペットボトルの中身は伊右衛門から湧水に変わってしまいました。

f:id:issy-style:20171021221608j:plain
バスは到着から折り返しまで30分くらいだったので、滝を見るにはちょうどよい時間。バスを待つ間、海の方をとった写真。

昨日の海の荒れっぷりとは正反対に穏やかな感じ。天気も快晴で、とっても綺麗。こんなに天気いいなら、やはり今日縄文杉登山やりたかったなぁ…。

【補足】
屋久島はとにかく雨の多い島です。天気がいいときに積極的に行動する必要があります。実際、翌日は小雨の降るなか登山してきました。

そして、これだけ海が穏やかなら、首折れサバ食べれるといいなぁ…。

スポンサーリンク

海中温泉に行く

f:id:issy-style:20171021221623j:plain

折り返しのバスに乗り、次なる目的地の海中温泉にむかいます。ちょうど次のバスが50分後くらいなので、温泉に入るのにちょうどよい時間だということが発覚したので、予定はしていませんでしたが寄ることに。

しかし標識に150メートルと書いてあるが、はっきり言って500メートルあったぞ!!それもすごい坂。帰りはかなり汗だくになった。

f:id:issy-style:20171021221642j:plain
温泉はこんなところにあります。

そうなんです。海の目の前なんです!
この温泉は、干潮の前後数時間(2時間くらいがベスト)のみ現れる温泉で、一つ先はもう海水です。

海の温泉といえば、青森県の「不老不死温泉」が有名ですが、こちらも負けてないと思う(不老不死温泉にいったことがないからわかりませんが)

で、この温泉、脱衣所なし、混浴なので、岩場で着替えてそのままざぶんです。水着も不可。これは色々と期待が…。

俺がいったときの入浴者は…おばちゃん数名w

まぁこんなもんだよね。

温泉はアルカリ性で、それなりにきつい感じだった。

紀元杉にゆく

ひとっ風呂あびた後は、安房の街でおひるごはんを食べて、バスで紀元杉にむかいます。

f:id:issy-style:20171021221701j:plain
紀元杉とは、推定樹齢3000年、樹高19.5m、胸高周囲8.1mらしい。

車で見に行ける杉で最も大きいものです。なので、ここには登山まではできないけど屋久杉がみたい…というご年配方を中心として、なかなか混雑していまひた。写真が撮れなくて苦労したなぁ。

紀元杉は標高1200メートルのところにあり、車ですごい細い道を通ってくるんだが、苦労してたどりつく割に、杉以外には本当に何もないんですねー。
だから、縄文杉に登らない人が見に来るのかな?

【補足】
屋久島で登山をせずに杉をみれる場所は、この紀元杉のほか、ヤクスギランドというところがあります。

ヤクスギランドは、ハイキングコースになっていて、ご自身の体力にあわせていくつかのコースから選ぶことができるので、往復22キロの登山に不安のある方はこちらもオススメできます。

紀元杉から帰りのバスの中で撮った写真。メチャクチャ景色がよい。これなら確実に太鼓岩は綺麗だっただろうな~。一緒に登った男女ペアは楽しいだろうなー。

※ 太鼓岩
www.yakushimanavi.com

この後、明日の買い出しとレンタルの受け取りをすませる。

トレッキングシューズは結局レンタルにしちゃった。あとレインコートを。
レンタルは、ナカガワスポーツさんでお願いしました。
http://yakushima-sp.com/

再び宿の人と交流

f:id:issy-style:20171021221744j:plain
え、なぜビールかって?
昨日、自分が帰ってきたらみんなビール飲んでいたんで、部屋に一番に戻った自分が率先してビールを飲まないと(意味不明)。

窓をあけてビールを飲んでいると、人が現れ始める。今日は、5人部屋に男が4人泊まり、扉一枚はさんだ先に女性2人が泊まるんだとか。いいのか?(何が??)

今日の旅人は、昨日夜縄文杉に誘ってくれた方、一緒に屋久島に上った女性、飛び込みで屋久島に来たチャレンジャー(この時点で3日目の宿が取れてない)、友達より一日先に屋久島入りした方、行動力抜群で気がついたら歩き始めてる女性の6人。

昨日俺が「首折れサバ」連呼していたのを知っているため、サバスキで有名な「潮騒」に突撃するも、満席かつサバなしのため、地元の居酒屋である「海峡」へ。ここで色々話した。話し過ぎて時間は夜9時。

うん。東京で9時なんてまだまだなんですが…

宿の風呂は10時まで。2階にお風呂は一つ。現在6人。

やべぇw

f:id:issy-style:20171021221814j:plain

ということでダッシュで戻り、他のフロアの風呂も借りて、なんとか全員風呂に入る。

俺は明日があるのでとっとと寝る。残りの5人は世界フィギュアを見てから寝たみたい。みんな5時くらいに起きるみたいだが、俺は3時半だもんな…。

スポンサーリンク

【続きはこちら】
www.issy-style.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください