ANAのホノルル行きA380の就航日程が決定!その概要と新たなサービスを紹介します

2019年から、オール2階建ての飛行機、エアバス380を導入することになっていたANAのホノルル線。その導入スケジュールが発表されました。

これに合わせて、ANAのハワイ路線について様々なサービスが展開されることになりましたので、こちらも併せて紹介できればと思います。

ANAに導入されるエアバスA380とは

ANAがホノルル線導入するエアバスA380とは、オール2階建てとなっている世界一大きい飛行機です。オール2階だてですからね、そりゃ大きいですよ。

2階建て飛行機といえば、その昔、ボーイングB747、通称ジャンボ機がANA、JALとも多く国内外に就航していましたが、現在では燃費効率などもあり国内の航空会社では導入していません。

エアバスA380も、エミレーツ航空などで積極的に活用している航空会社もあるものの、全体的には燃費などを考えて使用頻度が落ちていており、先日もエールフランスがリース契約を延長しないなどの報道もあったところです。航空ファンとしてはワクワクする機材なのは間違いないですが、やはり運航コストや座席数の多さがネックになるのでしょうね。

そんなオール2階だてのエアバスA380をANAは「大人の事情」により3機取得することとなり、これをハワイ線に導入することが決まっていました。

ハワイといえばJALとハワイアン航空が強いエリアですが、ここにエアバスA380という付加価値をつけて殴り込みをかけてきたわけです。「エアバス380で行くハワイ」とかなんかかっこいい。

エアバスA380型機「FLYING HONU」のホノルル線就航日は2019年5月24日就航

ついに、ANAがハワイ路線で使用するエアバスA380「FLYING HONU」の就航日が決まりました。

2018524日(金)成田発から就航されます。

ANAはエアバスA380を3機発注していますが、当面の間は1機での運用となるため、エアバスA380型機での運航は週3往復(火・金・日出発)となります。

なお、成田ーホノルル線は1日2便運航されていますが、どちらの便がエアバスA380で運用されるかは、現時点では公表されていません。また、羽田ーホノルルについては、羽田空港のエアバスA380の運用基準が厳しいため、導入はされないと思います。

なお、2号機を投入する201971日(月)からは、週10往復まで拡大する予定ということです。

販売開始時期について
新たに導入するファーストクラス、エコノミークラスの「ANA COUCHii」(ANAカウチ)含めたエアバスA380型機の座席については、2019年1月中を目途に販売開始予定です。

おそらく、ファーストクラス特典航空券の受付とその他のクラスの特典航空券の追加開放もこの日になると思います。

ANAのハワイ路線エアバスA380の機内を紹介

エアバスa380のシートマップ

それでは、ANAのハワイ路線で使われるA380の座席を座席クラスごとに紹介したいと思います。

2階にファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスがあり、1階がエコノミークラスという配置になっています。

ファーストクラス

ファーストクラスのシート

高嶺の花、ファーストクラスは全部で12席用意されています。ドア付きとなっており、ほぼほぼ個室になっていますね。様々な収納スペースもあり、とても快適そうです。乗ってみたい。

もちろん座席を倒せばベッドとなり、布団もCAさんが用意してくれたりします。中のモニターは32インチと、もはや家庭用テレビレベルの大きさ。これはすごいですね。

もちろん座席を倒せばベッドとなり、布団もCAさんが用意してくれたりします。中のモニターは32インチと、もはや家庭用テレビレベルの大きさ。これはすごいですね。

 

ビジネスクラス

ビジネスクラスのシート

ビジネスクラスは56席用意されています。全席が通路に直接アクセスできますので、人の前を通る必要がありません。もちろんリクライニングすると水平になるフルフラット形式ですから、ぐっすり眠ることも可能です。

なお、今回のエアバスA380のビジネスクラスの特徴として、7か所ほど、この写真のようにペアシートの座席配置になっています。

現在のANAのビジネスクラスは、ビジネス重視の設計のため、ジグザグに配置されています。これだと、個人の空間は確保できるものの、隣の人との間に境があったりして、仲良くおしゃべりしたりするのにはあまり向かない座席になっています。

ただ、最初に紹介したとおり、ハワイ路線ということでカップルや家族での利用を見越し、ペアシートを用意してくれています。これはありがたいですね。

アメニティキットはフレットシーガルが手掛け、布団は丸八プロダクト提供のもと、枕の2種類用意されるなど、好みにあわせて使うことができます。特にハワイ行きは深夜ですから寝ることになると思いますので、これはうれしいですね。

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミーのシート

プレミアムエコノミーは73席と、従来よりも大量に設置されることになります。また、シートのデザインも他の路線と大きく変わっています。

シートピッチは従来どおりの38インチ(約97センチ)となっています。そのほか特徴として、約90度に回転する大型テーブルを採用するなど、通路へのアクセスがしやすい仕様になっていることがあげられますね。

アメニティポーチも独自デザインとなっており、スリッパなども用意されますので、機内に持ち込む必要はありません。

エコノミークラス

エコノミークラスのシート

エコノミークラス383席用意されており、座席の配列は3-4-3の配列となっています。多くの航空会社で採用されている配列ですね。

シートピッチが86センチメートルありますので、エコノミークラスとしてはかなり広めに作られています。また、ヘッドレストは6方向に動かすことができたり、また13.3インチのエコノミークラス最大級の薄型タッチパネル式液晶モニターが設置されており、電源ボードも設置されているようです。

1階席後方に多目的スペースを設置

今回、1階席メインデッキの後方には、着替え・パウダールーム・授乳など様々な用途で利用できる多目的ルームが設置されます。

多目的ルームには、シンクの他、ベンチシートや着替え台、おむつ交換台が用意されることになります。これも子連れには非常にありがたいですよね。

ムスカ
昔、JALが座席の後方4席分をカーテンでくくってパウダールームを用意していましたが、それを個室としてちゃんと作るということでしょう。

そのほか、バーカウンターということで、各クラスにはお客様がご自由にドリンクやスナックなどを取ることができるバーカウンターを設置します。

ホノルル行きは深夜便のため、寝ている人も多い上、純粋にホノルル便に乗った感想としては、CAさんがアップアップな印象が強いので、セルフでいい客はセルフで勝手にやってほしいという意図もあるんだと個人的には思ったりもしています。

ホノルル線のサービスを強化

今回のエアバスA380の導入と併せて、ホノルル線での機内サービスが強化されます。これもJALが先手を打っているのですが、負けじとANAもサービス向上に努める予定のようです。

【詳細はプレスリリースをご覧ください】

機内食のリニューアル

ANAのホノルル線での機内食も、エアバスA380導入のタイミングで大幅にリニューアルされます。

ファーストクラスはFour Seasons内のイタリアンレストランとタイアップ

ファーストクラスの機内食

新たに設定されるファーストクラスでは、ハワイにあるFour Seasonsのイタリアンレストラン「Noe」とのコラボレーションメニューが提供されます。

ここのレストランに訪れたことはありませんが、シェフは日本人ということですので、日本人の口にあう機内食を作ってくれるのではないかなと期待してしまいますね。

エコノミークラスはBillsとのタイアップ

エコノミークラスの機内食

エコノミークラスでは、シドニー発祥の「bills」とのコラボレーションメニューが用意されるようです。どんな機内食が提供されるのか、楽しみですね。

正直、なぜハワイ路線でオーストラリア発祥のBillsとタイアップするのかはわかりませんが、タイアップの食事は総じてはずれが少ない(タイアップする側も広告となるので手を抜けない)と思っているので、

プレミアムエコノミー専用の機内食を提供

プレミアムエコノミーの機内食

今まで、プレミアムエコノミークラスの機内食は、エコノミークラスと同じ機内食が提供され、デザートのみビジネスクラスと同じものが提供されていました。

今回、ハワイ路線に限りですが、プレミアムエコノミークラス専用の機内食が用意されるとのことです。機内食は食器に盛り付けられ、洋食、和食2種類のメニューから選ぶことが可能となります。

子連れ客のサービス強化

子供向けの搭乗記念グッズ

今回、機材大型化に伴い子連れも増えるであろうことを見越してか、子供むけのサービスも強化するようです。

特別機内食のベビーミールやチャイルドミールを申し込むと、「エジソンママ」のANAオリジナルフォーク&スプーンをプレゼントするようです。

そのほかにも、ANAオリジナルデザインのエコバッグや、小さいお子様に喜んでいただけるよう、「FLYING HONU」の機体をデザインしたひこうきふうせんが提供されるようです。

そのほか、先ほど紹介したとおり、多目的スペースを用意し、おもつ交換台なども機内に設置されるようです。今までトイレでやっていて、決して不便ではないものの、交換台があれば堂々と?おむつ交換も可能になりますね。

ホノルル空港にANAラウンジを新設

ホノルルにANAラウンジ新設

エアバスA380のホノルル線就航に合わせて、ダニエル・K・イノウエ国際空港に、海外の空港としては初めて「ANA SUITE LOUNGE」および「ANA LOUNGE」を新たに設置します。

ANAラウンジだけでなく、ファーストクラス利用者とANAダイヤモンド会員用のスイートラウンジも設置されるということです。

ホノルルANAラウンジのイメージ

公表されているイメージがこちらになります。JALのサクララウンジに比べてて、スタイリッシュな印象を受けました。ちょっとハワイらしさはないですが(笑)

ホノルルANAラウンジのファミリーエリア

ラウンジ内には、子連れも多いハワイということもあり、「ファミリーエリア」を設置するなどの工夫もされるということです。これは子連れにはありがたい話ですよね。

ラウンジとボーディングブリッジが直結

また、ANAラウンジ、スイートラウンジからは目前に駐機するA380のアッパーデッキに直接搭乗できるような設計になります。

issy
エコノミークラス利用の上級会員は、一度外に出てから搭乗するのでしょうか…。それはそれでたょっと恥ずかしいかもですね(笑)
ユナイテッド航空のラウンジ

なお、現在ハワイにおいてビジネスクラス利用や上級会員は、ユナイテッド航空のラウンジを利用する形になっています。こちらがその写真ですが、お世辞にもユナイテッド航空のラウンジは快適性が高くないんですね。

広くて明るいのはいいんですが、ちょっと、というかかなり食事が残念な感じです。2018年9月に訪れたときは、だいぶマシにはなりましたが、それでも物足りないのが事実で、カップラーメンが一番おいしいと思います(これは個人の意見ですが)

ぜひ、ANAラウンジには、ぜひとも飲食にも力を入れてもらいたいところですね!

ハワイ滞在時のAMC会員サービスがさらに充実

現地、ハワイでもエアバスA380就航に合わせて、サービスの拡大を予定しています。新たにバスの運行を行ったり、ANAのラウンジをマイルが必要とはいえ開放したりするなどの取り組みが行われます。

【詳細はプレスリリースをご覧ください】

ワイキキからアラモアナセンターまでの直通バスを運行開始

ハワイのANAエキスプレス

ワイキキの中心部、DFSギャラリアとハワイ最大のショッピングセンターであるアラモアナセンターの間に、2019420日からANAマイレージクラブ会員専用の電気バスを運行します。

ワイキキ中心部からアラモアナセンターに行く際、JAL利用の場合はJALパックが運行するレインボートロリーを利用することが可能だったのですが、ANA利用の場合はそのようなサービスがなかったんですね。

ワイキキとアラモアナの移動であれば、ワイキキトロリーのピンクラインがJCBカードを保有していれば無料で乗ることができるのですが、この話はあまりにも有名なため、ワイキキトロリーのピンクラインは非常に混雑しているときもあります。

そんな中、ANAマイレージクラブ会員のみが利用できるバスがあれば、そこまで混雑が見込まれないことから、非常に便利になります。

運行時間・運行間隔

ANA EXPRESS BUSの運行間隔は15分間隔を予定しています。他の各社のトロリーが10分間隔で運行しているのでそれよりは若干本数が少ないですが、それでも15分おきにバスが出ているのであれば、時間の流れもゆったりなハワイでは、そこまで時間を気にする必要もないですね。

また、運行時間は、始発がTギャラリア ハワイ by DFS9時に出発し、最終はアラモアナセンターを2145に出発しますので、朝からショッピングも可能ですし、アラモアナエリアのレストランで食事をしても十分最終のバスに乗ることが可能です。

ワイキキ・アラモアナセンター間を直行で12分で結ぶ

ANAエキスプレスはワイキキとアラモアナをノンストップ

ANA EXPRESS BUSは、ワイキキとアラモアナを12分で結ぶバスになります。他のトロリーと違って直行のバスであるため、所要時間はトロリーより短くなっています(もちろん、トロリーはこまめにバス停があり、ホテルの近くから乗ることができるというメリットがあるのですが)

マハロラウンジの拡充(ただし利用にはマイルが必要)

ANAのマハロラウンジ

ワイキキの中心部に、ANAハローツアーが開設した「マハロラウンジ」というのがあります。

「ワイキキ・ショッピング・プラザ」の2階にあり、ハワイ一の大通りであるカラカウア通り沿い、向かいはロイヤルハワイアンセンター、隣は免税店で有名なTギャラリアbyDFSという、ワイキキのど真ん中という立地です。

マハロラウンジのマップ

マハロラウンジ内部の案内図がこちらになります。更衣室や休憩エリア、冷たい無料のドリンクなども備え付けられており、ワイキキについてからホテルのチェックイン時間まで休んだり、買い物で疲れたときに休んだりすることが可能です。

また、キッズスペースやおむつ替えのスペースもありますので、おむつ替えや子供が親の買い物で飽きちゃったときなどにも活用できると思います。

このマハロラウンジですが、2019 年春(予定)より、面積を拡張しリニューアルオープンするとともに、マイルにてラウンジの入室が可能となります。

ただ、マイルが必要という時点で、利用価値がそこまであるかといわれると首をかしげざるを得ません。

この点、TギャラリアbyDFSの2階にある「楽天カードラウンジ」でも同等のサービスを受けることが可能ですので、楽天カードさえもっていれば、マイル払ってまでラウンジを利用するかと言われると、うーんという感じでしょうか。

特典航空券は取りやすくなる見込み(ただしエコノミー、プレミアムエコノミーのみか?)

このエアバスA380導入により、座席供給数が増えますから、期待できるのは特典航空券が取りやすくなることです。供給座席数の前後は以下のとおりとなります。

座席クラス現状(B787)新型(A380)
ファーストクラス設定なし12席
ビジネスクラス40席56席
プレミアムエコノミークラス14席73席
エコノミークラス192席383席

特に、エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスは座席が大幅に増加(エコノミークラスは2倍、プレミアムエコノミークラスは5倍)することから、特典航空券の枠が増加することが期待できると思います。

補足

2018年12月5日から、プレミアムエコノミークラスもANA特典航空券、つまりマイルで発券することが可能となります。

【速報】ANAマイルを使って国際線特典航空券でプレミアムエコノミーが予約可能に!

2018.11.12

11月27日に発表されたプレスリリースにも、この点が言及されています。

エアバスA380型機の就航により、現在ホノルル線で運航している機材の約2倍となる383席を備えたエコノミークラスや、5倍以上となる73席を備えたプレミアムエコノミーなど座席数が大幅に増え、特典航空券にてご提供する座席数も拡大していきます。

今まで、ANAマイル払ってまで貯めやすい部分はあったものの、なかなかうまく使えない。特にハワイ路線で使うことが難しかったのですが、今回のエアバスA380導入により、かなり使いやすくなる可能性があります。

一方、ビジネスクラスの供給座席数にそう変化はありません(40→56席)。なので、ビジネスクラスは今まで同様、競争が熾烈のままになりそうですね。ファーストクラスは特典航空券用に何席開放さるのでしょうか…

ハワイ行き特典航空券に必要なマイル数

特典航空券でハワイ往復に必要なマイル数は以下のとおりです(レギュラーシーズンの数字です)

  • エコノミークラス:40,000マイル
  • プレミアムエコノミークラス:58,000マイル
  • ビジネスクラス:65,000マイル
  • ファーストクラス:未定

現時点では特典航空券のチャート表にハワイ行きファーストクラスの設定がないのですが、東南アジアで105,000マイル、北米で15,000マイルになっていますから、おそらく120,000マイルから130,000マイルの間に収まるのではないでしょうか。

そんなたくさんのマイルを貯められないと思うかもしれませんが、私が実践している方法を使えば、だれでも年間10万マイル以上を簡単にためることが可能ですよ。

その方法は、以下の記事を読んでみてください。

【重要】年間15万以上のANAマイルを貯めた方法 陸マイラーを1年やった私が紹介します

2017.03.05

まとめ

ANAのホノルル路線のエアバスA380就航日程が、2019年5月24日からと決まりました。当面は週3回のみA380の運航ですが、7月からは毎日少なくとも1便はエアバスA380での運航となる見込みです。

また、エアバスA380就航に伴い、ハワイ路線でのサービス強化も行われる見通しです。

issy
私もブログの取材を兼ねて、就航直後に、片道ファーストクラス、片道プレミアムエコノミーでハワイに訪れられたらなぁと考えています。1人でハワイ行ったら嫁に殺されそうですけど。

参考記事

JALホノルル便の最近のニュースについて ラウンジ開設・機内食リニューアル・機材大型化

2018.08.22

【2018年3世代ハワイ旅行】ホノルル行きのビジネスクラス特典航空券を3席確保したという話

2017.09.15

【重要】年間15万以上のANAマイルを貯めた方法 陸マイラーを1年やった私が紹介します

2017.03.05

SPGアメックスの肝となる部分を解説 旅行好きならメリットは絶大でお得なクレジットカード(2018年8月改定反映)

2017.01.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください