アロフト東京銀座の朝食をレビュー。卵料理はボリューミー。おにぎりもおいしい。

2020年10月に、マリオットプラチナチャレンジの一環で、2020年10月に新たに誕生したホテル、アロフト東京銀座に複数回滞在しました。

アロフト銀座の朝食は、本来はビュッフェ形式を予定してたものの、新型コロナウイルス感染症対策として、現在は一部プレート形式での提供となっています。

朝食つきプランで予約された方のほか、マリオットのプラチナ会員であれば、朝食を無料で食べることもできます。今回、複数回宿泊して朝食を体験してきましたので、アロフト東京銀座の食事を紹介したいと思います。

アロフト銀座の朝食は3種類から選べる

アロフト銀座の朝食会場は、ホテル2階にあるWAREHOUSEというレストランの一箇所となっています。朝食つきプランで泊まっている方のほか、マリオット会員の場合、プラチナステータス以上でウェルカムギフトから朝食を選択することが可能です。

朝食は朝7時からの営業で、特段予約は必要ありません。レストランに行く際には、朝食券を忘れずに…。

本来はビュッフェ形式を予定してたものの、新型コロナウイルス感染症対策として、サラダやパンなどのみがビュッフェとなっており、メイン料理など一部はプレート形式での提供となっています。

メニューは3種類から選ぶことが可能です。

値段はビュフェのほかに卵料理が含まれるAloftの場合3,000円、ビュッフェのみのHARLEYとおにぎりセットであるONIGIRI二つは1.800円となっています。

ちなみにマリオットプラチナ会員以上の方で無料朝食を選んだ場合、これら3つの中から選ぶことができます。一番高いAloftは除外とか、そんなことはありません。

issy
どこかのフォーポイント函館とは違って太っ腹ですねー!

ならば、最初は一番高級な卵料理でいきたいと思ってしまうのが私の小物っぷりですね(笑)

アロフトの朝食を紹介

それでは、実際に私もアロフト東京銀座で朝食を2回食べてきたのでそれぞれをレポートきたいと思います。

ビュッフェ

2020年10月下旬現在、サラダ、パンなどはビュッフェ形式で提供されています。卵料理のAloftを頼んだ場合、これらは自由にとることができます。

パンの種類は10種類ほど。ブレーン食パンやクロワッサンのほか、シナモンロールやレーズンロール、チョコヘーゼル、あとは数種類のマフィンなどがあります。

フレッシュサラダとしてトマトやだいこん、きゅうりや葉野菜などがあります。フルーツはオレンジやパイナップル、バナナなどがありました。

あとフレッシュジュースですね。りんごやトマト、桃などのジュースがあります。個人的にはりんごのジュースが大当たりでした。これ美味しいです。もしアロフト東京銀座の朝食を食べる場合は、りんごジュースは飲んでみてください。

Aloft(卵料理)

卵料理がつくAloftの場合、メインプレートとなる卵の調理法とサイドディッシュ(2品)を選びます。

卵の調理方法
オムレツ、ポーチドエッグ、スクランブルエッグ、目玉焼き
サイドディッシュ
ベーコン、クリスピーベーコン、ポークソーセージ、チキンソーセージ、ジャンボンブラン
issy
ジャンボンブランってなんだかわからなかった…(ゆでハムのことなんですね)

メインの卵料理です。私は今回は王道ですがオムレツにしました。ホテル朝食といえばオムレツとベーコンは欠かせないと思うのは私だけでしょうか?(このあたり、ご賛同がほしいです…)サイドメニューはベーコンとポークウインナーです。これはもう完全に定番です。

オムレツがなかなか大きいのが特徴です。もちろんこの前にサラダやスープもいただいていたため、かなりボリュームがある朝食でした。プレート形式ですが、しっかり食事ができます。しっかり食べたい人は、ぜひAloftにしてもらえればと思います。

おにぎり

また別の日には、あえておにぎりをオーダーしてみました。なかなか1,800円するおにぎりって食べる機会がありませんからね。

出てきたのはこちらです。私が頼んだ日の具材は左から鮭、あさりの漬物、梅の3つです。これにみそ汁と漬物がついています。鮭と梅はまぁ定番ですし、こんなものかという感じでしたが、あさりの漬物のおにぎりはなかなか食べる機会もなく、けっこうおいしかったですよ。

正直Aloftの卵料理は重いので、お酒を飲んだ翌日とかだと、Aloftよりもonigiriの方がおなかに優しい感じでしょうか。私もこの前日、禁酒中だったのですが少し飲んでしまい、翌朝も若干残っている感じでしたが、おにぎりであればおいしくいただけました。たぶん卵料理は無理だったと思います。

補足
ちなみに、おにぎりを選択した場合はビュッフェがつかないと思っていたのですが、頼んだときも、ビュッフェからサラダはとっていいと言われました。いいんでしょうか…。

まとめ

アロフト東京銀座の朝食を紹介しました。

アロフト東京銀座の朝食は大きくわけて卵料理+ビュッフェのAloftと、おにぎりがメインとなるOnigiriの2つのセットがあります。

Aloftの場合は卵のボリュームがあるのでかなりおなかがいっぱいになります。朝からしっかり食べたい人におススメです。一方Onigiriは前日お酒をちょっと飲みすぎた…という人にも優しいですね。

ちなみに、金曜・土曜宿泊の場合は、マリオットプラチナ以上の会員向けのベネフィットに、昼食券が加わります。朝食はいいけどランチが食べたい、という人はこちらの利用もできますので、合わせてご参照ください。

アロフト東京銀座のプラチナ特典で食べられる特別ランチコースを紹介!

2020-10-22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください