【2006年初めての海外旅行】イタリア・フランス卒業旅行記(8)ミラノ観光 ~サンシーロで欧州CL!~

イタリア・フランス旅行8日目はミラノを終日観光しました。そしてこの日はサンシーロでチャンピョンズリーグの観戦日でもあります。

この頃は欧州サッカーに全く興味がなかったのですが、今考えると、すげぇところに行ったんだなーと思います。自慢できる話だもんな。

【昨日の様子はこちら】

【2006年初めての海外旅行】イタリア・フランス卒業旅行記(7) ~ゴンドリエ武藤~

2018.07.11

昼間はミラノ観光

今日はミラノ観光。そして欧州CLの観戦の日。ホテルが郊外すぎてタクシーですら移動できる距離ではないので、電車でミラノ中央駅き向かいます。

とりあえずホテルから最寄りのLODIの駅まで出る。が、行って見るとビックリ。遅れまくりです。

確かに「来ない、着かない、遅れます」のイタリア鉄道って言うけど、こいつはびっくりだ。とりあえず9;29発の特急が10:15くらいに着た。当然特急は特急料金が必要なわけだが、向こうを見ると、

添乗員ナターシャ氏が乗り込んでいるではないか!

電車遅れたから特急に乗ってもOKとかそういう特例がでたのかも知れないと思い、ウチ等も乗り込む。が、ナターシャ氏に聞いたら、「これ特急なの?」との事(爆)

検札来ないか結構ビビッた。そういえば、以前特急「やくも」で出雲から岡山に向う途中、倉敷から乗り込んできた確信犯が検札にひっかかったのを見ているので、それ以来チキンなんですよね。

けど検札も来ず、無事にミラノ中央駅まで到着。

ミラノ中央駅、めちゃくちゃでかいです。マジで。ローマ・テルミニ駅のような地下のショッピングセンターとかはないけれど、色んなところから電車が集まっています。が、やはりここでも電車が相当遅れています(笑)

こちらがミラノ中央駅の駅舎。駅がもはや観光地化されているってすごい。旅行前にもどこかで「ミラノ中央駅はすごい」と聞いていたもんな。

ここから地下鉄でドゥーモへ。ミラノの地下鉄は全線1ユーロなんだが、なんか俺がきっぷ買ったら画面に、1.15€とか出てきた。これを買ったものの、なんか違うような気がしたんだが、欧米の地下鉄の多くと同様、改札は入る時しかきっぷ通さないので、入っちゃえばOKみたい。

ドゥーモ到着。はい、工事中です(笑)出発前から聞いてはいたが、工事中とは非常に残念である。なんか、普段はハトがいっぱいいるみたいだが、今日はあまりいない。その理由は後で分かる事となる…。

どうやら広場にいくと赤いユニフォーム姿の人々が。見るとそれは、

アヤックスのユニフォームではないか!

オランダのサッカーチーム、アヤックスファンがドゥーモ前に集結しています。そう、今日はインテルvsアヤックスの欧州CLの試合。正直いって怖かった。が、これは序章のうち…。

ドゥーモの近くにあるガッレリアへ向かいます。ここはプラダの本店や、ヴィトン、グッチなどのブランド街ともなってます。ここで、そう、俺はプラダの定期いれを頼まれていたのですが、探してもなかなかない。というよりは、俺の英語がいけなかったのかも知れないが、聞いてもでてこない…。

ガッレリアの中にはマックもあります。マックと言えば、ゴールデンブリッジと言われる、黄色いMの字のマークでございますが、ここのマックは景観を守るために、大分自己主張が弱くなっております。そういえば、単位取得が楽と有名な「アメリカの文化」とやらの授業でこんなこともやったなぁと思い出す。

さて電車が遅れたせいもあり、ここで早くも昼食の時間になりました。この日はガッレリアの中のレストランに入る。よく考えたら久々に昼食を建物の中で食べてますね(笑)

お店には日本語出来る人もいて、少し高いけどおいしかった。おススメと言われたイカ墨のパスタを食す。うん、実は生涯初のイカ墨だったんだが、なかなかいけるではないか!

午後は、ちょっと友人たちと別行動をとる。定期いれを探すべく、かなり離れているプラダも入っているアウトレットへ向かいます。が、40分歩いた挙句、道に迷ったので撤収。中央駅が見えたので地下鉄乗車。

この後、本人の希望を改めて確認するために国際電話。日本は朝なので、かけると相手もびっくりしていた。3分ちょい話した。あとで確認したら、この時の通話料1120円なり。もうびっくり。

補足
当時の国際電話はけっこう高かったんですよね…。今からLINEで電話できちゃうけど…。

その後友人達と合流。デパートで少し休んで合流場所のドゥーモの前に行くと、

警察と赤いユニフォームの衝突

騒然としていましたね。アヤックスファンがヒートアップしています。この写真は一騒ぎ終わった後のものですが。ドゥーモ広場には大量のビールの缶が捨ててあります。サッカーの事情を知らない日本人観光客などはびっくりしていることでしょう、いつもと完全ににぎわい方が違うんだから。

補足
オランダのサッカーファンはヤンチャで有名です(笑)2014年のW杯中にアムステルダムに滞在しましたが、なかなかのものでしたよ。

ドゥーモの近くに、レオナルド・ダ・ヴィンチの像があった。当時はダビンチコードの公開も控えていたので、これは押さえておかないと。

実はミラノはそこまでみるものはないため、少し時間が中途半端になってしまう。サッカーのグッズなどの調達をしているうち、すぐ近くにあるスカラ座をパシャリ。

サンシーロに向かってCL観戦!

大体ミラノでやることも終わったので、今夜の試合会場であるサンシーロへ向かいます。

補足
本当は、もちろん「最後の晩餐」を見たかったのですが、チケット確保できませんでした。

サンシーロ、やっぱりでかいです。今まで大きいスタジアムといえば、高校生からお世話になっていた日産スタジアムなのですが、それ以上の大きさですね。

ちなみにインテルのユニフォームを最初は買うつもりはなかったのだが、俺以外の全員が買っていた上、買った友達がサイズ合わないのでそれを買い取ることになった。ちょうどいいサイズだったんでね。

というワケで、6人全員がインテルのユニフォーム着ての観戦。が、俺はカゼひいたのかものすごい寒気がしたので、試合始まってからは一度もユニフォーム姿になってません。

このチケットは友達が入手してくれました。日本の旅行会社通すと高いので、地元の会社を通して購入したようです。もともと80ユーロのチケットを15,000円で買ったようなので、そんなに悪くないかなとは思います。日本の会社と押したら2万円以上するだろうものなので…。

今回観戦した席はバックスタンドの一階。マジ近いです。バックスタンド側ですが、前から10数列目でした。

試合前から発煙筒もバンバン焚かれ、これがヨーロッパのサッカーなのかな、と実感。

試合のほうは、インテルが完全に押していたんだが前半が0ー0。これは当時キャプテンだったフィーゴのCKのシーンです。

当時のインテルのエースストライカーはアドリアーノの時代です。このシーンはPK獲得したときなのだが、まさか外してみんながっかり…。

試合は、インテルが攻めてアヤックスが耐えるという展開が続いていたのですが、後半にスタンコビッチがミドルシュートを決めて1-0と均衡を破ります。するともうお祭り騒ぎ。周りの外人達とも喜びを一緒にした。

ただ、悲しいかな、試合終了までは見てられんのです。今回そもそもミラノに滞在してないのでホテルが遠すぎるし、試合終了後すぐにタクシー確保できるか分からないので。ということで後半25分くらいで撤収します。

スタジアム外のタクシー乗り場にタクシーがなくて冗談抜きでで焦ったものの、近くに2台タクシーが泊まっていたので乗り込み、走り書きしたホテルの住所を見せる。最初はあんまり分かってないみたいだったけれど、車にカーナビがあったのでちゃんと連れて行ってくれた。

ホテルまでは35キロあるので、高速を飛ばす飛ばす。約40分ほどで到着し、無事帰還!なわけです。

帰るとナターシャ氏がフロントのロビーにいた。そもそもナターシャ氏にCLみることを事前に報告した際の約束が、試合終了の前に抜け出してタクシーを拾うことでしたので、待っててくれたみたい。無事帰ったことを報告。そこにいた女の子達とも軽く雑談。

その後、小腹も空いていたのでナターシャ氏の案内で近くのピザ屋へ行く。というのも、どうやらブラピ似の店員を気に入っちゃったみたい(笑)今日連れて行くの3組目なのだとか(大笑)実際にブラピに少し似ているイケメンでした。ピザも味もいけてたな。

帰ってホテルを1人で歩いていると、同じツアーの人に「サッカー行って来たんですか?」と声をかけられる。どうやら行ってきたことが広まっているみたい。そのことも含めて、多少談笑する。

明日は朝が早いぞ。

今振り返ってみて思うこと

欧州チャンピョンズリーグのノックアウトステージを見に行ったのに、当時は全く興味がなかったため、終始低めのテンションになっています。勿体ない!今だったら記事分けて書いてますよ(笑)

今思うと、かなりいい席を友人が確保してくれたと思うんですよねー。チャンピョンズリーグですよ?もちろん、マフラータオル巻いてユニフォーム着て、という感じにはやったけど、いまいち乗り切れてなかったのは残念です。

そのうちまたヨーロッパにサッカー見に行きたいですね。今だったらもっと盛り上がれると思います。今ならマイルを使って見に行くことができますし。とはいえ、夏休みはサッカーはシーズンオフだし、冬休みはイングランドのプレミアリーグ以外は試合ないし…でなかなか難しいんですよね。それでもなんとかして絶対いく!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください