JAL国内線運賃の販売ルール変更。有償航空券も特典航空券も330日前から発券可能に。

JALの国内線航空券の販売ルールが2019年9月から変更となるニュースが入ってきました。

今までJALは年に2回、先得と呼ばれる割引運賃の販売を行うとともに、通常の運賃や特典航空券は2か月前から販売・発券を受け付けていましたが、これが330日前からスタートとなります。

そこで、今日はどのように販売ルールが変わるのか、過渡期はどうなるのか、上級会員向けのサービスがどうなるのか、それぞれ少しみていきたいと思います。

JAL国内線航空券の販売が330日前から開始に

今まで、JALの国内線航空券の販売は、「先得」、「スーパー先得」、「ウルトラ先得」(以下、「先得系」といいます)については、年に2回一斉に販売、その他の運賃は一部の運賃を除き、搭乗2か月前の9:30から販売していました。

  • 先得系:(半期に1回(1月、8月)
  • 乗継割引28:プレスリリースにて都度お知らせ
  • 上記以外の運賃・特典航空券:搭乗2カ月前の午前9:30から

これが、2019910日から、搭乗日の330日前の午前9:30から発売・発券開始というルールに変更されます。

今まで、年に2回の先得系航空券の発売日は、JALのサイトにアクセスが集中して非常につながりにくくなり、チケットが取りずらい状況になっていたほか、当日に株主優待券で搭乗したり予約を変更したいという、チケット争奪戦に関係ない人まで、サーバのアクセス負荷により不便を被っていた部分があります。

チケットの発売日を広くとり、一斉販売をやめるということで、特定の日程の負荷が減るのはありがたいことですね。

また、330日前から航空券が販売されるということで、かなり先の予定が決まった場合、早めにチケットを抑えることが可能となりました。

issy
逆にいうと、某アイドルグループがコンサート日程を発表した段階でチケットが即時ソールドアウトするリスクもありますが…(苦笑)

ただ、発売開始となってもすぐに安い運賃にはならないと思います。ANAは先んじてこのような約1年前から購入可能な運賃体系を導入していますが、セール運賃は半年に一回出しますので、結局先の運賃は高かったりするんですよね。

特典航空券も330日前から予約可能に

今回の330日前ルールですが、有償の航空券だけでなく、特典航空券も対象となります。今まで、特典航空券は搭乗日の2ヶ月前から予約開始でしたから、一気に予約開始が早くなりましたね。むしろこちらの方がメリットは大きいかもしれません。

補足
片道3,000マイルで日本のどこかに行けるということで一部の方には人気の「どこかにマイル」については、従来通り1ヶ月前から予約開始となります。

JALマイルの新たな使い道、「どこかにマイル」で羽田から、大阪から日本各地へ

2016-12-13

さて気になるのが、JALの国内線特典航空券は、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のaviosを使って発券するのがお得ですが、BAでの発券も330日前になるのでしょうか。

これは現時点ではわかりませんが、もともとBAのシステム上では2ヶ月よりも先のチケットも表示はされる仕様になっていますし(最後の決済で弾かれる)、以前は実は2か月よりも先の予約が出来たりもしたので、JAL側が開放さえすればすんなりと予約できるようになるかもしれませんね。

2019年10月~2020年3月の先得は従来通り8月末に一斉販売

今回の改正は、2019年9月10日からとなりますので、例年8月末にあった、10月末から3月末までの航空券の販売は従来通り行われます(今回が最後の一斉販売となります)

なので、2020年にJAL修行を考えている人であれば、20198月末に3月末までのチケットが販売されるということに注意してください。

4月以降の運賃がどうなるかみえない部分もありますので、2020年の国内線修行は、3月までにある程度めどをつけることをおススメします。

過渡期の航空券予約について

以上のルールをまとめて、過渡期における予約開始日時についてまとめたいと思います。

2019年9月9日に予約できる航空券は

  • 2020年3月27日までの有償航空券
  • 2019年11月9日までの特典航空券

となります。

2019年9月10日には、

  • 2020年3月28日~8月5日までの有償航空券の予約開始
  • 20191110日~202085日の特典航空券の予約開始

この2つが同時にやってきます。

これは忙しくなりそうですね。特に、特典航空券の予約が9か月分一気に開始されることになります。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み(それも東京オリンピック開催中!)の特典予約が一斉に開始されますから、狙いを定めて航空券を確保していきましょう。

ただ、この日のサーバーも不安ですね…。つながるといいのですが…。

ダイヤモンド・プレミア会員は334日前から発券可能に

JALの最上級会員であるJMBダイヤモンド、JGCプレミア会員の場合、910日からの航空券の販売は334日前からとなります。

一般会員やJMBサファイヤ、JGC会員などは330日前から発券開始となりますから、最上級会員の場合、4日早く予約することが可能なんですね。

これは、有償航空券、特典航空券ともに同一のルールとなります。

今まで国内線の特典航空券は、最上級会員の場合、通常の会員である2か月よりも2週間早く予約することが可能でした。それに比べると4日のアドバンテージに減少こそしていますが、一般会員よりも早く予約できるのは、ありがたいことだと思います。

注意
年に2回の一斉販売のときは、JGCやサファイヤなどのステータスでも先行予約販売があったのですが、2019年8月末の一斉販売を最後に終了することになります。9月からは平会員と同等の争奪戦です

まとめ

JALの国内線航空券の予約開始が、従来の「先得系は年2回」、「特典航空券を含むそれ以外の運賃は2か月前」というルールが変更となり、原則として330日前から予約可能となります。

ただ、330日前から先得系のような割引運賃が販売されるかというと、それはちょっとわからないですねー。実際、ANAは似たようなルールを導入していますが、早い段階での国内線の運賃はなかなか高額だったりします。

とはいえ、特典航空券も早い段階で予約が可能となりますので、観光シーズンなどでは早めにチケットを確保できるメリットもあります。

このルールは9月からの予約分に対応するものですので、2020年3月末までの航空券は8月末の一斉販売となります。この点だけはご注意ください。

参考記事

JapanTaxiは全国各地で便利にタクシーを利用できるアプリ!羽田空港国内線サクララウンジでクーポンも配布!

2019-04-24

JAL特典航空券plusが始まった 結局どうなったの?どうすればいいの?に対する個人的見解

2019-03-23

JAL国際線航空券の予約受付開始日が360日前に変更!その影響を解説します

2019-02-14

【完全解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方と、お得な使いかた

2017-08-22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください