モッピーからマリオットBONBOYポイントへの交換が開始!でもそのまま交換するのは損かも??

2020年12月16日から、日本最大手のポイントサイト「モッピー」から、世界最大のホテルチェーンであるマリオットグループのポイントである「BONVoYポイント」への交換が開始されることになりました。

マリオット系列のホテルは、私もSPGアメックスという提携しているクレジットカードを持っていることからよく利用するので、Bonvoyポイントは私もなじみのあるポイントなので、お、これは来たな!と思いました。

本記事では、モッピーからマリオットBonvoyへの交換方法やレート、そして肝心の「もっとオトクにBonvoyに交換する方法」も併せて紹介したいと思います。

モッピーからマリオットBonvoyポイントへの交換開始

2020年12月16日(水)12時から、日本最大のポイントサイト「モッピー」から、世界最大のホテルグループである「マリオット・インターナショナル」のポイントである「Marriott Bonvoy」ポイントへの交換が始まります。

Marriott Bonvoyポイントとは

世界最大級のホテルグループ「マリオット・インターナショナル」のロイヤリティプログラムMarriott Bonvoyのポイントのことで、マリオットやザ・リッツカールトン、シェラトンといったマリオットグループホテルでの無料宿泊で利用可能です。また、各航空会社のマイルに交換できるということも大きな特徴です。

モッピーは「陸マイラー」という、航空会社のマイルを貯める人をターゲットにしているポイントサイトの一つです。モッピーのポイントは、他のポイントサイトのポイントに比べて、ANAやJALのマイルにオトクに交換できるようになっています。

【2021年最新】日本最大級のポイントサイト「モッピー」を使ってマイルを貯めよう!使い方、疑問、デメリットまで解説します!!

2017-08-07

陸マイラーは旅行好きな人が多いわけですから、ホテルのポイントに交換できるようになるというのはなかなか目の付け所が鋭いなというか、しっかり陸マイラーを研究しているなと思いました。

交換レート・交換条件

モッピーポイントからマリオットBonvoyポイントへの交換レートは、

1P1Marriott Bonvoyポイント

となります。つまり等価です。モッピーの1ポイントは1円相当の価値ですから、1マリオットBonvoyポイントを1円で購入できるようなイメージです。ちなみにポイントの交換には手数料はかかりません。

この後紹介しますが、普通にマリオットBonvoyポイントを購入すると1,000ポイントあたり12.5ドル(日本円で1,300円くらい)します。そのため、モッピーからの交換であれば1,000ポイントあたり1,000円で交換できるので、レートとしてはよい、ということになるのかなと思います。

ポイントの申請をしてから、1日~2日という短い期間でポイントが付与されます。

また、交換可能ポイント1,000P/3,000P/5,000P/10,000P/30,000P/50,000Pの6つの単位から選択することが可能です。また、交換の上限なども設けられていませんので、理論上は5万ポイント×31日で、月間155万ポイントまで交換することが可能です(そんなことできるのはアフィリエイトしている人たちくらいでしょうが…)

個人的には、がっつりモッピーポイントをBonvoyポイントに持っていくってことは考えていませんが、1,000ポイントとか細かい単位でも移すことができるので、無料宿泊まであと少しポイントが足りないという機会があれば、その際には使いたいなぁと思います。

マリオットBonvoyポイントの使い道

マリオットのリワードポイントであるBonvoyポイントの使い方は、主に以下の2つに大別されます。

  1. ホテルの無料宿泊に利用する
  2. 航空会社のマイルに交換する

もちろん他の使用方法もありますが、全部解説したら長くなりますので、メインとなるこの2つについて順にみていきたいと思います。

ポイントとしては、モッピーポイントから等価で交換した以上、1ポイント1円以上の価値で使えるか、という視点でみていく必要があります。1ポイント1円以下の価値になってしまったら「だったら現金化してホテルの部屋を予約すればよかった」となってしまいます。

ポイント交換でホテルに無料宿泊

BONBOYポイントはマリオット系列の各種ホテルへの宿泊に利用することができます。このポイント宿泊のすごいところは、繁忙期だろうとなんだろうと、「スタンダードルーム」さえあいていれば、部屋の値段設定に関係なく、ポイント使用で宿泊することができます。

マリオットのホテルは高級度などに応じてカテゴリーが1から8まで各ホテルに設定されており、カテゴリーごとに、無料宿泊に必要なポイント数が定められています。各カテゴリー別に必要な無料宿泊ポイント数は以下のとおりとなります。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

一番カテゴリーの低い1の場合、7,500ポイントで宿泊することが可能です。ただ、実際にはカテゴリー1のホテルはそんなに多くないため、実際に利用するのはカテゴリー2からでしょうか。カテゴリー2の場合、宿泊に必要なポイントは12,500ポイントです。

で、モッピーポイントから交換したBonvoyポイントを使用するときに大事なのは、1ポイント1円で交換してきたポイントですから、使用する際には1ポイント1円以上の価値で利用する必要があります。そうしないと勿体ないわけです。

例えば、私がコロナ前最後に旅行した先がベトナムのダナンなのですが、滞在した「フォーポイントバイシェラトン・ダナン」のカテゴリーは2でした。宿泊費用は12,000円くらいでしたので、ほぼ1ポイント1円くらいの部屋になっていたかと思います。最低でもこのくらいの使い方をする必要があります。

意外と1ポイント1円以上で使うことができる例が少ないのですが、例えば夏の沖縄のリゾートなんてのは一つの使い方だと思います。

例えば沖縄マリオットリゾート&スパというホテルがありまして、こちらのホテルはカテゴリーが6、2020年の実績ですと、8月でも一部の日を除いてスタンダードシーズンとなっており、夏休みでも50,000ポイントで宿泊することが可能です。

参考に2020年8月の宿泊料金をみると、1泊50,000円を超える日も多いです。このように、ポイント数よりも高いホテル、今回は沖縄のリゾートで紹介しましたが、繁忙期の場合は1ポイント1円を超えることが多いですね。

あとは、ラグジュアリーホテルの週末利用なんかも1ポイント1円以上で利用することが可能です。例えば、東京・竹芝にあるメズム東京はカテゴリー6のため、通常50,000ポイントで宿泊することが可能です。メズム東京は都内のマリオット系でもホットな宿泊スポットで、人気のあるホテルです。

メズム東京の宿泊料金はだいたい1泊4万円から5万円というところ、いまの時期であればGoToトラベルがあるのでそちらの方がオトクなのですが、GoToトラベル終了後であれば、ポイント宿泊がかなりオトクになります。

そのほかにも、2020年にオープンした京都のホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ」はカテゴリー7(60,000ポイント)でありながら宿泊料金は日によっては10万円をこえたりもするそうなので、こういった高級ホテルでは利用価値がありそうです。

また、ポイントを利用して5連泊する場合は、5泊目のポイントは不要になります。つまり、4泊分のポイントで5泊できることになりますから、もし5連泊するような機会がある場合は、Bonvoyポイントの活用を考えてみてはいかがでしょうか。

航空会社のマイルにも交換はできるけど…

マリオットリワードポイントはホテルのポイントでありなら、航空会社のマイルに交換することもできます。

それも、JALやANAなど日本人が比較的貯めやすいマイルのほか、世界中の40以上の航空会社のマイルに交換することが可能です。交換先の豊富さは素晴らしいものがあり、自分が貯めたい航空会社を選ぶことができますね。

リワードポイントからマイルへの交換レートは、3ポイント=1マイルの積算になります。

さらに、60,000ポイントを一度に航空会社のマイルに交換すると、15,000マイルのボーナスポイントが付与されるので、あわせて25,000マイルに交換することができます。

ただ、モッピーのポイントはJALマイルに80%のレートで、ANAマイルは85.7%のレートに交換することが可能です。モッピーポイントが60,000ポイントある場合、ANAマイルやJALマイルには、約50,000マイルに交換することが可能ですが、Bonvoyポイントを経由してマイルに交換すると、約25,000マイル(UAの場合27,500マイル)にしかなりません。ですから、航空会社のマイルに交換したい人であれば、やっぱりBonvoyポイントに交換するのではなく、JALマイルに直接交換したり、TOKYUルートを活用してANAマイルに交換するのがベターではないかなと思います。いくら日系マイルより魅力的な外資系マイルがあったとしても、約半分になってしまいますので…。

よりオトクにモッピーポイントをマリオットBonvoyポイントに交換する方法

ここまで紹介してきたとおり、モッピーポイントからマリオットBonvoyポイントに等価で交換できるようになります。

ですが、モッピーのポイントをより効率的にマリオットBonvoyポイントに交換する方法が可能なので、その方法を紹介したいと思います。

それは、モッピーポイントを使ってマリオットBonvoyポイントを購入するという方法です。

今回利用するのが、「POINT WALLET VISA PREPAID」というカードを利用します。POINT WALLET VISA PREPAIDとは、モッピーのポイントをチャージすることができるプリペイドカードプリペイド型の電子マネーみたいなものです。

見た目がクレジットカードのようですが、決してクレジットカードではありません。なので、発行審査はあるものの、厳しくないので安心してください。

「POINT WALLET VISA PREPAID」は、モッピー会員であれば下記サイトから発行することが可能です。

別にモッピーポイントを現金化してもいいんですが、現金化には手数料がかかるものの、POINT WALLET VISA PREPAIDへの交換には手数料がかからないことや、交換へのタイムラグが短いことから、こちらの方法を紹介しています。

なお、現金化してお得なクレジットカードを使うという方法もあります。1万ポイントくらいであれば手数料とクレカポイントの差額はトントンなやで気になりませんが、たくさんのポイントを購入する場合は、現金化のほうがオススメかもしれません。

チャージしたポイントは、クレジットカードと同じように世界中のVISA加盟店で利用することが可能です。さらに利用金額の0.5%がモッピーポイントとして戻ってくるのもポイントです。

このPOINT WALLET VISA PREPAIDにモッピーのポイントをチャージして、そのあとにマリオットのBonvoyポイントをセールで購入するのです。

先ほども紹介しましたが、通常、マリオットBonvoyポイントは1,000ポイントが12.5ドルで販売されているのですが、年に数回、50%増量セールなどを利用して購入することにより、1ポイント1円以下の値段で購入することが可能にあります。例えば2020年12月22日まで、マリオットのポイントを2,000ポイント以上購入すると、50%増量というセールを実施しています。

通常ポイント ボーナスポイント 合計ポイント 値段
1,000ポイント 1,000ポイント 12.5ドル(1,313円)
2,000ポイント 1,000ポイント 3,000ポイント 25ドル(2,625円)
5,000ポイント 2,500ポイント 7,500ポイント 62.5ドル(6,563円)
10,000ポイント 5,000ポイント 15,000ポイント 125ドル(13,125円)
50,000ポイント 25,000ポイント 75,000ポイント 625ドル(65,625円)

このように50%ボーナスポイント増量セール時に2,000ポイント以上購入した場合、計算するとポイント単価はおよそ0.88円程度となります(1ドル105円として計算)。

逆数で計算すると、モッピーのポイント1ポイントで1.14Bonvoyポイントに交換することができるということもできるので、直接モッピーからマリオットBonvoyポイントに交換するよりもよりよいレートで交換することが可能です。

ただ、この方法での交換には

  1. ポイントのセール時のみしか購入してもオトクにならない
  2. マリオットBonvoyポイントの購入には上限がある

という2つの欠点があります。

コロナの影響もあってか、最近はマリオットBonvoyポイントのセールがよく開催されています。やはりホテル業界は苦しいので、キャッシュが簡単に手に入るバイマイルに手を染めているんですね…2021年もコロナの影響が続くと思うので、おそらくポイントの販売に力をいれることが想定されますから、比較的セールを行う回数も多いのではないでしょうか。

あと、マリオットBonvoyポイントの購入は、年間50,000ポイントが上限となっています(この50,000ポイントにはボーナスポイントは含みません)なお、2020年は複数回セールがあったため、15万ポイントまでしか購入が可能となっています。

まとめ

モッピーポイントからBonvoyポイントへの交換が開始されることになりました。

1,000ポイントから交換可能、ポイントの等価交換、申請から交換完了まで1~2日というメリットを生かし、個人的には、保有しているマリオットBonvoyポイントがちょっと足りないときに使えればいいかなぁと思っています。

また、現在のようにBonvoyポイントのセール中であれば、直接モッピーポイントから交換するよりも、POINT WALLET VISA PREPAIDにポイントをチャージして(あるいは現金化して)、ポイントを購入するという形の方が、オトクに交換できることは覚えておいていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください