ディズニーファンなら持っておきたい「ディズニー★JCBカード」発行で1万円分のポイントゲット!

ポイントサイトを使ってポイ活をする際、一番手軽でたくさんのポイントをもらうことができるサービスが「クレジットカードの発行」です。

ディズニーのデザインが券面に描かれる「ディズニー★JCBカード」ですが、なんと現在ポイントサイト経由して発行すると1万円分のポイントがもらえます。

これは、ディズニーが好きな方にとっては発行の大チャンスですし、ポイント好きな方も、1万超ですからね、発行のチャンスだと思いますよ。ちょっと見ていきたいと思います。

ディズニー★JCBカードの発行で10,000円相当のポイントを獲得

今回利用するポイントサイトは、クレジットカードを中心に還元が非常に強いポイントインカムです。ポイントインカムを経由して、ディズニー★JCBカードを発行すると100,000ポイントをもらうことができます。

ポイントインカムのポイント価値は10ポイントあたり1円ですから、今回の100,000ポイントというのは、10,000円相当の価値になります。

今回ポイントがもらえる条件は以下のとおりです。

■獲得条件: 新規クレジットカード発券
■承認待ち反映: 30分-1時間程度
■承認期間: 獲得条件達成後、約4ヶ月

【ポイント獲得条件】

※初回ご利用のみポイント対象になります。

虚偽、架空の申込・同一ユーザーの二回目以降の発券・カード申込から三ヶ月経過して発券に至らなかった場合はポイント追加の対象外。

ポイント獲得の条件はクレジットカードの発行のみで、発行後の決済額やキャッシング枠の設定という「ノルマ」がありません。極論からいえば、一度も決済で使わなくても10,000円分のポイントをもらうことが可能です。

とはいえ、クレジットカードを発行すると、そのカードで決済しているかどうかなどは、信用情報を扱うCICというサイトをみれば一目瞭然です。一度も使わずに解約すると、その情報は他のクレジットカード会社も閲覧することが可能であるため、今後のクレジットカードの発行に不利になるかもしれません。

年会費無料で1万円もらえるなら発行ねらい目

私がポイ活としてクレジットカードの発行をおススメしているのが、

ポイントサイト獲得ポイント + カード会社キャンペーンポイント ー 初年度年会費

これが1万円以上ある案件です。本当はポイントサイト獲得ポイントだけで1万円超えていればいいんですが、最近なかなか多くないんですよね…。

そんな中、本件は1万円とかなり高額ですので、ポイ活としてもカード発行をおススメしたいところです。

ポイントインカムのポイントの使い道

ポイントインカムのポイントは、AmazonギフトコードやTポイントのほか、.money(ドットマネー)というポイント交換サイトを通じてTポイント等、さまざまなポイントに交換することもできますし、現金化することも可能です。

また、航空会社のマイルを貯めたい人であれば、いちど.money(ドットマネー)にポイントを好交換した後、TOKYUルートを経由してANAマイルに交換することも可能です。

ライフメディアの魅力とデメリットまとめ。マイルだけでなく家電購入もオトクなポイントサイトです

2021-01-19

【ポイントインカムの登録はこちらからどうぞ】

ポイントインカムへの入会はこちらからどうぞ

ディズニー★JCBカードとは

ディズニー★JCBカードは、株式会社JCBが発行する、いわゆる提携カードの1種です。もともとディズニーのオフィシャルスポンサーであるJCBだからこそ作られたクレジットカードです。

年会費は2,200円ですが、初年度の年会費は無料です。一部の年会費が発生するクレジットカードには、カードの利用額によって2年度目以降の年会費無料になったりしますが、このディズニー★JCBカードは、そのような特典はありません。

補足
ディズニー★JCBカードにはゴールドカードもあり、年会費は14,300円となります。

何よりもカードデザインがファン心をくすぐる

ディズニー★JCBカードの最大のメリットは、機能でもポイントでも特典でもなく、やっぱりカードのデザインなんじゃないでしょうか!ディズニーが好きな人なら、常に持ち歩いて使いたいと思わせてくれるようなデザインなんじゃないかと思います。

普通カードは8種類のデザインから選ぶことが可能です。ミッキーやミニー、ドナルドといった定番キャラクターのほか、アリエルや美女と野獣のカードもでています。特に美女と野獣のカードは期間限定デザインなので、ほしい人は今が作成のチャンスだと思います。

issy
コメント

ゴールドカードは3種類のデザインで、映画のフィルムなど、ちょっとレトロなものになっています。

issy
私なんかは蒸気船ウィリーのカードを選べいますね。

さらにカードデザインの変更も可能

最初決めたクレジットカードのデザインから、他のデザインに変えたいと思っても、ディズニー★JCBカードでは、デザインを変えることが可能です。オンラインで簡単に変更手続きができちゃったりします。

例えば、現在は期間限定で美女と野獣のクレジットカードがでていますが、今後また期間限定で別の物語のカードが発行できるようになって気に入ったものがあった場合、そのデザインに変更することができちゃうんです。

といっても無条件で変更できるわけでなく、デザイン変更はカードの切り替えのときは無料、それ以外のときも、1,100円(カード払い)または1,100ディズニーポイントで実施することが可能です。

ここ大きいポイントなんですが、デザインを変えてもクレジットカードの番号が変わらないのです。ですから、光熱通信費などの定期的な支払をディズニー★JCBカードで支払っていても、再度業者にカード番号の変更を届け出る必要がないです。その辺は気にせず、デザインを変えることが可能です。

ミッキーの形をしたQUICPayカードが発行できる

ディズニー★JCBカードはJCBが発行するクレジットカードなので、電子マネーのQUICPayが利用できます。QUICPayはクレジットカードと一体になっているもの、別のカードになっているもの、スマホに紐づけるなど、色々な方法で使うことが可能です。

ディズニー★JCBカードを発行した場合に限り、「QUICPay for ディズニー★JCBカード」という、ミッキーの形をした特別なキーを発行することが可能です(カード新規入会と同時に申し込めます。)

このミッキーをレジなどにかざすだけでお買い物が可能になります。ミッキー好きな人ならこれはうれしいかもしれませんね。キーホルダーのように使えますし。

発行手数料として最初に770円かかるものの、ミッキーデザインの電子マネーってのはなかなか珍しいと思うので、ディズニー好きな人であれば、発行してみてもいいかもしれません。

ポイントは0.5%のディズニーポイントが付与

ディズニー★JCBカードの利用でもらえるポイントは、JCBの共通ポイントであるOkiDokiポイントではなく、ディズニーポイントになります。

普通カードの場合は200円で1ポイント、ゴールドカードの場合は100円で1ポイントの還元になります。普通カードで0.5%、ゴールドカードで1%還元というのは一般的な還元率だと思います。

期間限定ですが、ディズニーストアではポイント3倍ということで、普通カードでは200円で3ポイント、ゴールドカードでは100円で3ポイント付与されます。

ディズニーポイント、パークやディズニーストアで、1ポイント1円として利用することができます。1ポイント1円というのは、ディズニーでしか使えないことや、もともとの還元率が0.5~1%であることを考えると、あまり使い勝手がよくないっちゃよくないですね。

それであれば、私ならばディズニーポイントはがんばって貯めて、オリジナルグッズに使ったほうがいいと思います。どうしてもポイントの金銭的価値を考えたら、みんな大好き楽天カード様には逆らえないので、こういったカードの場合は限定グッズに目を向けるのがよいでしょう。

たとえば、ミッキーマウスのシルエットやミニーマウスの花飾りなど、人気キャラクターのモチーフをあしらった本革パスケースは、3,366ポイントで交換することが可能です。普通カードで決済していくと、67万円ほど利用すればパスケースをもらうことができます。

67万円ならば比較的現実的なラインではないでしょうか。ディズニー・カードクラブオリジナル商品ですから、ここでしか手に入れられないものですし。

ディズニー★JCBカードのデメリット

ここまで紹介してきたディズニー★JCBカードのデメリットとしては、以下の2点があげられます。

  1. 2年目から確実に年会費がかかる
  2. ポイント還元率が低い上に用途が限られる

最初にも触れましたが、ディズニー★JCBカードは、初年度は年会費無料なのですが、2年目以降は2,000円の年会費が確実に発生します。

まぁ、このカードとしてはもう「ディズニーのカードを持ち続ける維持費」と考えるのがいいでしょう。年会費ではなくて「カード代」ととらえられれば2,000円ならばいいかなぁと思えるでしょうし、そう思えないなら2年目の年会費がかかる前に解約でしょう。

あと気になるのが、ディズニーポイントの使い道です。ディズニーポイントは1ポイント1円で使うことが可能ですが、使えるのはパークやディズニーストアなど、限られた場所のみです。そのうえ、元のカードの還元率が普通カードの場合0.5%ですので、あまりポイントを貯めるには向いていないカードでしょう。

なんでカードを発行するだけでお金やマイルがもらえるの?

今日この記事にたまたま出会った方、年会費無料のクレジットカードの発行だけで1万円がもらえるとか、なんかアヤシイと思った人もいるのではないでしょうか。

issy
タダより怖いものはないというし、やっぱりこのご時世ネットでポイントとか言われても怖いっすよね。

なんかウラがあるのではと思うかもしれませんし、この現代社会、そのように疑いをかけることは間違いないです。なんせネット上の詐欺とかたくさんありますかね。

今回のポイントがもらえるカラクリは、企業の広告費使い方なんです。

よく、駅やショッピングセンターなどでカードを勧誘している人いますよね?「今日ここで入会すると●円の商品券付けますよ」とか遭遇したことがある人も多いと思います。

あれをそこまでアヤシイと思う人はいないと思います。

あれをネットでやっているようなものです。ただ、お店や駅に出す場合、企業が用意した広告費が場所代や人件費、間に入る広告会社の儲けにどんどん消えていくんですよね。そのため、せいぜい500円とか1,000円とか、その程度の金額しかプレゼントを出せていないのです。

一方、ポイントサイトを通じた広告って、金がかからないんですよ。なので、ポイントサイトの儲け分を除いて、申し込んだ人に還元できる仕組みになっているんです。

すごい単純化した言い方をしてしまえば、カード勧誘のおねーさんのお給料が代わりにポイントとして入ってくるというものです。

この方がみんなハッピーになれるんですよ。

  • 広告主(カード会社):成果に応じた広告料の支出で済む
  • ポイントサイト会社:そこまでお金がかからずに広告業ができる
  • ユーザ:いっぱいポイントがもらえる

そう考えれば、ポイントサイトってそこまで怪しくないですよね。そもそも、ネット上でお金を払ったりしていませんので、金銭的被害を受けようがありません。

まとめ

初年度の年会費が無料である「ディズニー★JCBカード」の発行で1万円分のポイントがもらえるということで、案件を紹介させてもらいました。

ディズニー★JCBカード発行のメリットは、10,000円分のポイントがもらえる以外にも、

  1. ディズニーのデザインのクレジットカードを持てる
  2. カードのデザインを途中で変更可能(カード番号が変わらない)

といったものがあります。

なんかクレジットカードの実用性よりも観賞用としての意味合いが強いような気もしますが、まぁそういうものかもしれません。正直、クレジットカードとしての性能は高くないです。それ以外の「ディズニーのデザインが描かれたクレジットカード」に、どこまで価値があるかというところでしょう。

個人的には、今回のポイント案件として発行するかどうかは悩みますし、発行したとしても確実に2年目の年会費発生前に解約するでしょうけど、こういうファン心、ヲタク心をくすぐる商売は理解できますよ(笑)

だから、あともう一つ欲しいんですよね。もう一つ特典が。それがあれば、このカードもっと人気出ると思うんですよ。オフィシャルスポンサーなんだから交渉して頑張ってほしいなぁと思っています。

さて、当ブログは、ポイントインカムと2017年から長期にわたり提携しております。こちらのバナー経由で申し込むと会員登録で300円分のポイントがもらえますので、もしポイントインカムに登録していなくて、これを機に登録しよう!という方がいらっしゃったら、ぜひこちらから登録してください。
ポイントインカムへの入会はこちらからどうぞ

参考記事

2021年に陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?安全にマイルが大量に貯まる6つのポイントサイトを紹介します

2021-01-11

スマリボを設定してJCBカードの年会費を上手にお得にする方法を紹介

2020-05-24

日本唯一!スター・ウォーズ デザインのANA JCBカードはポイントサイト経由がお得!

2019-10-31

陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2020年バージョン】

2019-09-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください