ニフティポイントクラブの魅力とデメリットまとめ。マイルだけでなく家電購入もオトクなポイントサイトです

ポイ活や陸マイラー活動をするにあたって大事なのはポイントサイト選び。ポイントの還元がよかったり、安心できるサイト、キャンペーンでオトクにポイントが利用できるサイトでポイ活はしなければなりません。

そんな数あるポイントサイトの中でも私がおススメしているのが、ニフティポイントクラブ(旧ライフメディア)というポイントサイトです。私もよく利用しております。

どうも他のポイントサイトに比べて登録している人が少ないような感じを受けますが、個人的にはかなり注目しているポイントサイトですし、ANAマイルやJALマイルのほか、家電を購入する際にも使えるポイントサイトです。

そこで今日は、ニフティポイントクラブのメリットとデメリットについて、少しお話できればと思っています。

ニフティポイントクラブの運営会社

ニフティポイントクラブは,1996年に富士通株式会社の一部門であった「iMiネット」事業からスタートしています。実はニフティポイントクラブって、インターネット創生期からあるポイントサイトであり、古くから実績のあるポイントサイトです。

2000年に富士通からスピンオフし、現在はニフティ株式会社という会社が運営しています。

ニフティはもともと富士通系列の会社でしたが、現在は東証1部の大手家電メーカー、ノジマの100%子会社になっています。つまり、ニフティポイントクラブは東証1部ノジマの傘下にある企業ということで、非常に安定した経営基盤を持っているとも言えます。

ニフティポイントクラブの基本情報について

では、私がおススメするポイントサイトのうちの一つでもある、ニフティポイントクラブの紹介に入りたいと思います。

そもそもポイントサイトって?

そもそもポイントサイトというのは、ネットでお小遣い稼ぎをする一つの方法です。「お小遣いサイト」なんて言われたりもします。

ポイントサイトの仕組みは、ポイントサイトを経由してサービスなどを利用したりアンケートに回答したりすると、ポイントサイトのポイントが貯まります。そのポイントを他のポイントや現金に交換することによって、お小遣いを稼ぐというものです。

それこそ、条件がよければクレジットカードを1枚作成するだけで、1万円以上のポイントを稼ぐことだって可能なんです。

なんでこんなことができるのかというと、企業がニフティポイントクラブにお金を払って広告を出しており、その広告を利用することによって広告主からモッピーにお金が支払われます。このお金の一部を、我々ポイントサイトのユーザに還元してくれるという仕組みなのです。

仕組みが分かれば、怪しさがないことは分かってもらえると思います。

運営会社は東証1部上場「ノジマ」の子会社「ニフティ」で安心!

モッピーを運営する会社は株式会社ニフティです。もともとはインターネットプロバイダーで有名な企業ですが、ニュース事業やデジタルマーケティング事業とともに、ポイント事業も実施しています。

そのニフティ、先ほども紹介したとおりもともとは富士通の子会社でしたが、現在は中堅家電量販店、ノジマの子会社になっています。ノジマは東証1部にも上場している企業です。

親会社ノジマの業績も順調そのもの。家電はコロナでも影響を受けにくく、さらにセシールの買収などにより、このコロナ禍においてもしっかり利益を出しており、直近の決算も増益となりました。

やっぱり気になるのが財務基盤でしょう。いきなり倒産してポイントとかなくなったり(実際は保護されるでしょうけど)、業績不振でサービスが悪くなるポイントサイトをいくつかみてきたので、経営に心配がないというのはポイントサイト選びで大切です。

1ポイント1円でわかりやすいサイト

ニフティポイントクラブのポイントは、1ポイント1円相当の価値で非常にわかりやすいのが特徴です。

どのポイントサイトもみんな1ポイント1円にすればいいのになぁと思いつつ、なぜか10ポイント1円にしたり、2ポイント1円にしたりするポイントサイトがあるんですよね…。

中には20ポイント1円(ポイントタウン)とか、過去には100ポイント1円とか、もう意味わからないところもありました。ポイントをインフレさせて意味あるんですかね??

あれってなんなんだろと思ってしまいます。特に2ポイント1円だと間違えやすいのでちょっと嫌だなぁと思ったりします(私が唯一ちょびリッチをあまり好きになれない理由がこれです)

セキュリティもしっかりとしていると思われる

ポイントサイトを使う際に気になるのがセキュリティ面。ニフティポイントクラブは、この面について少なくとも客観的にはしっかりした対策をとっていると思われます。

もともとニフティはプロバイダーがメイン事業であったため個人情報に触れることも多かったため、個人情報保護ポリシーの策定や、ISMS認証などがなされています。また、ニフティポイントクラブのサイトはSSL化(通信の暗号化みたいなものです)にも対応しています。

この辺、SSLとISMS認証だけで「セキュリティしっかりしている」と言ってしまってはいけないんでしょうけど、少なくとも個人的には「やってないよりはマシ」かなと思います。自己点検なども定期的にしているでしょうし。

ニフティポイントクラブのメリット

ニフティポイントクラブを陸マイラーが使うメリットをいくつか挙げてみました。

ニフティポイントクラブのメリット
  1. ポイント還元が高い
  2. ドットマネーやPeXへの交換が可能
  3. ノジマスーパーポイントへの交換はポイントが1.5倍に爆増

ポイント還元が大きい

これはポイントサイトを選ぶ基準として何よりも大事なことですが、ポイント還元率が高いことです。なりますが、やはり正義なのはポイント還元ですよね!!

ニフティポイントクラブのトップページにでていた広告がこちらになります。

この画面、平日にとったものなのでクレジットカードの還元率が低かったりするのですが、それでもUber利用で120ポイント繰り返しもらえたり、家電のノジマでは2%還元だったり、クレカやビットコインなど、様々な案件があります。

補足
正直、ポイントサイトを紹介した人に入るポイントは他のポイントサイトよりも少ないんですが、その分、実際に広告を使った人に対してポイント還元を行っているということになりますので、ポイントサイトのあるべき姿なのかな、とも思っています。

ポイント交換先が豊富

ニフティポイントクラブで貯めたポイントは、様々なポイントに交換することが可能です。

ポイントの交換先は、現金振り込みのほか、以下のサイトに対応しています。

  • Amazonギフト
  • nanacoギフト
  • EdyギフトID
  • iTunesギフトコード
  • Pontaポイントコード
  • dポイント
  • ドットマネー
  • PeX
  • Gポイント
  • ノジマスーパーポイント

ニフティポイントクラブのポイントは、Amazonやnanaco、dポイントのような汎用性の高いポイントに直接交換できるほか、ドットマネーやPeX、Gポイントといったポイント交換サイトのポイントに交換することが可能です。

ドットマネー等のサイトを経由すれば、ニフティポイントクラブのポイントはTポイントや東急ポイント、Waonポイントなど、ニフティポイントクラブからは交換できないようなポイントにも交換することが可能です。

issy
ドットマネーを経由してTポイントに交換すれば、毎月20日にウェルシアでTポイントを使うとポイントの1.5倍の金額の買い物ができるキャンペーン(ウェル活)にも参加できますね。

また航空会社のマイルを貯めたい人も、ドットマネーを経由してJALマイルに交換したり、Gポイントを経由してANAマイルやソラシドエアのマイルに交換するいことが可能になっています。

例えばANAマイルに関しては、Gポイント→nimoca→ANAマイルで70%のレートで交換することが可能です。(ANA VISA nimocaカードの保有が必要、かつnimocaからANAマイルへの交換は交換機での作業が必要)

JALマイルであれば、ドットマネーからJALマイルへ50%のレートで交換することが可能です。また、期間限定ではありますが、PontaポイントからJALマイルへの交換レートが60%になったりするので、それはねらい目になります。

11-12月はPontaからJALマイルへの交換レートが20%増量!JALマイルを貯めるなら今です

2021-11-02

また、ソラシドエアのマイルにも、GポイントからVポイントを経由して貯めることが可能です(ソラシドエアカードが必要)。

このように、様々な航空会社のマイルに交換できるという意味でも、ニフティポイントクラブは利用価値の高いポイントサイトになります。

ノジマスーパーポイントへの交換が50%アップとなる錬金術

交換先のひとつに、「ノジマスーパーポイント」があります。もしかしたら関東の人以外は馴染みは薄いかもしれませんが、ノジマ電機は神奈川県に本社を構える、中堅の家電量販店です。横浜DeNAベイスターズのスポンサー企業でもあります。関西でいうジョーシン電機的なポジションでしょうか?(野球だけやねん)

ニフティポイントクラブからノジマスーパーポイントに交換すると、なぜかポイント価値が1.5倍になります。これはすごい。例えば、ニフティポイントクラブ10000円分のポイントが15,000円分にばけてしまうんです。

issy
これを巷ではノジ活(ノジマ活動)なんて言われたりします

実はこれにはちょっとした事情もあって、さきほど説明したとおり、ノジマはニフティポイントクラブ運営会社の親会社なんですね。50%増量ともなると、もはやお父さんの力を借りた錬金術というわけですね。

補足
家電量販店ノジマとの関係の深さから、家電の購入もニフティポイントクラブを経由したノジマオンラインでの買い物がおススメです。最近家電量販店サイトのポイントサイトでの還元率は低下していますが、ニフティポイントクラブ経由のノジマでのお買い物は2%付与されます。

ニフティポイントクラブのデメリットは判定が遅い

ただ、そんなニフティポイントクラブにもデメリットがあって、ポイント獲得がとにかく遅いんですよね。

例えば、他のポイントサイトであれば即時ポイント獲得が当たり前ともいえる動画配信サイトのU-nextですら、30~60日となっています。

また、履歴に反映されるのも遅く、翌営業日に通帳に記載されればいいほうです。割と他のポイントサイトだと30分ほどで予定付与には計上されますが、ニフティポイントクラブはこれも遅いので、ポイントがちゃんとつくのか、正しく広告が利用できているのか、ドギマギしながら数日間を過ごすことになります。心臓にちょっと悪いですね(笑)

issy
それでも、モッピーやポイントタウンなんかに比べると、ちゃんとポイントがつく印象ですね。今まで正常に使ってポイントが付与されなかったことはありません。

ニフティポイントクラブへの登録方法を説明

それでは、ニフティポイントクラブの登録方法を紹介します。

ちなみに当サイトはニフティポイントクラブ提携サイトなので、こちらからニフティポイントクラブに登録すると、特別ボーナスで600ポイントをゲットすることができます。これはニフティポイントクラブと提携している当サイトならではのボーナスです。

では、具体的な操作方法をみていきます。なお、私はキャリア携帯をもっていないので、ここではPC会員の登録方法になります。

まず、ニフティポイントクラブの登録サイトにアクセスします。
ニフティポイントクラブへ無料登録

クリックするとこんな画面に変わりますので、「無料会員登録」をクリックします。


メールアドレスを入力して、「仮登録メールを受け取る」をクリックします。

するとすぐに入力したメールアドレスに仮登録メールが届きますので、メール本文のURLをクリックします。

この後に個人情報を入力します。ニフティポイントクラブの場合、一部のポイントサイトでは不要な氏名の登録が必要になるほか、生年月日、郵便番号などは登録しますが、詳細な住所や、電話番号の登録は不要です。

これで登録は終了です。そんなに難しくないですね!

 

まとめ

私が以前から愛用しているポイントサイトのニフティポイントクラブの紹介をいたしました。

ポイントサイトとしての知名度、人気度はモッピーなどに比べると劣るかもしれませんが、安定した経営基盤をもち、なかなかのポイント還元率を誇るポイントサイトですので登録しておいて損はありません。

私はマイラーですから、マイルをためるために使うことができるポイントサイトとしても評価しています。ドットマネーにしっかりと交換できるのはマイラーとしては必須のポイントサイトです。

また、ノジマスーパーポイントが1.5倍になる「ノジ活」と、ドットマネーを経由してTポイントを使った「ウェル活」の両方ができる唯一のポイントサイトですから、生活費・お小遣い稼ぎ派の方達からも高い評価を受けているポイントサイトです。

今まで、「ポイントサイトを使っているけど、たくさん登録しすぎてニフティポイントクラブまで手が回ってないよ…」という人でも、ノジ活などのことを考えれば、今登録しておいて絶対に損はないサイトだと思います!

ライフメディアへ無料登録

参考記事

陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2020年バージョン】

2019-09-17

【2018年3世代ハワイ旅行】ホノルル行きのビジネスクラス特典航空券を3席確保したという話

2017-09-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください