コロナワクチンの接種証明書仕様案が判明!マイナンバーカード未申請者は即発行を!

コロナワクチンに感染予防・発症効果がどれだけあるかは議論のあるところですが、今後、国内外の出入国に、コロナワクチンの接種証明は当面の間必要になることが予想されます。

現在、日本で発行できる接種証明書は紙ベースのもの。これを年内に電子化する方向であることは、既に公表されていました。

2021年9月17日、デジタル庁がその接種証明書の素案を公表し、パブリックコメントを開始しました。今回はその仕様について、簡単に触れておこうと思います。

コロナワクチンの接種証明書(電子交付)の仕様案が公開

海外に仕事や旅行で訪れるのに今後必要になりそうであろう接種証明書のうち、電子交付の仕様案がデジタル庁から公開されました。現在、国民からの意見(パブリックコメント)を募集しているところです。

公開された仕様案がこちら。スマホでアプリをダウンロードし、そこからマイナンバーカードを使ってログインすると、簡単に証明がだせるというもの。接種記録はマイナンバーと連動しているので、このように簡単に接種情報が2次元コードつき証明書の形で交付されます。

今回のアプリによる接種証明の活用は、出入国だけを想定しているものではなく、事業者などが使えるような仕様も想定しています(つまり国内で今後活用が検討されている「ワクチン・検査パス」にも対応させることを想定)。

その上で、出入国に利用する際は、パスポートの写真や名前、旅券番号などが入っているページの下にあるバーコード(これをMachine Readable Zoneというようです)の部分をカメラでスキャンし、OCRとして読み込ませることによって2次元コードに情報を追加する、というものらしいです。

もちろん、紙の証明書も引き続き発行することになると思いますが、スマホに登録できるようになると、出入国審査の際も非常に楽になりそうですね。

マイナンバーカードが必須に!

ここではっきりとしたことは、デジタル庁はコロナワクチンの接種証明書(電子交付)について、マイナンバーカードとマイキーを申請で利用することを想定していることです。たぶんここは事業者から物言いがでても譲らないんじゃないかなと思っています。

ということは、マイナンバーカードを持っていない人は、電子証明を受け付けられないということになり、つまり国内では予防接種済証(臨時)のシールを、海外では紙での接種証明書を持ち歩く必要がでてきます。

令和3年8月1日現在でマイナンバーカードの交付枚数は約4,500万枚。これから必要になるとなれば、申請も増えそうですので、まだマイナンバーカードを持ってない人は早めに申請した方がよさそうです。

最終的にはEUのデジタル証明書にあわせる?

最終的には、この電子証明がIATAトラベルパスと連携してくるのではないかなと思います。実際、EUの「EUデジタルCOVID証明書」と英国の「NHS COVIDパス」が、2021年8月にIATAトラベルパスにアップロードすることができるようになったりしています。

また、情報を受け取る側のIAEAは、複雑なシステム作りたくないので、各国の証明書はWHO主導で世界基準を策定してほしいとし、もしやらねーならEUを標準化するよと言っています。まぁたぶんWHOはやらないと思うので、EUに併せないとIAEAトラベルパスとの連携で支障がでてくるでしょう。

「EUデジタルCOVID証明書」は接種記録のほかPCRテストの結果や過去の感染歴も登録するものなので、今後こういった情報をどうやって載せていくのかという問題がでてきそうですね。ワクチン接種記録はマイナンバーから引っ張れますが、感染歴の情報収取に関しては抵抗が強そう…。

まとめ

簡単ではありますが、デジタル庁がコロナワクチンの接種証明書(電子交付)を仕様案を公開したため紹介しました。

大事なことは、マイナンバーカードが申請に必須な仕様になりそうということです。給付金やマイナポイントのときと同様に、マイナンバーカードの発行が混みあうと思いますので、まだ発行していない人は早めに動いておいた方がよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください