JAL国際線特典航空券PLUSの利用でFOPがたまる!必要マイル数が多い時のサービスが始まります

2018年から導入された、JAL国際線特典航空券PLUS。

必要マイル数が増える代わりに、今までなら発券できなかったような条件でも特典航空券が発券できるようになりました。

とはいえ、かなり必要マイル数が多く使い勝手も悪かったのですが、今回キャンペーンで、多くのマイルを使って特典航空券を発券した場合にはサービスが手厚くなることになりました。

今日はその制度について紹介していきたいと思います。

片道80,000マイル以上でJAL国際線特典航空券PLUSを利用した方向けのキャンペーンを実施

JALの国際線特典航空券PLUSといえば、必要マイル数は多いものの、今までよりも特典航空券が発券しやすくなった制度です。とはいえ、いくらなんでも必要マイル多すぎじゃね?と思うこともあり、不満を感じている方も多いと思います。

JAL特典航空券plusが始まった 結局どうなったの?どうすればいいの?に対する個人的見解

2019-03-23

そんな中、欧米線に片道80,000マイル以上使って特典航空券を発券した人向けへのキャンペーンになります。では、順次キャンペーンの内容をみていきたいと思います。

【本キャンペーン公式サイト】

対象期間

2019年9月25日(水)~2020年3月31日(火)【搭乗日ベース(ただし迎車サービスは到着日ベース)】

今年の9月から来年の3月までの半年間のキャンペーンになります。まぁきっと延長すると思いますけど。

対象

今回のキャンペーンの対象は、JALマイレージバンク(JMB)会員の方で、JAL国際線特典航空券PLUSにて以下欧米線のビジネスクラスを片道80,000マイル以上で交換した場合となります。

対象となるの欧米就航路線は以下のとおりです。

  • 欧州:パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン
  • 米国:サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、バンクーバー

モスクワ、ハワイ、グアム以外の欧米路線が対象となります。

もともと、JAL国際線特典航空券では、ビジネスクラスの場合、欧州は55,000マイル、アメリカは50,000マイルが必要マイル数になっています。ただし、実際にそのマイル数で発券できる座席は非常に少ないため、JAL国際線特典航空券PLUSが発動されることが多く、8万マイルを超えることが多くなります。

そして、JALマイルでファーストクラスを利用する場合、欧米線だと片道あたり必要マイルは北米で70,000、欧州で80,000マイルとなっています。また、ファーストクラスにはJAL国際線特典航空券PLUSは設定されていませんので、ビジネスクラスで、ファーストクラス以上のマイルを使用する場合、相応の待遇をする、というのが今回のポイントなんだと思います。

それではキャンペーンの特典を順次みていきましょう。

キャンペーン1 全ての会員に6,000FOPプレゼント

なんと、特典航空券でフライトするのにFOPが付与されちゃいます!というキャンペーンです。これはなかなか斬新なアイディアですね。というか、特典航空券でFOPって聞いたことないぞ?

2019年9月25日(水)~2020年3月31日(火)のキャンペーン期間中に、JAL国際線特典航空券PLUSにて対象の日本発着欧米線のビジネスクラスを片道80,000マイル以上搭乗すると、搭乗翌月下旬に、6,000 FLY ON ポイントが付与されます。

注意
キャンペーンの対象となる事後登録は、2020年4月10日までの積算完了分が対象となります。

JAL FOP修行で考えてみると…

プレゼントされるのがFOPということでJALのFOP修行をしている人にとっては注目する話。そこでJALのFOP修行の視点で考えてみると、8万マイルはeJALポイントに交換すると12万円相当になります。12万円で6,000FOPですから、単価は20円になります。

この数字だけみれば、まったく修行としては不向きなものとして捉えられます。

ただ、もともと修行とは関係なく、ヨーロッパやアメリカにビジネスクラスで行くことを予定している場合でしたら話は別です。

たとえば、基本マイルが50,000マイルとの差額30,000マイルとして考えると、45,000円で6,000FOPですから、実質的なFOP単価は7.5円となります。これはこれでアリという判断になるかもしれません。

キャンペーン2 ステータスによって異なるサービス

今回のJAL国際線特典航空券PLUSのキャンペーンのほか、保有しているJALのステータスによって、もう一つのサービスを受けることが可能となっています。

  • ダイヤモンド・プレミア会員:成田空港到着時にリムジンサービス
  • そのほか:成田空港出発時にファーストクラスラウンジ利用可能

それぞれをみていきたいと思います。

キャンペーン2-1 成田到着時に迎車サービス!

こちらはJMBダイヤモンド・JGCプレミア会員の方限定となりますが、成田空港に到着した際、車で自宅や会社などに無料で送ってくれるというサービスです。高速代なども支払う必要がありません。

注意
2019年12月29日(日)~2020年1月3日(金)はご予約・ご利用ともに対象外となります。

送迎先の範囲は、東京都、神奈川県、埼玉県及び千葉県の1都3県となり、送り先は、指定した1カ所のみ、途中経由はできません。また、羽田空港に到着する便では、このサービスを利用することができませんので、ご注意ください。

なお、この迎車サービスは事前の申し込みが必要です。JAL国際線特典航空券PLUSで予約をしたら、必ず受付期限までに電話で申し込む必要があります。

実際に利用する際は、空港ご到着後、1時間以内に成田空港1階にある「お帰りお車サービス」待ち合わせ場所まで行けば、ドライバーが車へ案内してくれるようです。

キャンペーン2-2 成田空港でファーストクラスラウンジが利用可能

こちらの対象は、JGC・JMBサファイア・JMBクリスタル・JMB会員の方となります。成田発欧米行きの特典航空券を80,000マイル以上で発券した場合、JALファーストクラスラウンジを利用することが可能となります。

注意
こちらも先ほどの特典と同様、成田空港限りとなり、羽田空港から出発の場合は対象外となりますのでご注意くだだい。

なお、本キャンペーンでファーストクラスラウンジを利用するには、搭乗の2週間前までに航空券を予約する必要があります。

通常だとビジネスクラス利用時はサクララウンジを利用することになりますが、ファーストクラスラウンジを利用できるということで、これも大きなメリットになります。

成田空港のJALファーストクラスラウンジは私も訪れたことが1度だけありますが、お寿司が提供されたり、お酒もサクララウンジよりも高級なものがおいてあったり、そして空間にゆとりがあってとても落ち着くラウンジでした。また行ってみたいですね。

実際に利用する際は、1週間前になると、JAL国際線のホームページ内にある、「利用できるラウンジ」を確認し、利用時にプリントアウトしたもの、もしくは掲載画面を見せる必要があるそうです。

まとめ

JAL国際線特典航空券PLUSて欧米線ビジネスクラスを8万マイル以上で発券した場合に、FOPがもらえたり送迎がついたり、ファーストクラスラウンジが使えるというキャンペーンの紹介でした。

JAL国際線特典航空券PLUSは、今までマイルでは発券できなかった席も追加のマイルを支払うことで利用できるというもので便利ではあります。

ただ、必要マイルが嵩む制度で、不満も多かっただろうと思います(実際のところは、今まで開放していた席数だけは、シーズンでも通常のマイル数で取れるので、不便になったということではないのですが)

そんな中、その不満を解消すべく多くのマイルを使って搭乗する人向けにサービスを追加して、少しでも不満を和らげることを意図したキャンペーンだと思います。修行している人であれば、FOPがもらえるのはなかなかうれしいことですからね。

今後、このような必要マイル数が多い人たちに対して、何かしらのサービスが提供できれば、特典航空券PLUSもより広まっていくのではないでしょうか。

参考記事

陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?本当にマイルが大量に貯まる7つのポイントサイトを紹介します

2019-09-15

JAL国内線運賃の販売ルール変更。有償航空券も特典航空券も330日前から発券可能に。

2019-06-07

JAL提携国際線特典航空券の必要マイルが大幅に上昇します!発券予定の方は急げ!!

2018-06-04

【完全解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方と、お得な使いかた

2017-08-22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください