クアラルンプール郊外にある天空のカジノ!マレーシア唯一のカジノ「ゲンティンハイランド」を徹底解説。

どうも、マイラーカジノ部、元部長のissy(@y_issy24)です。

2020年2月に、マレーシアの首都・クアラルンプール郊外にある、マレーシア唯一のカジノ「ゲンティンハイランド」にいってきました。まぁ惨敗したんですけど。

マレーシアはイスラム教が国教のため、カジノとは無縁の国かと思いますが、一方で中国系の住民も多い国。そんなお国柄、郊外に1か所だけカジノがあるんです。

そこで、今回はマレーシア唯一のカジノがある「ゲンティンハイランド」について、紹介したいと思います。

ゲンティンハイランドとは

ゲンティンハイランドは、マレーシアの首都、クアラルンプールの北東にある高原にあるリゾート施設です。

広大な敷地の中には、カジノのほか、ホテル、ショッピングモール、屋内・屋外遊園地、アウトレットモールなどが併設された高原リゾートです。

高原リゾートというだけあって、ゲンティンハイランドの標高は約1,700メートルあります。常夏のクアラルンプールではありますが、気温がかなり低いです。地上ではシャツ1枚で過ごせますが、ゲンティンハイランドに向かう際は、長袖のカーディガンやセーターが必要です。

そして、季節風の影響で非常に湿度が高いため、高原の上には雲がかかります。記事のタイトルで「天空のカジノ」とかっこよく書きましたが、私が過去に訪れた時はどちらも建物が雲の中に入っている状態で、実際は雲の中のカジノといったところですね。

ゲンティンハイランドへの行き方

クアラルンプール中心部からゲンティンハイランドへの行き方は、大きく分けて以下の3つの方法に分かれます。

  1. バスで麓まで行ってロープウェイ
  2. grab(タクシー)で麓まで行ってロープウェイ
  3. grab(タクシー)で直接山頂まで行く

バスを利用する場合、カジノがあるゲンティンハイランドの頂上まで直接行くことはできず、麓でロープウェイに乗り換える必要があります。一方、タクシーやGrabを利用する場合、麓からロープウェイを使うほか、頂上まで車で上ることも可能です

また、バスの場合、バスの出発地は、KLセントラル駅と市内北部のバスセンターであるティティワンガ発の2つのバスがあります。

バス(KLセントラル発)の場合

KLセントラル駅の地下にある、クアラルンプール国際空港(KLIA)行きのバスがでているところから、ゲンティンハイランド行きのバスも発車しています。

おおむね、1時間に1本程度の頻度で運航しています。料金も、約5リンギットと格安運賃です。マレーシアって本当に高速バス安いですよね。

デメリットとしては、バスが人気のため予約が取れないこと。私は前日の夕方に、翌日朝のバスを予約しようとしたところ、10時半発まで満席だったため、KLセントラル駅からのバス利用を断念しました。

issy
ホテルもセントラル駅直結だったので、これは非常に残念でした。

特に土曜日は混雑するようですので、もしいくことが早めに決まっていたら、事前にバスカウンターで予約してしまうことをお勧めします。

バス(ティティワンサ発)の場合

ゲンティンハイランドへのバスは、KLセントラルのほか、郊外のティティワンサからも発着しています。

正直あまりティティワンサにでるメリットはないのですが、唯一こちらのバスにあるメリットは、ネットで予約できることです。

バスの料金は10リンギットと、KLセントラル発よりも少しお高め。KLの中心部から離れていることも含め、料金の高さがデメリットでしょうか。

issy
ちなみに私はネットで予約したんですが寝坊+忘れ物で乗ることができませんでした…(苦笑)

Grabを利用する場合

東南アジアのタクシー配車アプリといえばGrab。マレーシアでも大活躍します。マレーシアはあまりタクシーがメーターを使ってくれる印象がないので、事前に値段がわかるGrabは非常にありがたいアプリになります。

Grabを利用する場合、麓まで行ってロープウェイを使うほか、直接カジノのある頂上に行くことも可能です。あとで触れますが、高所恐怖症の人であれば、ロープウェイは使わず、Grabで頂上まで行くことを強くおススメします。

時間帯によって値段はかわってきますが、私が訪れた土曜日の朝では、市内中心部からゲンティンハイランドのロープウェイ乗り場までは73リンギット、カジノのある頂上までは87リンギットでした。帰りもだいたいそれくらいだと思います。

補足
ゲンティンハイランドからクアラルンプールに帰る際のGrabは、割と運次第になります。私はうまく捕まえることができましたが、市内に比べたらやはり台数は少ないのでご注意ください。

麓からケーブルカーの利用方法

私は今回タクシーで麓まで向かい、そこからケーブルカーを使いました。クアラルンプール中心部から麓までは、車でおよそ1時間。バスだとそこまで飛ばせないので、1時間強というところでしょうか。

私はGrabを利用し、途中でドライバーが給油をしたので約1時間かかりました。

麓のロープウェイの乗り場には、アウトレットモールがあります。COACHやKata Spadeなどのブランドがありましたので、カジノで買った際には、ぜひこちらで買い物をしてお土産に買って帰りたいものですね。えぇ勝ったらね!

麓から頂上のロープウェイの料金は片道9リンギットとなっており、往復チケットを購入すると、16リンギットと割引になります。チケットは自動券売機で購入することが可能です。

ゴンドラの大きさは8人乗りでしょうか。スキー場などにあるのと同じような感じですね。これに乗って、約20分の空の旅となります。

ここから一路、悪天候になるとこうなります。これでもまだマシな方で、この後さらに風雨が強まり、ゴンドラはバンバン揺れて恐怖しかなかったです。

issy
正直、最後のほうは涙目でしたよ。

写真ではわからないと思うので、ロープウェイを下りたあとに撮影した動画がこれ。風雨の状況を理解してもらえると思います。

はっきり言って、ふもとに到着したタイミングで上空を見上げて天候が悪ければ、ゴンドラは使うべきではないなと思いました。特に高所恐怖症の人は!

ゲンティンハイランドには二つのカジノがある

そんな苦労して到着したゲンティンハイランドには、実はカジノが2カ所あるので紹介したいと思います。

Sky Casino

こちらはゴンドラが到着する、ショッピングモールがある建物の中にあるカジノです。シンガポールのマリーナベイサンズや、マカオのベネチアンのようなメガカジノに比べるとさすがに見劣りはしますが、ヨーロッパのカジノなんかに比べると十分広いスペースになっています。

Casino de Genting

こちらはリゾートホテルが入っているビルの最上階にあるカジノ。こちらのほうが、Sky Casinoよりもこじんまりとした感じのカジノになっています。ちなみにこちらでは、なぜかパスポートチェックがなかったです…。

基本は迷ったらSky Casinoでいいと思います。ちなみに、どちらのカジノも共通ですが、やはり中国系の人が多いため、総じて荒れた感じになります(笑)これがヨーロッパのカジノとの大きな違いですね。落ち着いてプレイできないのがつらいです…。

ゲンティンハイランドのカジノの入場料と入場基準(ドレスコード)は?

ゲンティンハイランドのカジノは、外国人観光客であれば入場は無料です!

入場無料ですから、プレイをせずに、カジノの雰囲気だけを味わうために入るということも可能です。とはいえ、ここまで1時間半以上かけてくることを考える人は、そんな人はいないでしょう(笑)

もちろん身分証明するために、パスポートの原本の提示が必要ですから、カジノに出かける際はパスポートを忘れずに持っていきましょう。

また、カジノの入場には年齢制限があり、入場できるのは21歳以上となります。なので、子連れでカジノに行くことはできません。とはいえ、ゲンティンハイランドは子供が遊ぶ場所もいっぱいありますので、お父さんはカジノへ、お母さんと子供は遊園地へ…ということも可能っちゃ可能です。家族関係次第だと思いますが。

カジノでもう一つ気になるのがドレスコード。基本的にゲンティンハイランドのカジノでのドレスコードはそこまで厳しくないです。男性なら襟付きシャツに長ズボンで靴をはいていれば問題ありません。女性は普通の恰好をしていれば大丈夫でしょう。

特にゲンティンに来る場合は上着を羽織っていると思うので問題ないと思います。

ゲンティンハイランドのカジノの営業時間

ゲンティンハイランドのカジノは、24時間営業です!なので、遊びたいときいつでも遊ぶことが可能ですね(笑)

とはいえ、立地がクアラルンプール郊外ですので、夜にカジノをする場合は、ゲンティンハイランド内のホテルを利用するのがベターでしょう。カジノのためにここに1泊するかどうかは検討の余地はありますが…(苦笑)

ゲンティンハイランドのカジノでは何で遊ぶことができる?

ゲンティンハイランドのカジノでプレイできるゲームは色々ありますが、代表的なものは以下のものになります。

  • スロット
  • 大小
  • ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ

私はルーレットとブラックジャックを中心にプレイするので、これら2つの遊び方を簡単に解説しておきます。

ゲームをするためのチップと現金のやりとり

ゲームの方法の前に一つ触れておきましょう。カジノで遊ぶ際は、スロットやタッチパネルで遊ぶルーレットなどを除き、お金をチップに交換する必要があります。どうやってゲームをするためのチップを手に入れるかを書いておきましょう。実は私の初カジノで躓いたのもここなので。

現金からチップへの交換は、キャッシャーでも交換は可能ですが、普通はテーブルで交換します。キャッシャーは基本的にチップを現金に戻すところにいくところです。

実際にテーブルでプレーする際には、テーブルでチップを買うことになりますが、このときお札は台に置いて、ディーラーに触れることがないようにしてください!これは不正を防ぐための取り組みです。

また、無事に勝利をおさめてチップを現金に戻すのはテーブルではできず、各フロアにあるキャッシャーにチップを持っていけばリンギットに変えてくれます。なお、後程書きますがカジノ内の両替レートは悪いため、日本円に戻すのはクアラルンプール市内のショッピングセンターなどにある両替所でやりましょう。

簡単にルーレットのルールを説明します

ルーレットは、37~38個ポケットのあるルーレットのどこに玉が落ちるかを予想するゲームです。この単純さがなかなかよいですね。

ゲームをするときは、一般的にはルーレット専用でプレーヤーごとに色が違うカラーチップを購入して遊ぶことになるので、普通のチップと紛れることがないため、トラブルが少ないことも安心材料です。実際、バカラや大小は普通のチップを賭けるのですが、誰のものなのかトラブルになることもあります。(もちろんカメラで全部監視しているので大丈夫なのですが)

補足
もちろん、普通のチップで賭けることも可能です。

カラーチップは他のテーブルへの持ち出しは禁止されており、テーブルを離れる際にカラーチップが残っていれば、テーブルで一度カラーチップを普通のチップに交換してから移動します。このときも、ディーラーに手渡しをするのではなく、チップをディーラーの近くに置き、ディーラーと手が接触しないようにしましょう。

テーブルについてお金をチップに交換したら落ちるところを予想して、そこにチップを置くのですが、チップの貼り方には様々な方法があります。マスの間にチップを置くことができるんです。具体的には以下の図をみながら説明します。

ルーレットのインサイドベットの賭け方

予想する数字以外にも、たくさんの貼り方があるんですねー。これらのように、数字があるエリア(赤枠の内側)に貼ることを、インサイドベットといいます。インサイドベットの貼り方とその倍率は以下のとおりです。

インサイドベットの場合

  • 一つの数字にかける(この場合1):当たれば36倍
  • 接する二つの数字にかける(5と8とか。この場合間にチップを置く):当たれば18倍
  • 一列、三つの数字にかける(25〜27とか。この場合その列と外側の境に置く):当たれば12倍
  • 接する四つの数字にかける(17.18.20.21とか。この場合4つの数字の真ん中に置く):当たれば9倍
  • 接する2列、合計六つの数字にかける(31〜36とか。この場合、外側、2ラインの間に置く):当たれば6倍

うーん、なかなか奥が深いですね(笑)

その他に、当たる確率が高い、2択、3択の張り方があります。上の画像の、右と下のエリアですね。ここをアウトベットといいます。アウトベットの張り方とその倍率は以下のとおりです。

<b>アウトサイドベットの場合</b>
  • 赤or黒、奇数or偶数、1〜18or19〜36:当たれば2倍
  • 36の数字を3分割したエリア(縦横それぞれ):当たれば3倍

こちらの方が単純ですが、あまりアウトサイドベットをしているプレーヤーは多くはありません。

賭けるタイミングですが、前のゲームの処理(チップの支払)が終わったら勝手にかけて大丈夫です。もし届かないところにチップを置きたいのなら、ディーラーにおいてもらいましょう(くどいようですが、チップは置いてディーラーと触れないように)。例えば1,2,4,5の間においてほしいなら”one, two, four, five”と言えばいいです。

ちなみにですが、ルーレットが回り始めても”No more bet.”とディーラーがいうまでは掛けることが可能です。

さて、ルーレットの台の選び方ですが、ルーレットはゼロサムゲームであることから、親の取り分を確保するためにルーレットに0があるのですが(もちろん、0に賭けることも可能です)、この0の数によってタイプが2つあります。

  • アメリカンタイプ(0と00がある、38マス)
  • ヨーロピアンタイプ(0のみ、37マス)

当たり前ですが、両方あればヨーロピアンタイプで打つべきです。アメリカンタイプの親の取り分(控除率)は3%を超えてきます。マリーナベイサンズには両方のタイプがあるのですが、アメリカンタイプは最低掛け金が低く、ヨーロッパタイプの方は最低掛け金が高く差をつけていたりします。そうしなきゃみんなヨーロピアンで打ちますもんね。

ちなみに、台を選ぶコツは特にありませんが、私個人としては、ディーラーと1対1はつらいので、3~4人程度いる台を狙っています。

簡単にブラックジャックのルールを説明します

続いて、簡単にブラックジャックの説明をします。かなり端折っていますので、実際にプレーする際は、細かいルールは別途確認してくださいね。

ブラックジャックとは、トランプの合計値を21を超えないようになるべく大きな数字目指すゲームです。自分と親で勝負し、21に近いほうが勝ちになりますが、22以上になると、バーストと呼ばれて無条件で負けとなります。

なお、絵札(J,Q,K)は10として、エースは1でも11でも都合のよいようにどうぞ、というカードになります。

ブラックジャックのプレーのイメージ

▲ツーリズムエキスポでカジノ体験したときの写真です。私の手札は、ブラックジャックを除いては最高の11となっています。

まず、このようにチップを賭けた後、親とプレーヤーにそれぞれ2枚カードが配られます。子は2枚オープンになりますあ、親のカードの2枚目は見えない状態で置かれています。

この時点で10~KのどれかとAの2枚だった場合、これは「ブラックジャック」と呼ばれその時点で勝利になる上に、掛け金の2.5倍の配当になります(50ドル賭けた場合、125ドル戻ってきます)。

それ以外の場合は、自分の2枚の手札と親の1枚目のカードから、プレーヤーはカードを引くか、やめるかを選択していきます。カードを引くことをヒットといい、テーブルを指でコツコツとたたきます。一方、カードを引かない場合ことをスタンドといい、手を振ることで意思表示をします。

補足
厳密にはヒット、スタンドのほか、掛け金を2倍にする「ダブルダウン」、同じ絵図の場合にカードを2枚に分ける「スプリット」、勝負を降りて掛け金の半分だけ返してもらう「サレンダー」という手があります

なお、注意しなければいけないのが、プレーヤーがバーストした場合、たとえ親がバーストしたとしても負けなので、この点注意が必要です。つまり、自分が無用なバーストをしないように考える必要があります。

絵札も10扱いということは最初に説明しましたので、基本的に手札のマックスは10かつ、10がでる確率は約4/13と他の数字が出るよりも極めて高いことから、具体的には、親の手札がバースト率の高い2~6の場合は、こちらの手札が次にひいたらバーストのリスクがある12以上であれば、基本はスタンドで構いません(厳密には、親2、子12の場合だけはヒットした方が勝率が上がります)。

逆に、親の手札が7~Aの場合は親がバーストする確率が低いため、自分の手札が17以上になるまでは(自分のバーストを覚悟してでも)カードを引いていく必要があります。これが基本です。

補足
こういうのを、「ベーシックストラテジー」って言ったりします。この手札のときは、このように行動するのが最も勝率があがるというのがあるので、覚えられる範囲で叩き込むのがコツです。全部叩き込めは、親の控除率は1%以下になります

全員のプレイが終了したら、親がカードをオープンします。なお、親はオープンした後16以下であれば強制ヒット、17以上になったら原則としてスタンドすることになります。なので、親は17以上かバーストしかないのです)

親が17を超えた時点でゲームが終了し、親が17~21の間であれば数字が大きいほうが勝ち、親がバーストした場合は、バーストしなかったプレーヤー全員が勝ちということになります。勝てば賭けたチップが倍になって戻ってきます。

【詳しいルールはこちらからどうぞ!】

【引退記念】私のカジノ格闘歴!カジノは本当に儲かるのか検証します!

2020-03-09

カジノに必要なお金の用意とミニマムベット

ゲンティンハイランドのカジノで遊ぶのに必要なお金について、少しお話したいと思います。実はここが一番聞きたい人が多いかもしれませんね。

現金の調達について

ゲンティンハイランドの両替所のレートは非常に悪いです。なので、日本円を持ち込んでゲンティンハイランドでリンギットに両替するのはやめましょう。

カジノの軍資金については、ATMでクレジットカードのキャッシングを利用するのもいいですし、日本円から両替する場合は、クアラルンプール中心部のショッピングモール内にある両替所などを利用しましょう。KLセントラル駅や空港よりも、ショッピングモール(スリアKLCCやパビリオンなど)のほうがレートがいいと思います。

issy
私はパビリオンの両替所を利用しましたが、ATM利用手数料も考慮すると、キャッシングよりもレートがよかったです。

これは私個人の見解ですが、カジノの場合だけはキャッシングを使わないんですね。キャッシングしてカジノを始めると、負けた場合「またキャッシングして取り返すぞ」という悪い気持ちが芽生えてくるんですよね。

なので、カジノ資金だけは日本円を持ちこみ、現地で両替してやるのが流儀なんです。一度だけキャッシングに手を出したことがありますけど、そのときは見るも無残な結果になりました…。

また、無事にカジノで勝利して、リンギットを日本円に戻す場合も、クアラルンプール中心部の両替所を利用しましょう!

ミニマムベット

ゲンティンハイランドのカジノのミニマムベットですが、2020年2月現在、ルーレットのインサイドが10リンギット、アウトサイドが50リンギット、ブラックジャックだと50リンギットからとなっていまそした。

ブラックジャックのミニマムベットである50リンギットは日本円で約1,300円。お隣の国、シンガポールのブラックジャックのミニマムベットは25シンガポールドル(約2,000円)ですから、比較的プレイしやすい金額になります。

ヨーロッパだと10ユーロのブラックジャックがあるので、感覚的にはそれくらいの感じですね。

まとめ

マレーシア唯一のカジノがあるゲンティンハイランドへのアクセス方法やカジノの紹介でした。

クアラルンプールって観光するところがそう多くないので、滞在が長い場合、半日から1日の日帰り観光として、カジノ遠征のゲンティンハイランド訪問はおススメできます。

東南アジアにも様々な国がありますが、合法にカジノができて、物価やマッサージなども安くて料理がおいしい国はマレーシアです!

最後にですが、カジノをプレイする場合は予算を決めて、健全に楽しんでもらえばと思います。くれぐれも、隣に日本人がいるのに「もうカジノいやだ!」とか叫んだり、帰りのGrabに放心状態で乗車するするとか、そういうのはやめましょう。え、誰のことだって??

参考記事

【引退記念】私のカジノ格闘歴!カジノは本当に儲かるのか検証します!

2020-03-09

【初心者向け】カジノのブラックジャックをテーブルでやるためのルール、攻略法を紹介します。

2019-05-05

海外旅行でカジノを楽しもう!カジノってどこにあるの?怖くないの?疑問を解決!!

2017-10-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください