9月10日からJALの国内線は有償航空券も特典航空券も330日前から発券可能に。チケット発券を見逃すな!

以前にも当ブログで紹介しましたが、JALの国内線運賃の販売スケジュールが9月から変わるという話、そろそろ時期が近づいてきました。

JAL国内線運賃の販売ルール変更。有償航空券も特典航空券も330日前から発券可能に。

2019-06-07

JALの国内線航空券が330日前から有償、特典航空券ともに発券可能となるというのが今回の改定ですが、ということは国内線の特典航空券が、9月10日に一斉に開放されるということになります。つまり、JALの特典航空券が選び放題な一日になります。JALマイルがある人はちょっとウォッチしておいた方がよいと思います。

JAL国内線航空券の販売や特典航空券の予約が330日前から開始に

まずは今回の制度改定のおさらいをしたいと思います。

今まで、JALの国内線航空券の販売は、「先得」、「スーパー先得」、「ウルトラ先得」(以下、「先得系」といいます)については、年に2回一斉に販売、特典航空券の発券やその他の運賃は一部の運賃を除き、搭乗2か月前の9:30から販売していました。

  • 先得系:(半期に1回(1月、8月)
  • 乗継割引28:プレスリリースにて都度お知らせ
  • 上記以外の運賃・特典航空券:搭乗2カ月前の午前9:30から

これが、2019910日から、搭乗日の330日前の午前9:30から発売・発券開始というルールに変更されるというのものです。

そして、今回の改定である「330日前ルール」のミソは、有償の航空券だけでなく、特典航空券も対象となることです。

今まで、特典航空券は搭乗日の2ヶ月前から予約開始でしたから、一気に予約開始が早くなりました。むしろこちらの方がメリットは大きいかもしれません。イベントや法事など、早い段階から日程が決まっている予定や旅行などがあった場合、早めにマイルでの旅行を確定することが可能となりますから。

補足
片道3,000マイルで日本のどこかに行けるということで一部の方には人気の「どこかにマイル」については、従来通り1ヶ月前から予約開始となります。

JALマイルの新たな使い道、「どこかにマイル」で羽田から、大阪から日本各地へ

2016-12-13

9月10日はJAL国内線特典航空券の大量解放!見逃すな!

で、今回のこのルールをみていくと、システムが切り替わる9月10日というのは、JALユーザにとってはとっても大事な日なんですね。

というのも、この制度が始まる2019年9月10日には、

  1. 2020年3月28日~8月5日までの有償航空券の予約開始
  2. 20191110日~202085日の特典航空券の予約開始

この2つが同時にやってきます。

そうなんです。有償もそうなんですが、特典航空券の予約が9か月分一気に開始されることになるんです。

そして、このように制度が変わったり、新たな就航路線があったりする日というのは、特典航空券の発券のねらい目となります。

多くの人が特典航空券を発券しようとしますが、人によって行きたい日や場所が異なりますから、航空券の狙いが分散され、チケットが取りやすくなるのです。

特に今回は、2019年から20年にかけての年末年始、2020年のゴールデンウィーク、2020年の夏休み(それも東京オリンピック開催中!)の特典予約が一斉に開始されます。

もう来年の夏休みのことまで考えなきゃいけないのはちょっと大変といえば大変ですが、今回を逃すと特典航空券の確保は難しくなるかもしれません。少し真剣に考えておいて損はないと思うんですよね。

ということで、今回の一斉開放では忙しくなりそうですね。JALマイラーとしては、優先順位をきめて、狙いを定めて特典航空券を確保していきましょう。

気になるのが、9月10日の何時に9か月分の特典航空券が解放されるのか、現時点ではアナウンスされていません。ただJALは割と開放時間をきっちり書くことが多い中、今回は記載がないので、0時もあると思っています。

または、翌日以降追加していく9:30に合わせるかもしれません。まぁ、念のため0時にスタンバイしておくのがよいと思います。私はスタンバイします。

issy
まぁ、心配なのはJALのホームページが落ちないかということですね。つながるといいのですが…。まぁ半分あきらめていますけど

一点気になるのが、JALの国内線特典航空券は、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のaviosを使って発券するのがお得ですが、BAでの発券も330日前になるのでしょうか。

これは現時点ではわかりませんが、もともとBAのシステム上では2ヶ月よりも先のチケットも表示はされる仕様になっていますし(最後の決済で弾かれる)、以前は実は2か月よりも先の予約が出来たりもしたので、JAL側が開放さえすればすんなりと予約できるようになるかもしれませんね。

私も様子を見ながら、BAでも発券できるのか試してみたいと思います。

ダイヤモンド・プレミア会員は334日前から発券可能に

JALの最上級会員であるJMBダイヤモンド、JGCプレミア会員の場合、910日からの航空券の販売は334日前からとなります。

一般会員やJMBサファイヤ、JGC会員などは330日前から発券開始となりますから、最上級会員の場合、4日早く予約することが可能なんですね。

これは、有償航空券、特典航空券ともに同一のルールとなります。

今まで国内線の特典航空券は、最上級会員の場合、通常の会員である2か月よりも2週間早く予約することが可能でした。それに比べると4日のアドバンテージに減少こそしていますが、一般会員よりも早く予約できるのは、ありがたいことだと思います。

まとめ

JALの国内線航空券の予約開始が、従来の「先得系は年2回」、「特典航空券を含むそれ以外の運賃は2か月前」というルールが変更となり、原則として330日前から予約可能となります。

これにより、2019910日には、国内線特典航空券の一斉開放が行われることになります。

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みまでの特典が一気に開放されますので、JALマイラーの方ですでに予定が決まっている方は、ぜひとも9月10日に特典航空券を覗いてみてください。また、予定が決まってない方も、この週末に検討してみてはいかがでしょうか。

私もなんか発券しようと思っています。

参考記事

JapanTaxiは全国各地で便利にタクシーを利用できるアプリ!MovやDiDiよりも便利!

2019-09-20

JAL特典航空券plusが始まった 結局どうなったの?どうすればいいの?に対する個人的見解

2019-03-23

JAL国際線航空券の予約受付開始日が360日前に変更!その影響を解説します

2019-02-14

【完全解説】JALマイルを大量にためる効果的な貯め方と、お得な使いかた

2017-08-22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください