2021年度のカード発行はじめはエポスカード!最大12,500円分がもらえる

個人的にもう10年近く保有し、非常にお世話になっている年会費無料の「エポスカード」。(私はJQエポスゴールドカードに切り替えておりますが)みなさんはお持ちですか?

エポスカードは、年会費が永年無料なのに、海外旅行傷害保険が自動付帯で付与されているという、素晴らしいカードです。

最近、ポイントサイトでのエポスカードのポイント還元が少なくて残念でしたが、久々に高還元で10,000円相当のポイントをもらうことが可能になっています。

さらに、エポスポイントも2,500円分もらえますから、合計で12,500円相当のポイントをもらうことが可能です。2020年のポイ活納めに、ぜひエポスカードを発行してはどうでしょうか。

ポイントインカム経由でエポスカードを申し込んで10,000円分のポイントを獲得可能

案件はこちらからどうぞ

今回、エポスカードの発行で10,000分のポイントをもらうことができるポイントサイトはポイントインカムです。ポイントインカムを通じてエポスカードを発行するだけで、10,000円分のポイントをもうらことが可能となっています。条件をさっそくみていきましょう。

※初回ご利用のみポイント対象になります。
※キャッシング利用可能枠ありカード発行(カード受け取り必須)でポイント対象となります。
※既に家族カードをお持ちの方からの申込みはポイント追加の対象外となります。

登録不備・重複・悪戯・カード未発行・即時解約・現在当カードを発行されている方・虚偽・架空・同一ユーザーの二回目以降の申込・「エポスカード」既存ユーザーからの申込・キャッシング枠が付帯されなかった場合はポイント付与対象外。

今回のエポスカード案件のポイント獲得条件は、キャッシング枠のあるクレジットカードを作ることです。

キャッシング枠は、カード会社が発行するクレジットカードの場合、収入があることが絶対条件となりますので、学生や専業主婦の場合はキャッシング枠をつけることができません。そのため、本条件の達成が難しいので、ご理解ください。

年会費無料で1万円もらえるなら発行ねらい目

私がポイ活としてクレジットカードの発行をおススメしているのが、

ポイントサイト獲得ポイント + カード会社キャンペーンポイント ー 初年度年会費

これが1万円以上ある案件です。本当はポイントサイト獲得ポイントだけで1万円超えていればいいんですが、最近なかなか多くないんですよね…。

そんな中、本件はポイントサイトで10,000円、さらにこの後紹介しますがエポスポイントで2,500円分のポイントがもらえる上、年会費は永年無料ということで、ポイ活としてもカード発行をおススメしたいところです。

ポイントインカムのポイントの使い道

ポイントインカムのポイントは、AmazonギフトコードやTポイントのほか、.money(ドットマネー)というポイント交換サイトを通じてTポイント等、さまざまなポイントに交換することもできますし、現金化することも可能です。

また、航空会社のマイルを貯めたい人であれば、いちど.money(ドットマネー)にポイントを好交換した後、TOKYUルートを経由してANAマイルに交換することも可能です。

ライフメディアの魅力とデメリットまとめ。マイルだけでなく家電購入もオトクなポイントサイトです

2021-01-19

【ポイントインカムの登録はこちらからどうぞ】

ポイントインカムへの入会はこちらからどうぞ

エポスカード側で2,000ポイント獲得可能

今回、ポイントインカム経由でエポスカードを発行すると、10,000円分のポイントインカムのポイントのほかに、エポスカードの入会特典の2,000ポイントをもらうことが可能なんですね。

この2,000ポイントは、カードが発行された時点で付与されており、特段、決済額の条件があったりするわけではありません。最初から無条件で付与されているのはありがたいですね。

さて、エポスカードのポイントは、1円1ポイントとしてマルイやModi(モディ)で利用できるほか、様々なポイントへの交換も可能です。

エポスポイントの交換先
  • ANAマイル:1000ポイントあたり500マイル(ゴールドカード以上になると600マイル)
  • JALマイル:1000ポイントあたり500マイル
  • Amazonギフト、iTuneコード、クオカード、スターバックスポイントなど:1000ポイントあたり1000円相当

エポスポイントは、JALマイルにもANAマイルにも、50%の交換率で直接交換することが可能なポイントになります。今回の2,000ポイントは、ANAマイルにもJALマイルにも1,000マイルに交換することが可能です。

紹介コードの入力で500ポイント追加も可能

さらに、申し込み時に通常もらえる2,000ポイントのほか、エポスカードを実際に持っている私からの紹介ということで登録しておくと、500ポイントをもらうことも可能です。

エポスカードの申込画面の最初のページで、「ご紹介番号をお持ちのかたは入力してください」という項目がありますので、ここに

21040692955

と入力してください。これだけでポイントサイトのポイント、エポス入会の2,000ポイントのほか、追加で500ポイントを獲得することが可能です。

エポスカードの特徴と2つの大きなメリット

エポスカードの特徴は以下の記事にもまとめましたが、やはり、エポスカードのメリットとしては、「海外旅行保険」と「マルコとマルオの7日間」の2つだと思います。

エポスカードを発行するか悩んでいる方へ、エポスカードのメリットを簡単に解説!

2019-06-04

年会費無料クレジットカードの海外旅行保険としては最高レベル

エポスカードのメリットの一つ目は海外旅行保険。海外旅行に行く際は保険に入るか保険がついているクレジットカードを持っていくことが必須ですが、エポスカードの補償内容はピカイチです。

はっきりって、年会費のかかる普通のゴールドカードよりも上だと思います。その補償内容は以下のとおりです。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

死亡保障がすこし少ないところはありますが、その分、傷害治療200万、疾病治療270万というのは、年会費無料のカードでは最強クラスです。いや最強と言っても過言ではありません。

世の中のクレジットカードには、「海外旅行保険2000万!」とか謳っているものもたくさんありますが、それは死亡時の支払額です。実際のところ、そういったカードでも傷害・疾病治療保障が少ないなものだったら、あまり意味がないですしね。

さらに、エポスカードの場合、海外旅行保険が自動付帯になっています。なので、海外旅行に持ってさえいけば、カードの利用なしに手続き不要で保険を使うことができるんですね。年会費永年無料なのにすごいです。

利用付帯と自動付帯
実はクレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯というのがあり、自動付帯であれば、カードさえ持っていれば保険として使えるのですが、利用付帯というのは、その旅行に関する支出を日本出発前にしていないと、保険として使うことができあません。

よって、海外旅行に保険に入らないでいく方は必須のカードといっても過言ではありません。

海外旅行に保険加入は必要?クレジットカードで十分?お勧めクレジットカードも紹介!

2017-10-08

「マルコとマルオの7日間」で10%割引!

f:id:issy-style:20160521084244j:plain

マルイ及びModi内の各店舗と、丸井のネット通販である「マルイウェブチャンネル」で「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。

このセール中は、エポスカードで支払いをするだけで、一部の例外店舗と酒やたばこ、金券などのアイテムを除き、10%割引になります。

マルコとマルオの7日間というセールは、毎年基本的には4回実施されています。実施時期は以下のとおりです。

  • 5月下旬(ユニクロ感謝祭とバッティング)
  • 9月下旬
  • 11月下旬(無印良品週間とバッティング)
  • 3月下旬(無印良品週間、ハンズポイントアップとバッティング)

次は3月になると思いますが、マルコとマルオの7日間が始まります。マルイのカードは、Webで申し込んで店舗で受け取ることが可能なので、今申し込めば、次の「マルコとマルオの7日間」で買い物をすることが可能なのです。

マルコとマルオの7日間では、ふだん値下げされないようなアイテムも10パーセント割引になるので買い物の狙い目です。セール時はマルイオンラインショップでの配送料も無料になるので、近くに丸井がない!という人でも利用価値があります。

補足
特に無印良品で買い物をしたい人は、無印良品が入っている丸井で買い物をすると、無印良品週間と併用で割引されますので、19%引きで買い物をすることが可能です。

まとめ

ポイントインカムを経由したエポスカードの発行で、12,500円分のポイント還元がなされいるのでちょっと紹介しました。

さらにポイントインカムであれば、入会ボーナス400円分もあわせ、12,900円分のポイントを獲得することができます。

  1. ライフメディア:10,000円分
  2. エポスカード:2,000円分
  3. エポスカード紹介ポイント:500円分
  4. ポイントインカム入会キャンペーン:400円分

ポイント集めのためのクレジットカード発行については、ポイントサイトでもらえるポイントとカード会社からもらえるポイントの合計から初年度の年会費を引いて10,000円以上あるというのがっ一つの目安なので、この条件を満たしています。

今がエポスカードの発行のチャンスであることは間違いないでしょう。

エポスカードはポイント目当てだけでなく、今後行われる「マルコとマルオの7日間」や、いつか行けることを祈る海外旅行保険として非常によいクレジットカードですから、長い期間持ち続けることをお勧めするクレジットカードです。

その際、もしライフメディアに登録していない方は、下記リンクから登録してもらえると嬉しいです!

ポイントインカムへの入会はこちらからどうぞ

参考記事

2021年に陸マイラーが登録すべきポイントサイトは?安全にマイルが大量に貯まる6つのポイントサイトを紹介します

2021-01-11

ポイント活動って何?マイルを貯めるためのポイントサイトの使い方とポイントのため方を解説します

2020-07-28

陸マイラーとして年間20万以上のANAマイルを貯めた方法を紹介【2020年バージョン】

2019-09-17

海外旅行に保険加入は必要?クレジットカードで十分?お勧めクレジットカードも紹介!

2017-10-08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください