九州をオトクに鉄道旅行できるJR九州「みんなの九州きっぷ」を紹介!

現在は緊急事態宣言中のため旅行しにくい状況ですが、緊急事態宣言があけたら、GoToトラベルの再開は微妙ではありますが、それでも少しずつ旅行も始めたいですね。

そんな中、九州への旅行を考えている方には、週末乗り放題のきっぷ「みんなの九州きっぷ」の販売が3月まで行われているので、ぜひ利用してほしいなと思います。私も利用する予定です。

乗り放題きっぷのよいところは、複数都市の旅行がオトクになることです。九州や四国までは飛行機でいき、島内を鉄道で回って旅行するというスタイルにも向いていると思うので、ちょっと紹介したいと思います。

JR九州「みんなの九州きっぷ」がとにかくオトク

JR九州では、「みんなの九州きっぷ」という、JR九州の各線が乗り放題のきっぷを7月から発売しており、2021年3月まで販売が延長されています。

このきっぷでは、2日間、JR九州の九州新幹線や在来線の特急を含む、すべての列車の自由席に乗車することが可能です。また指定席も2日間で6回だけ利用できます。新幹線の特急料金まで含まれているフリー切符は、今となってはかなりレアなきっぷだと思います。

issy
昔はJR東日本でも新幹線が利用できるフリーきっぷもあったんですけどね…

JR九州内の新幹線や特急がすべて利用可能なので、このきっぷ1枚で、福岡、長崎、熊本、鹿児島などの九州主要都市に自由に行くことが可能です。

対象となるエリアはJR九州のほか、⼭陽本線(下関〜⾨司間)もフリー切符の範囲内なので、下関にも行くことが可能です。ただし、九州内でも、山陽新幹線の小倉=博多=博多南はJR利用することができないといった制約があります。

基本的に自由席利用なのですが、2日間で指定席を6回まで利用することができます。九州をくまなく旅行する人には、この上ない非常におトクなきっぷです。

九州新幹線やゆふいんの森も乗り放題

JR九州には九州新幹線のほか、博多と湯布院を結ぶ特急「ゆふいんの森」をはじめ、「あそぼーい」、「海幸山幸」など独創的な特急列車が多数あります。あと、博多と長崎を結ぶ「かもめ」や博多と大分を結ぶ「ソニック」など、ふつうの特急もいちいちかっこいいいです。

これらの特急のうちの一部は全車指定席のものもありますが、みんなの九州きっぷでは、普通車指定席が2日間で6回まで利用することが可能なので、このきっぷを使ってJR九州が誇るジョイフルトレインを楽しむことも可能なんです。

電車が好きな子供ならJR九州の特急は喜ぶこと間違いなしです。子供を連れてJR九州の特急を楽しむ週末旅行なんてのもいいかな、と思います。

対象エリアは2種類

みんなの九州きっぷには、「全九州版」と「北部九州版」の2種類の切符があります。

全九州版は、その名の通り、九州全体のエリアを対象としたきっぷになります。一方、北部九州版は大分から阿蘇を通って熊本を結ぶ豊肥本線よりも北側と、「特急A列車で行こう」が走っている、三角線がフリーエリアとなります。

北部九州版は、熊本や大分のほか、長崎もフリーエリアに入っていますので、意外と北部九州版でもエリアは広いですね。観光列車は南九州が多いのですが、観光メインの方は、北部九州版でもけっこう使えそうです。

利用可能期間

今回「みんなの九州きっぷ」ですが、3月28()までの、連続する土日祝日となっています。平日をからめた日程は利用できません。基本は土日の2日間となります。

補足

男性60歳以上、女性50歳以上なら入会することが可能な「ハロー!自由時間クラブ」の会員の方は、曜日にかかわらずいつでも利用できる「みんなの九州きっぷ(ハロー!会員限定用)」を販売しています。

料金

今回の「みんなの九州きっぷ」の料金はそれぞれ以下のとおりとなっています。

エリア おねだん 有効期間
大人 こども
北部九州版 6,000円 1,000円 土日祝日で連続する2日間
全九州版 12,000円 2,000円 土日祝日で連続する2日間

北部九州版は6,000円で熊本・大分以北が、全九州版は12,000円でJR九州の全路線2日間が乗り放題となっています。

ただでさえこの料金は破格だと思いますが、さらに子供料金は北部九州版で1,000円、全九州版で2,000円と安すぎます!なので、子供を連れた鉄道旅行には非常におススメな切符になります。鉄道好きなお子さんに、いろんな鉄道に乗せてあげたい!と思わせるきっぷです。

どれくらいお得かというと、熊本から博多まで、九州新幹線で移動すると約5,000円、鹿児島中央から博多まで、片道で九州新幹線を利用すると約10,000円となっています。実際にはJR九州は高速バスとの競争が激しいため、ネット限定の割引切符があるのですが、それでも往復すれば十分元はとれる計算です。

通常料金で換算すれば、エリア内を片道新幹線で移動するだけで元がとれてしまうという切符ですから、破壊力抜群であることがわかっていただけるかと思います。

発売条件・購入方法

今回の「みんなの九州きっぷ」は、「JR九州Web会員」に登録して、「JR九州インターネット列車予約」で利用日の3日前の23時までにまでに、予約・決済(支払い)を行う必要があります。

みんなの九州きっぷはJR九州インターネット列車予約での限定発売なので、駅の窓口等では発売していないことには注意が必要です。旅行にでかける前に、Webで予約、購入するのを忘れないようにしましょう。また、前日・当日の予約もできないのでご注意ください。

「JR九州インターネット列⾞予約」で予約・購⼊したら、JR九州かJR西日本の自動券売機できっぷを発券する必要があります。

関東や東北の方であれば九州についてから発券することになりますし、関西地方や中国地方の方であれば、旅行前にJR西日本の駅で事前にきっぷを受け取ることが可能なほか、併せて指定席の予約をすることも可能です。

「みんなの九州きっぷ」を発券する際には以下の3つが必要です。

  1. 予約時に指定したクレジットカード
  2. 予約番号(「6」から始まる5桁の番号)
  3. 申込み時に指定した電話番号の下4桁

これらを忘れずに旅行にもっていき、乗⾞の前にJR九州・JR⻄⽇本の主な駅のみどりの窓⼝または指定席券売機等で必ずきっぷを受け取ってから利用することになります。

東海以東の人は指定席を事前に予約できないのがデメリット…

ここまで「みんなの九州きっぷ」のメリットを紹介してきましたが、一つだけデメリットがあって、それが「指定席がネット予約できないこと」です。

「みんなの九州きっぷ」では、先ほど紹介したとおり6回まで指定席を利用することが可能なのですが、指定席券はJR九州またはJR西日本の自動券売機でしか発券することができません。ネットで指定席を予約することができないんですよ。

九州の方や、JR西日本の券売機も対応しているので中国地方や近畿地方の方であれば、ネットできっぷを購入した後に駅に赴き、駅できっぷ本体を発券した後に併せて指定席を予約すればいいのですが、東海地方より東に住んでいる人であれば、事前に指定席の予約ができず、旅行当日、九州についてから指定することになります。

特に、観光列車の「指宿のたまて箱」や「A列車でいこう」は全席指定席のため、週末は相当座席が埋まっていることが想定され、九州に到着してから予約しようとしても満席になっている可能性があるというのは、非常に残念なことです。

JR九州は楽しい鉄道がいっぱい!

JR九州は、昔から他のJRに比べて斬新的なデザインの特急列車を作っているイメージがあり、実際に、D&S(デザイン&ストーリー)列車事業ということで、デザインと物語のある列車で九州を楽しむことができます。

これらの列車の多くは特急なのですが、「みんなの九州きっぷ」では特急を含め乗り放題なので、こういったD&S列車を楽しむのにも利用できると思います。

注意
ただ、先ほどから書いている通り、これらの列車の多くは全席指定制のため、事前にJR九州または西日本の駅の自動券売機で、座席指定を受ける必要があります。

A列車でいこう

特急「A列車で行こう」は、熊本県の熊本駅と三角駅の間を約40分で結ぶ特急列車で、1日3往復しています。

その列車名から某ゲームを想像してしまいますし、私も最初名前を聞いたときは関係あるのかと思ったのですが、、全然関係ありません(笑)A列車のAは「天草」のAであり、「アダルト」のAなんだそうです。

車内は16世紀の南蛮文化をイメージしたものとなっており、バーなどもあります。バーでは、熊本名産のデコポンを使用したハイボールなどを楽しむことができるそうです。

終着の三角駅には大きい観光スポットはありませんが、船で天草にわたることなども可能です。

指宿のたまて箱

特急「指宿のたまて箱」は、鹿児島県の鹿児島中央駅と指宿駅の間を約1時間で結ぶ特急列車で、1日3往復しています。

もともと竜宮伝説が薩摩半島に伝わっているので、白と黒の玉手箱をイメージして塗装されています。私も最初このデザインをみたときはびっくりしました。

車内には地元の杉が使われており、落ち着いたトーンになっています。また、窓に向かって座席を配置しており、薩摩湾の美しい景色を楽しむこともできそうです。

終着の指宿といえば温泉。そして砂蒸し風呂がとても有名です。駅の近くでも体験できるということなので、ただ鉄道を楽しむだけでなく、砂蒸し風呂も楽しんできたいと思います。

海幸山幸

特急「指宿のたまて箱」は、宮崎県県の宮崎駅と南郷駅の間を約1時間半で結ぶ特急列車で、1日1往復しています。

宮崎で「山」といえばあまりイメージがわかないかもしれませんん。宮崎といえば美しい海岸線が有名ですが、山も高千穂峡などの観光資源もあります。また、この海幸山幸で使用されている車両は、トロッコ列車を改造した車両なので、窓が大きいことが特徴です。

車内は海をイメージした車両と山をイメージした車両に分かれているので、行きと帰りで車両を変えてみてもいいのではないでしょうか。また、車内では、車名にも使われている南九州で伝わる古代神話「海幸彦・山幸彦伝説」を手作りの紙芝居で紹介しています。

終点の南郷は海の保養地なので、数時間の観光をするところはそんなに多くはないかもです。その手前にある飫肥は城下町ですから、こちらで散策されるのがいいと思います。

まとめ

JR九州のフリー切符である「みんなの九州きっぷ」の販売が、12月まで延長されるということです。

九州新幹線を含めた特急が追加料金が利用できて、JR九州の全線に加え、山陽本線の下関ー門司を含めて乗り放題で1万円というのもは非常に魅力的です。

今年は国内旅行を計画されている方も多いと思いますが、このようなお得なきっぷもあるので、たとえば1都市、1施設滞在ではなく、飛行機で九州に行くのに、到着地と出発地を別の空港にして、その間を移動するような旅行というのもいいのではないでしょうか。

issy
私も「みんなの九州きっぷ」の活用を検討しています。まだ九州新幹線に乗ったことがないので、この機会にちょっと乗ってみたいなぁ、と思っています。

なかなかこのレベルの割引きっぷはそうそうでるものではないと思います。ぜひ、有効に活用して、旅の一つのアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、北海道にもやっすいフリー切符があります。北海道での鉄道旅行も超おススメなので、ぜひこちらの記事もご覧ください。

全国各地で観光客の回復などを目的に、国内旅行に対して補助する施策が行われています。観光業が盛んな北海道でも道が補正予算を組んでおり、「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」というもので、北海道の公共交通の需要喚起を行うようです。これにより、公共交通機関のフリーきっぷなどの企画乗車券が割引になります。JR北海道全線の特急自由席が乗り放題の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」というのが発売され、なんとJR北海道が6日間12,000円で乗り放題となります。HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスが販売HOKKAIDO LOVE!6日...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください