初年度年会費無料で1万円分のポイント獲得できる松屋カードがアツい!発行おすすめ!

ポイントサイトで大量に、コストをかけず、安全にポイントを貯める方法といえばクレジットカードの発行です。そして、今回なかなか条件のよいクレジットカードの広告がでています。

今回紹介するのは、三菱東京UFJニコスが発行する「松屋カード」。現在、ポイントサイトでの還元が上昇中ですので紹介したいと思います。

年会費が初年度無料で、1万円分のポイントが還元されるという、なかなかお得な案件です。

最近なかなか世の中も厳しい中、今のうちにポイント・マイルをためておいてはいかがでしょうか。

ライフメディア経由の松屋カード発行で10,000円相当のポイント獲得

今回使うポイントサイトは、ポイント還元率で最近勢いのある「ライフメディア」になります。ライフメディアを使って松屋カードカードを発行すると、10,000ポイントを獲得することが可能です。

ライフメディアのポイントは、1ポイントで1円相当というわかりやすい表記になっており、これそのまんま10,000円分のポイントとなります。

松屋カードの年会費は通常1,250円ですが、初年度のみ無料となっています。

ポイントサイトの相場として、一時期目安とされていた年会費初年度無料で1万円分のポイントがもらえるクレジットカードは最近だいぶ少ないので、今回この条件に合致している三菱地所グループカードを発行したことがない方であれば、これは全力でいってほしいと思います。

それでは、今回のポイント獲得の条件をみておこうと思います。

【獲得条件詳細】
新規カード発行+到着後、翌月末までに合計3,000円(税込)以上のショッピング利用

【ポイント付与NG条件】

  • 同一IP・メールアドレスからの2回目以降のお申し込み
  • 不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル・即時解約
  • カード入会月の翌月末日までに3,000円(税込)以上利用されなかった場合(キャッシングは含まれません)
  • 入会月の翌月末までに三菱UFJニコス株式会社に売上確定情報が届かない場合

ポイントを獲得するための条件は、発行翌月までに、3,000円分利用すればよいというものです。これは正直いって楽勝な案件だと思います。

ポイントサイトの「ライフメディア」は還元率がかなり高いポイントサイト

今回使うポイントサイトの「ライフメディア」ですが、意外と登録していない人が多いことが最近分かったんですよね。

これ、絶対損しています。ライフメディアは、ポイント還元最大値の常連です!その上、1ポイント1円というわかりやすい表記ですから、私も非常におススメしているサイトです。

ポイント交換もドットマネーに手数料無料で可能ですから、ドットマネーからTOKYUルートを通じてANAマイルへ75%のレートで交換、JALマイルへはドットマネーから直接50%のレートで交換することができます。

【TOKYUルートとは、ANA TOKYU MASTERカードを利用することによって爆発的にマイルを貯める方法のことです】

ANAマイルを大量に貯めるルート「TOKYUルート」を解説!レート75%・最速3週間でANAマイルへ交換可能

2019-10-13

また、マイル以外への交換先の候補として、家電量販店「ノジマ」のポイントである、ノジマスーパーポイントがあげられます。

ライフメディアからノジマスーパーポイントに交換すると、ポイント価値が1.5倍になります。これはすごい。つまり、ライフメディアの10,000円分のポイントが15,000円分にばけてしまうんです。何これちょっとおかしい。

実はこれにはちょっとした事情もあって、ノジマ電機はニフティの親会社であり、ライフメディアからするとおじいちゃんなんですね。50%増量ともなると、もはやおじいちゃんの力を借りた錬金術というわけですね。

【ライフメディアへの登録はこちらからどうぞ!】

ライフメディアへ無料登録

松屋カードとは

松屋カードは、大手クレジットカード会社、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。

券面は普通カードの1種類となっており、カードの初年度年会費が無料となっています。

松屋カードの概要は以下のとおりです。

  • 券名の種類:松屋カード
  • 年会費:初年度無料、2年目以降1,100円(松屋で年間50万円以上利用で次年度無料)
  • 国際ブランド:VISAまたはJCB
  • 貯まるポイント:にDCハッピープレゼントポイント
  • 還元率:通常0.5%
  • 海外旅行付帯保険:障害・疾病補償100万円(利用付帯)

年会費が2年目以降かかりますが、過去1年間に50円以上のカード利用実績があれば、翌年度も年会費は無料となるサービスがあります。松屋で50万って、ヘビーユーザー以外はきついと思いますが…。

また還元率は0.5%ですから、普段使いとしては微妙ですね。ただ、あとで紹介しますが、松屋で利用する場合に限っては非常にお得に使えます。

たまるポイントはDCハッピープレゼントポイントになります。使用方法が、2ポイント貯まると1,000円分の松屋商品券と交換することにな

そのほか、松屋オリジナル商品等、各種商品やJALマイル、Tokyuポイントなどとと交換できます。

とはいえ、JALマイルは100ポイントで200マイルなのでマイル還元率で計算すれば0.2%ですから、正直使い物になりません…。

松屋利用でその場で5%オフ

松屋カードが他の百貨店のクレジットカードと違うのは、利用するとその場で値引きしてくれることではないでしょうか。

松屋カードを松屋などで利用すると、購入金額の5%がその場で値引きされます。

三越伊勢丹のエムアイカードや、高島屋のタカシマヤカードの場合、百貨店買い物をした場合、購入金額の5%〜をポイントで還元しますが、松屋は現金還元です。これは嬉しいですね。

松屋銀座、松屋銀座マロニエ通り館、松屋浅草、銀座インズ内プチプチ マルシェ、エアウィーヴ 銀座コア店での買い物が対象となります。

ただし、大多数の食料品やセール品、書籍などは割引の除外となりますので、注意が必要です。

正直、松屋ということで東京近辺以外の人はあまり恩恵に預かれないかもしれませんが、銀座によく行く方などは、ぜひ利用したいカードの一枚になるかもしれません。

なんでカードを発行するだけでお金やマイルがもらえるの?

今日この記事にたまたま出会った方、クレジットカードの発行だけで1万円近いポイントがもらえるとか、なんかアヤシイと思った人もいるのではないでしょうか。それも年会費無料です。

なんかウラがあるのではと思うかもしれませんし、この現代社会、そのように疑いをかけることは間違いないです。なんせネット上の詐欺とかたくさんありますかね。

ただ、何もおかしくないんです。これは、企業がどこに広告費をかけるかの問題です。

よく、駅やショッピングセンターなどで、少々のボーナスポイントを餌にカードを勧誘している人いますよね?あれをそこまでアヤシイと思う人はいないと思います。

基本的な考え方は、その対面でやっているクレジットカードの勧誘を、Web上でやっているだけなんです。

クレジットカードの広告にかける広告費を対面勧誘で使おうとすると、人件費がどんどんかかってしまいますよね。一方、ポイントサイトを通じた広告って、あまりお金がかからないんですよ。

なので、ポイントサイトの儲け分を除いて、申し込んだ人に還元できる仕組みになっているんです。すごい単純化した言い方をしてしまえば、カード勧誘のおねーさんのお給料が代わりにポイントとして入ってくるというものです。

この、ポイントサイトを使って広告を行うというのは、みんなハッピーになれる仕組みだと思うんです。みんなが少しずつ利益を享受するという仕組みになっています。

  • 広告主(カード会社):成果に応じた広告料の支出で済む
  • ポイントサイト会社:そこまでお金がかからずに広告業ができる
  • ユーザ:(対面勧誘よりも多くの)ポイントがもらえる

そう考えれば、ポイントサイトって、そこまでアヤシイものではないんじゃないかというのが、少しは理解してもらえると思います。

まとめ

今回、初年度の年会費が無料の「松屋カード」の発行で10,000円相当のポイントもらえる案件がありましたので紹介しました。

年会費無料を発行するのに10,000円分のポイントがもらえるというのは、最近ではかなりお得な案件になると思います。

ポイントサイトで定められた承認条件も、3,000円以上のカード利用でよいので、非常にノルマ的にも楽だと思いますので、松屋カードをまだ発行したことのない人であれば発行してもよい、お勧めできる案件だと思います。

【ライフメディアの登録はこちらからどうぞ】
ライフメディアへ無料登録

参考記事

2020年に陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?安全にマイルが大量に貯まる5つのポイントサイトを紹介します

2020-01-04

【重要】陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2020年バージョン】

2019-09-17

プリンスホテルに無料で泊まる!「すぐたま」を使いこなしてプリンスポイントを貯めてホテル代を節約しよう!

2018-07-16

JALの上級会員に半永久的になる方法 JGCとは

2016-10-16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください