GWの予定が未定の方必見!スカイマークが「SKYセール」を実施します!

今年のゴールデンウィークは、暦の上は10連休となることが決まっています。気の早い人はすでに海外旅行の航空券を予約している人もいると思いますが、出遅れてしまった方もいると思います。

そんな方、スカイマークがゴールデンウィーク期間の国内線のセールを実施します。日程的には連休の谷間に限りますが、かなりお得な運賃が設定されていますので、ぜひ国内旅行を検討してみてはいかがでしょうか?

スカイマークのskyセールが1月31日から開始

GWの飛行機の運賃はとにかく高いですが、スカイマークがセールを実施します。セールの開始は1月31日午前7時です。

平日の朝7時からセールですから、出勤の準備やら家事やら子供の世話やら…となかなか参戦するのは大変かもしれませんが、けっこうおいしい運賃の設定がなされています。

設定日は4月30日と5月2日のみ

今回のセールの設定日は、4月30日(火)と5月2日(木)の2日のみです。

この2日は、祝日ではありませんが、5月1日が天皇陛下の即位記念日で祝日になり、4月29日(月)は昭和の日、5月3日(金)は憲法記念日という祝日に挟まれる日であるため、祝日法(国民の祝日に関する法律)の規定に基づき、「休日」となります。

国民の祝日に関する法律

第三条 「国民の祝日」は、休日とする。
2 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
3 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

両方の日程でうまく航空券を確保できれば、2泊3日の旅行ができるということになりますね。

今回のSKYセールの概要は?

今回のセールの概要は以下のとおりとなります。

対象路線は全路線!(ただし便限定)

今回の対象路線は、全ての路線です!羽田=福岡や羽田=新千歳なども対象となっています。これはすごい。

とはいえ、4月30日と5月2日に運行するすべての便が対象なわけではなく、一部の便のみが対象となっています。

例えば、羽田=沖縄便は羽田→那覇が一日8便、那覇→羽田が1日6便運航していますが、セールの対象となるのは以下の便のみです。

SKYセール 羽田=那覇対象便

4月30日:SKY517、SKY519、SKY521、SKY523便
5月2日:SKY510、SKY512便

4月30日は羽田発午後便の4便、5月2日は沖縄発午前の2便のみが対象となっているんですね。やはり少し需要が落ちる便を対象としています。

【対象路線はこちらをご確認ください】

設定運賃は3,000円~5,000円

設定された運賃がこちら。めっちゃお得です。

【片道3,000円の路線】
茨城=新千歳、中部=新千歳、中部=鹿児島、中部=那覇、神戸=仙台、神戸=長崎、神戸=鹿児島、福岡=那覇、鹿児島=奄美

【片道4,000円の路線】
茨城=福岡、茨城=那覇、羽田=神戸、神戸=新千歳、神戸=茨城、神戸=那覇

【片道5,000円の路線】
羽田=福岡、羽田=新千歳、羽田=鹿児島、羽田=那覇、福岡=新千歳

めっちゃ安いですよ奥さん!!スカイマーク半端ないって!!

ちなみに、1月29日発売のJALのウルトラ先得の運賃を確認してきましたが、では4月30日の羽田=新千歳便は13,600円から、羽田=那覇便は13,500円からの設定となっていますので、これに比べても大幅にお得ですね!

実際にはこの金額に空港使用料が追加されるために数百円上乗せされる路線もありますが、それでもゴールデンウイークの間に片道3,000円から5,000円で移動できるなんてめっちゃお得ではないでしょうか。

補足
各便とも座席数限定の発売となります。何席販売されるかはわかりません。

払戻は不可!

今回のSKYセールの運賃ですが、便変更不可、払戻不可の運賃となっています(空港使用料のみの払戻となります)

なので、うまく航空券を確保できた場合は、体調に十分気を付けて、旅行を楽しみにしましょう!!

スカイマークってフルサービスキャリア?LCC?

スカイマークの立ち位置は、JALやANAのようなフルサービスキャリアと、Peachやジェットスター・ジャパンなどのLCC(いわゆる格安航空会社)の間のような感じです。

荷物預け入れ無料、シートピッチなどはフルサービスキャリアと同様

例えば、飛行機への荷物を預ける場合、LCCの場合、運賃プランによっては別途費用が発生しますが、スカイマークの場合は預け荷物はJAL、ANAと同様、いかなる運賃でも20kgまでは無料となっています。

また、シートピッチもJAL、ANAの国内線と同様、31インチを採用しており、29インチが主流のLCCに比べ、2インチ(5センチメートル)広い設計になっています。

このほか、座席下にはコンセントが設置されているなど、機内の設備のレベルは高いですね。

一方、スカイマークにはLCC的な要素もあり、機内でのドリンクはLCCと同様に一部を除き有料(100円~)での提供となっています。

補足

スカイマークはネスレと提携しており、ネスカフェゴールド(コーヒー)及びキットカットは無料で提供されています(一部路線除く)

まとめ

スカイマークがゴールデンウイークの谷間にめっちゃお得な運賃のセールをぶっこんできました。

便には若干制約がありますし、座席数も限定発売でどれだけ残るかわかりませんし、売り出しが平日の朝7時スタートという、争奪戦への参戦が大変なセールではありますが、お得な運賃であることには変わりありません。

もし、まだゴールデンウイークの予定を決めていなくて、国内旅行でもしようと思っているかた、スカイマークを利用して2泊3日の国内旅行を狙ってみてはいかがでしょうか?

参考記事

2019年JGC修行計画者必見 4月からのウルトラ先得の発売は1月29日から!キャンセルポリシー変更には注意!!

2018-12-23

【過去旅シリーズ】2011年屋久島旅行 屋久島に、魅せられて(Day1)

2017-10-21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください