【2019年秋版】マイルを貯めるためにFX口座を開設しよう!今作るべき口座を紹介

f:id:issy-style:20170909224354j:plain

マイルを貯めるためにポイントサイトを利用するにあたり、1度に大量のポイントを稼ぐ方法としては、クレジットカードと並ぶ大型案件がFX口座の開設となります。

ただ、FX案件はクレカ案件に比べて心理的負担が大きいことから、ちょっと踏み出すのに躊躇しているひとも多いと思います。

FXは破産への道なんて言われることもありますが、正しい知識、正しい案件選び、儲けようとしない賢者の心の3点さえあれば、ほぼノーリスク(正確には数十円~数百円の損失)で確実に数万円相当のポイント稼いでいくことができます。

そんなFX案件について、本記事では、どのようなFX案件を選んでいけばいいのか、また初心者におススメのFX案件、一通りこなしたらチャレンジしたい案件をあわせて紹介したいと思います。

FX案件は即時決済によってリスクを最低限にしよう

陸マイラーがFX案件に取り組むのは、FXそのもので収益を得ることではなく、広告主が定める取引を行い、広告料としてのポイントを頂くことが目的です。

そのためには、リスクを最小限にしつつ、ポイントサイトと広告主が定める取引回数をこなす必要があります。

その方法とは、売りでも買いでもどちらでもよいので、発注して即時決済すればよいのです。具体的には、1万ドルを買ってすぐにその1万ドルを売ればいいのです。

FX案件のやり方については、以下の記事も参考にしてください。

マイルを貯めるためのFX案件攻略方法!安全にFX案件をこなしてポイントを獲得しよう

2019-10-05

FX案件を見る際は、ポイントの獲得条件を注視せよ

ここまで、FX口座開設+取引で獲得でポイントを獲得して、それをマイルに交換するという方法を紹介してきました。とはいえ、どの口座をやるのがお得なのか、ポイントの相場はどれくらいなのかというのは、ポイント活動を始めた最初の頃ってよくわからないんですね。

そこで、私がお勧めする、こなすべきFX案件をここからは書いていきます。

FX案件で注目すべきはポイント数よりも取引条件

FX案件を選ぶときに大事なのは、ポイント数だけではなく、ポイントの獲得条件です。というか、ポイント数よりも取引条件と言っても過言ではないかもしれません。

同じポイントサイトで大量のポイントがもらえる案件としてクレジットカード発行がありますが、クレジットカード案件の場合は、条件にカードの一定額以上の利用がついていることがあります。

この利用額は、どのカードでも、大量の案件を除き、数千円から数万円程度のものが多いと思いますが、FXの場合は案件によって取引回数にかなりバラつきがあります。

我々は稼ぐためではなく、ポイントをもらうためにFXを行うわけですから、取引回数は少ないほうがいいに決まっています。取引回数が多いと、それだけリスクも当然損失額が膨らむ可能性がありますので敬遠すべき案件です。

f:id:issy-style:20170909084039p:plain
例えば、「ひまわり証券」のこの案件、取引条件が、「新規100万通貨」となっています。言い換えれば、(一度でというわけではありませんが、)100万ドルを購入せよ!というわけです。これはなかなかハードルが高い案件です。

f:id:issy-style:20170909084102p:plain
また、こちらの「FXブロードネット」というのは、システムトレードのFX案件です。システムトレードとは、ある一定のレートに達した場合に自動的に売買するという仕組みをとっています。つまり、自分の意志で売り買いができない。もっといえば、即時決済ができないものになります。

システムトレードの案件は、総じて付与ポイントが大きい(上の例でも10,000ポイントです)のですが、自分の意志で操作できないことを考えると、ポイントを貯めるという視点ではお勧めできませんねー。(FX案件をやりつくしたら、手を出すかどうか考えてみてください。私は今ここに立っています…)

2019年に初心者がまずやるべき3つのFX案件

取引のやり方がいまいちわからない、理屈では怖くないことが分かったけれどまだなんかひっかかる面がある、などの皆さん。誰だって最初はそうです。そんな最初に踏み出してほしい案件を3つリストアップしました。

1 SBI FX

  • 条件:初回5万入金、1万通貨往復
  • 基本は4,000円分のポイント

SBI FXが久しぶりにポイントサイトに登場しました!

魅力は何よりも1通貨取引のみでいいんです。1lotではありません。極端な話、1ドル買って売るだけで終了です。たぶん1円損して終了です。

さらに入会キャンペーンで500円キャッシュバックがあったりします。あれば499円もらえることになりますね。

ただ、ちょっとツールは使いにくいかもしれません。スマホ版はそうでもないのですが、PC版が個人的には使いにくかったです。

2 外為ジャパン

  • 条件:初回5万入金、1万通貨往復
  • 基本は4,000円分のポイント

続いて紹介するのが外為ジャパンというFX。DMMが運営するFXサイトで、個人的にはサイトが使いやすいと思っています。

外為ジャパンは1lot(1万通貨)の取引のみでポイントがもらえます。ポイントは4,000ポイントと決して多くはないですが、ここのところは常に4,000ポイントの還元で、それでもリスクは30円のみですから、ぜひこなしておくべき案件だと思います。

また、案件をやってからポイントがつくのも比較的早いのも、おススメポイントです。

注意 DMM FXはやらないほうがいい
外為ジャパンと似たようなFXでDMM FXというのがありますが、これはやらないほうがいいです。というのも、DMM CFDという、CFD案件があり、9,000ポイント程度もらうことが可能なのですが、DMM FX口座を開設していると対象外となります。

3 LION FX

  • 条件:1万通貨往復
  • 9,000円分のポイント以上で狙いたい

外為ジャパン同じく1万通貨の取引のみと比較的簡単です。もらえるポイントも、時期をみれば10,000ポイント程度もらえるタイミングがありますので、その時期を狙って発行するとよいと思います。

慣れてきたらぜひこなしたい3つのFX口座

ここから先は1万通貨の「お試し」では条件を満たさない案件ですが、ぜひ取り組んでもらいたい3つの案件を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1 DMM CFD

  • 条件:1Lot往復
  • 9,000円分のポイント以上で狙いたい

いきなりFXから離れてすみません。ですがFXと同じ要領なので紹介させてください。

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語になります。これを日本語に訳すと「差金決済取引」といいます。

具体的にCFDは、株価指数や、商品などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという信用取引です。FXが為替を元にした取引であるのに対し、CFDは株価指数や商品を信用取引で扱うというものです。

今回の条件は、新規口座申込み後、60日以内に初回一括5万円以上の入金及び新規1Lot取引完了ということで、日系225を1lot買ってすぐに売ればいいだけです。

【詳細は以下の記事をどうぞ】

DMM FXをやるならCFD!DMM CFDを使って9,000円分のポイントを獲得しよう!

2019-09-10

2 外為どっとこむ

  • 条件:10万通貨往復
  • 8,000円分のポイント以上で狙いたい

次に紹介するのは外為どっとこむ。ときどき8,000ポイントくらいまで上がっていることがありますので、これを活用するとよいと思います。

新規10万通貨の取引なので、比較的楽な案件だと思います。

 

3 セントラル短資FX

  • 条件:200万通貨往復
  • 20,000円分のポイント以上で狙いたい

最後に紹介するのはセントラル短資FX。20,000ポイントという破格の案件の代わりに、条件は200万通貨の往復が条件というものです。

正直、新規200万通貨の取引が条件というのはかなり厳しいです。 2017年秋までの「FX春の時代」を知っている私からすれば非常に厳しい、手を出さない案件ではありました。

issy
私はセントラル短資FXは2017年の夏に開設しておりまして、そのときは10万通貨だか30万通貨だかの通貨で17,500円分くらいのポイントをもらえた記憶があります。それに比べれば正直メッチャきついです。

けれども、スプレッドが0.3銭であり、キャッシュバックキャンペーンを考えれば、そこまで大損はせずに、理論上は4,000円の損失で20,000ポイントをもらえる可能性が高いと思いますので、FX案件に慣れてきたら、ぜひやってみてもらいたい案件になります。

まとめ

FX口座開設+取引でマイルを稼ぐ場合、開設すべき口座は、「取引回数が少ないもの」、「システムトレードではないもの」を選ぶことがとても大事です。

まずは、

  • SBI FX
  • 外為ジャパン
  • LION FX

この3つの口座を開設してみましょう。

さらに、ちょっと慣れてきたからしっかり稼いでやるぜ!となった方は、以下の3つも追加でやってみましょう。

  • DMM CFD
  • 外為どっとこむ
  • セントラル短資FX

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください