ソラシドエアでソラシドスペシャルセールを開催!10月下旬までの航空券が一気に割引に!

※記事内のリンク先にプロモーションを含む場合があります。

どうも、沖縄と宮崎が大好きでいつかは移住したいと思っているissy(@y_issy24)です。

ゴールデンウイーク明けに、ANAを皮切りにJALやAirDOのセールが実施されていますが、セールといえばソラシドエアも忘れてはいけません。ソラシドエアはいつも私たちの味方です。

ソラシドエアのセールはいつもなかなか強烈で、今回も6月から10月にかけての航空券が安くなっており、ソラシドエアのセールは1便あたりの設定はそう多くないものの、うまく取れればおススメです。

そこで、今日は簡単にソラシドエアのセールを紹介したいと思います。

ソラシドエアとは

ソラシドエアは、羽田から九州各地や、沖縄から九州を中心とした各地への路線を運航している航空会社です。本社は宮崎にあります。

ソラシドエアはいわゆるフルサービスキャリアです。LCC(格安航空会社)とは違って、荷物預けは重量20kgまで1点無料ですし、機内サービスとしてドリンクの提供もちゃんとあります。

就航路線

ソラシドエアの2023年5月現在の就航路線は以下の通りです。

東京(羽田)-宮崎 6往復  12便/日
東京(羽田)-熊本 5往復  10便/日
東京(羽田)-長崎 4往復  8便/日
東京(羽田)-鹿児島 4往復  8便/日
東京(羽田)-大分 4往復  8便/日
東京(羽田)-沖縄(那覇) 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-宮崎 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-鹿児島 2往復  4便/日
沖縄(那覇)-神戸 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-名古屋(中部) 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-石垣 2往復  4便/日
沖縄(那覇)-福岡 1往復  2便/日
名古屋(中部)-宮崎 2往復  4便/日
名古屋(中部)-鹿児島 2往復  4便/日

沖縄路線で言うと、羽田から3往復、中部から1往復、神戸から3往復、福岡から1往復、宮崎から1往復、鹿児島から2往復運行しています。

ソラシドエアはすべての便がANAとの共同運行となっており、ANAのホームページからもこれらの便を有償や特典で予約することが可能です。

使用機材はポーイング737

ソラシドエアの使用機材は、小型機のポーイング737のみとなります。機材は単一にして運行コストを下げています。

ポーイング737ですから、機内の座席配置は3-3となり、29列+最後に2席ありますから、定員は176人となっています。

また、ソラシドエアのシートピッチは81cmと、若干足元に余裕を持たせています。実際、ANAやJALのシートピッチが79センチメートルなので、2センチメートルほど広くなります。2センチでそこまで広いと感じたりすることはないですが、少なくともLCCのような狭さはない、ANAやJALと同レベルのピッチだと思ってもらえればと思います。

預け荷物無料、ドリンクサービスあり

ソラシドエアはLCCと勘違いされることも多いのですが(実際、業界関係のランキングノミネートもLCC部門で登場します(これは単一機材のため))、運用はANA等のフルサービスキャリアと同じなので、荷物預けも無料、そして機内でもドリンクがでてきます。

ソラシドに乗ったらぜひ飲みたいのがあごゆずスープ。飛行機はJALやAir DOのスープがおいしいと評判ですが、個人的にはソラシドのスープが一番好きです。長崎県産アゴ(トビウオ)出汁のコクと、大分県産ユズの爽やかさが溶け合ったものです。

機内以外でも、機内販売やネット通販で販売もしているので、自宅や職場などで楽しむこともできます。私も購入して職場のランチで飲んだりしています。

Wi-fi搭載なし、機内エンターテイメントなし

ソラシドエアには機内Wi-Fiが装備されていないため、機内でネットを使うことができません。

最近はWi-Fiつき機材が増えてきて、特にJALであれば速度が気にならないレベルで使えたりすることから機内での時間潰しにスマホでTwitterしたりとかできましたが、フライト時間の長い沖縄線で使えないのは、ちょっぴりデメリットですね。

その他、基本的に機内エンターテイメントもありませんので、時間つぶしのアイテムは持参することを強くおススメします。

ソラシドスペシャルセールが5月16日から開始

そんなソラシドエアですが、5月16日から28日までの約2週間、ソラシドスペシャルというセールを実施します。

航空会社のセールですと、最初に紹介したとおり、ANAやJALが先行して7~9月のセールを実施するなど、セール真っ盛りです。今回はソラシドが最後に出てきた感じですね。

最近航空会社の運賃をみると、セールでの値下げはコロナ禍ほどではないにしろ実施していますが、セール以外の時期の運賃の値上げがじわじわと行われている状況です。したがって、セールは積極的に狙っていく必要があるといえます。

セールの概要

今回のソラシドエアのセールの販売日程および対象期間は以下となります。

対象搭乗期間:2024年6月11日(火)~10月26日(土)
予約・販売期間:2024年5月16日(木)0:00~5月28日(火)23:59
※お支払い期限は、ご予約日当日です。

セールは5月16日から5月28日までの約2週間で、搭乗期間は6月11日から10月26日までの4か月半となっています。今回は対象搭乗期間が4か月半と非常に長くなっているのが特徴です。特に、ANAやJALの今回のセールは7~9月ですし、10月のセールはこの後やるかと思いますが、6月の航空券はもう安く買うことができません。

そんな中、ソラシドエアは6月11日以降の搭乗が対象ということで、6月の航空券をセールで購入できるというのは一つ大きなポイントです。まあさすがにそこまで安くはならないでしょうが、それでもANAやJALで買うよりも安く購入できる可能性が高いです。

一つ注意していただきたいのが、ソラシドエアのセールは予約当日中の決済が必要になるということです。最近は各社同様このような対応になっていますが、セールは即断即決が基本です。

予約はソラシドエアのHPから!

ソラシドエアは、ANAと全便でコードシェアをしているため、ANAのホームページでソラシドエアの航空券を購入することが可能です。ソラシドエアに乗ったことがあるという多くの方も、ANAのホームページで購入や特典航空券の発券をした方が多いのではないでしょうか。

ただ、今回紹介するソラシドエアの割引運賃を購入する場合はANAのホームページからではなく、必ずソラシドエアのHPからチケットを購入してください。

例えば過去の事例ですが、2月5日のSNA25便(羽田→沖縄)をみると、ソラシドエアのHPでは8,710円の運賃が表示されます。というか2月というオフピークとはいえ、土曜の午前中の沖縄便としては破格ですぞ…。

ですが、ANAのホームページから該当するANA2425便(SNA25便のコードシェア)をみると、最安運賃が19,210円となっています。

ここまで極端な例は珍しいですが、価格差というものはやっぱりあって、いくらANAがセールやっているときでさえも、ソラシドエアよりは高めの設定となっています。

このように、ソラシドエアの場合、ANAのコードシェア便として航空券を購入するよりも、ソラシドエアのサイトでチケットを購入することがオトクになることが多いです。

ANAステータス特典は利用できない

ソラシドエアのサイトで航空券を購入しますので、ふだんANAでソラシドエアのコードシェア便に乗るときも、ANAのマイルが貯まり、ダイヤモンドやプラチナ、あるいはSFCなどの上級会員であればANAラウンジや手荷物の専用レーンを利用できたりしましたが、ソラシドエアでチケットを購入した場合、このようなサービスを受けることはできません。

issy
ソラシドエアのHPでチケットを購入した場合、ANAの上級会員の方は、間違って専用レーンに行かないようにご注意ください。

ラウンジについては、羽田空港であれば手荷物検査を抜けた先、多くのソラシド便が出発する52~56番ゲートのあたにPower Loungeがありますので、ゴールドカードのクレジットカードをお持ちの方は、こちらを利用して搭乗まで時間を待てばいいと思います。

また、羽田以外で優先レーンの設定があるのが那覇空港ですが、那覇空港の通常レーンの手荷物検査は時間によっては修学旅行生で混雑するので、上級会員でふだん優先レーンを使用している方は、いつもより時間に余裕をもって空港に行くようにしてください(まぁ、Cレーンがすいているのでそっち使えばいいのですが)。

ソラシドスペシャルの運賃を紹介

今回のソラシドスペシャルの運賃を簡単に紹介していきたいと思います。

今回のセールは、最低価格でみると羽田発鹿児島だと6,600円、それ以外の就航地だと7,400円となっています。ただ、今回は閑散期の6月を含んだ価格表示であるため、夏の繁忙期はさすがにこの値段では予約することはできません。

また、、ソラシドエアはJALのセール等と違い、全日・全便この値段で売るわけではないので注意が必要です。利用の便が決してよくない時間帯のみにセール価格が適用されることが多いです。

issy
そう考えると、JALの全便全路線は競争が激しいとはいえすごいセールですね…

あと、今回はときどき設定のない中部=那覇や神戸=那覇の設定もあるのが特徴です。これは中部圏や関西圏の方はありがたいところですね。神戸=那覇の5,400円など、うまく買えるなら休暇無理やり作っても沖縄旅行ねじこみたいところですね。コロナのときは4,600円とかでバンバン売っていましたけど、最近は特典開放は渋い、値段は上げてきたという印象だったので、これは関西圏の方にはうれしいニュースです。

注意
実際に航空券を購入する際は、この金額に羽田空港や那覇空港などで設定されている空港使用料等が上乗せされるので数百円高くなります。

繰り返しになりますが、今回上表に掲載したのは一番安い日の運賃なので、毎日・全便がこんなに安いわけではありません。また、同じ日でも便によって料金に差があり、例えば羽田発那覇行であれば、羽田を夕方に出発する29便、那覇発羽田行きであれば午前中に那覇を出発する26便が中心の値段だと思います。やはり他よりも需要が少ない時間帯のセールでしょう。

それでも、掘り出しものは十分にあります。日程みながら探す価値はあるセールだと思います。

【日ごとの値段はこちらからどうぞ】

鹿児島はANAやJALも安いので注意

九州各地の路線が総じてソラシドエアがお得なのは事実なのですが、一つだけ注意したい路線は羽田=鹿児島です。

羽田=鹿児島に関しては、ANAやJAL、そしてスカイマークとの4社競合路線のため、他よりも安めの設定が多いですが、いかんせんANAやJALもかなり値下げするため、よく見比べて購入することをおススメします。場合によってはスカイマークも候補にいれてもいいかもしれません。

issy
私も過去にスカイマークを鹿児島→羽田で利用したことがあります。圧倒的に安かったので。

現在はANAやJALよりソラシドのほうが安い日が多いですが、ANAやJALは、みなさんが思っている以上にしょっちゅう価格変更を国交省に申請して調整しています。

なので、他の路線ならソラシドエアが一番安くても、鹿児島はANAやJALのほうが安い、なんてことがあったりもします。

issy
仮にソラシドのほうが安くても数百円、とかだとステータスやらマイルやらを考えてJALやANAという選択肢があるかもしれませんね。

ソラシドエアの航空券購入はポイントサイトのモッピーを経由しよう!

ソラシドエアの航空券の購入の際は、直接検索エンジンでソラシドエアのサイトにいくのではなく、ポイントサイトというサイトを経由すると、さらにオトクに購入することができます。

もし興味のある方がいらっしゃれば、以下をご覧ください。

(案件はこちらからどうぞ)

今回使用するのは、日本最大のポイントサイトであるモッピーです。

モッピーというポイントサイトにあるソラシドエアの広告をクリックしてソラシドエアのサイトに入り、航空券の購入金額の0.7%分のポイントが貯まります。これにより、クレジットカードのポイントとモッピーのポイント、そしてソラシドエアのマイルの3重どりが可能となります。

モッピーのポイントの使い道

今回利用するモッピーで貯めたポイントは、様々な他社のポイントに交換することが可能です。ものによっては若干の手数料がかかりますが、多くのポイントに等価で交換することが可能です。

Tポイントやdポイントなどの共通ポイントのほか、nanacoやWAONといった電子マネー、AmazonギフトコードやiTunes&Storeギフトコード、さらにはビットコインなど、様々なポイントに交換することが可能です。

そしてモッピーの特徴はJALマイルへの交換が特別レートだったり、マリオットのポイントやユナイテッド航空へのマイルに交換ができたりするのが便利で、旅好きの方にとっては相性のよいポイントサイトでもあります。

モッピーについて詳しくは下記のブログで解説しています。

【2024年最新】日本最大級のポイントサイト「モッピー」を使ってマイルを貯めよう!使い方、疑問、デメリットまで解説します!!

2023-07-02

まとめ

ソラシドエアが5月16日からソラシドセールを実施します。今回の特徴として、期間が6月中旬から10月下旬までと長く、羽田発鹿児島行きで6,000円台、それ以外で7,000円台からというバーゲンになっています。ただ、これら最安は平日の限られた日限定ですので、全体としてはおそらく1万円前後くらいの感じでしょうか。

既にJALやANAでセールが実施されていますので、そちらでセール価格で購入できなかった路線があれば覗いて最後のチャンスに賭けるのもいいですし、2社が実施していない6月の買いそびれた航空券など、色々とじっくり見て吟味して予約するのがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください