フォーポイントバイシェラトン函館の3種類の朝食を紹介!

本記事では、北海道の函館市にあるホテル、「フォーポイントバイシェラトン函館」の朝食についてまとめていきたいと思います。

フォーポイントバイシェラトン函館の朝食は、2020年11月現在、洋食、和食、そしてマリオットプラチナ会員向けの無料コンチネンタル朝食の3種類があります。それぞれ実際に食べてきましたので、紹介したいと思います。

フォーポイントバイシェラトンの朝食は3種類

フォーポイントバイシェラトン函館では、2020年11月現在はビュッフェ形式ではなく、以下の3つのセットメニューを提供しています。

  • 和食篭膳
  • 洋食プレート
  • コンチネンタル(マリオット上級会員用無料朝食)

フォーポイントバイシェラトン函館はマリオット系列のホテルであるため、マリオットのプラチナ以上の会員であればウェルカムギフトで朝食が選べますが、この無料で食べられる朝食はコンチネンタルのみで、和食や洋食のセットメニューを希望する場合は、別途朝食料金を支払う必要があります(部屋付けでもレストラン払いでもOK)。

朝食の料金は税込みで2,000円ですが、SPGアメックスで自動付与されるマリオットのゴールド会員の場合は20%割引で1,600円、プラチナ以上会員の場合は30%割引の1,400円となります。また、GoToトラベルの地域共通クーポンを利用することも可能です。

朝食会場は2階のレストラン、「メインダイニング フォーポイント」です。朝食の時間は朝7時から10時まで。8時ころにいくと混みあって行列ができていたりしますので、時間をずらしたほうがいいと思います。

朝食会場は明るい雰囲気になっています。斜めに机を置いており、少し席が間引かれている感じですね。

どのコースであっても、コーヒーやジュースなどのドリンクはセルフサービスで自由に飲むことが可能です。

また、コーヒーは1人1杯に限り、部屋に持って行ってもよいことになっています。レストランは混雑していることも多いため、食後に次の人に席を譲って、部屋でコーヒーをゆっくり飲むのもいいですね。

マリオットプラチナ特典の朝食(コンチネンタル)

まずはプラチナ会員以上に付与される朝食無料特典で提供されるコンチネンタルの紹介をしたいと思います。

チェックイン時にこのような朝食券が渡されますので、朝食券を提示すると席に案内されます。ネット上では通常の朝食が付与されないことに対する批判などもありましたが、具体的にどんなものか、実際に食べてきました。

こちらがプラチナ会員以上向けのプレート。トーストにミニサラダ、卵焼き、ポテト、ベーコン、ヨーグルト、クラムチャウダーがついています。このほかにコーヒーやジュースはセルフサービスで利用可能です。

ベーコンなんかは有料の朝食より薄くなっていたり、サラダやポテトはほかの朝食にはないので、ランチ営業時に使うやつを出しているんですかね…?

補足
ちなみに、お願いするとトーストをクロワッサンに変えてもらうことが可能です。これは特に紙とかにも書いてなく、教えてもらった情報です。

食事の質やボリュームは、当たり前ですが有料の2つのメニューには大きく劣るものの、急いで食事したい人や、朝あまり食べられない人にはこれで十分だと思います。

ただ、これを食べている人は回りにそうはいなくて、周りの大多数の人は普通に洋食か和食(圧倒的に和食が多い)を食べていますので、混んでいる時は精神的に「こいつ何食べてるんだ?」と思われていてキツそうです。

以前、何かでプラチナ組だけ席が固められているとかいう話を聞いたことがありますが、少なくとも現在はそういうことはないので、そこだけは覚悟しておいた方がよいと思います。

issy
ちなみに、隣の席に座っていたサラリーマンは急いでたらしく、こちらをみて「いいなぁ、そんなコンチネンタルがあるのか」という視線でみられました。

洋食プレート

続いて洋食プレートを紹介したいと思います。周りは圧倒的に和食が多いですが、洋食の人もいないわけではないので、そこは気にしません。

こちらがコース全体を映したものです。昨日食べたコンチネンタルとは異なり、かなりボリュームがあることがわかっていただけると思います。5つもお皿がありますしね…。

マリオットのプラチナ会員以上であれば、これが1,400円で食べられるのですから、かなりオトクだと思いますね。

前菜プレートを彩るのは、ほうれんそうのスムージーや野菜のテリーヌ、雲丹のフランに生ハムです。フランにはいくらが載っていたりして朝から豪華で、このプレートだけでもかなり満足できます。

ほうれんそうのスムージーと聞いたとき、本当においしいのか?と思ってしまいましたがかなりおいしかったです。

卵料理は王道のオムレツです(他の卵料理はありません)。私はこちらも王道のトマトソースんしいましたが、このほかにデミグラスソースやウニクリームソースからも選ぶことが可能です。

卵のボリューム感がすごいです。ベーコンも昨日のコンチネンタルで出てきたものよりも厚切りで、これだけでもうおなかいっぱいになってしまいます。かなり満足できました。

この他にも、キウイとグレープフルーツのフルーツ、そしてコンチネンタルでも出てきたパン、クラムチャウダーがついています。

和食

最後に紹介するのが和食です。朝食利用者の8割以上が和食ではないでしょうか。

個人的には洋食以上に豪華に感じました。たくさんの小鉢に尾頭つきのお刺身、焼き魚、つみれ汁までついています。これはお魚好きな人にとってはたまらない朝食でしょう。

この日のつみれ汁のつみれに使われているお魚はイカでした。イカのつみれって初めて食べたような気がします。

尾頭つきの刺身ということで朝から贅沢ですね。この日は北海道以外ではなかなか食べることのできないソイの刺身でした。

その他にもいくらやジャガイモなど北海道の産物を使った小鉢であったり、お豆腐だとか函館牛乳の飲むヨーグルトがついてます。洋食ではこの飲むヨーグルトがついていないんですよね。ヨーグルトは洋食に合いそうですけど。

ただ、いかんせん量が多い。私も全部は食べることができませんでした。攻略のポイントは、米を食べすぎないことでしょうか。お米も美味しいのですが、おかずの種類が多いのでここはぐっと我慢しましょう。

まとめ

フォーポイントバイシェラトン函館で提供される朝食3種類を全部食べてきましたので、簡単にレポートさせてもらいました。

コンチネンタルに関しては、シティホテルの朝食としては物足りないかもしれませんが、無料の朝食として考えれば十分だと思います。コンフォートホテルなどのビジネスホテルで無料で提供される朝食よりはおいしいと思います。

洋食か和食のどちらがいいかと言われれば、やはりオススメは和食でしょう。時間があれば、和食をしっかりと朝からゆっくり食べるのがよさそうです。これで1,400円はかなりコストパフォーマンスが高いと思います。私は魚はそこまで好きではないのですが(お寿司は大好きですが)、それでもやはり和食のほうがよかったですね。

また、有名な函館朝市もすぐ横にありますので、海鮮を楽しみたい場合は、ホテルでの朝食にこだわらず、そちらに行かれてもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください