【条件緩和】JALマイルを貯めるならモッピーの交換率80%「ドリームキャンペーン」を活用しよう!

ポイントサイトを使ってJALマイルを貯めるのであれば、日本最大級のポイントサイト「モッピー」を使ってポイントを貯めるのがベストです。

なぜかというと、モッピーのポイントは、他のポイントサイトとは異なり、JALマイルに高レートで交換できるキャンペーンがあるからです。言い換えれば、他のポイントサイトより、少ないポイントでたくさんのJALマイルと交換することができちゃうんです。

そして、2022年1月からは、交換のための条件が大幅に緩和されます。今まで毎月15,000円分の広告利用が条件でしたが、これが撤廃されることになりました。これによって、より手軽にJALマイルを貯めることができるようになるでしょう。

本記事では、そのモッピーの「ドリームキャンペーン」について解説していきたいと思います。

モッピーはJALマイルを貯めるのに必須のポイントサイト

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する場合、ANAマイルには「TOKYUルート」を使うことにより、ポイント価値の75%のレートでマイルに交換できます。2022年3月にはこのルートも廃止されますが…。

これに対し、JALマイルにはこのようなクレジットカードを使った交換ルートの技が2021年現在ないので、ポイ活で貯めたポイントはドットマネーやPontaポイントを経由して、ポイント価値の50%で交換するのが基本となっています。

  • ポイントサイト→ANAマイル:10,000円分のポイント→7,500マイル
  • ポイントサイト→JALマイル:10,000円分のポイント→5,000マイル

この差はけっこう大きいため、ポイントサイトなど、陸でマイルを貯める人は圧倒的にANA派が多かったのが2017年春までです。ところが、この常識を打ち破ったのがポイントサイトのモッピーです。

モッピーは2017年6月からJALと提携し、モッピーポイントからJALマイルに交換する際のレートを大幅に上昇させました。そのほかのポイントサイトでは50%での交換になるところ、モッピーを使えば実質80%での交換レートでJALマイルへの交換が可能になりました。

補足
天下のJALがポイントサイトと提携かと思うと意外かもしれませんが、モッピーの運営会社は東証1部の上場企業「セレス」であり、大企業とも渡り合えるような規模の会社です。

正直、ほかのポイントサイトでは50%で交換できるのがモッピーだと80%になりますから、多少案件のポイント数が他のサイトより少なくても、JALマイルを貯めたい人ならモッピー経由で広告を利用した方がオトクになったりします。

また、これはモッピーとJALのコラボであるため、TOKYUルートのように、色々とポイントを交換して…という手間もなく、モッピーポイント→JALマイルと直接交換することが可能なのも、このキャンペーンの破壊力を感じるところです。

issy
これが、「JALマイルを貯めるためにポイントサイトを使うならモッピー1択」と言われる理由です

モッピーのドリームキャンペーンの概要

それでは、具体的にこの「ドリームキャンペーン」の概要をみていきたいと思います。

このドリームキャンペーンは、12,000ポイント一気にを6,000JALマイルに交換すると、翌月末にモッピーポイントが4,500ポイント還元されるという仕組みになっています。

ポイントとしては、一度に12,000ポイントをまとめて6,000マイルに交換しないといけないこと、月に1回のみのキャンペーンであることがあげられます。

実質還元率80%の仕組み

条件を満たして交換レートを80%に条件である15,000円分の広告を利用した上で、モッピーポイント12,000ポイントを一気にJALマイルに交換した場合、6,000JALマイルの他に、4,500ポイントがボーナスとしてもらえる(キャッシュバックのようなイメージですね)ことになります。

最初は12,000ポイントを一気にJALマイルに交換する必要があります。6,000マイルを交換すると、4,500モッピーポイントがキャッシュバックされます。4,500ポイントが戻ってくるのですから、実質的にはモッピーポイントは7,500ポイントしか使わず、6,000マイルと交換できたことになります。

7,500ポイントで6,000マイルに交換が可能ということは、還元率は80%にまでのぼります。そういう意味です。

一気に12,000ポイントを交換する必要はありますが、従来のドットマネールートの交換レート50%や期間限定のPontaからJALマイルへの交換レートアップ時の60%を大幅に上回っています。

【条件緩和】毎月15,000ポイント分の広告を利用する条件が撤廃!

これまでスカイボーナスポイントをもらうためには、モッピーが指定した広告を月に15,000ポイント以上利用することが必須でした。月に15,000円分の広告を利用することが、80%還元の条件になります。

これが緩和されます。つまり、15,000円分の広告を使っていない月であっても、一括で12,000ポイントを6,000マイルに交換すれば、翌月4,500ポイントのバックを受けることが可能になるということです。

今まで、広告を利用する月とポイントをもらう月がずれている場合があると、せっかくポイントをもっていても次の広告を利用するまで、JALマイルへの交換ができませんでした。例えば、1月に広告を15,000ポイント分利用して2月にそのポイントが加算された場合、いざマイルに交換しようとしても、2月も広告を利用しない場合はスカイボーナスの適用にならなかったんですよね。

それが、2月にポイントをもらったら即JALマイルに交換することができますので、その分だけ、ポイント→マイルへの回転が速くなり、よりたくさんのJALマイルを早く貯めることが可能になります。

JALマイルへの交換は月1回まで

今回のドリームキャンペーンでのポイントプレゼントがもらえるのは月に1回までです。

月に2回以上、12,000モッピーポイントをJALマイルに交換しても、スカイボーナスの還元は、1回分の4,500ポイントになります。なので、毎月コツコツJALマイルに移す必要があります。

issy
まあこういう風にして毎月モッピーを継続的に利用させていくのが運営の狙いだと思います。

とはいえ、多くの方はそこまでモッピーのポイントを持っていないのではないかと推測されます。他のポイントサイトをメインにしてANAマイルを中心に考えつつ、JALマイルもそこそこ持っておきたいなと思っている人にはそこまで影響はないのかな、と思っています。

モッピーで貯めたJALマイルは国内線でこそ使え!

今回、モッピーからJALマイルへの交換レートが80%に上昇したことにより、TOKYUルートを使ってANAマイルに75%で交換するよりも、たくさんマイルがもらえるようになりました。

貯めたJALマイルの使い道としては、個人的には国内線、特に沖縄をお勧めしています。

なぜ「特に沖縄」かというと、ほとんどの路線でJALとANAの必要マイルが同じ中、東京~沖縄は、JALマイルでは12,000~15,000マイルなのに対し、ANAマイルだと14,000~21,000マイルが必要と、必要マイルに差があるのです。これをみるとやはり沖縄に特典航空券でいくなら、JALマイルに交換したいといころです。

<参考:東京~那覇特典航空券(往復)に必要なマイル数>

シーズン JAL ANA
ローシーズン 12,000 14,000
レギュラーシーズン 15,000 18,000
ハイシーズン 15,000 21,000

また、JALマイルの場合、国内線特典航空券にハイシーズンの概念がないので、ゴールデンウイークや夏休み、年末年始などのハイシーズンであれば、沖縄路線に限らず、JALマイルを使ったほうがいいと思います。

一方、JAL国際線では必要マイル数がANAに比べて多いことが多いので、そのような場合はANAマイルを使いたいですね。そのほか、国内線で急に旅行ができるようになった場合は「とくたびマイル」なども利用できますから、そういった場合はANAマイルを使ってもいいと思います。

<詳細はこちらの記事の「JALマイルをうまく使う」をご覧ください>

【2022年最新解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方とお得な使い方を完全解説

2022-01-16

まとめ

モッピーのスペシャルスカイボーナスは、2022年から利用条件が廃止されることになりました。

2022年からは、モッピーのポイントを12,000ポイント一気にJALマイルに交換するだけで、6,000マイルがJALマイルに加算され、翌月にはモッピーの4,500ポイントがバックされるということになります。

今まで、実際に広告を利用する月とポイントをもらえる月にズレがあったため、なかなかうまく交換できない場合もあったかと思いますが、今後はお得な案件はとりあえずどんどんこなし、12,000ポイントあればどんどんJALマイルに交換していけばいい、ということになります(交換は月1回までなので、念のため)

以下のバナー経由でモッピーに登録いただくと、初回交換後に今ならボーナスポイントがもらえますので、ぜひこちらからご登録ください!

2 件のコメント

  • はじめまして。
    分かりやすいご説明ありがとうございます。スカイボーナスについて教えて頂きたいです。
    私は11月の予定反映中のポイントは32,410Pです。
    私の認識では、12,000PのポイントをJAL6,000マイルに交換するには、予定反映ではなく確定反映してからでないと出来ないものだと思っていますが、実際は予定反映になった時点でも出来ると言う事でしょうか?ですから、これらの予定反映中のポイントが、確定反映するには、本日が11月29日と言う事を考えると、明らかに12月になってからになりますので、12月に交換申請しようと考えていました。
    もう1点質問がございます。スカイボーナス獲得条件の一つであります「各月に15,000Pを広告で利用しなければいけない!」と言うものですが、この「各月」とは1日から30日の1ケ月間の集計を指すのでしょうか?モッピーの12,000PをJAL6,000マイルに交換する際の集計では、前月の16日から当月の15日と言うように、15日が1ケ月の区切りになっています。また、今月11月で予定反映中のポイントで確定が12月にした場合で、12月に32,410Pの中からJAL6,000マイルに交換した場合は、スカイボーナスの対象になるのでしょうか?「各月に15,000P広告利用」と言う条件が、「反映月のみ」を指すのか?「反映月、確定月どちらでも可」なのかが分かりません。もし「反映月のみ」の場合は、急いで申請する必要があります。
    10月半ばにモッピーを始めたばかりの初心者です。どうかご教示の程、お願い致します。

    • totoさん

      コメントありがとうございます&回答が遅くなって申し訳ありません。
      モッピーの考え方としては、あくまで「案件をやった月」単位で考えてもらえればと思います。
      もちろん同じ月で確定する場合もありますし、確定が翌月以降になるものもありますが、どちらにせよ、1か月の間で、15,000円分のサービスを利用するというのが前提になります。

      そのため、11月に予定付与になって12月に実際にポイント付与された場合、12月の実績としてはカウントされません。

      即時に回答差し上げられれば11月の分を回せましたよね。申し訳ありませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください