【再開&延長】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスがオトクすぎ!JR北海道6日間特急乗り放題で12,000円!ルールや購入方法、実際に利用したルートを解説。

全国各地で観光客の回復などを目的に、国内旅行に対して補助する施策が行われています。

観光業が盛んな北海道でも道が補正予算を組んでおり、「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」というもので、北海道の公共交通の需要喚起を行うようです。

これにより、公共交通機関のフリーきっぷなどの企画乗車券が割引になります。JR北海道全線の特急自由席が乗り放題の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」というのが発売され、なんとJR北海道が6日間12,000円で乗り放題となります。

2020年夏に投入されて大盛況だったこのきっぷが、2022年度にも延長されることになりました!北海道の長距離運転は大変なので、これは北海道周遊旅行の強い味方になりそうですね。

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの概要

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスは、JR北海道内の在来線特急列車の普通車自由席及びジェイ・アール北海道バス(一部路線を除く)が6日間乗り降り自由なきっぷです。

JR北海道内の在来線特急がすべて利用可能なので、このきっぷ1枚で、函館、札幌、旭川、網走、稚内、釧路などの道内主要都市に自由に行くことが可能です。

基本的に自由席利用なのですが、6日間で指定席を4回まで利用することができます。北海道をくまなく旅行する人には、この上ない非常におトクなきっぷです。

注意
ただし、道東で運行している「SL冬の湿原号」に乗車する場合は、この4回の指定席券を利用することができず、別途購入する必要があります。この冬から、JR北海道ではSLは別の指定席として値上げしたもので…

利用期間

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの利用期間は、2022年3月26日から6月30日までの連続する6日間になります。

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスは「連続する」6日で利用することが条件なので、3日乗ってまた別の日程で3日利用する、といった利用方法はできません。

また今回すごいのが、通常このような割引運賃の適用除外になるゴールデンウイークも対象になっていることです。このきっぷは有効期間が6日間と長く、有効に利用するにはそれなりに休暇も必要となりますが、ゴールデンウイークに使えるとなると、この期間に北海道周遊旅行をぶち当てたくなります。

issy
今回私はGWに宮崎を予約済なので行けませんが、予約していなかったら行ってただろうな…

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの発売期間

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの発売期間は、2022年3月25日~6月24日となっています。

なお、チケットの購入は使用開始の前日までに済ませる必要がある点に注意が必要です。当日に札幌駅や新千歳空港駅などのみどりの窓口で「今日から6日間!」とお願いすることはできません。

とはいえ、この後紹介しますが破格すぎて、6日間使わなくてもじゅうぶん元を取ることは可能です。3~4日で元はとれるかな…。

また、今回のHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスは、北海道の補助金事業である「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用しているため、補助金の上限に達した場合は、発売期間中でも発売を終了します。

実際、2020年に同様のきっぷが発売された際、7月から1月までの予定で発売されましたが、9月下旬に予算が尽きて終了となっています。

注意
新型コロナウイルス感染症の拡大により発売を一時休止することがあります。実際2022年1月には中止しました。

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの料金

今回のHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスは、北海道内で6日間特急自由席乗り放題で、料金は12,000円となっています。ちなみに子供用料金の設定はないので、小学生以上の子供も同様に12,000円となります。

1日あたりに換算するとなんと2,000円です!普通列車に乗り放題の青春18きっぷの1日単価が約2,400円ですから、それよりも安いという、もうなんというか破格のバーゲンセールですよ。

ちなみに、ふだんJR北海道で販売しているフリーきっぷに「北海道フリーきっぷ」というのがあって、これは7日間特急自由席乗り放題で料金が27,430円ですから、利用期間が1日短いといえ、これの半額以下の料金設定となっています。

これはお得すぎます。北海道周遊旅行をしたいと思っていた人は、この機会に北海道いかないとだめでしょう!!

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスの購入方法

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスは、利用前日までに、JR北海道の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センターで購入することが可能です。

東京や大阪など、JR北海道以外のエリアでは購入することができません。

そして、このきっぷ最大の難点が前日までに購入しなければいけないというルールです。北海道に到着した初日にきっぷを利用することができないのは、旅の計画をたてる上で注意が必要です。

一番効率的なのは、アクティブな旅程を始める前日の夜のうちに新千歳空港にたどり着き、千歳駅周辺のホテルに宿泊することだと思います。千歳駅周辺にはクラウンプラザやルートインなどホテルも充実していますので、困ることはありません。

切符の購入に際しては窓口に並ばなくても、札幌駅や新千歳空港駅などの主要駅に設置されている指定席券売機を使えば、HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスを購入することが可能です。

指定席券売機の最初の画面で「QRコードの読取」を選択し、このQRコードをにかざすだけで、面倒な操作なしに簡単にHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスを購入することができます。使う予定がある人はぜひ覚えておいてください!ぜひ本記事のブクマを!(笑)

また、4区間まで指定席を利用することが可能ですが、座席指定券もこのタイプの自動券売機で「指定席」を選択→「回数券・オトクなきっぷに座席指定」を選択することによって発券可能です。

補足
JR北海道の自動券売機は、JR東日本と同じインターフェイスを採用しているため、基本的な操作感も同じになっています

観光やお土産の割引も受けることが可能

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス購入者には、切符以外にも北海道観光をお得にすごすことができる割引などのサービスがあります。

まずは宿泊施設での特典です。

道内の主要なホテルでは、HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスレイトチェックアウトやドリンク1杯無料などのサービスがあったりします。レイトチェックアウトは1時間程度ではありますが、旅行最終日などゆっくりしたいときには有難いサービスです。

このほか、まだ公開はされていませんが、観光地やお土産屋での特典も予定されています(以下の記載内容は前回発売時のキャンペーン内容です)。

例えば、札幌駅直結のJRタワーの展望台「タワー・スリーエイト」は通常入場料が740円かかりますが、これが無料になります。札幌に行かれた方であれば大通公園のタワーや藻岩山などに登ったことがある人は多いかと思いますが、なかなかJRタワーに登ったことがある人は多くないのではないかなと思います(私もありません)。この機会なのでぜひどうでしょうか。

また、キヨスクや北海道四季彩館などでHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスを提示すると、10%の割引を受けることが可能です。ただし、石屋製菓や六花亭、ロイズなど、割引対象外商品があるのは注意が必要です。

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスはどのくらいオトクなのか

このHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスですが、年末年始を含め自由利用できるフリーきっぷで、他のJR各社のフリー切符に比べて、圧倒的に使いやすくなっています。

唯一といえるデメリットは、北海道到着日に購入できないことです。これを回避する一つの方法として、たとえば周遊開始の前日夜に新千歳空港に到着する便で到着し、駅できっぷを購入後、千歳や札幌のホテル等に宿泊する方法がよさそうですね。

issy
広い北海道なだけあって、フリー切符の期間も6日間となっているんですね。

6日間12,000円で乗り放題と聞いただけで、どう考えてもお得なのはわかると思いますが(笑)、念のため解説しておくと、札幌から釧路、網走や稚内まで、普通に切符を購入すれば片道料金が約1万円なので、これらとの往復だけで十分に元が取れてしまいます。

とはいえ、JR北海道には席数限定の割引きっぷの設定がありますから、定価で計算するとアンフェアなのでこれを使った場合を計算しておきましょう。

お先にトクだ値を使うと、札幌ー釧路で最も良い割引適用で往復10,000円、網走や稚内では14,000円以上かかります。つまり、割引きっぷを考慮しても、札幌から道東、道北までの往復に、札幌と新千歳空港の往復をつければ、十分元がとれるという計算です。

北海道を周遊すれば破壊力は抜群

フリー切符の期間が6日間もあるので、たとえば、南千歳→(特急おおぞら)→釧路→(釧網本線)→網走→(特急オホーツク)→札幌→(特急北斗)→函館と、逆「の」の字でぐるっとまわるような周遊旅行を考えれば、これはもうめちゃくちゃオトクということになります。

北海道周遊というのは私もまだ大学生のころ、2004年の3月にやっています。このときは流氷をみにいったのですが、まぁ吹雪がひどくて大変でした(笑)

特にこの季節、雪が多いのでやっぱりドライブはなかなかしんどいですが、鉄道であれば楽に都市間を移動することができます。

2020年7月に実際に使ってみた際の様子

私も実際にこの「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を利用して、2020年7月に北海道旅行をしてきました。

このとき、周遊旅行も最初は考えたのですが、このときは「サッポロ夏割」という、札幌市内のホテルが実質8,000円引きとちょっと考えられないくらい格安になるキャンペーンを実施していたため、周遊よりも札幌に宿泊した方がオトクということから、札幌を中心に、道内各地に日帰り旅行を楽しむというスタイルで旅行しました。

夕方に北海道に入り、HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスを購入して準備したのち、翌日朝からは富良野に日帰り旅行をしました。富良野は札幌から2時間ほどで行くことができるため、日帰りでも全然苦にならない距離です。この日は札幌から「フラノラベンダーエクスプレス」という富良野直行の特急があったため、乗り換えなしで富良野にいくことができました。

札幌から日帰りで富良野に行こう!車なしでまわるモデルコースを紹介

2020-08-20
issy
6月だと富良野のラベンダーも見ごろを迎えていると思います。

富良野にいった翌日は、日本最北の地である稚内の宗谷岬にも日帰りで行ってきました。札幌から稚内への日帰り旅行も可能です。

稚内までは札幌から300キロ以上あるため、35%割引されるえきねっときっぷを使っても札幌と稚内の間は片道で7,360円かかりますので、稚内往復だけでも、十分にきっぷの元がとれます(私は帰りは飛行機を使ってしまいましたが、富良野をあわせて元はとれました)

札幌から稚内への日帰り旅行にチャレンジ!レンタカーなしでも楽しめます!

2020-08-13

このとき実際私が利用した際は、こんな感じでした。

区間 列車 通常料金
札幌→富良野 特急フラノラベンダーエクスプレス(指定席) 7,110円(ふらの・びえいフリーきっぷ)
富良野→札幌 特急フラノラベンダーエクスプレス(自由席)
札幌→稚内 特急宗谷(指定席) 7,360円(えきねっとトクだ値)
新千歳空港→札幌 快速エアポート(指定席) 1,680円(uシート込み)
札幌→新千歳空港 快速エアポート(指定席) 1,680円(uシート込み)
合計 17,830円

指定席4回も利用し、富良野往復と稚内片道、そして新千歳往復で最も安いきっぷを選択したとしても17,830円かかっていますから、これだけで、少なくとも5,000円以上オトクになっています。

まぁ快速エアポートで指定席(Uシート)を使っちゃったりはしていますが、それを除いても4,000円以上お得でした。

まとめ

北海道の交通機関を支援する「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」が始まります。これを利用して、JR北海道が、6日間特急乗り放題の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を破格の12,000円で再び販売することになりました。

観光振興のために、JR九州が2日間1万5千円で乗り放題(延長に期待…))とか、JR四国が3日間9,000円の乗り放題切符(これは終了)をだしていますが、JR北海道の6日間12,000円はもう破格すぎてしょうがないレベルです。それも九州も四国も去年から値上げしましたが、北海道はお値段据え置きです。

北海道は広いので、いざドライブで回ろうとすると運転時間が長時間になりがち。鉄道で回れるエリアは限られますが、それでも1週間かけて、のんびりと北海道を周遊する旅行なんかもいいのではないかなと思います。

実際私も利用しましたが、北海道にさえいけば簡単に購入できて、非常にお得だなぁと感じました。あまりにお得すぎるので、「元を取る」ことを気にしなくていいので、気ままな旅にも使えると思います。

これから少しずつ気温も上昇していく北海道の観光シーズンはこれからです。北海道周遊旅行を考えている人は、ぜひチェックをしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください