マイルを貯めるためのFX案件攻略方法!安全にFX案件をこなしてポイントを獲得しよう

ポイントサイトでのポイント稼ぎ方法として一番メジャーなのはクレジットカードですが、その次に効率的にポイントをもらうことが可能なのはFX案件です。

一般的にFXというと、そのリスクから「怖い」、「恐ろしい」というイメージがありますが、ポイントを貯めるにための「FX案件」は、ちゃんとその攻略法を理解して、適切な案件を選べばはっきりいって何も怖くないです。

本記事では、ポイントを貯める(=マイルを貯める)ためのFX案件がいかに怖くないか、またそのための方法について説明し、FX案件を攻略する気持ちになれるように解説したいと思います。

そもそもFXとは何か

FXの正式名称は、「外国為替証拠金取引」(Foreign exchange)というものです。つまり、「外国為替」(アメリカドル、ユーロなど)を、「証拠金」を担保として、「取引」することです。

「外国為替取引」は意味は簡単ですね。円とかドルを売り買いするということです。

問題は「証拠金」です。これは、手持ちのお金で取引するのではなく、一定の額を「証拠金(保証金)」として口座に入れておいてくれれば、その何倍もの取引(現在は最高25倍)していいよ」、ということです。これをレバレッジといいます。

レバレッジの概念

f:id:issy-style:20160612181300g:plain

 

レバレッジの概念ですが、具体的な例で言い換えれば、

「5万円口座に入れてくれれば、あなたは125万円をもっているものとみなし、手元資金なしで自由に運用していいよ。ただし、損失出したら耳をきっちり揃えて返してもらうからね!」

ということです。

例えばをもとに、いくつかのケースで考えます。

  • 保証金(=資金)4万円
  • 1ドル100円で買取引

パターン1:1ドル100円で買取引、101円で決済

レバレッジ取引量損益
1倍(現物)400ドル400円
10倍4,000ドル4,000円
25倍10,000ドル10,000円

これが現物の取引であれば、手元にあるのは4万円ですから、取引できるのは400ドルになります。この場合の利益は400円、利益率は1%です。

しかし上記の条件でレバレッジ25倍で取引すると、1万ドルを取引しているのですから、利益は1万円になります。4万円を元手に1万円稼いだのだから、利益率は25%です。

パターン2:1ドル100円で買取引、99円で決済

レバレッジ取引量損益
1倍(現物)400ドル-400円
10倍4,000ドル-4,000円
25倍10,000ドル-10,000円

逆に、1ドル99円になったとしましょう。

これが現物の取引であれば、4万円で取引できるのは400ドルなので、400円の損失ですね。損失率は1%です。

しかしレバレッジ25で取引していたら1万ドルを取引しているのですから、損失は1万円になります。4万円を元手に1万円失ったのだから、損失率は25%です。

負けたときが恐ろしいのです。どんどん溶けていくのです。

さらに恐ろしいのは、FXは現物取引のように「寝かせる」ことができないことです。次のパターンをみていきましょう。

パターン3:1ドル100円で買取引、95円まで円高進行のあと、105円で決済

レバレッジ取引量損益
1倍(現物)400ドル2,000
10倍4,000ドル20,000
25倍10,000ドル-40,000

あれ、この筆者書き間違えてない?と思うかもしれませんが、これが事実です。実は、1ドル96円になった時点でマイナス4万円になっています。現物の取引だったら、「売るまでは負けじゃない!」理論で耐え続ければ、プラスに戻ったときに売って利益を出すことができます。

しかし、これは信用取引です。1ドル96円になり、4万円の損失を出した時点で、この人は口座に保証金が4万円しかないのですから、信用もくそもありません。これ以上円高にしたら、5万円の損失なのに4万円しかないことから、返してもらえませんので、この段階で4万円の損失という形で強制的に決済されます(このことをロスカットといいます)

補足
説明のために実態と違う例を出しました。実際は損失が証拠金の半分を超えるとロスカットされます。

さらに、ここで強制決済されないようにするためには、保証金を積み増すことですが、これをやってさらに円高になったりすると、どんどんお金溶けていくわけですね。

これがFX(というか、信用取引)の怖さです。

issy
これが行き過ぎると、ドラマ「半沢直樹」の浅野支店長のように不正に手を染めたり、夜逃げしたりする人が出るわけですね。あーおそろしい。

ポイント獲得のためのFX案件のこなし方を解説

こんなおそろしいFXですが、ポイントサイトでポイントを貯めるためいやるのであれば、一定の方法をやることにより、ほぼ損失額を予想することが可能です。

ここで損失と言いましたが、FX案件をやるのであれば、最低限の損失を覚悟し、わざとという表現は適切かどうかわかりませんが、計画的に損失を出してポイントイ獲得条件を満たすという方法をとるのがベターです。

issy
え、わざと負けるの?

計画的にといっても、案件にもよりますが、数十円から数百円程度(大型案件で数千円というものもありますが…)です。

正直、ポイントをもらうためにFXやるんだから、FXでも勝つんだ!という考え方をお持ちの人は、ポイ活としてのFX案件をやるのはおススメできません。

issy
正直、この方法でやるとめっちゃストレスになります

スプレッドの低いドル円で取引するのが鉄則

スプレッドとは、同じ時点における売りレートと買いレートの差のことです。

わかりやすいのが海外旅行時のレートの違い。円からドルにする(ドルを買う)のと、ドルから円にする(ドルを売る)のはレートが違いますよね?それと同じことです。

この差が、大きければ大きいほど、我々は損をすることになります。

f:id:issy-style:20160526225442p:plain
このスプレッドの差が、事実上の業者の手数料と考えてください。両替屋もそうですよね。

なので、ポイントサイト向けのFX取引においては、「スプレッドの低い通貨の組み合わせでトレードする」のが必須です。みてもらうとわかると思いますが、ドル円が一番低い。なので米ドル/日本円でやるのが基本です。他の通貨でやればやるほど、親が持っていくわけですから損する可能性、額がが高まります。

即時決済がもっとも怖くない取引方法

脅すだけおどしましたので怖いことをあえて書きましたが、これらを理解した上で、怖くないFX取引をしてほしいのです。高ポイントには裏がちゃんとあるのです。このポイントは、ロスカットとかで逝っちゃった人たちからかき集めた広告費から成り立っているのですから。

この「怖さ」を受け入れたうえで、「怖くならない方法」で取引することが、ポイントを得ることで大切です。

そのための取引方法は、「即時決済」です。

その方法とは、売りでも買いでもどちらでもよいので、発注して即時決済すればよいのです。具体的には、1万ドルを買ってすぐにその1万ドルを売ればいいのです。

その間、わずか数秒。この数秒で、えらいほどお金が吹っ飛ぶことはありません。仮に1銭動いたとして、100円+スプレッド(数十円)です。

f:id:issy-style:20160612230754p:plain

そうすれば、業者の手数料であるスプレッド分に、その数秒の為替変動分が合わさった額の損失(場合によっては利益)で収まります。

さきほどドル円のスプレッドは0.27銭が最小と書きましたが、仮にスプレッドを0.3銭とすると、即時決済すれば30円の損(0.3銭×10,000ドル)ということになります。ここに、0.1銭がレートが動くごとに10円の損得が発生します。 スプレッドが0.6銭なら60円の損から始まります。

くれぐれも、FX案件で儲けようとしないでくださいね。

FXは土日はできません。また、手を出してはいけない時間があります

まず、勤勉なサラリーマンの皆様、土日はFXできません。FXができるのは、月曜の朝~土曜日の早朝(世界中の月曜から金曜の市場オープン時間帯)のみです。

そのため、FXは平日にやることにやる必要があるうえ、ポイントとしては相場が波穏やかなときにやるに限ります。具体的には、各種の経済統計が発表されたり、重要な会議があるときは値動きが粗くなります。なので、これらの時間を避けて取引をするのが賢明です。

なお、このような会議や統計発表の時間は、FXの取引ツールに表示されるようになっているものが多いので、取引する前にはこのスケジュールを確認しましょう。もし、それが見当たらなければ「今週の経済指標」などを調べましょう。

日本における主要統計の発表時間は主に午前8時30分(CPI(消費者物価指数).GDP(国内総生産)など)〜8時50分(IIP(鉱工業指数)、日銀短観など)です。この時間には気をつけましょう。

また、日銀の政策決定会合などはおおむね12時に終了しますので、意外と昼休みは値動きが粗いときがあります。この時間も気をつけましょう。

海外の主要指標の公表時間は、中国は10時、ヨーロッパは16時半、アメリカは21時半〜0時などが多いですね。

注意
それから、正月早々など、市場はあいているもののプレーヤーが少ない場合、為替の変動がめっちゃ激しいことがあります。実際、2019年1月3日には早朝にたった2分で4円の円高が発生し、大量のロスカットが発生したとか。

取引量が少なくてノルマ達成できる案件を選べば安心

ここまでFX案件を行う際の注意について書いてきましたが、最後に「どのようなFX案件をやればよいか」について、書いておこうと思います。

ポイントサイトにおけるFX案件のポイント獲得条件は、主に以下の3つが明示されています。

  1. 口座開設+入金
  2. 指定された取引量
  3. 取引方法

になります。

条件①入金額

1番目の条件はわかりやすいですね。口座を開設して、定められた以上の金額を入金すればいいだけです。

ただ、多くの案件の場合「初回入金」となっている場合が多いです。これは、初めてログインする際に入金する金額なので、「初回10万円」となっていた場合、必ず初めての入金の際に10万円以上を一括で銀行口座から入金してください。

5万円しか入金しなかった場合、あとで5万円以上入金しても対象外となりますので、そこだけは注意しましょう!

条件② 取引量

2番目が指定された取引量。取引量の記載は、「通貨数」で書かれている場合と「lot数」で書かれている場合があります。

通貨数といわれたら、通貨の単位そのものです。例えば、「1万通貨」と言われたら、1万ドルのことです。

lotとは束のことですので、1回の最小取引単位を表します。例えばドル円なら、1lotは1万通貨か1000通貨のどちらかです。1lot取引でポイント付与とあれば、1回取引すればよいと考えてください。

どちらにしろ、当然ですが、取引量が多いほど、損失のリスクは上がりますし、ポイント分の損失だしたら意味がないので、まずは取引数量の小さい案件だけに手を出せばよいのです。

issy
慣れてきたら、取引量の多い案件でも、即時決済によって損じる額を超えるポイントをもらえるのであれば、挑戦してみる価値はあると思います。

こんな好条件はもう最近はありませんが、例えばこの「外為ジャパン」の場合、1lot取引するだけで14,000ポイントをもらうことができるという楽勝案件ですね。

例えば、この案件の場合は新規で100万通貨、つまり100万ドルの取引が必要となります。100万通貨を取引すると、スプレッドを0.3銭で計算したとしても、3,000円の損失は覚悟する必要があります。

それでもらえるポイントは8500ポイントか、となると、「まぁ慣れてきたらの後回しにしようか」という判断になるわけですね。

条件③ 取引方法

最近のFXは、システムで自動的にトレードして利益を生み出すリピート系のトレード(会社によって呼び方は異なります)を導入しているものも多いです。この場合、自分で売り買いが原則としてできないものもあります。

ところがどっこい、FX案件では、先ほど書いた通り「即時決済」が基本ですから、このようなFX案件は基本的には避けるべきです。

例えばこちらの案件、トラッキングトレードで10営業日以上取引をする必要があります。手動での取引するとポイント対象外となります。

もしかしたらプラスで終わるかもしれませんが、即時決済のような安心感がないため、ポイント案件として取り組むのは、いくら還元ポイントが大きいとしてもおススメはしません。

issy
私もまだリピート系案件に手を出したことはありません。今度人柱になってみますか(苦笑)

【補足】実は「平時であれば」レバレッジの大きさは関係ない

これについて書くと怒られたりするんですが、レバレッジ大きいと、身の丈知らずのお金を動かすことができるので怖いということは上で書いてきた通りです。

FX案件をこなす際に「レバレッジが大きいと危険だ、なるべく入金額を増やして、レバレッジを下げるべし」と書いてあるブログなんかもありますが、結論からいうと、平時に、マイル獲得に向けた取引であれば、レバレッジは一切関係ないです。

え?と思うかもしれませんし、issyは無責任だ!なんて言われるかもしれません。実際、この前の版の記事では非難されました。ただ、実際そうなので、ちゃんと説明しておきます。

例えば、以下の条件のFX案件があったとします。

  • 現在の為替レートが1ドル100円
  • ポイント獲得条件は1Lot(1万通貨)取引(+入金)
  • スプレッドは0.3銭

レバレッジが1倍だろうと、25倍だろうと、我々が扱っているのは1万ドルです。
したがって、仮に往復取引(売ってから買う、又はその逆)の間に為替レートの変動がなかった場合、1万×0.3銭=30円の損になります。

レバレッジ必要経費(証拠金)1lot取引の損益
1倍1,000,000-30
10倍100,000-30
25倍40,000-30

では、1銭悪い方に値動きした場合、どうなるかをみていきたいと思います。レバレッジが大きいほうがなんか損しそうな気もしますが、結果は以下のとおりとなります。

レバレッジ必要経費(証拠金)1lot取引の損益
1倍1,000,000-130
10倍100,000-130
25倍40,000-130

レバレッジが1倍だろうと、25倍だろうと、130円の損失であることには変わらないのです。

なぜか。これは、あくまで取引数量を基準に考えるからです。FXが怖いのは、身の丈にあわない取引を行ってしまうからです。

あくまで、損益を決めるのは「取引数量×為替変動損益」ですから、ポイント稼ぎのように、取引数量を先に決めるのであれば、証拠金がいくらであろうと変わりがないのです。

注意

ただし、これは平時であるときに限ります。

為替は時として異常な値をとることもあります。その際は、やはりレバレッジが小さい方が安心です。平時か有事かは、日頃から経済ニュースをみていればある程度はわかることですが、大規模なトレードが経済ニュースと関係なく行われることも否定できませんので、そのあたりは注意が必要です。

1つの考え方として、理屈として、レバレッジは大きくてもポイント付与のための取引ならあまり関係がないということを書いておきます。

まとめ

ポイントサイトで、大量にポイントがもらえる案件であるFX案件。2016年ころに比べると勢いそのものはなくなってきてはいますが、それでもやはりたくさんのポイントをもらうことが可能です。

とはいえ、FX自体はギャンブル性の高い金融商品。まともに手を出してしまうのは、FXそのものを目的とするならともかく、ポイントサイトでポイントをもらうためには決してよくはありません。

ポイントサイトでポイントをもらうためのFX案件をこなす上では、今まで説明してきたとおり、以下のポイントを理解してやればまったく怖くないのです。

マイルを貯めるためのFX案件のポイント
  • 即時決済する!
  • 取引通貨は米ドル/日本円!
  • まずは取引数量の少ない案件に手を出す!
  • レバレッジは関係ない!

これらのことに注意をして、大量にポイントを獲得してマイルに交換し、旅行を楽しんでもらえれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください