プラチナカードが初年度年会費無料!MileagePlusセゾンプラチナカードが入会キャンペーンを行っています!!

現在、通常年会費が3万円以上かかる「MileagePlusセゾンプラチナカード」が初年度年会費無料となるキャンペーンを実施しています。さっそく私も申し込んでみました。

クセはあるものの便利なユナイテッド航空のマイルを貯めることができ、コンシェルジュなどのプラチナカードならではのサービスが付帯されているカードですので、タイミングが合う人にはお勧めします。


スポンサーリンク


MileagePlusセゾンプラチナカード

今回のキャンペーンの概要はこちらになります。

MileagePlusセゾンカードにはプラチナカード、ゴールドカード、普通カードの3種類があります。今回、3つのカードのキャンペーンを行っており、特典は④までありますが、④は抽選でマイルをプレゼントなので、ここでは説明を省略します。

初年度年会費が無料

今回は、プラチナカードに限らず、ゴールドカードと普通カードも含めて、初年度の年会費が無料となります。ちなみに、各カードの年会費は以下のとおりです。

  • マイレージプラスセゾンプラチナカード:36,000円
  • マイレージプラスセゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカード:15,800円
  • マイレージプラスセゾン・アメリカンエキスプレスカード:1,500円

全部年会費が初年度無料であれば、せっかくなのでプラチナカードを発行してみたいものです。

ちなみに、プラチナカードとゴールドカードには、マイルの還元率が1.5%となる「マイルアップメンバーズ」というのが自動付帯されているのですが、普通カードには付与されていませんので、還元率は0.5%になっています。オプション「マイルアップメンバーズ」を付与することが可能ですが、これは年会費5,000円が必要となり、こちらは初年度無料になりませんので、本キャンペーンで普通カードを発行するメリットはあまりないと思います。

入会ボーナスマイル

また、年会費無料なだけでなく、ボーナスマイルが付与されます。付与されるマイルは以下の通りです。

  • プラチナカード:10,000マイル
  • ゴールドカード:5,000マイル
  • 普通カード:2,000マイル

プラチナカードの場合、発行するだけで10,000マイルもらうことができます。ゴールドカードでも5,000マイルを獲得できますね。

後ほど紹介しますが、ユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券を発見することができ、出発地と到着地の距離が800マイル以下の場合、1区間あたり必要なマイル数は5,000マイルです。つまり、プラチナカードを発行すれば、それだけで国内線(800マイル(約1,280キロ)以内)1往復分のマイルがプレゼントされるということです。

これらのマイルは、入会後三ヶ月ほどで付与されることになります。

ボーナスマイル

通常、MileagePlusプラチナやゴールドカードで決済した場合の還元は、1,000円あたり15マイル(1.5%)と、かなり高めに設定されています。

これが、一定額までは1,000円あたりさらに15マイル追加で付与されるんです。もともとの15マイルと合わせて1,000円あたり30マイルですから、マイル還元率3%と、クレジットカードとしては最高レベルの還元率になります!

この、追加で1,000円あたり15マイルについては、一定の条件があります。

1,000円あたり15マイル

追加で1,000円あたり15マイル還元の条件
  1. 入会後3か月後の10日までの利用分
  2. 上限あり(プラチナの場合:5,000マイルまで、ゴールドの場合3,000マイルまで)

入会3か月後の10日までの利用分に限られます。なので、3月中に入会した場合は6月10日、4月中に入会した場合は7月10日までとなります。

また、3%還元には上限があります。プラチナカードの場合、ボーナスマイルとして5,000マイル分までが有効なので、お買い上げ334,000円までが100円あたり3マイル、ゴールドカードの場合、ボーナスマイルとして3,000マイル分までが有効なので200,000円までが対象となります。

申込み時の注意について

初年度年会費のキャンペーンは、以下のリンク先経由のみで適用されますので、必ずここからお申込みください。

この画面が出ていることを確認してくださいね。

なお、セゾンカードの申し込み時に注意すべき点が1点あります。それが、リボ払いの選択です。

「ショッピングリボ宣言」は「申し込まない」に必ずチェックをいれるようにしてください。セゾンカードは、リボ払いにすると残債なしで翌月払いにしても、締め日と引き落とし日の日割り計算で金利がかかります。キャンペーンもたいしたことはないです。

ANA VISAカードなどのように、リボの上限額以内なら金利は発生しないカードもありますが、セゾンはそうではないのでくれぐれもご注意ください。

MileagePlusセゾンプラチナカードの概要

今回紹介する、MileagePlusセゾンプラチナカードの概要のカードの概要は以下のとおりです。

発行会社セゾンカードインターナショナル
国際ブランドVISA
年会費36,000円+税
付与されるポイントユナイテッド航空マイル:還元率1.5%
付帯機能ETCカード
海外旅行保険内容死亡1億、治療300万円
その他 VISAプラチナサービス

MileagePlusセゾン・プラチナカードは、プラチナカードですので、コンシェルジュサービスが付帯されています。VPCCという、VISAが直接契約しているコールセンターを使うことが可能となります。

いざ何に使うかって考えると悩んでしまいますが、私も何かには使ってみたいと思います。

その他、荷物をVISAプラチナサービスによって、自宅から空港、空港から自宅とも、1個あたり500円(2個まで)で配送してもらえます。空港から自宅へは、ゴールドカードでも配送が無料のカードも多いのでそちらを使えばいいと思いますが、自宅から空港は無料のカードが少ないので、こちらの500円のを積極的に使っていきたいですね。

さらに、VISAプラチナ会員は一休ダイヤモンド会員にもなることが可能です。タイムセールプランを1時間早く予約できたり、ホテルで限定特典があったりして、レストランやホテルをより快適に楽しむためのお手伝いをしてくれそうです。

その他の特典

発行元がセゾンインターナショナルなので、セゾンカードの特徴である、西友・LIVINで毎月5日と20日に5%オフで買い物ができたりする特典ももちろんついています。

国内空港のカードラウンジが使用できたりもします。

一方、プライオリティパスが付帯されていない、外食のレストラン2人目無料の施策がないなど、一般的なプラチナカードよりサービスがうすいことは否めません。このようなプラチナカードのサービスを堪能したい場合、比較的年会費が安めのカードとしては以下のカードがお勧めになります。

年会費が休めでサービスが豊富なプラチナカード
  • エポスプラチナカード(年会費2万円~3万円。年間100万円以上決済で2万ポイント還元)
  • セゾンプラチナ(ビジネス)アメリカンエキスプレスカード(年会費2万円)
  • MUFJプラチナカード(年会費2万円)

特にエポスプラチナカードは、年間100万円決済すれば、年会費が2万円となり、さらに2万エポスポイントをもらうことができるので、実質無料のプラチナカードとなり、オススメできます。

ユナイテッド航空のマイルについて

MileagePlusセゾンカードの利用でたまるユナイテッド航空のマイルは、もちろんユナイテッド航空の特典航空券に交換することが可能なのですが、ANAを始めとするスターアライアンス加盟の航空会社の特典航空券に交換することが可能です。

私は、特にANAの国内線航空券を発券するのに非常にお勧めします。その概略だけを紹介できればと思います。

メリット

ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線特典航空券を発券するのに必要なマイルは、以下の通りとなっています(以下は往復で必要なマイル数です)。

区間必要マイル
(UA)
必要マイル
(ANA-L)
必要マイル
(ANA-R)
必要マイル
(ANA-H)
東京~新千歳10,00012,00015,000 18,000
東京~大阪10,00010,00012,000 15,000
東京~福岡10,00012,00015,000 18,000
東京~那覇16,00014,00018,000 21,000

ユナイテッド航空のマイルでANA国内線特典航空券を発券する場合、2点間の距離が800マイル以下であれば、必要なマイル数は片道あたり5,000、往復10,000となります。片道800マイルというのは、東京を起点に考えれば、沖縄を除く全ての空港が範囲内となります。それを超えると片道8,000マイル必要になります。

さらに、ユナイテッドの特典航空券の特徴として、基準となる距離は出発地と最終目的地の距離で算出されることが挙げられます。実は国内線の特典航空券であっても乗り継ぎが2回まで認められており、あくまで、出発地と最終目的地の2点間の距離で計算されます。

例えば、羽田から根室中標津までは、直行便もありますが、新千歳経由で乗り換えても向かうことができます。乗継は2回まで無料ですから、この場合、どちらの場合も必要マイル数は片道5,000マイルと、同じになります。

こちらは東京から福岡に行くのに、新千歳経由でいくなんて行程です。これも明らかに遠回りで、総飛行距離でいえば800マイルを超えますが、あくまで東京から福岡までのマイル数と同じ計算がなされるので、必要マイルは5,000マイルになります。

普通の感覚でいけば、なんて無駄な時間だと思うかもしれません。それでも、札幌に長い時間滞在できれば、一度のマイルで札幌と福岡に両方いけるという楽しみもできますね。

このように、ちょっと変わった使い方ができるので、興味を持った方はいろいろと調べてみるとよいと思います。私ももっと勉強して、お得に使いこなせたらなぁと思います。

デメリット

ただですね、ユナイテッド航空のマイルは、JALやANAのマイルと比べて、少し癖があります。それが、21日より前になると直前発券手数料として75USドルが別途かかるというものです。(往復の場合は片道のみ。ステータスによって減額あり)

なので、3週間前を切ったらおとなしくANAやJAL、あるいはBAの特典航空券を使いたいなぁと思います。

まとめ

ユナイテッド航空のマイルが貯まるプラチナカードである「MileagePlusセゾンプラチナカード」が、初年度年会費無料になるというキャンペーンの紹介でした。このキャンペーン、ときどき行っているようです。

プラチナカードとしてはサービスは少な目ですが、初年度年会費無料で、1万マイル以上のユナイテッド航空のマイルがもらえ、クレジットカードの還元率が最大3%ということを考えれば、発行をお勧めできるカードです。

なお、年会費無料などの本キャンペーンは以下のリンク先から限定となりますのでご注意ください。

スポンサーリンク


参考記事

アトレビューSuicaカードを発行!そのメリットをお伝えします

2017.11.24

海外旅行に保険が必要か、カードで十分か

2017.10.08

エポスゴールドカードを1年間本気で使ってみた感じたメリット・デメリット

2017.04.06

SPGアメックスの肝となる部分を解説 旅行好きならメリットは絶大でお得なクレジットカード

2017.01.03

3 件のコメント

  • はじめましてッ。
    上記記載以外に
    VISAプラチナサービスとして、
    期間限定で「一休.com」のダイヤモンド会員になれますよ。
    通常6ヶ月で¥30万の利用が必要ですが、
    いきなり最上級会員になれます。

  • orange1414さん

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    早速1文とプレミアサービスへのリンクを追加してみました。

    またブログをのぞきに来てください!

  • はじめまして。質問です。
    MileagePlusセゾン普通カード(Amex)持ってるんですがキャンペーンの対象になりますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください