コロナが終わったらぜひ行ってみたい場所リスト公開!早くコロナ終われ!

2020年の海外旅行の予定は、多くの方がコロナの影響で崩れてしまったと思います。

私も、4月のグアム、5月のウラジオストクが流れ、7月のシンガポール、8月のアメリカ西海岸もキャンセルしました。

世界的にはスペインやイタリアは7月に、ハワイが早くて夏の終わり、台湾が10月に外国人観光客の受け入れを開始するなどと報道されていますが、どうなるかはまだまだわからないものです。

そんな中我々ができることは、妄想と発券(エア発券含む)です。

そこで、私の欲望のままに(笑)、コロナが終わったら行きたいところリストをちょっと整理してみました。

コロナが終わったら飛びたい!

2020年は、2月に本当にギリギリのタイミングでマレーシア・クアラルンプールとベトナム・ダナンに滞在することができましたが、この先のめどは全くたっていません。

当面は厳しいと思い、先日、8月お盆のアメリカ西海岸の特典航空券キャンセルが回ってきたんですが、見逃し三振させていただきました。誰か私の次に回ってきた人が発券したのかな…?

JGC修行する2014年までは、年に1回の海外旅行がご褒美だった私ですが、2014年以降は年に数回行くようになり、完全に贅沢病になりつつあります。ふつうに考えたら、年に数回海外旅行に行くって、ちょっとおかしいですよね。2016年なんて2週連続とかありましたし…。

まぁそれだけマイルの力ってすごいということですよね…。

そんな異常な感覚になってしまったので、半年海外いけないだけでも発狂しそうですが、しばらくは我慢しつつ、コロナが落ち着いたら、予定をしっかりたてて再び海外旅行したいですね。そこで、今回、海外旅行が解禁されたら、私がいきたいところという行くと決めているところをまとめてみました。

もちろん、今回書いた3か所以外にも、「ドブロブニク行きたい!」とか、「ウユニ塩湖行きたい!」というのはあります。

ただ、これはなかなか休みがとりにくかったり、妻が行きたい場所に妻をおいて旅行にはいけませんから、それはいったん横に置いておきます。

issy
そんなところ行って来たら、帰宅後に家の鍵が変わっていますからね!

キャンセルしたウラジオストクに行きたい!

日本から一番近いヨーロッパとして、最近人気急上昇だったウラジオストク。ロシアは今まで基本的に大使館に行ってビザを取得しない限り入国できない地でしたが、ウラジオストク周辺に限り電子ビザで行けるようになったため、人気がどんどん上がりました。

私も5月に予定しており、さらにたまたまTwitterのフォロワーさんと日程がかぶっていたので非常に楽しみにしていたんですが流れたのが残念です。

issy
現地でカニ三昧になる予定だったんですが…

ロシアというと国土が広いのですが、ウラジオストクに関していえば、基本的には街の中心部から徒歩圏に観光地があるので、手軽な週末旅行も楽しむことができそうですね。

「2泊3日でヨーロッパが楽しめる」これパワーワードじゃないですか?

このようにインスタ映えするような写真が撮れるような撮影スポットも多いようで、特に最近は女性に人気があるみたいですね。街の本屋さんでも、最近はウラジオストクのガイドブックをみかけるようになりました。

ウラジオストクには自分でもなぜかよくわからないのですがかなり行きたい欲が強いため、5月の航空券もキャンセルではなくホールドにしてしまいました。この秋にいけるかどうかはかなり微妙ですが、行けたら行きたいですね。

ちなみに、ウラジオストクには大型ホテルが少ないのですが、秋には予定ではオークラホテルができるはずなので、ここに泊まれればなぁと思っています。

クアラルンプールに舞い戻りたい!

マレーシアの首都であり、日系航空会社のエアライン修行の聖地の一つでもあるクアラルンプールは、コテコテの観光をするには物足りない部分もありますが、のんびり過ごすには素敵な街だと私は思っています。

クアラルンプールでの過ごし方はホテルでのんびりするのもよし、物価の安い外食も楽しめます。鼎泰豊とかめっちゃ安いですからね。

また、東南アジアの都会の部分もあれば、ちょっと外れればひと昔前の東南アジアらしさもある、魅力的な街だと私は思っています。ブギビンタン駅からパビリオンの方に歩けば大都会ですが、反対にあるけば完全な東南アジアですもん。

ちなみに、クアラルンプールは世界一安いと言われるリッツカールトンがある街でもあります。先日、セールを行っていたことから、来年2月の宿泊を確保済です。11月から再開予定のマリオットプラチナチャレンジの「上がり」の宿泊も、ここにしたいかなぁなんて思っています。

バリあたりのリゾートでのんびりしたい

最後に、個人的にはバリに行ってきたいなぁなんて思っています。実は東南アジアのビーチリゾートって、先日のダナンが初めてで、バリをはじめセブやプーケット、ペナンなどの有名どころすら行ったことがないんですよね。

ということで家族で行ってみたいのですが、嫁いわく、「いったことのないところに子供を連れていけない」というので、これは家族でバリに行くには、先に自分がバリにいって現地情報を視察してこいということと理解しました(笑)

実は以前、ガルーダインドネシア航空の特典航空券が取り放題の状態になっていたときがあって、一人で行くか本当に悩んで、最後やめてしまったのですが、あのとき行っておけばよかったなぁなんて思っています。

そんなんで絶好の機会を逃した私ですが、バリはいけたら今年の年末行きたいですね。妻と子供が群馬に帰国している間、私が視察をし、元旦に嫁の実家に合流するという、完璧なスケジュールをたてたいです。

issy
以前同じようなことをして、元旦の朝成田空港について、上野から新幹線で群馬に向かう予定だったところ、体調崩して、自宅にそのまま帰りましたが…。

話は戻しますが、東南アジアのビーチで何がしたいというと、酒飲みながらのんびりしたいです。ほんとこれ。何もしたくない。日本は寒い時期に行くことになるので、そんな感じでダラダラと過ごしたいですね。

チケットはまだ全然探していません。早めに探さないと…。

いつから海外に行けそうなの?

こればっかりは全然わからないのですが、先日、旅行はいつから?という記事で少し解説させてもらいました。

緊急事態宣言の解除でいつから旅行できる?今後の見通しを考察します。

2020-05-26

海外渡航に関しては「海外側の入国制限」と「日本における帰国後の制限」の2つの視点でみていかないといけないと思います。

海外側の入国制限では、入国後14日間隔離される状況じゃいけないですし、入国後の隔離がなくなったとしても、陰性証明を求められないことが大事です。それ以外の対策であるアプリ追跡や体温の報告、保険加入証明の提出であれば、許容はできますよね。

あとは日本側で14日間の制限がかからないことですね。たとえばスペインは7月から海外観光客の受け入れを開始するといわれていますが、スペインから帰国したらまぁ間違いなく14日間隔離ですよね。そんなん仕事している人は旅行にいくの無理でしょう。

まとめ

コロナでズタズタになった海外旅行予定ですが、来年の春くらいまでに行きたいところを綴ってみました。これ全部個人です。いけたとしても妻子は連れて行かないですね。

一応我が家の家族旅行は、来年の夏休みのハワイまでは見送りの予定です。

ゴールデンウィークも考えましたが、そんなにマイルの余裕がないですし、2022年にはフロリダに行きたいと思っていますから、来年は夏に全力投球ですね。

とりあえず、今年はせっかくの機会なので国内旅行を中心に考えたいと思います。妻は九州にいったことがないので九州連れて行ったりとか考えたいと思います。宮崎とかいいかなぁ。

また南紀白浜も行きたいですし、沖縄もいきたいですねー。SPGの無料宿泊券の使い道なども考えつつ、しばらくは仕事そっちのけでいろいろと考えることが多そうです(仕事しろ

参考記事

旅行や修行でクアラルンプールを楽しもう。観光スポットを紹介します!

2020-04-22

【過去旅】私が行った世界遺産 お勧めしたい5箇所を一挙公開!

2017-12-04

私の渡航歴シリーズ(第2編)結婚してから子供が産まれるまでの渡航歴をまとめました

2017-03-20

私の渡航歴シリーズ(第1編)独身時代の渡航歴をまとめました

2017-03-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください